今回はデイサービスとは、どんなことをするのか色々と書いていこうと思います。

私は認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービス、両方での勤務経験がありますので実体験も交えて説明していきます。

デイサービスの仕事に就くためにはどうしたらいい?

デイサービスで仕事をするためにはどうしたら良いのかを書いていこうと思います。

デイサービスの仕事に就職するために

介護の仕事に就くということ自体は全く難しいことではありません。

そしてデイサービスは介護施設には必ずあると言ってよいくらいどこにでもあります。

また、デイサービスだけを行っている事業所もあります。

特に意識しなくても街の中でデイサービスを見たことがあるという人少なくないと思います。

デイサービスの仕事に就職するためには介護施設の求人に応募するということが基本となります。

介護の世界は人材不足のため、求人に応募するとほとんどのケースで合格すると思います。

デイサービスは男性介護士の人数が少ないという所が多いと思います。

やはり給料面で夜勤がないため劣っているからです。

そのため、男性でデイサービスでの勤務を希望するとほとんど通るのではないかと思います。

資格は必要?

結論から言うと資格は無くても問題ありません。

介護福祉士の資格を持っていると資格手当が出るという施設は多いのでそういう意味でも有利になると思います。

仕事をしながら資格取得という方法もありますが、かなり困難ですのでお金、時間に余裕があるのであれば資格取得してから求人に応募するということをおススメします。

必要な経験は?

転職というケースの場合、デイサービスでの経験があるともちろん有利ですし採用する側としても安心して任せてもらえると思います。

デイサービスでの仕事ということで考えると経験が無い場合でも全く問題はありません。

個人的には介護の仕事で最初に配属になるのはデイサービスが良いと思っているくらいです。

デイサービスを利用する理由とは?

家族様の負担軽減

世間的にも問題になってきていますが自宅での介護は介護者がかなりの負担を強いられます。

そのため、家族様が休息することも視野にいれてデイサービスを利用するというケースがあります。

これについては本来のデイサービスの利用目的としては議論されるところでもあるのですが、現実として充分にあります。

利用者様の気分転換

これについては比較的元気な利用者様がこのような目的でデイサービスを利用することが多いです。

ずっと自宅にいると誰とも話さないからつまらない。

近所に高齢者が少ない、近所に高齢者はいても知らない人ばかり・・・というようなことからデイサービスを利用するということがあります。

自宅で出来ないことをする

高齢者が自宅での生活で最初に難しくなるのは入浴です。

体が不自由だから動きにくいというのもありますが、そもそもお風呂が高齢者の事を考えて作られていません。

自分が年をとって入れなくなるまでは思うこともないのですが、手すりの無い深い浴槽に入るということはかなり難しいのです。

そのため、デイサービスには入浴をするために利用するという人はかなり多いです。

なかには、デイサービスでお風呂に入っていますが、自宅でも家族が協力して入っているという人もいますが、家族様からは「家で入るのは大変ですよ。家族みんなが協力しないと入れない。」という話を聞いたことがあります。

利用者様一人で自宅でいるのは心配

昨今は夫婦共働きが当たり前となっていますので、平日の昼間は利用者様が一人で自宅でいるというケースが多いです。

食事については配色サービスやホームヘルパーを利用すれば何とかなりますが、どうしても一人でいる時間というのが長くなります。

高齢者が自宅で一人で長時間いるということは結構恐ろしいものです。

こういう理由でデイサービスを利用している方は平日は毎日利用するということも少なくありません。

デイサービスの仕事の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

送迎

デイサービスの仕事内容で最も特徴的なものとなります。

利用者様を自宅と施設間の送り迎えをすることです。

普段から車に乗り慣れているという人でも過信は禁物です。

乗り慣れていない車で通り慣れていない道路、利用者様を乗せて・・・という状況は体験してみると分かりますが意外と緊張するものです。

必ずそうとは限りませんが送迎で使う車には施設名が書かれているものですのでそういう意味でも緊張を強いられる要素が増えてきます。

デイサービス配属されたばかりの頃は利用者様の自宅を一から覚えるところから始まります。

しかし、少しずつでも覚えてくると新しい利用者様が増えたとしても「○○さんの近く」というように覚えることが困難ではなくなってきます。

何でもそうだとは思いますが初めは苦労するものです。

しかし、徐々に慣れてきますのでそういう面での心配は必要ないと思います。

排泄

施設に入所されている利用者様と比較するとオムツ交換をする機会はかなり少ないと思われます。

しかし、まったくないということはありませんし昨今のデイサービスの利用者様の介護度は重くなってきています。

そのため、以前と比べるとオムツ交換を必要とする利用者様は増えてきているかもしれません。

また、別の視点で言うとデイサービスの利用者様は自宅での生活が基本となっています。

そのため、排泄の介助方法についても施設のやり方を何が何でも通すというわけにもいきません。

自宅でトイレで排泄しているという利用者様に失禁が多いという理由でオムツでの対応をするということはあってはならないことです。

そのような対応をすると自宅でトイレで排泄するということ自体が出来なくなるかもしれません。

家族様によっては施設の思うとおりにしてくださいという方もいるかもしれませんが、ほとんどの家族様は今の状態をキープ出来るようにしてほしいという話をされます。

介護の仕事ではどの部署でもいえることですが、利用者様に合わせた対応方法がありますのでそれを覚えていく必要があります。

入浴

デイサービスの利用者様は自宅で入浴が出来ないから入浴目的でデイサービスを利用しているという人も少なくありません。

自宅生活で最初に1人で出来なくなること、もしくは危なくなることは入浴です。

また、入浴は気分的にもしたくないと思ってしまう人も多いため、一見すると普通の人に見えても自宅で入浴は全くしていないという人もいます。

入浴については施設でのやり方をするということが多いです。

初めにも書きましたがそもそも高齢者が一人で自宅のお風呂に入るということは難しいものです。

入浴はデイサービスの時に入るという利用者様が多いです。

デイサービスのお風呂は利用者様に合った造りになってはいますが、入浴の場面が最も事故が起こりやすいです。

自立度の高い利用者様でも転倒などのリスクが上がりますのでそのあたりについての注意は必要です。

これについては当たり前のことなのですが、特にデイサービスの場合利用者様の羞恥心について配慮するということが大切になってきます。

デイサービスの場合同性介助(女性利用者様は女性職員のみで対応)を取り入れている所もあります。

施設に入所されている利用者様相手に入浴介助をする時は職員の人数を理由に同性介助というのは難しいものです。

そのため、男性介護士の方は羞恥心について特に気に留めておく必要があります。

デイサービスの利用者の場合には特に重要な場面になるのが入浴にお誘いする時です。

入浴を必要以上に嫌がる利用者様もいらっしゃいます。

その利用者様にいかに入浴していただけるかという部分については経験やその職員の技量が問われます。

先輩職員から○○さんはこういう風に声を掛けたら良いよというようにアドバイスされることもありますが、先輩職員ですら難しいとお手上げの利用者様もいらっしゃいます。

時間を空けたり声をかける職員を替えたりと色々な方法で対応します。

デイサービスの入浴介助において大変なのは入浴してもらうように声をかけることかもしれません。

職員と相談して対応していくしかありません。

食事

デイサービスの利用者様は自分で食べるという人が多いです。

そのため、食事介助をするというより食事の見守りをするというのがメインとなります。

ですが、食事中にも誤嚥などの事故は可能性としてあります。

しかも食事中の事故は早急な対応が必要となることもあり得ます。

食事を喉に詰めた時の対応方法などは事前に理解しておく必要があります。

緊急時の対応についてマニュアルを作成しているデイサービスもありますので聞いておくと良いと思います。

担当者会議

介護の仕事は意外と事務仕事が多いものです。

デイサービスも例外ではありません。

そのうちの一つとして「担当者会議」があります。

利用者様には必ずケアマネジャー(ケアマネと呼ばれる)がいます。

ケアマネが作成したケアプランをもとに各事業所が計画を立てて日々対応していくという流れになるのです。

そのケアプランの見直しという意味で担当者会議が定期的に開催されます。

それには利用者様が関わっている全事業所の職員が集まりケアプランについて話をすすめていきます。

担当者会議が開催される前にその利用者様のデイサービスでの様子や発生している問題点をまとめておくという作業があります。

そして担当者会議に出席し新しくケアプランが作成されますのでそれを元にデイサービスでのケアプランを作成するという流れになります。

担当者会議後のケアプラン作成は手間ですが大事な仕事です。

パソコンを使用するところが多いと思いますのでパソコンをある程度使えるという人は苦にならないと思います。

レクリエーション・行事

デイサービスはレクリエーションに力を入れている所が多いです。

介護士になりたくてなった人でもレクリエーションは苦手という人はかなり多くみられます。

しかし、デイサービスでは避けては通れない道です。

経験者の私から言わせてもらうとレクリエーションは数をこなせば普通に出来るようになります。

得意になったり苦手を克服したりということではありませんが、とりあえずレクリエーションをすることは出来るようになります。

利用者様を前にして話をしていくことが難なく出来るようになれば何とかなります。

最初は嫌で嫌で仕方ないと思いますが、他の職員がしているレクリエーションを見ることから始めましょう。

そして、他の職員がしていたレクリエーションをそのままマネしてみましょう。

それを繰り返しているうちに自分の得意なレクリエーションが分かってきます。

そのうえで本やネットでレクリエーションのネタを調べて試してみる。

という方法が良いと思います。

また、逆に苦手なレクリエーションのネタというのも分かってくると思います。

それについては、許されるのであれば全くしないというのも一つの方法です。

私はデイサービスに配属されていたころは音楽レクはほとんどしませんでした。

行事についてもデイサービスだと参加する機会が多いと思います。

担当者になると企画・準備・反省などの一連の流れの中心になって行うこともあります。

これについても経験があればある程度は出来るようになります。

施設の外に出ていくような行事の時は施設内で行う行事より気を付けるべきポイントが多くなります。

認知症の方は特にですがどこにいるのかの所在確認を必ず常時行っていないと大変なことになります。

仕事の流れ

排泄は適宜行うものですので省いています。

申し送り

デイサービスは曜日によって利用者様が違います。

また、送迎の担当や誰をお迎えに行くのかの確認をします。

そして、その日に利用する利用者様の情報などで確認事項を全員が再確認しておきます。

送迎

自分が送迎する利用者様の自宅までお迎えに行きます。

言うまでもなく速さではなく安全が求められます。

もし速さだけを求められるような施設の場合は問題があると言っても良いです。

正直、転職を考えるくらいのものです。

とにかく安全に施設と自宅間の送迎をしましょう。

バイタル測定

施設に到着した利用者様はお茶を飲み、落ち着いたらバイタル測定(検温・血圧・脈)をします。

特にインフルエンザの時期では検温の結果次第では再び自宅に送り届けるということもあります。

このバイタル測定はどのデイサービスでも必ず行っていると思います。

入浴

基本的には午前中に入浴をするという所が多いと思います。

そして、多くの所は同性介助だと思います。

女性利用者様の入浴を男性介護士がするということは無いと言ってもよいくらいだと私の印象ではあります。

脳トレ・学習療法・リハビリ

入浴をする人数は限られていますので、入浴をしていない利用者様はリハビリなどを行います。

これについてはデイサービスの特色が出てくるところです。

学習療法については、最近実施しているデイサービスが増えていると聞きます。

認知症予防や認知症の進行を抑える効果があります。

職員1人にたいして利用者様は多くて2名です。

ゆったりとじっくり利用者様と関わることができます。

食事

各デイサービスで決められた時間になると食事が始まります。

基本的には配膳を職員が行い食事中は見守りをするという動きになります。

レクリエーション

午後になりレクリエーションをすることが多いです。

デイサービスの規模や利用者様の人数によっては午後にも入浴をするという所もあります。

通常だとレクリエーションですが、特別な行事をするときも午後に行うという所が多いと思います。

おやつ

これもどのデイサービスでもあると思います。

レクリエーション後に休憩の意味も込めておやつを食べます。

行事でクッキングをしたときには出来たものを皆さん一緒に召し上がるという感じです。

送迎

朝の送迎と同じく自分の送迎担当を見て利用者様を間違えることなく車に案内します。

もちろん自宅に送る送迎でも安全第一で行いましょう。

記録・片づけ・ミーティング

デイサービスの特徴ですが、送迎を終えると利用者様はいなくなります。

そうなって記録・片づけを行います。

施設介護と違って利用者様がいなくなり職員だけになるので職員ミーティングをしっかりと行うことができます。

デイサービスの利点でもありますのでしっかりと生かしていきたいところです。

行事の用意についても出勤している職員で協力して行うことができます。

施設介護と違って利用者様に気を使いながらということもありません。

デイサービスの仕事の給料事情は?

デイサービスの介護職の給料については、施設・地域にもよると思いますが手取りで17万円前後なのではないかと思います。

夜勤手当が無いので給料としては低めになってしまいます。

聞いた話ですが、ある施設はデイサービスにかなり力を入れているのでデイサービスの職員には5万円の手当がつくという所もあるそうです。

デイサービスの仕事の探し方とは

ここまではデイサービスで仕事内容などについて書いてきました。

ここからはデイサービスで働くための仕事の探し方を紹介していきます。

求人に応募

介護業界は人材不足です。

そのため、普通に求人を検索するといくつもあります。

そして応募すればほとんどの場合、合格すると思います。

正社員のみではなくパート・アルバイトでの募集も多く見かけます。

また、送迎のみ行う職員の募集も割と見かけます。

転職サイトを利用する

これはより好待遇で自分の希望に合うものを求める人におススメです。

担当の人に自分の希望(給与・地域など)を伝えるとそれに合った求人を紹介してもらえます。

また、非公開求人という一般には出ていない

良い条件の求人を紹介してもらえますので知っているのと知らないのでは大きな差が出てきます。

また、転職する時に利用するというのもおススメします。

担当の方が求人を探してくれて、さらに新しい施設の方と色々な連絡をとってくれます。

なので現在の仕事を続けながら転職をそこまで労力を使わずにできます。

私も転職サイトを利用して転職した経験がありますが、とても便利でした。

友人・知人に紹介してもらう

介護の業界ではよくあることですが、職員が職員を呼んでくるというものです。

ほとんどのケースで知人・友人に自分の施設に誘う時には辞めたくて仕方ないようなときは紹介しないと思います。

また、雇う施設側も○○さんの紹介なら・・・とほぼ間違いなく採用すると思います。

誘われる側の視点で考えても知っている人がいるということは精神的にかなり楽になりますのでおススメ出来ると思います。

まとめ

今回はデイサービスの事について色々と書いてきました。

私自身が認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスで仕事をしたことがあります。

介護の仕事のスタートがデイサービスから始まりました。

今となってはそれがとても良かったと思います。

デイサービスの職員から施設介護の職員に異動となるケースも普通にありますが、そうなった時もデイサービスでの経験が生かされます。

一番それが分かるのが行事の時です。

行事には必ず司会の人がいますが、デイサービスでの経験がある人が司会をすると経験が無い人の司会と比べると雲泥の差が出ます。

行事の司会の人があまり上手でないと行事の内容がどれだけ優れたものでも後味が変わってきます。

また、デイサービスでは比較的に元気な利用者様が多いので接客業に似たような一面があります。

介護の仕事をしていく上で最低限の礼儀みたいなものも自然と身につけることが出来ます。

施設介護しかしていない人の中には利用者様に対して上から目線で命令口調の人もまれに見かけます。

施設の風潮にもよると思いますが、利用者様に対する接し方というのは家族様や介護実習生が見るとそのまま施設の印象になりますので大事になってきます。

そしてなにより上から目線の職員に対して利用者様が親しみを感じることはなく嫌悪感しか生まれないと思います。

私は介護の仕事を始める時に施設介護を希望していましたが、デイサービスに配属となりいきなりモチベーションの保持に苦労しました。

しかし、デイサービスでの経験は介護士人生にとってプラスになることが多かったです。

これから介護の仕事をしようとしている人がこれを読んでいて、もしデイサービスの配属になった時、それが希望していないとしても将来必ず役に立つということを思い浮かべて続けていってほしいと思います。

デイサービスでの仕事はやってみると楽しいこともたくさんありますよ。


関連キーワード

デイサービス求人

デイサービス求人についてもっと深堀りした情報を見る

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

デイサービスの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回はデイサービスの年収がどれくらいなのか。また、その年収を上げるためにはどういった方法があるのかを紹介していきます。デイサービスの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合もちろん施設によって差が出てくる部分ではありますが、一つの目安として年収300万円と言えると思います。施設によっては賞与が出ないというところもあるようですが、基本的には賞与はあると思って大丈夫だと言えます。正社員で転職した場合基本的には上にあるような年収300万円が基本となってきます。転職サイトを利用するなどすれば、転職先の方が年収を上げることが可能だと思います。また、施設によってはデイサービスの職員に対する給料を手

デイサービスの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

今回は介護の仕事の中でもデイサービスに絞って色々と書いていきたいと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般的なデイサービスの両方で勤務したことがあります。その経験からデイサービスの仕事について紹介していこうと思います。デイサービスってどんな仕事?デイサービスと聞くと、あまり介護について知らない人でもどんな所なのかというイメージはしやすいと思います。朝から夕方までを施設で過ごします。自宅での生活が基本となっている方が利用するので比較的元気なお年寄りが行っているというイメージがあります。職員の目線で言うと、夜勤がなくて送迎があるというのがデイサービスの仕事の特徴的な部分と言えると思います。デイ

デイサービスのパート求人でよくある募集内容やパートならではのメリットを紹介します

介護職で一番パートの募集が多く、また、働いている人もパートがほとんど、という職場がデイサービスです。いったいデイサービスのパートはどんな仕事をするのでしょうか?まとめてみました。デイサービスのパートでよくある仕事内容とは?デイサービスには、いわゆる全日デイ(通常規模、小規模)と、半日リハビリデイ(小規模)に分かれます。後者は高齢者のジムのようなもので、入浴や食事はありません。ですので、一般的な全日デイでの仕事内容をご説明します。入浴介助デイサービスには、家での入浴が難しくなり、お風呂目的で来られる方が多くいます。基本的には毎日入浴業務があり、重要な仕事のひとつです。デイによっては入浴専門パート

デイサービスの転職で注意したほうが良い6個のこと

福祉職に興味がある人で、日勤の時間帯に固定で働いて福祉に携わりたいと思う方も多いと思います。福祉職は特殊な職種で施設の利用者や職員など、多種多様な人とかかわりを持つことができる仕事です。このように福祉職に興味があり、働く時間が固定の時間と希望がある方にお勧めなのがデイサービスです。デイサービスは稼働時間が日勤帯ですから勤務時間が不規則ではありません。では、デイサービスに転職するにはどんな備えが必要なのでしょうか。ここでは経験がある方も未経験の方も転職を考えにあたり、転職活動がスムーズにできるようなポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。せひ、ご参考までに。デイサービスってどんな仕事?未

デイサービスの正社員求人の特徴と非正規社員の求人との違いとは?

デイサービスで働く際に、正規社員として働くか非正規社員として働くかという点では、転職をお考えの方で悩む方が多いようです。デイサービスの中で、正社員として働くことと非正規社員として働くことでどうして悩むのかというと、福祉職の中でも特にデイサービスは日勤業務のみの職種でもあるからです。では、何が違うのか。ここではデイサービスで働いている中で雇用形態に相違があることで何が変わってくるのかをご紹介していきます。求人情報から読み取れる雇用形態の違いに、ぜひ転職活動をしている方は比較する際にご参考にしていただけたらと思います。正社員と非正社員の違いとは?そもそも正社員と非正社員とは何が違うのでしょうか。デ

デイサービスバイト求人でよくある仕事内容と選ぶ時の注意点

「デイサービス」と一言でいっても施設の在り方やその中でおこなっている内容はさまざまであります。今回こちらの記事では、デイサービスの中でも身体的な機能回復訓練に特化した施設に関する施設での働き方や、給与形態などをご紹介していきたいと思います。デイサービスバイトの仕事内容機能回復訓練に特化したデイサービス施設では、数種類のトレーニングマシーンでの運動と、柔道整復師による肩や足腰などのマッサージなどが行われています。アルバイトスタッフとしての仕事内容は、以下の項目ごとにまとめています。利用者の送迎利用者の送迎は、主に車で送り迎えをしておりました。車の種類は軽自動車から6~7人乗りのステーションワゴン


デイサービス求人に関するコラム

デイサービスを辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

一口にデイサービスと言っても、今は短時間から長時間、大規模から小規模まで、たくさんの種類があります。事業所の数も多く、競争も激しい業界で、求人はいつでもたくさんあります。比較的未経験者でも働きやすく、無資格者の募集も多い仕事ではありますが、実はデイサービスによっては職員の入れ替わりが激しいところも少なくありません。門戸が広く働きやすいのですが、辞める人も少なくないデイサービスの仕事、その理由や辛さをいくつかご説明いたします。経験者が紹介!デイサービスの仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?私自身はデイサービスで5年働いていました。比較的長く続いている人が多いデイサービスでしたが、それでも退職

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くことで得られるメリットについて書いていこうと思います。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一人で生活するには少し問題があるというような方が利用されています。ですが、昨今は施設への入所がなかなか出来ない状況(高齢者の人数が多すぎて)ですので介護度がかなり重い利用者様も利用され

デイサービスで働くには?資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!

デイサービスでの勤務経験をもとに、デイサービスで働くにはどうすればいいのかや、魅力や現状をできる限りお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうことから始まります。要介護認定や要支援認定を受けている人が自分でデイサービス先まで通わないといけないのかと疑問に思われますよね。デイサービスの仕事ではまず利用者のご自宅へ迎えに行く送迎業務から始まります。デイ

デイサービスの仕事でやりがいを感じる5つのこと。5年働いた私が解説します!

デイサービスは、初心者でも働きやすく、無資格未経験OKの求人がたくさんあります。そして、働く職員にとっても楽しい仕事です。私はデイサービスの介護士として5年働き、今はケアマネージャーの立場から、利用者にデイサービスの利用を勧めています。そんなデイサービスのやりがいについてご説明します。デイサービスの仕事でやりがいを感じる5個のことデイサービスで働いていて、これはやりがいがあるなと思えた事をまとめてみました。毎日違う利用者に会える週に何度も利用される方はいらっしゃいますが、基本的に利用曜日は決まっており、毎日全く同じメンバーという事はありません。この曜日はにぎやか、この曜日は女の人が多い、認知症