みなさまこんにちは。

こちらでは介護の仕事が大変な理由や、それを踏まえてがんばるための方法や考え方についてご案内をしていきます。

未経験の方、今後介護の仕事を考えてみたと思っている方は是非ご一読いただき参考にしてもらえれば幸いです。

介護のおおまかな仕事内容とは?

介護の仕事は身の回りのことや人の手を借りないと生活が成り立たない方に対し、その人の主体性を奪わずに尊重しつつ、出来る限りの自立支援を念頭に置き、不足の部分に助力するというお仕事になります。

おおまか過ぎてピンとこないという方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはこの部分が仕事の本質になっていますので、忘れないでいただけるとよいかと思います。

介護の仕事が大変と言われる7個の理由とは?

介護の仕事は汚い、気持ち悪い、給料が安いなど、昔から3Kと言われてきました。

しかしどうでしょうか?

ほんとうにそれだけの価値しかないでしょうか?

そんなはずはありません。

以下に介護職として大変なことに遭遇しながらも、それを乗り越えていくための実践方法などをご案内していきます。

身体を酷使して身体が壊れる

介護の仕事は肉体的にも疲労がたまります。

特によく聞く話で腰を痛めるということはよく聞きます。

腰の痛みって、一度始まると慢性的になってしまい、ひどい状況になると、継続的に仕事を続けることが困難となってしまう場合があります。

それを乗り越えるための方法とは?

しっかりとした介護技術を身につけること、そして腰痛予防体操を行うこと、これだけでも腰痛予防に対策ができます。

特に身体を痛める要素として挙がるのが、トランスファーといって、要介護者をベットから車いすへ、車いすからベットへと移す介護です。

正しい技術を身につけることで予防をします。

低い位置から重たいものを持ち上げる動作はなにをやっても腰に負担がかかります。

対象物を身体により近い位置に近づけ、持ち上げるのではなく引き寄せるという感覚で行うことにより、大きく負担軽減が図れます。

四勤交代制になる(介護系施設の場合)

大体の福祉施設は、日勤、早番、遅番、夜勤(または宿直)の四勤務交代制のシフトであることが多いです。

慣れるまではこれが大変と感じる方が多いかもしれません。

なにしろ一勤務ごとの始業と終業時間が違うわけですから、予定を立てたりするのもリズムを整えることも難しくなるわけです。

それを乗り越えるための方法とは?

これに関して、単純に慣れるしかないです。

しかし、その状況を見越し、勤務先付近で生活する、もしくは自宅周辺で施設探しをすることで、この四交代制シフトがだいぶ楽になります。

私の主観になりますが、福祉施設系に従事し、通勤時間が必要以上にかかる場合、身体への負担が非常に大きかったです。

逆に近場であれば体力的にもだいぶ楽になりました。

職員の定着率が低い

介護の仕事は離職率も高いのが現状です。

そのため、同じ事業所に定着しない傾向があります。

つまり、人材不足にも悩まされ、急なシフト変更や残業なども発生したりします。

それを乗り越えるための方法とは?

現実は現実として今は受け止めるしかありません。

仕事だと割り切り、少しでも精神的負担を軽減できるように切り替えていくことが大切です。

仕事に楽な仕事はなかなかありません。

その中で自分が施設や利用者を支えているんだと考え、がんばれる自分をほめてあげましょう。

同僚職員との「介護観」の違い

介護の仕事には必ずついてくる大変なことです。

何が大変なのかというと、介護観が違うということは、利用者サービスの仕方が微妙に違うということです。

例えば、A職員は「この時間にはテレビをつけてあげたほうがよい」「そのほうがこの利用者さんはさみしくなくてすむ」という意見、B職員は「この時間は少しでも休ませてあげたほうが、食事に集中して食べることができる」という考えがあったとします。

A職員は利用者のその瞬間の生活の仕方を重視したわけですが、B職員はそのあとの食事の時間を考え、少しでも食事がすすむように配慮をしたいわけです。

こういった介護観の違いはよくあることです。

それにより、自分の考えが周囲を合わないという結果に至る場合があります。

それを乗り越えるための方法とは?

A職員とB職員には必ず上司にあたる監督者もしくは管理者的な存在がいます。

個々の話あいではしこりができたり、どちらかが自分にふたをして我慢する、などに至ってしまう可能性があるため、ここは業務と割り切って、その上司に当たる方にどちらが適当かどうかを判断してもらい、お互いの関係にひびが入らないようにすることが大切です。

要は割り切りも必要ということです。

自分の観点を大切にしたいという気持ちもわかりますが、仕事は集団でしているわけで、いつも個人の意見が通るわけではないのです。

そこにこだわるよりかは、他者の意見もある程度受け入れるというスタンスを持っていくことも大切です。

ストレスがたまりやすい

同僚も利用者も今を生きる感情をもった人間です。

時には高圧的な言い方をされたり、不快だと感じる接し方をされたりもするかもしれません。

他にも、いつもと同じように介護をしているのに、うまくいかないこともあります。

そういったことでご自分に過度なストレスがたまってしまうこともあり、それが負担で仕事を辞めたいというところまできてしまう方も少なくありません。

それを乗り越えるための方法とは?

人間は誰しもが強い人間ではありません、ストレスがたまるのもご自分だけではないのです。

基本的に相手を受け入れる(受容する)というスタンスを持ち合わせておくことにより、なにかを言われて傷つくというよりも、きっとあの人はいまはつらいんだろうな、という考えが先行してでるようになります。

自身の中でもそのように感じ取ることができるようになると、ある程度何を言われても何がおこっても、受けとめることができるようになり、過度なストレスをためないで済みます。

人の死に直面することもある

福祉施設を利用する方は高齢者であり、なにかしらの疾患を抱えている方が多いです。

そのため、状態が急変したりしてご逝去される方もいたりします。

そんなシーンを迎えることが精神的な喪失感や負担感につながり、仕事を続けていくことがつらくなったりすることがあります。

それを乗り越えるための方法とは?

死は誰にもあることです。

そのタイミングは誰にもわかりません。

誰だって人の死に直面したいという人はいないと思います。

しかし、そこは目をそむけることもできません。

ではどうしたらいいのか?

死は避けられないのであれば、その時期がきてしまう前に、自分が何をしてどう満足していってもらえるのか?

そこを大切にすることにより、人の死に対して一時的な喪失感があっても、またがんばろうと思えるようになります。

理想と現実に困惑する

どこの事業所にも運営理念や方針があります。

たいていは毎日唱和するところが多いでしょう。

しかし、理念と現実にギャップを感じる職員も数多くいるのが実態です。

例えば、一人一人を大切にする、という理念に対し、実態は流れ作業に動いて一人一人に向き合う時間がない、など、このようなことも実際にはあるのです。

そんなところから、「全然理念と違うじゃないか・・・」「矛盾しているよ・・・・」「まったくもってこんな理念は意味がない・・・・」というような気持ちが芽生え、職場や理念に対してネガティブな気持ちが先行していき、仕事がつまらなくなり、「きれいごとだけいうことが介護の仕事なのか・・・」というような負の連鎖を引き起こす可能性があります。

それを乗り越えるための方法とは?

理念とは、事業所が掲げる方向性の根本的な考え方です。

わかりやすく言えば、その根本は今実行できていなくても忘れてはいけないことであり、職場やご自分の行動指針にあたります。

どのようにすれば理念通りにいくのかを、常に考えていかなければいけないことなのです。

すべて理想通りにはなかなかいきません。

しかし、理想がなければ計画も作れませんし、実行もできません。

現実に目をそむけず、やれることを精一杯やればいいのです。

そこで現実に目をそむけてしまえば、それはあなたが人の責任にしているだけです。

現実と違うならば、現実に近づける努力を惜しまず突き進みましょう。

きっと事業所にとっても利用者にとってもあなたにとっても良い結果がおとずれます。

大変な時もあるけど、介護の仕事がおすすめの理由

自分の成長につながる

介護の仕事を長くやっていると、知識や情報が多くなります。

つまり、自身の引き出しが増えることにより、次の資格取得に向けて勉強したり、思いきって転職を考えることができます。

自分が培ってきたものは、そう簡単には消えません、消えないどころが自分の肥やしとなり、大きくしてくれるのです。

日々の仕事は大変ではありますが、大変だからこそ次につながっていきます。

自己肯定感や自尊感情に良い刺激が生まれる

この大変さを克服すると、利用者やそのご家族から大変感謝されます。

人に感謝されていやな気持ちになる人はおそらくいないでしょう。

相手に認めてもらい、感謝してもらうことで、自分の存在価値や自己肯定感が上がります。

相手からもらえる感謝の言葉は自分にとってとても大きな価値があります。

お金ももらって人に感謝され、自分のスキルアップにもなる仕事は簡単には見つけれないのではないでしょうか。

人脈が広がる

これもこの仕事の旨みといってもいいのではないかと思います。

介護の仕事をしていると、看護師やケアマネージャー、社会福祉士、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など、様々な職種の方々と出会います。

そういった出会いが自分にとって良い影響を生み出します。

どのような良い影響があるのか、いくつかご紹介いたしますね。

まず一つ目に、さらなる資格取得に向けてよき相談相手になってくれます。

私の知り合いは、介護福祉士から看護師資格をとったり、作業療法士の資格をとった方もいます。

これも介護の仕事を通じてできた人脈に助言をもらい、さらなる飛躍を遂げた良い例です。

二つ目に、転職相談もすることが可能です。

同じ福祉業界だけでなく、医療機関とも通じている面々になりますので、日頃から良い関係を築いていれば、転職のきっかけを与えてくれたりもします。

生涯学習につながっていく

ちょっとおかしな表現ではありますが、説明していきますね。

上記において、スキルアップができたり、人に感謝してもらえると記載してきましたが、それらの積み重ねが自分の介護力を高めているのです。

介護の仕事は大変な思いをすればするほど経験値が高まり、困難で難しい事例にも適応していけるようになっていきます。

つまり、やればやるだけ様々な事例に触れる機会が増え、専門職としての磨きがかかるということなのです。

私自身、介護を始めた当初は高齢者に触れることもしゃべることも不安でした。

理由は、触れたりすることで怪我をさせてしまったり、ちょっとした会話で相手を怒らせてしまうのではないか、と不安があったからです。

それから一カ月もしないうちに、怪我をさせたい触れかた、相手を楽しませる会話ができるようになりました。

何故できるようになったのか?

それは簡単です。

不安なことを洗い出し、それを克服するための努力をしたのです。

不安という心理は、知らない・わからないという要素の塊です。

ですので、知る努力とわかろうとする努力を少しするだけで、どんどん自分の介護力があがっていくのです。

そこから新しく入ってくる利用者に対しても、知らないこと、わからないことを一つずつ取り除いていくことで、大抵の利用者に対する介護で困ることはありませんでした。

ここまで自分を伸ばすことができたのも、数多くの利用者の方々にお会いして、経験を積ませてもらったおかげだと思います。

介護の仕事は生涯学習といっても過言ではないと思います。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

介護の仕事は決して楽ではありません。

しかし極端に大変過ぎる仕事でもありません。

要は一人で無理をしすぎず、仲間と支えあいながら根気よく経験値を積み重ねていくことさえできれば、前向きに楽しみながらやれるお仕事なのです。

さらにはいろいろと旨みがある仕事だとも思います。

これから介護の仕事を考えてみようと思っている方がいらっしゃったら、迷わず考えすぎずにひとまずがむしゃらにやってみることをお勧めします。

介護士で辛いと感じるパターンと改善策は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

介護仕事