介護の仕事といってもいろいろな種類があります。

大きくは、訪問介護と施設介護に分かれます。

それぞれについて説明します。

訪問介護の仕事内容

訪問介護には、利用者の「身体介護」と掃除や調理等の「生活援助」の2種類があります。

① 身体介護の主な内容

入浴介助、食事介助、更衣介助、口腔ケア、水分摂取、排泄介助、おむつ交換、清拭、通院介助等があります。

利用者の自宅で行うため施設に比べて設備が整っていないことが多く、利用者の家族と相談しながら工夫する必要があります。

② 生活援助の主な内容

掃除、調理、洗濯、買い物代行等が挙げられます。

③ 身体介護と生活援助 どちらが多いの?

介護度の高い方は身体介護を利用される傾向が高く、要支援等の介護度の低い方は、料理や掃除などの生活援助の利用が多い傾向にあります。

しかし、介護度が高い利用者を在宅で介護している家庭もあるため、身体介護と生活援助のどちらの仕事が多いかは事業所によります。

経験の浅いヘルパーに、いきなり介護度の高い利用者を任せる事業所はないので、その点は心配無用です。

④ 訪問介護のメリット

特に1人暮らしの高齢者が一番に困るのが料理です。

料理が得意な人は、施設介護よりも訪問介護の仕事のほうが圧倒的に向いており、利用者に非常に喜ばれてやりがいも得られます。

訪問介護では、それぞれ家庭環境の違う利用者を介護するため、さまざまな状況への対応力が身につき、対人スキルが向上します。

職場直行や自宅直帰、休日や時間帯の調節など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。

自分一人で利用者の介護を行うため、介護スタッフ同士のトラブルで悩む機会が少ないというメリットもあります。

⑤ 訪問介護のデメリット

利用者宅への訪問時に自分しか介護スタッフがいないケースも多く、施設のように勉強会に参加する機会も少ないため、介護に「自己流のクセ」がつきやすくなります。

利用者とのコミュニケーションがうまく取れない場合には、相談相手が限られるため解決までに時間がかかり、心理的な負担が大きくなることもあります。

また、毎月の仕事量が変わるため、会社勤めのように定まった報酬を得るのは難しいでしょう。

施設介護の仕事内容

施設介護は、介護施設の中で高齢者のお世話をします。

利用者が日常生活を送る上で、障害や病気、筋力の低下などにより自分ではできない部分を援助することで、利用者がその人らしい生活を送るためのお手伝いをします。

① 主な業務内容

利用者の一日の生活に沿った業務となります。

下記は一例です。

施設により、入浴や通院などの細かい業務の順番は異なります。

(利用者の生活スケジュールに沿った業務の例)

起床介助、更衣介助、排泄介助

朝食事の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

排泄介助

通院介助

入浴介助

昼食時の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

夕食の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

就寝介助、更衣介助

夜間の排泄介助

夜間の安否確認&介護記録

② 不定期に行われる業務

  • レクリエーション、サークル活動
  • 勉強会(自立度の高い利用者が多い施設)
  • 利用者のための買い物代行、金銭管理
  • 利用者の家族対応

③ 施設介護のメリット

勉強会や仲間の仕事ぶりを通して介護技術を高めることができます。

また、利用者への接し方などで悩んだ時に、他のスタッフの対応を見ることができ、早め早めに実践的な助言を得やすいです。

夜勤手当が付くため、訪問介護に比べると給与水準が高い場合が多いです。

常に同じ職場で働くため、利用者の生活を24時間把握でき、経過も追いやすいです。

利用者のお世話だけでなく、レクリエーションなどを計画して皆と一緒に行う楽しさがあるのも魅力です。

④ 施設介護のデメリット

チームで介護を行っていく必要があるため、職場の人間関係で悩むことが多くなります。

介護施設では休憩時間も必ず他の職員や利用者の目があるため、1人になってゆっくり過ごすのはほぼ不可能です。

サービス残業や夜勤があるため、自分のライフスタイルを優先するのは難しくなります。

特に大型施設では、訪問介護に比べると利用者一人一人に対しての丁寧なサービス提供が難しくなります。

⑤ 必要な適性

  • 人のお世話が好き、高齢者が好き、高齢者のペースに合わせられる。
  • チームプレーができる。気が利く、よく気がつく。
  • 変則勤務をこなせる体力がある。

⑥ 気をつける点

ほとんど女の園なので、その中でうまくやっていけるかどうかが鍵です。

男性は女性利用者や女性職員に好かれるような柔らかい物腰と女性の会話に合わせる努力が必要です。

肉食系男子は職場で浮きます。

現実問題として、慢性的なサービス残業は避けられません。

退勤間際に利用者の体調が悪くなれば帰宅は遅れ、事故や災害が起きればいつ何時でも駆けつけなくてはならないことを覚悟する必要があります。

率直に言って、利用者は人柄の良い人ばかりではなくクセの強い人も多いので、自分の対人能力を磨くという気持ちが必要です。

認知症の利用者から何十回も同じ事を聞かれても笑顔で答えなくてはいけません。

細やかな気配りと、ストレスに強いタフな精神力という相反する2つの要素を兼ね備える必要があります。

利用者に関する記録がつきものなので、パソコンによる文字入力ができること。

パソコンに慣れない中高年の転職組は努力が必要になります。

変則勤務で残業が多いため、他の職業以上に家族の理解や協力が必要です。

実はこれが一番大切かもしれません。

介護の仕事を始めるまでの流れ

資格の種類

介護の現場で重用される資格は、福祉や医療関係まで含めると非常に多くなるため、ここでは介護関係の資格に絞ります。

他にも介護関係の資格はありますが、就職に有利になるのは以下の資格です。

  • ① 介護職員初任者研修
  • ② 介護福祉士実務者研修
  • ③ 介護福祉士
  • ④ 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  • ⑤ 福祉住環境コーディネーター
  • ⑥ 福祉用具専門相談員

資格の取得方法

取得方法は、下記の方法がありますが、どの方法で取得できるのかは、資格により異なります。

  • ① 学校に通う
  • ② 講習会に参加する
  • ③ 通信教育

就労方法

① 介護の求人サイトから応募する

② ハローワークから応募する

ハローワークで仕事を探す場合は、いつも同じ窓口職員を指名して相談した方が良いです。

職員も人間なので、指名されればより親身になって対応してくれます。

③ 求人情報誌を見て応募する

④ 介護の適職フェアに参加する

地元の主な介護施設が一堂に会するので、効率よく面接を受けられます。

⑤ 施設にボランティアへ行く

ほとんどの施設で掃除やシーツ交換などのボランティアを受け付けています。

就職を希望しているということは話さずに、何週間かボランティアに通うと良いでしょう。

面接などでは分からない施設の雰囲気を肌で感じ取れます。

いくつかの施設でボランティアをした上で、自分に合うと思ったら「こちらで働きたい」と話すと良いですね。

求人に応募する際に注意する点

① 面接に行ったら必ず施設の見学を希望する。

利用者が談話室や食堂に集合している様子を見て、利用者の表情を観察しましょう(落ち着いているか、楽しそうにしているか)。

また、何人の利用者を何人の職員でお世話しているのかも、さりげなく観察しましょう。

② 施設の周辺の地理を調べる。

自然災害(特に水害)に強い施設であるかどうかを確認しましょう。

不利な地理条件の場合は、施設としてどのように災害時の対策を取っているのかを面接時に確認しましょう。

③ ネットの口コミサイトを利用する。

利用者の家族や職員が本音を書き込んでいるサイトもあるので、ある程度は参考になります。

働く場所は?

① 通所介護(デイサービス)

日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護を受けることのできるサービスです。

勤務時間は日勤帯で定まっているため、夜勤や変則勤務のある他の介護施設と比べると自分のライフスタイルを大切にできます。

② 通所リハビリテーション(デイケア)

リハビリテーションを目的としたものであり、特に「身体機能の回復」に重点をおいています。

日帰りで通う点はデイサービスと同じです。

③ 有料老人ホーム

「有料老人ホーム」は、主に民間の企業によって運営されており、介護付・住宅型・健康型の3タイプがあります。

日々の生活を快適に過ごせるように様々なサービスが配慮されており、居室は基本的に個室でプライバシーが守られています。

設備が充実しているホームが多いです。

④ 老人保健施設

病後に病院からすぐに自宅へ戻って生活するのが困難な人のために、リハビリテーションなどの医療サービスを提供し、家庭への復帰を目指す施設です。

⑤ 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、日常生活を営むのに必要な介護やリハビリテーションなどを行う入居型の介護施設です。

地元の社会福祉法人や自治体などによって運営され、要介護度3以上の方が入居対象です。

特別養護老人ホームの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

⑥ 認知症グループホーム

5~9人の少人数を単位とした共同生活を送りながらケアを受けます。

家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活を利用者とスタッフが一緒に行うことにより、利用者の望む生活を実現します。

⑦ 訪問介護事業所

身体・精神上の障害があるために、日常生活を営むのが難しい方に対して、訪問介護員が家庭へ出向き、日常の生活(身体介護や生活援助)の援助を行います。

介護施設の職種にはどういったものがあるの?

① 施設管理者

一般的に「園長」「施設長」と呼ばれます。

勤務時間は日中帯で定まっています。

施設運営に関する最高責任者です。

施設管理者の方針や人柄によって、その施設のカラーが決まります。

② 生活相談員、③ サービス提供責任者、④ ケアマネージャー

介護施設においては、②③④は兼務の場合が多いです。

基本的には、勤務時間は日中帯で定まっています。

利用者や利用者の家族と話をして、利用者のケアプランを作成します。

⑤ 介護福祉士

利用者の介護を行います。

変則勤務で夜勤があります。

介護福祉士もヘルパーも仕事内容はほとんど同じですが、ヘルパーよりもやや責任が重くなります。

⑥ ヘルパー

利用者の介護を行います。

変則勤務です。

フルタイマーなら夜勤もあります。

パートタイマーなら勤務時間は日中帯だけの場合が多いです。

⑦ 看護師

利用者に対して医療行為を伴う健康管理を行います。

施設の規模によっては、看護業務だけでなく介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっている場合が多いです。

⑧ 介護事務

介護保険請求業務等を行います。

施設の規模によっては、事務だけでなくレクリエーションなどの介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑨ 管理栄養士、栄養士

利用者の食事の献立を作成します。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑩ 調理師

利用者の毎食の食事を作ります。

変則勤務で早朝出勤もあります。

⑪ 洗濯職員

利用者の衣類や食事エプロン、デイサービスで使うタオルなどの洗濯を行います。

施設の規模によっては、洗濯だけでなく食事介助やレクリエーションなどの介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっています。

毎日、大量の洗濯物を洗濯しなくてはならず、また、洗濯室は夏場でも暑いため、体力が必要です。

⑫ 清掃職員

大型の施設の場合は、清掃専門の外注業者が入ります。

外注業者であっても、高齢者に対して優しく受け答えできる人が望まれます。

小規模施設の場合は、⑫⑬⑭を施設職員が兼務する場合が多いです。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑪と⑫には、軽度の身体障がい者や知的障がい者を採用する施設も多いです。

その場合は本人のペースを尊重するので、障がい者にとっても一般の企業よりも勤めやすいです。

⑬ 送迎ドライバー

利用者が通院やレクリエーション等で外出する場合の送迎を行います。

マイクロバスの運転経験があれば歓迎されます。

⑭ 環境整備職員

施設内の草刈りや、施設の設備・用具等の保守管理を行います。

⑮ 作業療法士

リハビリに力を入れている施設に在籍します。

利用者の身体能力の維持向上のためにリハビリ計画を立て、訓練を行います。