介護の仕事といってもいろいろな種類があります。

大きくは、訪問介護と施設介護に分かれます。

それぞれについて説明します。

訪問介護の仕事内容

訪問介護には、利用者の「身体介護」と掃除や調理等の「生活援助」の2種類があります。

① 身体介護の主な内容

入浴介助、食事介助、更衣介助、口腔ケア、水分摂取、排泄介助、おむつ交換、清拭、通院介助等があります。

利用者の自宅で行うため施設に比べて設備が整っていないことが多く、利用者の家族と相談しながら工夫する必要があります。

② 生活援助の主な内容

掃除、調理、洗濯、買い物代行等が挙げられます。

③ 身体介護と生活援助 どちらが多いの?

介護度の高い方は身体介護を利用される傾向が高く、要支援等の介護度の低い方は、料理や掃除などの生活援助の利用が多い傾向にあります。

しかし、介護度が高い利用者を在宅で介護している家庭もあるため、身体介護と生活援助のどちらの仕事が多いかは事業所によります。

経験の浅いヘルパーに、いきなり介護度の高い利用者を任せる事業所はないので、その点は心配無用です。

④ 訪問介護のメリット

特に1人暮らしの高齢者が一番に困るのが料理です。

料理が得意な人は、施設介護よりも訪問介護の仕事のほうが圧倒的に向いており、利用者に非常に喜ばれてやりがいも得られます。

訪問介護では、それぞれ家庭環境の違う利用者を介護するため、さまざまな状況への対応力が身につき、対人スキルが向上します。

職場直行や自宅直帰、休日や時間帯の調節など、自分のライフスタイルに合わせた働き方ができます。

自分一人で利用者の介護を行うため、介護スタッフ同士のトラブルで悩む機会が少ないというメリットもあります。

⑤ 訪問介護のデメリット

利用者宅への訪問時に自分しか介護スタッフがいないケースも多く、施設のように勉強会に参加する機会も少ないため、介護に「自己流のクセ」がつきやすくなります。

利用者とのコミュニケーションがうまく取れない場合には、相談相手が限られるため解決までに時間がかかり、心理的な負担が大きくなることもあります。

また、毎月の仕事量が変わるため、会社勤めのように定まった報酬を得るのは難しいでしょう。

施設介護の仕事内容

施設介護は、介護施設の中で高齢者のお世話をします。

利用者が日常生活を送る上で、障害や病気、筋力の低下などにより自分ではできない部分を援助することで、利用者がその人らしい生活を送るためのお手伝いをします。

① 主な業務内容

利用者の一日の生活に沿った業務となります。

下記は一例です。

施設により、入浴や通院などの細かい業務の順番は異なります。

(利用者の生活スケジュールに沿った業務の例)

起床介助、更衣介助、排泄介助

朝食事の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

排泄介助

通院介助

入浴介助

昼食時の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

夕食の介助、食事介助、服薬介助、口腔ケア

就寝介助、更衣介助

夜間の排泄介助

夜間の安否確認&介護記録

② 不定期に行われる業務

  • レクリエーション、サークル活動
  • 勉強会(自立度の高い利用者が多い施設)
  • 利用者のための買い物代行、金銭管理
  • 利用者の家族対応

③ 施設介護のメリット

勉強会や仲間の仕事ぶりを通して介護技術を高めることができます。

また、利用者への接し方などで悩んだ時に、他のスタッフの対応を見ることができ、早め早めに実践的な助言を得やすいです。

夜勤手当が付くため、訪問介護に比べると給与水準が高い場合が多いです。

常に同じ職場で働くため、利用者の生活を24時間把握でき、経過も追いやすいです。

利用者のお世話だけでなく、レクリエーションなどを計画して皆と一緒に行う楽しさがあるのも魅力です。

④ 施設介護のデメリット

チームで介護を行っていく必要があるため、職場の人間関係で悩むことが多くなります。

介護施設では休憩時間も必ず他の職員や利用者の目があるため、1人になってゆっくり過ごすのはほぼ不可能です。

サービス残業や夜勤があるため、自分のライフスタイルを優先するのは難しくなります。

特に大型施設では、訪問介護に比べると利用者一人一人に対しての丁寧なサービス提供が難しくなります。

⑤ 必要な適性

  • 人のお世話が好き、高齢者が好き、高齢者のペースに合わせられる。
  • チームプレーができる。気が利く、よく気がつく。
  • 変則勤務をこなせる体力がある。

⑥ 気をつける点

ほとんど女の園なので、その中でうまくやっていけるかどうかが鍵です。

男性は女性利用者や女性職員に好かれるような柔らかい物腰と女性の会話に合わせる努力が必要です。

肉食系男子は職場で浮きます。

現実問題として、慢性的なサービス残業は避けられません。

退勤間際に利用者の体調が悪くなれば帰宅は遅れ、事故や災害が起きればいつ何時でも駆けつけなくてはならないことを覚悟する必要があります。

率直に言って、利用者は人柄の良い人ばかりではなくクセの強い人も多いので、自分の対人能力を磨くという気持ちが必要です。

認知症の利用者から何十回も同じ事を聞かれても笑顔で答えなくてはいけません。

細やかな気配りと、ストレスに強いタフな精神力という相反する2つの要素を兼ね備える必要があります。

利用者に関する記録がつきものなので、パソコンによる文字入力ができること。

パソコンに慣れない中高年の転職組は努力が必要になります。

変則勤務で残業が多いため、他の職業以上に家族の理解や協力が必要です。

実はこれが一番大切かもしれません。

介護の仕事を始めるまでの流れ

資格の種類

介護の現場で重用される資格は、福祉や医療関係まで含めると非常に多くなるため、ここでは介護関係の資格に絞ります。

他にも介護関係の資格はありますが、就職に有利になるのは以下の資格です。

  • ① 介護職員初任者研修
  • ② 介護福祉士実務者研修
  • ③ 介護福祉士
  • ④ 介護支援専門員(ケアマネージャー)
  • ⑤ 福祉住環境コーディネーター
  • ⑥ 福祉用具専門相談員

資格の取得方法

取得方法は、下記の方法がありますが、どの方法で取得できるのかは、資格により異なります。

  • ① 学校に通う
  • ② 講習会に参加する
  • ③ 通信教育

就労方法

① 介護の求人サイトから応募する

② ハローワークから応募する

ハローワークで仕事を探す場合は、いつも同じ窓口職員を指名して相談した方が良いです。

職員も人間なので、指名されればより親身になって対応してくれます。

③ 求人情報誌を見て応募する

④ 介護の適職フェアに参加する

地元の主な介護施設が一堂に会するので、効率よく面接を受けられます。

⑤ 施設にボランティアへ行く

ほとんどの施設で掃除やシーツ交換などのボランティアを受け付けています。

就職を希望しているということは話さずに、何週間かボランティアに通うと良いでしょう。

面接などでは分からない施設の雰囲気を肌で感じ取れます。

いくつかの施設でボランティアをした上で、自分に合うと思ったら「こちらで働きたい」と話すと良いですね。

求人に応募する際に注意する点

① 面接に行ったら必ず施設の見学を希望する。

利用者が談話室や食堂に集合している様子を見て、利用者の表情を観察しましょう(落ち着いているか、楽しそうにしているか)。

また、何人の利用者を何人の職員でお世話しているのかも、さりげなく観察しましょう。

② 施設の周辺の地理を調べる。

自然災害(特に水害)に強い施設であるかどうかを確認しましょう。

不利な地理条件の場合は、施設としてどのように災害時の対策を取っているのかを面接時に確認しましょう。

③ ネットの口コミサイトを利用する。

利用者の家族や職員が本音を書き込んでいるサイトもあるので、ある程度は参考になります。

働く場所は?

① 通所介護(デイサービス)

日帰りで施設に通い、食事や入浴など日常生活上の介護を受けることのできるサービスです。

勤務時間は日勤帯で定まっているため、夜勤や変則勤務のある他の介護施設と比べると自分のライフスタイルを大切にできます。

② 通所リハビリテーション(デイケア)

リハビリテーションを目的としたものであり、特に「身体機能の回復」に重点をおいています。

日帰りで通う点はデイサービスと同じです。

③ 有料老人ホーム

「有料老人ホーム」は、主に民間の企業によって運営されており、介護付・住宅型・健康型の3タイプがあります。

日々の生活を快適に過ごせるように様々なサービスが配慮されており、居室は基本的に個室でプライバシーが守られています。

設備が充実しているホームが多いです。

④ 老人保健施設

病後に病院からすぐに自宅へ戻って生活するのが困難な人のために、リハビリテーションなどの医療サービスを提供し、家庭への復帰を目指す施設です。

⑤ 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホームは、日常生活を営むのに必要な介護やリハビリテーションなどを行う入居型の介護施設です。

地元の社会福祉法人や自治体などによって運営され、要介護度3以上の方が入居対象です。

特別養護老人ホームの仕事を探す時は、こちらの記事を参考に!

⑥ 認知症グループホーム

5~9人の少人数を単位とした共同生活を送りながらケアを受けます。

家庭的で落ち着いた雰囲気の中で、食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活を利用者とスタッフが一緒に行うことにより、利用者の望む生活を実現します。

⑦ 訪問介護事業所

身体・精神上の障害があるために、日常生活を営むのが難しい方に対して、訪問介護員が家庭へ出向き、日常の生活(身体介護や生活援助)の援助を行います。

介護施設の職種にはどういったものがあるの?

① 施設管理者

一般的に「園長」「施設長」と呼ばれます。

勤務時間は日中帯で定まっています。

施設運営に関する最高責任者です。

施設管理者の方針や人柄によって、その施設のカラーが決まります。

② 生活相談員、③ サービス提供責任者、④ ケアマネージャー

介護施設においては、②③④は兼務の場合が多いです。

基本的には、勤務時間は日中帯で定まっています。

利用者や利用者の家族と話をして、利用者のケアプランを作成します。

⑤ 介護福祉士

利用者の介護を行います。

変則勤務で夜勤があります。

介護福祉士もヘルパーも仕事内容はほとんど同じですが、ヘルパーよりもやや責任が重くなります。

⑥ ヘルパー

利用者の介護を行います。

変則勤務です。

フルタイマーなら夜勤もあります。

パートタイマーなら勤務時間は日中帯だけの場合が多いです。

⑦ 看護師

利用者に対して医療行為を伴う健康管理を行います。

施設の規模によっては、看護業務だけでなく介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっている場合が多いです。

⑧ 介護事務

介護保険請求業務等を行います。

施設の規模によっては、事務だけでなくレクリエーションなどの介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑨ 管理栄養士、栄養士

利用者の食事の献立を作成します。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑩ 調理師

利用者の毎食の食事を作ります。

変則勤務で早朝出勤もあります。

⑪ 洗濯職員

利用者の衣類や食事エプロン、デイサービスで使うタオルなどの洗濯を行います。

施設の規模によっては、洗濯だけでなく食事介助やレクリエーションなどの介護業務の一部を手伝う場合もあります。

勤務時間は日中帯で定まっています。

毎日、大量の洗濯物を洗濯しなくてはならず、また、洗濯室は夏場でも暑いため、体力が必要です。

⑫ 清掃職員

大型の施設の場合は、清掃専門の外注業者が入ります。

外注業者であっても、高齢者に対して優しく受け答えできる人が望まれます。

小規模施設の場合は、⑫⑬⑭を施設職員が兼務する場合が多いです。

勤務時間は日中帯で定まっています。

⑪と⑫には、軽度の身体障がい者や知的障がい者を採用する施設も多いです。

その場合は本人のペースを尊重するので、障がい者にとっても一般の企業よりも勤めやすいです。

⑬ 送迎ドライバー

利用者が通院やレクリエーション等で外出する場合の送迎を行います。

マイクロバスの運転経験があれば歓迎されます。

⑭ 環境整備職員

施設内の草刈りや、施設の設備・用具等の保守管理を行います。

⑮ 作業療法士

リハビリに力を入れている施設に在籍します。

利用者の身体能力の維持向上のためにリハビリ計画を立て、訓練を行います。



介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。「生活相談員」が自分に向いているか診断するにはこちら →生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。「特別養護老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを紹介します。ローカルな情報を含めてお届けしますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は大きく異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援する事が介護職の仕事内容です。歩くときにフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行なったり、排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレへ行くように声かけを行ったり、それでも上手く排泄できなかった場合はリハビリパンツを着用して、パット交換を行ったりします。また、自立している人がほとんどの施設の場合は生活に刺激を得てもらう為にレクリエーションを企画し


介護仕事に関するコラム

介護の仕事探しをスムーズに進める4個の方法とは?経験者が解説します

介護の業種ってどんなものがある?自分に合った介護の仕事探しをする為に様々な介護業界についてお話しします。介護の仕事にはどんな種類がある?一言で介護と言っても様々な種類の介護業界がありますので簡単に解説します。施設介護職員ほとんどの介護職員が勤務先の介護施設にて、入居している高齢者や、来所している高齢者を対象にしたケアやリハビリ業務を行う事になります。行う業務の内容も介護施設ごとに多種多様になっていきます。例えば特別養護老人ホームでは介護度が高く、身体介護が主な業務になっていきますし、グループホームでは利用している人によって看取りのケア業務から、掃除や洗濯といった生活の一部の活動を一緒に行ったり

介護仕事のやりがいとは?経験者の私が感じる5個のやりがいを感じる瞬間を紹介します

介護の仕事のイメージは世間的にはあまり良い評価を受けてないのが現実です。実際、高齢化社会になっているのにも関わらず人手不足と言われています。介護の仕事は確かにしんどいことも多いです。他の仕事と比べてもハードですし認知症を持っている利用者さんと接することは想像するだけでも大変です。給与に関しても高給ではありません。資格取得や出世をすれば給料は上がりますが、平均的に見れば低いと言えるでしょう。しかしながら、やりがいという部分においては他の仕事にも負けないぐらいのものがあります。人と人が信頼しあい、接する介護の仕事には魅力がたくさんあります。人と触れ合うことでわかる素晴らしさ支え合う素晴らしさは介護

介護の仕事が大変と言われる7個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

みなさまこんにちは。こちらでは介護の仕事が大変な理由や、それを踏まえてがんばるための方法や考え方についてご案内をしていきます。未経験の方、今後介護の仕事を考えてみたと思っている方は是非ご一読いただき参考にしてもらえれば幸いです。介護のおおまかな仕事内容とは?介護の仕事は身の回りのことや人の手を借りないと生活が成り立たない方に対し、その人の主体性を奪わずに尊重しつつ、出来る限りの自立支援を念頭に置き、不足の部分に助力するというお仕事になります。おおまか過ぎてピンとこないという方もいらっしゃるかもしれませんが、まずはこの部分が仕事の本質になっていますので、忘れないでいただけるとよいかと思います。介

介護の仕事とはどんな仕事?その仕事内容や介護においての役割、なり方など詳しく解説します!

介護の仕事場は様々な種類があり、どんな施設に就職するかによってかなり雰囲気や仕事内容が変わってきます!例えば、代表的な施設種別にはこのような特徴があります。特別養護老人ホーム・介護老人福祉施設・グループホーム・デイサービス・機能訓練施設など、その他にこの様な種別を併せ持つ大型複合施設があり、階ごとに利用目的に合わせた設備となってます。複合施設であれば、新卒で夜勤のある仕事をして、結婚して子どもが小さいうちはデイサービスで働くことができるなどのメリットがあります。また、介護の仕事とはどのようなものがあるのか、メリット・デメリットなどにも焦点を当ててご紹介していきます!介護の仕事とはどんな仕事?高

介護の仕事内容や3個の職種。経験者が教えます!

介護の仕事と言っても、色々と部署によって仕事内容が変わってきます。そこで、今回は部署による業務内容の違いを細かく説明していこうと思います。私が勤務経験のある部署については経験談も交えて紹介していきます。介護職の仕事は大きく3個の役割に分けられる介護職の仕事の役割1:施設職員いわゆる介護職でイメージされるものが施設職員です。夜勤があり、早出・日勤・遅出などがあり施設によって違いはありますが、変則勤務となっています。夜勤手当の分、給料的には恵まれています。給料が少ない介護業界の中で給料面での充実を望むなら施設職員で夜勤をするというのが一番の近道です。介護職の仕事の役割2:デイサービス家族にいる祖父