みなさまこんにちは。

こちらでは介護の仕事が大変な理由や、それを踏まえてがんばるための方法や考え方についてご案内をしていきます。

未経験の方、今後介護の仕事を考えてみたと思っている方は是非ご一読いただき参考にしてもらえれば幸いです。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

介護のおおまかな仕事内容とは?

介護の仕事は身の回りのことや人の手を借りないと生活が成り立たない方に対し、その人の主体性を奪わずに尊重しつつ、出来る限りの自立支援を念頭に置き、不足の部分に助力するというお仕事になります。

おおまか過ぎてピンとこないという方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはこの部分が仕事の本質になっていますので、忘れないでいただけるとよいかと思います。

介護の仕事が大変と言われる7個の理由とは?

介護の仕事は汚い、気持ち悪い、給料が安いなど、昔から3Kと言われてきました。

しかしどうでしょうか?

ほんとうにそれだけの価値しかないでしょうか?

そんなはずはありません。

以下に介護職として大変なことに遭遇しながらも、それを乗り越えていくための実践方法などをご案内していきます。

身体を酷使して身体が壊れる

介護の仕事は肉体的にも疲労がたまります。

特によく聞く話で腰を痛めるということはよく聞きます。

腰の痛みって、一度始まると慢性的になってしまい、ひどい状況になると、継続的に仕事を続けることが困難となってしまう場合があります。

それを乗り越えるための方法とは?

しっかりとした介護技術を身につけること、そして腰痛予防体操を行うこと、これだけでも腰痛予防に対策ができます。

特に身体を痛める要素として挙がるのが、トランスファーといって、要介護者をベットから車いすへ、車いすからベットへと移す介護です。

正しい技術を身につけることで予防をします。

低い位置から重たいものを持ち上げる動作はなにをやっても腰に負担がかかります。

対象物を身体により近い位置に近づけ、持ち上げるのではなく引き寄せるという感覚で行うことにより、大きく負担軽減が図れます。

四勤交代制になる(介護系施設の場合)

大体の福祉施設は、日勤、早番、遅番、夜勤(または宿直)の四勤務交代制のシフトであることが多いです。

慣れるまではこれが大変と感じる方が多いかもしれません。

なにしろ一勤務ごとの始業と終業時間が違うわけですから、予定を立てたりするのもリズムを整えることも難しくなるわけです。

それを乗り越えるための方法とは?

これに関して、単純に慣れるしかないです。

しかし、その状況を見越し、勤務先付近で生活する、もしくは自宅周辺で施設探しをすることで、この四交代制シフトがだいぶ楽になります。

私の主観になりますが、福祉施設系に従事し、通勤時間が必要以上にかかる場合、身体への負担が非常に大きかったです。

逆に近場であれば体力的にもだいぶ楽になりました。

職員の定着率が低い

介護の仕事は離職率も高いのが現状です。

そのため、同じ事業所に定着しない傾向があります。

つまり、人材不足にも悩まされ、急なシフト変更や残業なども発生したりします。

それを乗り越えるための方法とは?

現実は現実として今は受け止めるしかありません。

仕事だと割り切り、少しでも精神的負担を軽減できるように切り替えていくことが大切です。

仕事に楽な仕事はなかなかありません。

その中で自分が施設や利用者を支えているんだと考え、がんばれる自分をほめてあげましょう。

同僚職員との「介護観」の違い

介護の仕事には必ずついてくる大変なことです。

何が大変なのかというと、介護観が違うということは、利用者サービスの仕方が微妙に違うということです。

例えば、A職員は「この時間にはテレビをつけてあげたほうがよい」「そのほうがこの利用者さんはさみしくなくてすむ」という意見、B職員は「この時間は少しでも休ませてあげたほうが、食事に集中して食べることができる」という考えがあったとします。

A職員は利用者のその瞬間の生活の仕方を重視したわけですが、B職員はそのあとの食事の時間を考え、少しでも食事がすすむように配慮をしたいわけです。

こういった介護観の違いはよくあることです。

それにより、自分の考えが周囲を合わないという結果に至る場合があります。

それを乗り越えるための方法とは?

A職員とB職員には必ず上司にあたる監督者もしくは管理者的な存在がいます。

個々の話あいではしこりができたり、どちらかが自分にふたをして我慢する、などに至ってしまう可能性があるため、ここは業務と割り切って、その上司に当たる方にどちらが適当かどうかを判断してもらい、お互いの関係にひびが入らないようにすることが大切です。

要は割り切りも必要ということです。

自分の観点を大切にしたいという気持ちもわかりますが、仕事は集団でしているわけで、いつも個人の意見が通るわけではないのです。

そこにこだわるよりかは、他者の意見もある程度受け入れるというスタンスを持っていくことも大切です。

ストレスがたまりやすい

同僚も利用者も今を生きる感情をもった人間です。

時には高圧的な言い方をされたり、不快だと感じる接し方をされたりもするかもしれません。

他にも、いつもと同じように介護をしているのに、うまくいかないこともあります。

そういったことでご自分に過度なストレスがたまってしまうこともあり、それが負担で仕事を辞めたいというところまできてしまう方も少なくありません。

それを乗り越えるための方法とは?

人間は誰しもが強い人間ではありません、ストレスがたまるのもご自分だけではないのです。

基本的に相手を受け入れる(受容する)というスタンスを持ち合わせておくことにより、なにかを言われて傷つくというよりも、きっとあの人はいまはつらいんだろうな、という考えが先行してでるようになります。

自身の中でもそのように感じ取ることができるようになると、ある程度何を言われても何がおこっても、受けとめることができるようになり、過度なストレスをためないで済みます。

人の死に直面することもある

福祉施設を利用する方は高齢者であり、なにかしらの疾患を抱えている方が多いです。

そのため、状態が急変したりしてご逝去される方もいたりします。

そんなシーンを迎えることが精神的な喪失感や負担感につながり、仕事を続けていくことがつらくなったりすることがあります。

それを乗り越えるための方法とは?

死は誰にもあることです。

そのタイミングは誰にもわかりません。

誰だって人の死に直面したいという人はいないと思います。

しかし、そこは目をそむけることもできません。

ではどうしたらいいのか?

死は避けられないのであれば、その時期がきてしまう前に、自分が何をしてどう満足していってもらえるのか?

そこを大切にすることにより、人の死に対して一時的な喪失感があっても、またがんばろうと思えるようになります。

理想と現実に困惑する

どこの事業所にも運営理念や方針があります。

たいていは毎日唱和するところが多いでしょう。

しかし、理念と現実にギャップを感じる職員も数多くいるのが実態です。

例えば、一人一人を大切にする、という理念に対し、実態は流れ作業に動いて一人一人に向き合う時間がない、など、このようなことも実際にはあるのです。

そんなところから、「全然理念と違うじゃないか・・・」「矛盾しているよ・・・・」「まったくもってこんな理念は意味がない・・・・」というような気持ちが芽生え、職場や理念に対してネガティブな気持ちが先行していき、仕事がつまらなくなり、「きれいごとだけいうことが介護の仕事なのか・・・」というような負の連鎖を引き起こす可能性があります。

それを乗り越えるための方法とは?

理念とは、事業所が掲げる方向性の根本的な考え方です。

わかりやすく言えば、その根本は今実行できていなくても忘れてはいけないことであり、職場やご自分の行動指針にあたります。

どのようにすれば理念通りにいくのかを、常に考えていかなければいけないことなのです。

すべて理想通りにはなかなかいきません。

しかし、理想がなければ計画も作れませんし、実行もできません。

現実に目をそむけず、やれることを精一杯やればいいのです。

そこで現実に目をそむけてしまえば、それはあなたが人の責任にしているだけです。

現実と違うならば、現実に近づける努力を惜しまず突き進みましょう。

きっと事業所にとっても利用者にとってもあなたにとっても良い結果がおとずれます。

「介護の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

大変な時もあるけど、介護の仕事がおすすめの理由

自分の成長につながる

介護の仕事を長くやっていると、知識や情報が多くなります。

つまり、自身の引き出しが増えることにより、次の資格取得に向けて勉強したり、思いきって転職を考えることができます。

自分が培ってきたものは、そう簡単には消えません、消えないどころが自分の肥やしとなり、大きくしてくれるのです。

日々の仕事は大変ではありますが、大変だからこそ次につながっていきます。

自己肯定感や自尊感情に良い刺激が生まれる

この大変さを克服すると、利用者やそのご家族から大変感謝されます。

人に感謝されていやな気持ちになる人はおそらくいないでしょう。

相手に認めてもらい、感謝してもらうことで、自分の存在価値や自己肯定感が上がります。

相手からもらえる感謝の言葉は自分にとってとても大きな価値があります。

お金ももらって人に感謝され、自分のスキルアップにもなる仕事は簡単には見つけれないのではないでしょうか。

人脈が広がる

これもこの仕事の旨みといってもいいのではないかと思います。

介護の仕事をしていると、看護師やケアマネージャー、社会福祉士、精神保健福祉士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など、様々な職種の方々と出会います。

そういった出会いが自分にとって良い影響を生み出します。

どのような良い影響があるのか、いくつかご紹介いたしますね。

まず一つ目に、さらなる資格取得に向けてよき相談相手になってくれます。

私の知り合いは、介護福祉士から看護師資格をとったり、作業療法士の資格をとった方もいます。

これも介護の仕事を通じてできた人脈に助言をもらい、さらなる飛躍を遂げた良い例です。

二つ目に、転職相談もすることが可能です。

同じ福祉業界だけでなく、医療機関とも通じている面々になりますので、日頃から良い関係を築いていれば、転職のきっかけを与えてくれたりもします。

生涯学習につながっていく

ちょっとおかしな表現ではありますが、説明していきますね。

上記において、スキルアップができたり、人に感謝してもらえると記載してきましたが、それらの積み重ねが自分の介護力を高めているのです。

介護の仕事は大変な思いをすればするほど経験値が高まり、困難で難しい事例にも適応していけるようになっていきます。

つまり、やればやるだけ様々な事例に触れる機会が増え、専門職としての磨きがかかるということなのです。

私自身、介護を始めた当初は高齢者に触れることもしゃべることも不安でした。

理由は、触れたりすることで怪我をさせてしまったり、ちょっとした会話で相手を怒らせてしまうのではないか、と不安があったからです。

それから一カ月もしないうちに、怪我をさせたい触れかた、相手を楽しませる会話ができるようになりました。

何故できるようになったのか?

それは簡単です。

不安なことを洗い出し、それを克服するための努力をしたのです。

不安という心理は、知らない・わからないという要素の塊です。

ですので、知る努力とわかろうとする努力を少しするだけで、どんどん自分の介護力があがっていくのです。

そこから新しく入ってくる利用者に対しても、知らないこと、わからないことを一つずつ取り除いていくことで、大抵の利用者に対する介護で困ることはありませんでした。

ここまで自分を伸ばすことができたのも、数多くの利用者の方々にお会いして、経験を積ませてもらったおかげだと思います。

介護の仕事は生涯学習といっても過言ではないと思います。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

介護の仕事は決して楽ではありません。

しかし極端に大変過ぎる仕事でもありません。

要は一人で無理をしすぎず、仲間と支えあいながら根気よく経験値を積み重ねていくことさえできれば、前向きに楽しみながらやれるお仕事なのです。

さらにはいろいろと旨みがある仕事だとも思います。

これから介護の仕事を考えてみようと思っている方がいらっしゃったら、迷わず考えすぎずにひとまずがむしゃらにやってみることをお勧めします。

介護士で辛いと感じるパターンと改善策は、こちらの記事を参考に!


関連キーワード

介護仕事

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。「介護施設の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務も

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。「生活相談員」が自分に向いているか診断するにはこちら →生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。「特別養護老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護


介護仕事に関するコラム

介護の仕事探しをスムーズに進める4個の方法とは?経験者が解説します

介護の業種ってどんなものがある?自分に合った介護の仕事探しをする為に様々な介護業界についてお話しします。介護の仕事にはどんな種類がある?一言で介護と言っても様々な種類の介護業界がありますので簡単に解説します。施設介護職員ほとんどの介護職員が勤務先の介護施設にて、入居している高齢者や、来所している高齢者を対象にしたケアやリハビリ業務を行う事になります。行う業務の内容も介護施設ごとに多種多様になっていきます。例えば特別養護老人ホームでは介護度が高く、身体介護が主な業務になっていきますし、グループホームでは利用している人によって看取りのケア業務から、掃除や洗濯といった生活の一部の活動を一緒に行ったり

介護仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

介護の仕事のイメージは世間的にはあまり良い評価を受けてないのが現実です。実際、高齢化社会になっているのにも関わらず人手不足と言われています。介護の仕事は確かにしんどいことも多いです。他の仕事と比べてもハードですし認知症を持っている利用者さんと接することは想像するだけでも大変です。給与に関しても高給ではありません。資格取得や出世をすれば給料は上がりますが、平均的に見れば低いと言えるでしょう。しかしながら、やりがいという部分においては他の仕事にも負けないぐらいのものがあります。人と人が信頼しあい、接する介護の仕事には魅力がたくさんあります。人と触れ合うことでわかる素晴らしさ支え合う素晴らしさは介護

介護の仕事とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護の仕事場は様々な種類があり、どんな施設に就職するかによってかなり雰囲気や仕事内容が変わってきます!例えば、代表的な施設種別にはこのような特徴があります。特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・グループホーム・デイサービス・機能訓練施設など、その他にこの様な種別を併せ持つ大型複合施設があり、階ごとに利用目的に合わせた設備となってます。複合施設であれば、新卒で夜勤のある仕事をして、結婚して子どもが小さいうちはデイサービスで働くことができるなどのメリットがあります。また、介護の仕事とはどのようなものがあるのか、メリット・デメリットなどにも焦点を当ててご紹介していきます!介護の仕事とはどんな仕事?高

介護の仕事内容や3個の職種。経験者が教えます!

介護の仕事と言っても、色々と部署によって仕事内容が変わってきます。そこで、今回は部署による業務内容の違いを細かく説明していこうと思います。私が勤務経験のある部署については経験談も交えて紹介していきます。介護職の仕事は大きく3個の役割に分けられる介護職の仕事の役割1:施設職員いわゆる介護職でイメージされるものが施設職員です。夜勤があり、早出・日勤・遅出などがあり施設によって違いはありますが、変則勤務となっています。夜勤手当の分、給料的には恵まれています。給料が少ない介護業界の中で給料面での充実を望むなら施設職員で夜勤をするというのが一番の近道です。介護職の仕事の役割2:デイサービス家族にいる祖父

介護のお仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

近年求人情報が多くあるのが「介護」の仕事です。介護の仕事は年々増加傾向にあります。高齢化社会が進み、高度医療成長期に伴って、寿命が延びた事と高齢者施設が増えている事が理由です。しかし、介護という仕事は並大抵の気持ちではできません。なぜなら人の命を預かっている職業だからです。軽い気持ちで介護を始める人もいるでしょう。なかには「他に求人がなかったから」と介護を始める人もいます。もちろん、仕事を始める理由は人それぞれで構わないのです。始めてから学べば良いのですから。ですが、介護が自分に合っているのか。と疑問に思う人もいるでしょう。いざ、介護の現場に入ってしまえば「自分は合っていないから」なんて言い訳