デイサービスでの勤務経験をもとに、デイサービスで働くにはどうすればいいのかや、魅力や現状をできる限りお伝えしていきたいと思います。

デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?

利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。

日常生活のお世話ってなに?

デイサービスではまず利用される方に通所してもらうことから始まります。

要介護認定や要支援認定を受けている人が自分でデイサービス先まで通わないといけないのかと疑問に思われますよね。

デイサービスの仕事ではまず利用者のご自宅へ迎えに行く送迎業務から始まります。

デイサービスへ来てもらった後は何をするの?

利用者に来てもらった時に体調に問題がないか簡易的なバイタル測定をします。

血圧計で血圧を測り、体温計で体温を測ります。

体温や血圧に何も問題がなければそのまま利用者はデイサービスを楽しむことができます。

しかしながら、体調不良者が出た場合にはどうしたらいいの?

そのままデイサービスは参加してはダメなのではと思ったりしますよね。

微熱やいつもの血圧よりも高い場合には、デイサービス内にあるベッドで休みながら様子観察することがありますが、高熱などの体調不良があった際には主治医に連絡することもあります。

主治医から指示を仰ぎ、必要に応じて緊急搬送することや、ご自宅に帰ってもらうこともあります。

デイサービス内でどのような活動するの?

利用されている方同士でのコミュニケーションを促すことをしたり、入浴してもらうための入浴介助を行うことがあります。

レクリエーションの一環として利用者と一緒にカラオケや将棋、ゲームなどを行ったり季節を感じるような行事を開催することもあります。

利用者と遊んでいるような感じがすると思われますよね。

でもこれ利用者に楽しんでもらうための立派な仕事なんです。

足腰が弱ったご高齢者や何かしらの障がいがある人にとっては外出して楽しむ機会が少ないと思いませんか。

デイサービスに来てもらって、楽しんでもらい元気になってもらうこと。

活動的に過ごしてもらうことが目的なのです。

他の介護職の仕事はどんなのがあるの?

ヘルパーさんとゆう言葉を聞いことはありませんか?

ヘルパーさんでも利用者の自宅へ訪問して介護や日常生活のお世話をする訪問介護とゆうサービスがあります。

特別養護老人ホームや有料老人ホーム内で利用者に対しての介護や日常生活のお世話をする仕事もあります。

ケアマネジャーとゆう職種で、在宅や施設入居されている利用者にケアプラン作成する仕事や、福祉機器を取り扱い、利用者の体格や自宅環境に合った福祉用具を提供する仕事もあります。

訪問介護としてのヘルパー業務をする時には「ヘルパー2級」、もしくは「初任者研修修了者」が業務に就くことができます。

特別養護老人ホームでの勤務であれば無資格でも従事することができます。

ケアマネジャー業務は「介護支援専門員」の資格を取得しないといけない業務です。

福祉機器を取り扱う業務を行うには「福祉用具専門相談員」の資格が必要となります。

デイサービスでの仕事の違いは?

特別養護老人ホームや有料老人ホーム内でもレクリエーションすることもありますが、デイサービスと比べると割合は少ないです。

デイサービスでは利用者に楽しんでもらうために、一緒にレクリエーション活動することや、リハビリテーションを兼ねて一緒に運動することもあります。

こうして聞くとすごく楽しそうですよね?

利用者と一緒に楽しい時間を過ごすことや、共に運動することによって状態維持ができるようにすることがデイサービス業務の最大の魅力なのかもしれませんね。

デイサービスで働くには?

何か専門となる資格を持っていないと働くことはできないんじゃないかと疑問に思いませんか?

実は無資格でもデイサービスで勤めることができます。

事前に資格を取りに行った方が面接時に有利に働くこともあると思います。

事実ではありますが、無資格でも採用される企業や施設はあります。

法人によってになってしまうのですが、法人内で資格取得を金銭面で支援してくれることもありますよ。

デイサービスで働くために勉強しておくべきこと

実は特にありません。

しかしながら、利用者とのコミュニケーションは必須です。

そのため求められるのは日常生活場面での時事ネタが中心となったりします。

また利用者は基本的に住んでいる地域の情報をすごく持っています。

勤め先の地域の情報を持っていると利用者とのコミュニケーションが円滑になることもあります。

場合によっては利用者に住んでいる地域の情報を喋ってもらうことも有効手段です。

話を聞いて欲しい!と思っている利用者はたくさんいます。

地域の情報を聞くことは利用者とのコミュニケーションが円滑になり、なおかつその地域の情報が知識として深めていくことができます。

持っておくべき資格とは?

介護系の資格は上記でもお伝えしましたが、特にありません。

しかしながら業務の中に送迎があります。

普通自動車運転免許を持っていると必要とされますし、重宝されます。

持っておくと便利な介護資格はあるの?

デイサービスの介護スタッフとして勤務するには上記のように特に資格は必要とありませんが、生活相談員になりたい、将来は管理者になりたいとお気持ちがある人は社会福祉主事や社会福祉士、介護福祉士の専門資格を取得されることを推奨します。

国家資格であり資格取得するまでには条件がありますが、社会福祉士や介護福祉士は昇給・昇進・転職するうえでも有利となる資格です。

必要なスキルとは?

次に求められるスキルについてご紹介いたします。

コミュニケーション能力

黙っていては利用者がどんな性格をしているのか、どんな気持ちなのかわかりませんよね。

また、デイサービスの仕事はチームで行う仕事です。

例として、利用者40人参加し、介護スタッフが6人や7人などでデイサービスを運営するとなるとチームワークが非常に重要になります。

よりよく運営するために業務分担がなされ、今の利用者の状況や状態は「今日は穏やかに過ごされて、楽しそうにしている。他の利用者とも楽しそうに会話していたよ」など情報共有することも非常に大切です。

報告・連絡・相談がデイサービス内でしっかりできていると利用者の満足度も高くなります。

あなたの趣味が活きることも!

音楽をされている人であれば、行事などで是非趣味を活かして演奏して欲しい!とお願いされることもあります。

またお花を趣味とされている方や化粧することが好きな人は自らの強みを活かしてレクリエーションの一環として趣味を提供することができます。

日常とは違うことを演出することで、利用者は大変満足されます。

提供した人も自信がつきますし、より良くしたい意識を持つこともできます。

デイサービスの仕事の探し方とは?

就職フォーラムへの参加や求人情報誌やハローワークやインターネットでの求人検索が主体となります。

仕事の探し方、新卒採用の場合は?

合同就職説明会や就職フォーラムへの参加が主になってきます。

またOBからの紹介とゆう手段もあります。

新卒の場合の有利な点としては、内定前や就職活動前にアルバイトととして勤務することもできます。

デイサービスの現場も人手不足です。

会社内の雰囲気を就職活動する前に知っておきたい気持ちを持たれることもありますよね。

就職活動前から実際の現場でアルバイトでも働いてもらうことで職場雰囲気がよく理解できます。

私が以前勤めていた法人では内定前後にアルバイトに来てもらうことが多いです。

アルバイトであったとしても実際に働いてもらうことによって、仕事内容のイメージも深まります。

その後に社会人としてデビューした時もアルバイトとして勤務した経験は役に立ちますよ。

中途採用や異業種からの転職の場合は?

求人情報誌やハローワークでもたくさん募集がかかっています。

介護業界に特化した人材紹介サイトを活用することもできます。

未経験でも人材紹介サイトを活用することができるの?

即戦力ばかりが人材紹介サイトを活用できるわけではありません。

少数派かもしれませんが、未経験でも採用したいと考えられている会社はあります。

そういった会社は時間はかかってもいいので、人材育成を大事にしたいと考えている傾向があります。

ボランティアとして参加することもできます

募集としては少ないですが、ボランティア募集しているデイサービスもあります。

職場の雰囲気を感じたい、知りたいと思われる人にとってはボランティアとして参加することもできます。

デイサービスの就職先や募集状況は?

営利法人・社会福法人・医療法人・NPO法人など様々な法人がデイサービスを運営されています。

募集状況としては介護人材不足から求人募集がよくあります。

詳細はハローワークや求人情報誌などをご覧になると、こんなに沢山あるのかと驚かれると思います。

デイサービスの主な就職先

選ばれた法人によって様々な特色があります。

ここでは法人による特色を紹介します。

社会福祉法人による特色とは

特別養護老人ホームとの併設しているデイサービスでは地域社会との結び付きが強固です。

私の経験則になりますが、通常のデイサービス業務だけでなく、特別養護老人ホームと連携を行いながら地域住民に向けての行事を開催することもあります。

また、地域の自治会に出向き地域包括支援センターと共同で介護予防教室を開催することもありました。

ターゲットとしては、介護認定に至る前の高齢者でした。

介護予防向けの運動指導をすることもありました。

それだけ地域の中に根付くように動くことがあります。

医療法人による特色とは

医療法人には医者がいます。

医者との距離は遠いですが、医療系に強くなりたい、知識を付けていきたいと思われる方には合っていると思います。

ちなみに介護職の方でも医療に対する知識はあるにこしたことはありません。

営利法人による特色とは

最近の社会福祉法人も特別養護老人ホーム併設デイサービス以外でも単独型のデイサービスが増加傾向ですが、営利法人の場合は単独型デイサービスを運営されていることが多いです。

デイサービスの特色も様々であり、運動を中心としたデイサービスや、趣味クラブに特化したデイサービスもあります。

もちろん従来型のゆったりとした雰囲気のデイサービスもありますよ。

デイサービスの働き口はどの程度あるの?

市町村人口別でデイサービスの数を参照します。

人口規模が政令指定都市ほどの人口規模はデイサービス数が多いので記載しませんが、中核市からの規模を参照します。

50万人規模の都市でデイサービスは120か所程度はあります。

10万人規模の都市でデイサービスは20か所程度となります。

数としては急に減少したと思われますが求人はあります。

5万人規模の都市でデイサービスは10か所程度となります。

デイサービスの数は少ないのでも、もちろん求人も必然的に少なくなります。

デイサービスの転職事情

生活相談員や管理者の経験があれば引く手あまたになります。

転職支援サービスに人材登録すると面白い程に、コーディネーターから転職先を紹介してくれます。

積極的に地域の行事や事業者連絡協議会などに参加すると、地域のデイサービスから引き抜きの声がかかることもあります。

他の業種も引き抜きはあると思いますが、介護業界も引き抜きは多いです。

もちろん引き抜かれることで年収の条件提示は今よりもよくなる可能性がおおいにありますよ。

デイサービスの平均給与はどれくらい?

平均年収は勤められる地域によって差が生じてしまいます。

現在では東京が一番高い人件費を払っているのですが、平均400万を超えています。

しかしながら他の地域を見てみましょう。

大阪での平均年収は370万となっていますが、管理者も含まれての平均年収です。

私での経験をもとになってしまうのですが、大阪での勤務にて月給24万円程でした。(もちろん総支給ですし、介護職員処遇改善費も含まれてます)

まとめ

介護の仕事の中でも様々な仕事があります。

その中でもデイサービスの仕事は魅力ある仕事のひとつと言えます。

特別養護老人ホームに勤務される介護スタッフと比べると、楽しく過ごすことができますし。

また思っていたよりも肉体労働と感じないと思います。

ご利用者と共に楽しむことができ、ご自身が成長できる場であると思っています。


関連キーワード

デイサービス求人

デイサービス求人についてもっと深堀りした情報を見る

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

デイサービスの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回はデイサービスの年収がどれくらいなのか。また、その年収を上げるためにはどういった方法があるのかを紹介していきます。デイサービスの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合もちろん施設によって差が出てくる部分ではありますが、一つの目安として年収300万円と言えると思います。施設によっては賞与が出ないというところもあるようですが、基本的には賞与はあると思って大丈夫だと言えます。正社員で転職した場合基本的には上にあるような年収300万円が基本となってきます。転職サイトを利用するなどすれば、転職先の方が年収を上げることが可能だと思います。また、施設によってはデイサービスの職員に対する給料を手

デイサービスの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

今回は介護の仕事の中でもデイサービスに絞って色々と書いていきたいと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般的なデイサービスの両方で勤務したことがあります。その経験からデイサービスの仕事について紹介していこうと思います。デイサービスってどんな仕事?デイサービスと聞くと、あまり介護について知らない人でもどんな所なのかというイメージはしやすいと思います。朝から夕方までを施設で過ごします。自宅での生活が基本となっている方が利用するので比較的元気なお年寄りが行っているというイメージがあります。職員の目線で言うと、夜勤がなくて送迎があるというのがデイサービスの仕事の特徴的な部分と言えると思います。デイ

デイサービスのパート求人でよくある募集内容やパートならではのメリットを紹介します

介護職で一番パートの募集が多く、また、働いている人もパートがほとんど、という職場がデイサービスです。いったいデイサービスのパートはどんな仕事をするのでしょうか?まとめてみました。デイサービスのパートでよくある仕事内容とは?デイサービスには、いわゆる全日デイ(通常規模、小規模)と、半日リハビリデイ(小規模)に分かれます。後者は高齢者のジムのようなもので、入浴や食事はありません。ですので、一般的な全日デイでの仕事内容をご説明します。入浴介助デイサービスには、家での入浴が難しくなり、お風呂目的で来られる方が多くいます。基本的には毎日入浴業務があり、重要な仕事のひとつです。デイによっては入浴専門パート

デイサービスの転職で注意したほうが良い6個のこと

福祉職に興味がある人で、日勤の時間帯に固定で働いて福祉に携わりたいと思う方も多いと思います。福祉職は特殊な職種で施設の利用者や職員など、多種多様な人とかかわりを持つことができる仕事です。このように福祉職に興味があり、働く時間が固定の時間と希望がある方にお勧めなのがデイサービスです。デイサービスは稼働時間が日勤帯ですから勤務時間が不規則ではありません。では、デイサービスに転職するにはどんな備えが必要なのでしょうか。ここでは経験がある方も未経験の方も転職を考えにあたり、転職活動がスムーズにできるようなポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。せひ、ご参考までに。デイサービスってどんな仕事?未

デイサービスの正社員求人の特徴と非正規社員の求人との違いとは?

デイサービスで働く際に、正規社員として働くか非正規社員として働くかという点では、転職をお考えの方で悩む方が多いようです。デイサービスの中で、正社員として働くことと非正規社員として働くことでどうして悩むのかというと、福祉職の中でも特にデイサービスは日勤業務のみの職種でもあるからです。では、何が違うのか。ここではデイサービスで働いている中で雇用形態に相違があることで何が変わってくるのかをご紹介していきます。求人情報から読み取れる雇用形態の違いに、ぜひ転職活動をしている方は比較する際にご参考にしていただけたらと思います。正社員と非正社員の違いとは?そもそも正社員と非正社員とは何が違うのでしょうか。デ

デイサービスバイト求人でよくある仕事内容と選ぶ時の注意点

「デイサービス」と一言でいっても施設の在り方やその中でおこなっている内容はさまざまであります。今回こちらの記事では、デイサービスの中でも身体的な機能回復訓練に特化した施設に関する施設での働き方や、給与形態などをご紹介していきたいと思います。デイサービスバイトの仕事内容機能回復訓練に特化したデイサービス施設では、数種類のトレーニングマシーンでの運動と、柔道整復師による肩や足腰などのマッサージなどが行われています。アルバイトスタッフとしての仕事内容は、以下の項目ごとにまとめています。利用者の送迎利用者の送迎は、主に車で送り迎えをしておりました。車の種類は軽自動車から6~7人乗りのステーションワゴン


デイサービス求人に関するコラム

デイサービスを辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

一口にデイサービスと言っても、今は短時間から長時間、大規模から小規模まで、たくさんの種類があります。事業所の数も多く、競争も激しい業界で、求人はいつでもたくさんあります。比較的未経験者でも働きやすく、無資格者の募集も多い仕事ではありますが、実はデイサービスによっては職員の入れ替わりが激しいところも少なくありません。門戸が広く働きやすいのですが、辞める人も少なくないデイサービスの仕事、その理由や辛さをいくつかご説明いたします。経験者が紹介!デイサービスの仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?私自身はデイサービスで5年働いていました。比較的長く続いている人が多いデイサービスでしたが、それでも退職

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くことで得られるメリットについて書いていこうと思います。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一人で生活するには少し問題があるというような方が利用されています。ですが、昨今は施設への入所がなかなか出来ない状況(高齢者の人数が多すぎて)ですので介護度がかなり重い利用者様も利用され

デイサービスの仕事でやりがいを感じる5つのこと。5年働いた私が解説します!

デイサービスは、初心者でも働きやすく、無資格未経験OKの求人がたくさんあります。そして、働く職員にとっても楽しい仕事です。私はデイサービスの介護士として5年働き、今はケアマネージャーの立場から、利用者にデイサービスの利用を勧めています。そんなデイサービスのやりがいについてご説明します。デイサービスの仕事でやりがいを感じる5個のことデイサービスで働いていて、これはやりがいがあるなと思えた事をまとめてみました。毎日違う利用者に会える週に何度も利用される方はいらっしゃいますが、基本的に利用曜日は決まっており、毎日全く同じメンバーという事はありません。この曜日はにぎやか、この曜日は女の人が多い、認知症

デイサービスを辞めたいと私が思った6個のワケ。7年働いた後に辞めた流れとこれから働く人への前向きなアドバイス!

デイサービスに7年間勤務しましたが、40歳を過ぎたあとに退職をいたしました。以前は障がい者福祉にも関わっていましたので、福祉関係の仕事には15年以上就いていました。これだけ長く従事していればスキルや経験が身に付き、なぜ退職という選択をしたのか疑問に思う方がいらっしゃると思います。個人的な性格も理由にはあるかと思いますが、一般的に介護の業界では退職や離職について現状は特筆すべきことがあるのも、また事実です。この点について私の経験を踏まえながら辞めたいと思った理由をお伝えできればと思います。介護業界での離職率、実際のところどうなの?求人情報を見ると、介護業界の募集を見ないことはないというくらい、募