介護の仕事内容は、色々と部署によって変わってきます。

そこで、今回は介護職の仕事内容を3つの役割に分けてお話しさせていただきますので、それぞれの業務内容の違いを見極めていただければと思います。

また、私が勤務経験のある部署については経験談も交えて紹介していきますので、介護職で自分に合う部署がよくわからないとお悩みの方はぜひ最後までご覧いただき、参考にしていただければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「介護職」の仕事例をチェック

介護職の仕事は大きく3個の役割に分けられる

介護職の仕事の役割1:施設職員

いわゆる介護職でイメージされるものが施設職員です。

夜勤があり、早出・日勤・遅出などがあり施設によって違いはありますが、変則勤務となっています。

夜勤手当の分、給料的には恵まれています。

給料が少ない介護業界の中で給料面での充実を望むなら施設職員で夜勤をするというのが一番の近道です。

介護職の仕事の役割2:デイサービス

家族にいる祖父母が行っているという人も少なくないと思います。

朝から夕方までを施設で過ごすデイサービスの職員です。

送迎があり、夜勤がないという特徴があります。

施設の経営の鍵を握っているのがこのデイサービスです。

施設職員よりもレクリエーションをする機会が多くまた、その能力も大切となってきます。

個人的には介護の仕事のデビューとしてデイサービスから始めると今後施設職員やケアマネジャーになった時も役に立つことが多いと感じています。

介護職の仕事の役割3:ケアマネジャー

介護支援専門員という資格を取得することで出来る仕事です。

資格取得のための受験資格を取るまでに少しの時間を要します。

「ケアマネ」と略して呼ばれることがほとんどです。

イメージでの話になりますが、デイサービスや施設職員が現場の仕事。

と言えるのに対し、ケアマネは事務系の仕事と言えます。

現場の仕事をしていたけど、腰痛などの病気もしくはそもそも体力的に厳しいという理由でケアマネに転身するというケースも多くありません。

ずっと現場で仕事をするつもりでいる人でもケアマネの資格を取っておくことで、今後の選択肢を増やすという意味で効果的です。

施設職員の4個の業務

介護職は、利用者様の日常生活の支援をするというのが重要な役割です。

これはどの部署に所属していても同じです。

ここからは、部署・業務内容に分けて細かく紹介していこうと思います。

施設職員の業務1:食事

施設に入所されている利用者様は介護度にかなりの差がある場合があります。

もしくは、全体的に介護度の重い方が多いというケースがあります。

特に最近は、医療の発達もあり介護度が重い利用者様が増えています。

一般的に介護度が低い人ほど普通の食事を自分で食べます。

介護度が上がるにつれ食事がキザミになったりミキサーになったりと咀嚼しなくても食べやすい形状になります。

また、自分で食べることが出来ない人も多くいらっしゃいます。

その理由は手が思うように動かせないという方や、認知症で食べるという行為が理解できなくなっているというケースがあります。

いずれの理由にせよ、自分で食べることが出来ない人には介護職が介助します。

介助する側のペースではなく、利用者様の食べるペースに合わせることが大切となります。

高齢者は誤嚥しやすいので、常に注意をしていないといけません。

自分で食べている人も危険はありますので、気配りはしておく必要があります。

施設職員の業務2:排泄

これも利用者様の状況によって介護職がする役割というのは大きく変わってきます。

施設に入所されている方の場合、排泄の全てをご自分でするという人は少ないと思います。

認知症などで、場所が分からない人にはトイレの場所を教えるということをします。

また、車椅子の利用者様が手すりをもって立てっている時にズボン・パンツを下ろすということをします。

立位を取ることが出来ない利用者様の場合は職員が二人で介助を行うこともあります。

寝たきりの利用者様や立位が全く取れない利用者様の場合はベッド上でオムツ交換をします。

初めは、オムツをあてることも難しく感じると思いますが、慣れてくると当たり前のように出来るようになります。

排泄介助で大切になってくることは、オムツ交換・トイレでの排泄に関係なく利用者様の「羞恥心」への配慮です。

トイレのドア(カーテン)は必ず閉めます。

認知症がどれだけ進行していても「羞恥心」はあります。

見た目上そんなものはもう無くなっているように見えるかもしれませんが、一般的にドアを開けっぱなしでトイレをしたいと思う人はいないはずです。

人間の尊厳を守ってあげましょう。

一日中寝たきりの利用者様に対しても同じことが言えます。

働いているとトイレのドアを開けっぱなしで介助している職員を見ることがありますが、そういう人は他の場面でも失礼な言い回しや態度をしていることが多いです。

施設職員の業務3:入浴

これも、利用者様によってどんなことを介助するのかを考えて行動しないといけません。

普通のお風呂に歩いて入るという利用者様はごく少数です。

車椅子のまま入れる浴槽や、寝たきりの人でも入れるように寝たままの姿勢で浴槽入れるようになっているものがあります。

洗髪や洗身も職員が全てをするのではなく、利用者様が出来る部分はしてもらうようにします。

職員が全てをやってしまうと早いですし、職員・利用者様どちらも楽です。

しかし、それでは利用者様の「出来ること」を奪うことになります。

施設の利用者様には少しでも普通の生活に近い状態を維持してもらうことが大切です。

「今できること」を介護職の方から奪わないようにしましょう。

介護職の立場から気を付けるべきポイントは「湯温」です。

利用者様にかける前にまず自分で湯温の確認をしてから、利用者様に確認をしてもらいましょう。

そして、常に湯温を確認しながらシャワーを使いましょう。

勝手に湯温が変わるというケースもあります。

利用者様によって温度の好みはかなり違うものです。

前の利用者様が大丈夫だからといって次の利用者様も大丈夫だと決めつけず毎回、利用者様に湯温の確認をしましょう。

入浴の場面というのは転倒などの事故が起こりやすくなっています。

また、転倒した際にケガが大きくなりがちです。

裸で硬い床ですから、想像はしやすいと思います。

普段は一人で歩いているような利用者様でも水や泡で滑ることがありますので歩くときは必ず付きそうくらいに思っていた方が良いです。

施設職員の業務4:夜勤

施設職員にしかない業務が夜勤です。

勤務時間は施設により違いますが、少なくとも12時間以上は働くことになります。

主な業務内容としては、定時での巡回・排泄介助(トイレ・オムツ)・コール対応です。

昼間と比べて圧倒的に少ない職員数で多くの利用者様のお世話をします。

単純に身体的な疲れもありますし、一人で見なくてはいけないというプレッシャーもかかってきます。

夜勤に慣れるまでは夜勤当日はゆっくり過ごし体力を可能な限り温存しましょう。

また、夜勤経験のある人なら分かると思いますが意識していなくてもプレッシャーを感じていることで気がたってしまうことがあります。

利用者様のコールが続くとイライラしたり・・・というのをよく聞きます。

私は夜勤中は特に「怒ったら負け」ということを強く意識しています。

ただただ、目の前の業務をこなしていくという感じです。

夜中に全く寝ない利用者様がいてもイライラしないように努力しています。

もし働いている施設の夜勤で仮眠時間があるのなら、少しでも良いので眠る方が良いみたいです。

人によっては仮眠を全くしないという人もいますが、人間の健康という観点から10分でも寝ている方が良いそうです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

デイサ-ビスの4個の業務

基本的には施設の利用者様と比べるとデイサービスの利用者様の方が介護度が低く、自分で出来ることが多いです。

このことを原則としてそれぞれ見ていってもらえたらと思います。

施設職員で書いているようなことが基本となってきますが、デイサービスということで少し違ってくることもありますのでそのあたりを中心に説明していこうと思います。

デイサ-ビスの業務1:食事

デイサービスでも介護度が重い利用者様がいらっしゃいますので食事介助をするということがあります。

また、認知症専門のデイサービスの場合は特にですが、他の利用者様のご飯を自分のご飯と思い込んで食べてしまうということがありますので注意が必要です。

また、かなり自立している利用者様(特に女性)が近くの利用者様の食事介助をしようとする場面を目にするということもあり得ます。

手伝ってあげようというやさしさからの行動ではありますが危険なこととなってしまいますので、職員がするようにしましょう。

そのときも「○○さん!それはしてはいけません!!」と強く言うのではなく、手伝おうとしている利用者様への配慮も忘れずに声掛けを考えましょう。

デイサービスだと特に、食事の準備を利用者様と一緒に行うということも普通にあります。

そういったことは利用者様の自立度の維持という観点からも大事なことなので大切にしていきましょう。

デイサ-ビスの業務2:排泄

施設の利用者様と違ってデイサービスの利用者様は生活の基本が「自宅」です。

自宅での生活を少しでも長く出来るようにしたいという考えが根本にあります。

自宅でトイレで排泄している人がデイサービスに来ている間はオムツでする。

ということは普通はあり得ないということになります。

自宅での排泄方法を続けられるように介助する必要があります。

それと同時に家族様の要望に出来る限り沿って対応する必要もあります。

例をあげると「自宅に帰る前に必ずトイレに行っておいてほしい」というようなことです。

デイサ-ビスの業務3:入浴

デイサービスの利用者様は、自宅でお風呂に入れないからデイサービスに行っている。

というケースが多いです。

デイサービスでの入浴の場合、同性介助で対応しているというところもあります。

男性職員が少ない場合が多いので女性利用者のお風呂の時は女性職員のみがしているという所は多いように感じています。

デイサ-ビスの業務4:送迎

送迎はデイサービス職員の業務の大きな特徴です。

普段車に乗っていて、無事故無違反の人でも送迎に出ると大なり小なり事故をするものと思っておいた方が良いです。

初めて利用者様を送迎する時は思っている以上にかなり緊張します。

さらに、行ったことの無い場所や通ったことの無い道を通る。

普段運転していない車を運転する。

お迎えやお送りの時間が決められている人もいる。

などの理由で、ただ運転をしているというのとは違いますので事故が起こってしまうのだと思います。

これを読んでいる方で送迎をしたことが無い人は、もし今後送迎をすることがあった時のために「送迎は簡単なものではない」ということを覚えておいてほしいと思います。

車椅子のまま車に乗れる「リフト車」の操作もすることになります。

慣れてくると簡単なものなのですが、操作を誤ったりしてしまうと事故につながるので毎回注意して行う必要があります。

ケアマネジャーの3個の業務

ここからは、ケアマネジャーの業務について説明していきます。

私自身、ケアマネとして働いたことはないのですが見聞きしたことなどを元に書いていこうと思います。

ケアマネジャーは利用者様・家族・利用するサービスの橋渡しの役割を持ちますのでケアマネの能力がその利用者様のサービス利用を有効的なものに出来るかどうかに関わってきます。

また、利用者様側からすると施設で初めて会う職員ということになりますので、好印象を与えるような配慮も必要となってきます。

ケアマネジャーの業務1:介護計画の作成

利用者様には必ず「介護計画」というのがあります。

各部署はケアマネが作成した介護計画をもとに各利用者様の対応をしています。

利用者様の希望や状態・家族の希望を踏まえて介護計画を作成します。

ケアマネジャーの業務2:利用者様の情報収集

利用者様には必ず担当のケアマネジャーがいます。

今後のデイサービス利用や施設入所の有無に関わらず、その利用者様の情報収集をします。

主には今後利用するデイサービスや施設の職員が困らないようにADL等の情報をまとめていきます。

利用者様本人の話だけを鵜呑みにすると、間違った情報になってしまうこともありますので、家族に聞くことが多いです。

デイサービス・施設などの部署に関わらず利用者様の情報を得るために初めに見るものですのでとても重要な業務になります。

ケアマネジャーの業務3:担当者会議

担当者会議は定期的に利用者様・家族・関係する部署の職員が集まり、現在の状況の確認や今後の計画について話し合いを行います。

それの日程調整をケアマネが行います。

また、話し合う内容についてのすり合わせも行います。

担当者会議の司会も行いますので中心的な役割を担います。

まとめ

今回は、介護職の業務内容について詳しく書いてきました。

基本的には施設職員の所にあるものが根底になります。

利用者様によって対応方法を変える必要があることと、利用者様の出来ることを介護職側から奪わないということが大切になります。

介護の仕事を続けていくと利用者様によって対応を変えるということは自然と出来るようになります。

しかし、羞恥心への配慮は忘れがちになります。

オムツ交換などが当たり前となりすぎた結果「羞恥心」への配慮をしなくなることがありますのでその面では初心を忘れないようにしたいです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)




介護仕事についてもっと深堀りした情報を見る

介護の仕事探しをスムーズに進める方法をご紹介!就職・転職をお考えの方は要チェック!

介護の仕事探しはどのような方法がうまくいくと思いますか?介護職は、人を支えたり、手助けしたい人がなりたい職業ですよね。そんな仕事を天職にしたいのであれば、自分に合う職場を見極めなければいけません。求人の募集内容には、介護施設の職員や訪問介護など様々な種類があります。また、人とのコミュニケーションが必要とされる仕事なので、向き不向きもあるかと思います。そこで、介護職に就きたい方におすすめな仕事探しがスムーズに進む方法を4つ、経験者が解説していきたいと思います。介護の仕事にはどんな種類がある?一言で介護と言っても様々な種類の介護業界がありますので簡単に解説します。施設介護職員ほとんどの介護職員が勤

介護仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

介護の仕事は世間的にはあまり良いイメージでないのが現実です。実際、高齢化社会になっているにも関わらず人手不足と言われています。介護の仕事は確かに大変なことも多いです。他の仕事と比べてもハードですし、認知症を持っている利用者さんと接することは想像するだけでも大変です。給与に関しても、資格取得や出世をすれば給料は上がりますが、平均的に見れば低いと言えるでしょう。しかしながら、やりがいという部分においては他の仕事にも負けないぐらいのものがあります。人と人とが信頼し合い接する介護の仕事には魅力が沢山あります。人と触れ合うことで分かる素晴らしさ、支え合う素晴らしさは介護の仕事ならではです。このような他の

介護の仕事が大変と言われる理由は?経験者が乗り越える方法も一緒にお話しします!

介護仕事の大変さを皆さんは具体的に考えたことはありますか?この記事では、介護職が一般的に大変だと思われている理由と、それを踏まえた上で問題点を乗り越える方法や考え方についてご紹介していきます。未経験の方、今後介護の仕事を始めてみようと思っている方の参考にして頂ければ幸いです。介護の仕事は大変ですが、なぜ頑張れるのでしょうか?この職業のやりがいについてもお話しさせていただきます。介護士の大まかな仕事内容とは?介護は、高齢者や障害者の身の回りのお世話や生活する上で必要なことを、その人の主体性を尊重しつつ、できる限りの自立支援をしながら足りないところを援助するというのが主な仕事になります。大まか過ぎ

介護の仕事とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護の仕事場は様々な種類があり、どんな施設に就職するかによって雰囲気や仕事内容がかなり変わってきます!例えば、代表的な施設種別にはこのような特徴があります。特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・グループホーム・デイサービス・機能訓練施設などがあります。その他この様な種別を併せ持つ大型複合施設があり、階ごとに利用目的に合わせた設備となってます。大型複合施設であれば、新卒で夜勤のある仕事をして、結婚して子供が小さいうちはデイサービスで働くことができるなどのメリットがあります。また、介護の仕事とはどのようなものがあるのか、メリット・デメリットに焦点をあててご紹介していきます!介護の仕事とはどんな仕事

介護の仕事に向いてる人の特徴は?向き不向きや働くメリットについてご紹介します!

近年求人情報が多くあるのが「介護」の仕事です。介護の仕事は年々増加傾向にあります。高齢化社会が進み、高度医療成長期に伴って、寿命が延びた事と高齢者施設が増えている事が理由です。しかし、介護という仕事は並大抵の気持ちではできません。なぜなら人の命を預かっている職業だからです。軽い気持ちで介護を始める人もいるでしょう。なかには「他に求人がなかったから」と介護を始める人もいます。もちろん、仕事を始める理由は人それぞれで構わないのです。始めてから学べば良いのですから。ですが、介護が自分に合っているのか。と疑問に思う人もいるでしょう。いざ、介護の現場に入ってしまえば「自分は合っていないから」なんて言い訳

介護の仕事内容にはどんなものがあるの?わかりやすく紹介します

介護の仕事内容といってもいろいろな種類があります。大きくは、訪問介護と施設介護に分かれます。今回は、それぞれについて詳しく説明していきたいと思います。これから介護業界で働けるように頑張りたいという方のために、介護の仕事を始めるまでの流れについてや、求人を募集する時に注意しておきたい点など、今後のあなたの為になる情報をしっかりお伝えできればなと思います。なりたい職業に就くためにいろいろ知っておきましょう!訪問介護の仕事内容訪問介護には、利用者の「身体介護」と掃除や調理等の「生活援助」の2種類があります。① 身体介護の主な内容入浴介助、食事介助、更衣介助、口腔ケア、水分摂取、排泄介助、おむつ交換