介護の業種ってどんなものがある?

自分に合った介護の仕事探しをする為に様々な介護業界についてお話しします。

介護の仕事にはどんな種類がある?

一言で介護と言っても様々な種類の介護業界がありますので簡単に解説します。

施設介護職員

ほとんどの介護職員が勤務先の介護施設にて、入居している高齢者や、来所している高齢者を対象にしたケアやリハビリ業務を行う事になります。

行う業務の内容も介護施設ごとに多種多様になっていきます。

例えば特別養護老人ホームでは介護度が高く、身体介護が主な業務になっていきますし、グループホームでは利用している人によって看取りのケア業務から、掃除や洗濯といった生活の一部の活動を一緒に行ったりと、幅広い内容の業務があります。

他にもデイサービスといったレクリエーションを楽しんだり、リハビリを行い身体機能を主にした施設もあります。

介護施設とは一風変わりますが、サービス付き高齢者向け住宅という建物もあります。

こちらは介護施設ではなく、名前にもある通り、高齢者向けの住宅という扱いとなります。

ただ、全く介護を行わない訳ではなく、入居している人にとって不便な事を介護職員がサービスとして行う事になります。

施設によって勤務にあたり、資格を持っていないと採用されない施設や、無資格でも入社できる施設と様々です。

訪問介護

施設で勤務する介護職員とは違って、施設がありません。

その代わり決まった時間に、高齢者の自宅へ訪問し、掃除や洗濯や料理を行うといった生活業務や、オムツの交換や車イスへの移乗といった身体介助を行ったりと高齢者によって様々な業務を行います。

ちなみに訪問介護を行う場合にはヘルパー2級または介護職員初任者研修の資格が最低限必要になります。

介護支援相談員(ケアマネージャー)

介護支援相談員(ケアマネージャー)は介護サービスを受ける際に必要な提供表という書類を作成し、施設職員や訪問事業所、地域包括支援センターといった1人1人高齢者によって異なる周りの事業所や家族との連携を取り、スムーズにサービスを提供していきます。

主な仕事としては、ケアプランの作成があります。

要介護や要支援の区分をされている高齢者に対し、適切な介護サービスの提供を行えるように計画表を作成します。

各サービスにおける「仲介人」という表現が分かりやすいかと思います。

もちろん、計画表は作ったら終わりという訳ではなく、定期的にサービスが実現できているか、行ったサービスで利用者はどのように変化したのかをチェックし、計画を継続したり、内容を変えて計画表を作り直す業務を行います。

ケアマネージャーの仕事は誰にでもできる訳ではなく「介護支援相談員」といった資格が必要になってきます。

ただ、勉強をすれば取得できる資格という訳でもなく、特定の国家資格を所持した上で、それに基づく業務を5年行っている必要もある為、取得にかかる道のりは長く、試験の合格率も低いので、ケアマネージャーを目指している人にとっては険しい道になります。

機能訓練指導員

こちらは、看護師、准看護師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士といった資格のいずれかを持っている必要がある為、専門性の高い業界になります。

特別養護老人ホームやデイサービスなど、様々な介護施設で活躍できる柔軟な資格です。

機能訓練指導員の業務内容として、高齢者のADL(日常での生活を行う上で不可欠な基本的行動)の向上の為に、より生活に近い訓練を行い、寝たきりになる高齢者を減らし、日常生活を独立して過ごせる高齢者を増やす事を使命とし、働きます。

介護職に必要なスキルや資格は? 

介護で働く為に持っているべき資格を紹介します。

介護職員初任者研修(ヘルパー2級)

介護職員として働く場合にあたって、入門編にあたる資格になります。

この資格は費用を払う事で誰でも学ぶ事ができ、決まった日時に学校と同じように授業を行い、最後に現場を見据えた試験を行い、合格すれば取得できます。

試験と言っても難しく考える事はなく、日々しっかりと学習すれば取得できる為、難易度は低めです。

授業の中では介護業務における基本的な心構えや、基礎的な介護業務について学べるため、これから介護を始める方にはおすすめです。

また、訪問介護を仕事にする場合は、この資格が最低限必要です。

無資格で入社できる介護施設の中には、会社負担でこの資格の取得を支援してくれる事業所もあります。

会社の規定をよく確認して、活用してみてください。

介護福祉士

介護現場でのスペシャリストで、国家資格の1つです。

合格率は70%前後とやや高めではありますが、合格するにあたって勉強は当たり前です。

日々の現場での多忙な業務と両立して勉強を日々継続していく事が受験にあたって最も大変かもしれません。

晴れて介護福祉士の資格を取得すれば、現場でのリーダー的存在として活躍できますし、他の介護業界への転職の際に大きな武器になります。

また、介護福祉士の資格を所持し、そのまま現場での経験を積み重ねる事により介護支援相談員(ケアマネージャー)の資格を取得するための条件を満たす事もできるので、ますますキャリアアップを狙うことができます。

介護福祉士の資格を取得するための条件として最も多いのが実務経験ルートで、介護現場での経験が3年以上で実務者研修や介護職員基礎研修を修了している事が受験条件を満たす事ができます。

もう1つの方法として、養成施設ルートとして、福祉の学習を行う高等学校や専門学校で勉強する事で、受験資格を得る事ができるようになります。

介護支援相談員(ケアマネージャー)

要支援・要介護の区分に分けられている高齢者に対し、それに適したサービスを実行する為の計画表を作成し、各事業所や施設や家族との連携を円滑にする仕事を行うのがケアマネージャーの業務内容になります。

その為、ケアマネージャーの日々の業務は利用者様とアポイントを取り、訪問して計画の進捗状況を確認し必要に応じて計画表の変更等を行う事になる為、介護福祉士の仕事とはうって変わって、デスクに座っての事務仕事がほとんどになっていきます。

国家資格の介護福祉士を取得する事で、ケアマネージャーの資格を取得し業務を行う事ができますが、介護現場で働く方がしっくりくる職員は、あえてケアマネージャーの資格を取らないという選択をしている人も中にはいますが、年代を重ねていくうちに体力仕事が出来なくなってしまう可能性を考えて、資格をとっておくと、継続して働きやすくなります。

この資格は看護師、介護福祉士・社会福祉士などの保健・医療・福祉系の国家資格を取得していて、その資格に基づく業務を5年以上従事している事、または生活相談員や支援相談員として相談支援業務を5年以上従事している事で受験資格を得る事ができます。

この資格は、介護福祉士と違って1度取得すれば終わりという訳ではなく、5年ごとに更新の手続きが必要になるので注意が必要です。

介護職の就職先は?

介護職員として働ける場所は様々です、施設ごとに業務内容や特徴を解説します。

特別養護老人ホーム

入居可能人数が多く、約20人を2人のスタッフで見るのが基本的なタイプですので、分からない事は聞く事ができますし、2人での介助が必要な場合は、すぐに手を貸し合える状況で介護業務は非常にやりやすいです。

また、業務内容が決まっている為、場合によっては時間に追われる時もありますが、仕事内容を覚えやすいです。

安全・安心を主にしている為、業務効率が良いのが特別養護老人ホームの特徴です。

また、入居者も多種多様で人数も多いので介護技術の上達が非常に早いです。

介護老人保健施設

いわゆる老健と言われている施設になります。

病院と在宅の間にある施設で、在宅復帰に向けたリハビリを行っています。

介護度が3以上の人が多いという事もある為、介助業務が大変ではありますが、給料の相場が他の介護施設と比較すると高くなっています。

医者や看護師が手厚く配置されている為、安心して業務を行う事ができます。

介護付有料老人ホーム

この施設は設備や趣向など施設のコンセプトにより、多種多様なのが特徴です。

自立している利用者が多い為、コミュニケーションが取りやすく、関係を築きやすいのが魅力です。

グループホーム

1ユニット最大9人の小規模な施設で家に非常に近い作りになっているのが一番の特徴になります。

少人数の利用者を対象にしている為に1人1人の状況の把握がしやすく、ユニットあたりの人員が手厚くゆったりと働く事ができます。

認知症の人である事が前提ですので、認知症の程度によっては目が離せない人がいるので注意が必要です。

サービス付高齢者住宅

サ高住と略される事が多いですが、施設と大きく違う点は、賃貸借契約を結んでの入居になるマンションという扱いになります。

その中で必要に応じて訪問介護を行う事になります。

自立度が高い為、身体的負担は少なめですが、お客様の来訪が多く、電話も多い為、接遇マナーが必要になる場面が多くあります。

入居者の部屋に訪問し掃除や洗濯を行ったり、入浴の支援を行う訪問介護をする為、入社の際にヘルパー2級や介護職員初任者研修の資格が最低限必要となっていますが施設の中にデイサービスを設けているものもあり、デイサービス専門での勤務でしたら資格不要の所もあります。

デイサービス

他の施設と異なる点は、夜勤が無く日勤帯での勤務になるので生活リズムを保ちやすいのが魅力です。

利用者の自立度も高く、コミュニケーションを取り楽しめる環境を作りやすいです。

送迎がある為、家族の人と関わる機会があります。

送迎で使う車はワゴン車やマイクロバスを使う事がほとんどなので、運転の技術がある程度求められます。

訪問介護

自宅で生活している人の所に訪問し、マンツーマンでのケア業務を行う事になります。

1人で行う事にプレッシャーを感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまえのびのびと取り組む事ができます。

掃除や洗濯といった生活支援やオムツ交換と言った身体介助と様々な業務内容です。

また1人あたりの訪問にかかる時間は10分~1時間になる為、空いている時間を有効活用しやすくWワークにも向いているのが魅力的です。

訪問介護求人を探すときは、こちらの記事を参考に!

介護の仕事探しをスムーズに進める4個の方法

自分にあった介護現場を見つけ出すために忘れずにチェックしてほしい事を紹介します。

職種から探す

基本的には介護職員として応募する事になります。

介護職員と言うと狭い括りと感じてしまいがちですが、入社した施設によって行う業務は異なっていきます。

デイサービスやデイケアなど利用者とのリハビリや活動を重視している施設では職員が率先して体を動かし、活動を促す事が業務になります。

その他の施設では、訪問による生活援助を業務としたり、身体介護を主に行う業務もあります。

同じ介護施設の職員だからと言って適当に職場を選ぶより、自分のライフスタイル・性格・適性に合わせた介護施設を探すことで自分の能力を最大限生かした仕事を行う事ができます。

給料や福利厚生も非常に重要ですが、まずは自分に合っている場所である事が最も重要です。

雇用形態から探す

介護職の雇用形態も多種多様です。

募集内容によっては最初から正社員として雇用されるケースもありますが、正社員として雇用される前に非正規からスタートの場合が多いです。

その場合は3か月~半年かけて正社員として雇用されます。

また、週の労働日数や1日の労働時間に限りがある人には、パート・アルバイトの雇用形態もほとんどの介護業界にはあります。

給与や福利厚生などの待遇に差がある場合がありますので、雇用形態ごとの差を確認しておくことが必要です。

給料から探す

給料に関しての介護業界の平均的な相場は約13万円~25万円になります。

もちろん大手の施設や、持っている資格や役職に応じて上回る事も十分にあり得ます。

無資格で介護業界に応募した際の給料は非常に少ない金額からのスタートになると思いますが、仕事の中で技術を身に着けていく中で資格を得る機会や新しい業務を与えられる事があります。

資格や業務は給料をアップさせるチャンスでもありますのでぜひ挑戦してください。

資格を持っていたり、経験年数が長かったりリーダーとして活躍していたのであれば、それは給料に反映してくれる施設もあります。

求人票に記載されている給料が全てだと思い込まず、ぜひ面接の際にアピールしてください。

夜勤手当の額で探す

施設がある場所で介護業務を行う際に切って離せないのが夜勤です。

夜勤とはその名の通り、夜の勤務で、一番の特徴は職員の数が最小限にされている点です。

利用者の大半は部屋で休まれていますが、時として動き回っている人や、決まった時間にオムツ交換を行う業務があります。

何も問題がなければ楽ではありますが、夜勤帯にかかる負担は日勤と比較するとかなり大きいです。

しかし、その分夜勤手当は高額に設定されている施設もあり、夜勤をすればするほど給料が増えていきます。

施設によって1度の夜勤で4000円から高額な施設で2万円の夜勤手当が出ます。

「金額相応の負担がある」という事もありますので、金額だけで仕事を選ぶのは禁物です。

夜勤も施設によって拘束時間や仮眠時間が異なります。

自分に無理のないところを探しましょう。

介護の仕事がおすすめな理由

人間関係はあるものの、比較的働きやすい

介護は女性の多い職場である為に、派閥があったり陰湿的な事も中にはありますが、性格に大きな難がなければ困った時には力になってくれますし、よりよい業務を行うために意見を言い合う機会も多く用意されています。

ほとんどの介護現場はシフト制の為、会社ぐるみでの飲み会といったものはほとんどない為、仕事の外で気を使うケースもほとんどなく、プライベートの時間は有意義に使う事ができます。

勤務時間の融通はききやすい

パート・アルバイトの場合は自分の都合に合わせて働く事ができる利点はもちろんですが、シフト制で働いている人にはシフトを組む前に希望休を出す事ができます。

希望休を組む事でこれからの予定を立てる不安もなく、イベントにも問題なく参加できますよ。

自分の意見が言いやすい

介護現場では日々変わっていく現場に合わせ、利用者にも職員にも負担を減らす為にアイデアを出し合う機会が毎日のようにあります。

たとえ新人の意見でも重要視されています。

これが他の業界の会社員ですと、全く取り合ってくれないような新人の意見でも、介護現場では必要とされている意見です。

自分の意見が言いやすい=会社に参加しているという事になりますので、自主性が確立し、働き甲斐のある環境を作る事ができるのでおすすめです。

利用者との関わりを楽しむ事ができる

高齢者を対象に仕事をしていく上でコミュニケーションは必要不可欠です。

その際のコミュニケーションの内容は、相手を不快にさせるものでなければなんでもいいです。

昨日の出来事や、趣味の話。

相手の昔話を聞くと喜んでお話ししてくれます。

会話や活動を通していく事に相手との関わりは深くなり、より理解する事ができ、信頼関係も深まっていきます。

高齢者に頼りにされると、やりがいを感じますし、必要にされる事がモチベーションに繋がります。

注意点として信頼関係を作る事に急ぎ、親切にしすぎてしまうと、相手に依存心を持たれてしまう可能性があります。

適度な関係作りを心がけてください。

介護職でキャリアアップするには?

せっかく介護職として働くのであれば、成長したい!

キャリアアップの為の秘訣をお話しします。

同じ勤務先で経験年数を積み重ねる

何年も仕事を続けていくうちに自然と仕事の効率もよくなり、パフォーマンスも上がります。

他の介護施設で積み重ねた経験年数ももちろん重要ですが、同じ勤務先で続ける事により、上司の目に頑張っている姿は映ります。

経験から現場のリーダーを任されたり、特殊な資格を取るための講座を受講するようにと声がかかるようになります。

介護に関わる資格を取る

介護系の資格は大きく分けると、介護職員初任者研修(ヘルパー2級)と介護福祉士があります。

介護職員初任者研修は受講費用を払って、教室に通って学ぶ事で取る事ができる資格の為、ほぼ全員が取得できる資格です。

簡単に取れる資格とはいえ、その資格がなければできない業務もあり、少ない額ですが資格手当も発生します。

次に介護福祉士ですが、介護業界での勤続年数が3年以上または福祉系の学校を出ている事が条件になります。

国家資格なので専門性の非常に高い資格になる為、それなりの勉強をしないと合格することはできません。

この資格を取る事によって得られる資格手当は1万円前後なので長期的に働く事で大きなプラスになります。

慣れていない仕事にもどんどん挑戦する

介護業界では高齢者の介護が主な仕事となりますが、介護保険や認定調査といった現場では見えない裏方の仕事もあります。

介護保険に関しては事務の人が、認定調査は現場のリーダーが行う事が多いです。

人手不足な介護の現場ではこういった業務を介護職員が行う場合も多くあります。

ある程度の知識が必要になりますが、先輩職員から教わる事で新しい技術を身に着け、自分の可能性を広げる事ができます。

もちろんできる業務は多いに越したことはありませんし、業務を増やせばその分の手当てもキャリアアップも期待できますよ。

利用者との信頼関係を築く

高齢者を相手に仕事をしている為、良好な人間関係を作る事がとても重要になってきます。

その為には相手の事を知る必要があります。

昔の仕事や活動、趣味だけでなく、現在患っている病気や飲んでいる薬など、なるべく多くの事を知っている事が必要です。

まとめ

介護で働くと一口に言っても様々な施設があります。

「介護度が低ければ」「全部職員の介助の方が楽」と介護業界に働いている人に話を聞くと色々な言葉を耳にします。

どれも間違ってはいない事かもしれませんが、あくまでその人にとっての主観の為、誰しも同じとは限りません。

働く人全ての人に異なる適性があるのは間違いありません。

どの介護施設も決して楽な仕事ではありませんが、その中でも自分にぴったりの働きやすい施設は必ずあります。

ここで解説した事を参考にして、自分に適性のある介護施設のタイプを見つけ、後悔のない仕事探しを行ってください。


関連キーワード

介護仕事

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護


介護仕事に関するコラム

介護仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

介護の仕事のイメージは世間的にはあまり良い評価を受けてないのが現実です。実際、高齢化社会になっているのにも関わらず人手不足と言われています。介護の仕事は確かにしんどいことも多いです。他の仕事と比べてもハードですし認知症を持っている利用者さんと接することは想像するだけでも大変です。給与に関しても高給ではありません。資格取得や出世をすれば給料は上がりますが、平均的に見れば低いと言えるでしょう。しかしながら、やりがいという部分においては他の仕事にも負けないぐらいのものがあります。人と人が信頼しあい、接する介護の仕事には魅力がたくさんあります。人と触れ合うことでわかる素晴らしさ支え合う素晴らしさは介護

介護の仕事が大変と言われる7個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

みなさまこんにちは。こちらでは介護の仕事が大変な理由や、それを踏まえてがんばるための方法や考え方についてご案内をしていきます。未経験の方、今後介護の仕事を考えてみたと思っている方は是非ご一読いただき参考にしてもらえれば幸いです。介護のおおまかな仕事内容とは?介護の仕事は身の回りのことや人の手を借りないと生活が成り立たない方に対し、その人の主体性を奪わずに尊重しつつ、出来る限りの自立支援を念頭に置き、不足の部分に助力するというお仕事になります。おおまか過ぎてピンとこないという方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはこの部分が仕事の本質になっていますので、忘れないでいただけるとよいかと思います。介

介護の仕事とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護の仕事場は様々な種類があり、どんな施設に就職するかによってかなり雰囲気や仕事内容が変わってきます!例えば、代表的な施設種別にはこのような特徴があります。特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・グループホーム・デイサービス・機能訓練施設など、その他にこの様な種別を併せ持つ大型複合施設があり、階ごとに利用目的に合わせた設備となってます。複合施設であれば、新卒で夜勤のある仕事をして、結婚して子どもが小さいうちはデイサービスで働くことができるなどのメリットがあります。また、介護の仕事とはどのようなものがあるのか、メリット・デメリットなどにも焦点を当ててご紹介していきます!介護の仕事とはどんな仕事?高

介護の仕事内容や3個の職種。経験者が教えます!

介護の仕事と言っても、色々と部署によって仕事内容が変わってきます。そこで、今回は部署による業務内容の違いを細かく説明していこうと思います。私が勤務経験のある部署については経験談も交えて紹介していきます。介護職の仕事は大きく3個の役割に分けられる介護職の仕事の役割1:施設職員いわゆる介護職でイメージされるものが施設職員です。夜勤があり、早出・日勤・遅出などがあり施設によって違いはありますが、変則勤務となっています。夜勤手当の分、給料的には恵まれています。給料が少ない介護業界の中で給料面での充実を望むなら施設職員で夜勤をするというのが一番の近道です。介護職の仕事の役割2:デイサービス家族にいる祖父

介護のお仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年求人情報が多くあるのが「介護」の仕事です。介護の仕事は年々増加傾向にあります。高齢化社会が進み、高度医療成長期に伴って、寿命が延びた事と高齢者施設が増えている事が理由です。しかし、介護という仕事は並大抵の気持ちではできません。なぜなら人の命を預かっている職業だからです。軽い気持ちで介護を始める人もいるでしょう。なかには「他に求人がなかったから」と介護を始める人もいます。もちろん、仕事を始める理由は人それぞれで構わないのです。始めてから学べば良いのですから。ですが、介護が自分に合っているのか。と疑問に思う人もいるでしょう。いざ、介護の現場に入ってしまえば「自分は合っていないから」なんて言い訳