高齢者介護の話題や求人を頻繁に目にする機会がありますが、実際にはどんな仕事なのか、知る機会は多くありません。

今回は、実際にデイサービスで働いた経験をもとに説明していきたいと思います。

デイサービスとは?

数ある高齢者介護サービスのなかで、在宅で介護されている方を対象にした「通所介護サービス」で、日中、施設で過ごしていただき、入浴や食事、リハビリなどを通して健康や身体機能の維持を目指します。

デイサービスでの仕事内容

身体機能の維持を目的に、楽しく、元気に過ごしていただけるように、様々なサービスを行っています。

送迎

通所介護施設は、ご自宅から通っていただく施設です。

そのため、毎回ご自宅まで送迎を行います。

車両の運転はもちろん、ご自宅到着時には安全に乗り降りするための誘導や介助、車いすの方の場合は乗車装置の操作を行います。

また、送迎コースの組み立て、座席配置、運転手の勤務管理、場合によっては車両の点検整備も業務の一部になります。

入浴介助

衣類の着脱、洗体、浴槽への出入り介助を行います。

車いす利用者、麻痺を持つ方なども、身体状況に応じて安全に入浴できるよう介助します。

直接介助が必要ない人に対しても、安全に配慮して見守りをします。

機械浴という、身体を横にしたまま、座った状態のまま入浴する機械を使う施設もあり、その準備や操作をします。

食事介助

安全に食事ができるよう介助します。

咀嚼(噛み合わせ)や嚥下(飲み込み)が困難な人のために食事形態を工夫(細かく刻む・ミキサーにかけるなど)したり、食器を工夫したりします。

きちんと飲み込めているかの確認、食事量の把握もします。

直接介助が必要ない人に対しても、安全に配慮して見守りをします。

排泄介助

トイレへの往復の誘導、声掛け、便座への移動の介助、清潔保持(陰部の洗浄)などを行います。

必要な人には見守りをします。

直接介助が必要ない人に対しては誘導や介助はしませんが、声掛けや回数把握などをします。

プライバシーに配慮して行います。

レクリエーション

身体機能の維持、楽しく過ごしていただくために、身体を動かしたり考えたりする機会を作ります。

塗り絵、工作、計算、簡単なクイズ、難読漢字の読解など個人で取り組んでいただく内容のほか、全体で取り組む体操、ゲーム、カラオケなどを企画、進行します。

相談業務

生活相談員という役割の職員の業務で、社会福祉士や社会福祉主事などの資格取得者が担当します。

利用されている方のご家族や、介護支援専門員(ケアマネージャー)と連携し、利用されている方の情報共有や、今後の介護方針を考えたりします。

デイサービスの窓口の役割を担います。

行事企画

レクリエーションの一部で、季節などに応じた行事を企画します。

高齢者であることや身体状況を考えたうえで楽しめる企画が求められます。

会話

最も基本的な仕事です。

相手を尊重し、敬語で話します。

できるだけマイナス要素(戦争・死・事故など)の話題は避け、傾聴を心掛け職員が主導にならないように配慮して会話します。

見守り

こちらも基本的な仕事の一つです。

監視ではなく、会話などをしながら、利用されている方の状況を把握します。

誰がどこにいるかの確認、行動、会話などから変化や異常がないか観察し、事故や病気を未然に防ぐよう努めます。

特に、施設外やトイレに向かう人には注意します。

デイサービスの仕事のやりがいは?

介護は命を守る仕事でもあり、緊張の連続でもあります。

しかし、「人と関わる仕事」は、時には仕事であることを忘れるくらいの充実感を得られます。

忙しい日々から少し離れたときに「この仕事をして良かった」と思えるものであり、人間としての成長もさせてくれます。

相手を尊重する会話が身に付く

この仕事で最も基本的なコミュニケーション手段である会話。

一見、簡単そうに思えますが、仕事として意識すべきものとして「傾聴」があります。

自己主張ではなく「相手の話を聞き、適切な返答をする」という意識がいつも必要なのですが、普段の自分の会話や他人に対しての接し方を見直す機会にもなります。

また、マイナス思考の内容の会話を、相手を尊重し不快な思いをさせることなく明るく楽しい話題に変換していく技術も身に付きます。

共に生きる仲間としての支援の姿勢が身に付く

介護というと「助けてあげる」という印象を持つ方もいらっしゃると思いますが、福祉施設での介護はそうではありません。

介護は確かに行いますが、本質は「相手が困難と感じる部分のサポート」であり、自立されていることは見守ります。

利用される方が自分らしく生きるためのサポートの方法を日々模索することになりますが、二つとして同じものはありません。

介護することにより、自分自身も相手に助けられていることを実感できます。

利用されている方がお元気になられる姿を目にすることができる

高齢者は、現実的には身体機能は衰えていきます。

しかし、その速度を遅くすること、無理のない範囲で出来ることを増やしていくことが、介護の目標の一つにあります。

「デイサービスに通う前は外出の機会が無く体力が低下していたが、利用するようになり回復した」「家では一人過ごし会話が少ないが、利用することで他人と接する機会が増えて明るくなった」等という変化があります。

このような場面を目にしたりご家族からお聞きすると、大きな充実感を得られます。

「介護をして助けてあげた」「やってあげた」ということが「やりがい」に繋がるとしたら、これは誤解です。

デイサービスをはじめ福祉の仕事は「支援」ですから、相手を尊重することが基本であり、親切とは異なります。

「やってあげた」ことよりも、その中身である「なぜその対応が必要なのか」が大切であり、これを考え提案し、実行するのがこの仕事の腕の見せ所といえます。

デイサービスの仕事は、こんなところがおすすめ!

介護が仕事の中心でありながら、自分の人間性も高めていける職場ともいえます。

これは医療・福祉・教育など対人間の仕事では共通することですが、高齢者の対応というデイサービスの特徴からさらに考えてみたいと思います。

また、この仕事で得た技術は日常生活でも役立てることができます。

利用される方が生きてきた時代の話を聞くことができる

昔話といえば一言で済んでしまいますが、そんな簡単な話ではありません。

介護をする私達よりも先に生まれ、懸命に働き、今の社会を作ってきた人たちが、私たちのお客様なのです。

昔の様子やその人の暮らしぶり、思い出を聞くことは、楽しくもあり、今後の介護に役立てることができるヒントがたくさんあります。

福祉用具の種類や使用方法を知ることができる

福祉用具といえば、一般的には車いすがよく知られていますが、他にも様々なものがあります。

正しく使用すれば、利用する方の生活を助けるだけでなく、身体機能の回復も期待できます。

利用する方に適した用具を選び、利用していただくことは、この仕事の技術のひとつです。

日常生活のなかでのリハビリの可能性を探る

リハビリというと、病院で器具を使って痛い思いをして頑張る、というイメージがあるかもしれません。

しかし、リハビリは日常生活の場面で出来ることも多くあります。

例えば、家具や手すりの高さなどを少し工夫するだけで、高齢者の行動範囲が大きく広がります。

それにより運動量も増え、体力がつき、何より自信回復につながります。

自分で出来ることが増えることが、リハビリになります。

外出や会話を楽しめる

デイサービスをご利用になられる方々は、高齢者のなかでの比較的お元気な方(ご自宅にお住いの方)が多いので、身体的な介護もあるものの、比較的コミュニケーションをとることができます。

仕事ではありますが、一緒に楽しむことができる時間が多くあります。

外出(外食など)、カラオケ、行事などでは、仕事であることを忘れるくらい、同じ目線で接することができます。

仕事以外の場面でも介護技術が役立つ

日常で見かける高齢者が困っている場面などを見かけたら、適切にアドバイスやお手伝いができる技術が身に付き、役立ちます。

相手の状況に合わせたお手伝いができます。

デイサービスの仕事の大変なところは?

介護の仕事はきつい、大変だと思う方も多いと思います。

確かにそのような場面は多くありますが、相手も私たちと同じ人間であることや、いずれ私たちも相手側の立場になる可能性があることを考えると、その思いがいくらか和らぐかもしれません。

コミュニケーション(会話)

様々な性格の方がいらっしゃいます。

傾聴し相手を主体に会話することはとても難しく、日々勉強です。

時には(相手にとって)不適切な発言をして指摘されてしまうこともあります。

人生の先輩であり生きる時代が異なるので、このようなことは度々あります。

経験を積んで言葉を多く学び、上達するしかありません。

利用される方の身体状況に合わせての介護

認知症や半身麻痺の方など、病気を持つ方が多くいらっしゃり、その事情に応じて介護の方法が変わりますので、それを覚えて正しく介護をする必要があります。

医療器具を扱う場合もあり、間違うと大きな事故や生命に関わることもあります。

これらも経験や知識を積み重ねていくものですが、身体状況には人それぞれ全て異なりますから、いつも初心の気持ちで緊張して介護します。

残業が多い

日中のサービス時間帯は利用される方々の介護が主体ですから、記録の記入、会議や行事の準備はどうしても時間外になってしまいます。

また、シフトを組んでの勤務ですので、会議など全員が集まる場合は、休日に当たってしまうこともあります。

デイサービスの特徴の一つである送迎も、時間外勤務が多くなる原因のひとつです。

腰痛など自分の健康管理に気を付ける

介護は、身体を痛めないようにきちんと方法が定められています。

しかし、利用される方の体形や特徴から、常に応用が必要です。

そのため、しばしば力に頼りがちにな介護になりやすく身体を痛める原因になります。

特に腰痛になると仕事そのものの継続が難しくなるので、介護の方法をしっかり学習し、力任せにならないように心がけることが大切です。

デイサービスの仕事で身につくスキルは?

高齢者福祉の専門職ですから、様々なスキルが身に付きます。

日常の延長から国家資格の取得まで幅は広く、特に資格取得は仕事の範囲が広がります。

コミュニケーション能力

常に会話や見守り、介護をしますから、相手を知り理解することは最低限の課題です。

言葉や話題の選び方、傾聴の心がけなど、相手を主体としたコミュニケーション能力が身に付きます。

行事やレクリエーションの際は司会進行を行いますが、全体把握、危険予知や予防の観点から考える必要があります。

これらはコミュニケーションから得られる情報が活用され、成り立つものです。

介護技術

介護には正しい方法がありますので、その基本を習得できます。

また、介護は周辺の設備(手すりなど)を効果的に利用することで成り立つものでもあります。

入浴、排せつ、食事、歩行(車いす操作含む)などの介助方法を身に付けることで、初めて業務に携わることができます。

資格取得者を優遇する求人が多いのは、このためです。

資格取得に向けた現場経験を積める

デイサービスで活用できる「社会福祉士」「介護福祉士」「社会福祉主事」「介護支援専門員」などは、取得条件に現場経験があります。

将来、資格取得を目指す場合は、職歴として認められます。

実技試験では実際に介護を行うので、現場経験があると有利です。

まとめ

専門的な仕事が多いので、まずは基本の介護技術を覚えるところから始めます。

コミュニケーションは利用される方からの信頼を得るきっかけにもなります。

これらをまとめると、デイサービスをはじめとする福祉の仕事は「技術者であり人間であれ」という言葉になると思います。

介護技術そのものは経験や学習で取得するものですが、その目的や活用場面は、私たちが生きる日常で生かされていくからなのです。

ですから、専門技術以外にも、人間としての良識や礼儀、気遣いなども、仕事に活かされてきます。

この仕事の「やりがい」は、利用される方と同じ高さからの視点で、共に楽しみ、学び、信頼を結ぶところから得られるものばかりです。

自分自身を磨き、人間として成長させてくれます。

また、この点から「介護をしてあげた達成感」ではないことがお分かりと思います。

高齢者であっても、病気を抱えていても、認知症で記憶が途切れてしまっても、全員が人間であり、この社会を作ってきた一員であることには変わりはありません。

人と人とのコミュニケーションが、この仕事のやりがいを生んでいることは間違いないと思います。


関連キーワード

デイサービス求人

デイサービス求人についてもっと深堀りした情報を見る

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

デイサービスの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回はデイサービスの年収がどれくらいなのか。また、その年収を上げるためにはどういった方法があるのかを紹介していきます。「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →デイサービスの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合もちろん施設によって差が出てくる部分ではありますが、一つの目安として年収300万円と言えると思います。施設によっては賞与が出ないというところもあるようですが、基本的には賞与はあると思って大丈夫だと言えます。正社員で転職した場合基本的には上にあるような年収300万円が基本となってきます。転職サイトを利用するなどすれば、転職先の方が年収を上げることが可能だと

デイサービスの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

今回は介護の仕事の中でもデイサービスに絞って色々と書いていきたいと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般的なデイサービスの両方で勤務したことがあります。その経験からデイサービスの仕事について紹介していこうと思います。「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →デイサービスってどんな仕事?デイサービスと聞くと、あまり介護について知らない人でもどんな所なのかというイメージはしやすいと思います。朝から夕方までを施設で過ごします。自宅での生活が基本となっている方が利用するので比較的元気なお年寄りが行っているというイメージがあります。職員の目線で言うと、夜勤がなくて送迎があると

デイサービスのパート求人でよくある募集内容やパートならではのメリットを紹介します

介護職で一番パートの募集が多く、また、働いている人もパートがほとんど、という職場がデイサービスです。いったいデイサービスのパートはどんな仕事をするのでしょうか?まとめてみました。「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →デイサービスのパートでよくある仕事内容とは?デイサービスには、いわゆる全日デイ(通常規模、小規模)と、半日リハビリデイ(小規模)に分かれます。後者は高齢者のジムのようなもので、入浴や食事はありません。ですので、一般的な全日デイでの仕事内容をご説明します。入浴介助デイサービスには、家での入浴が難しくなり、お風呂目的で来られる方が多くいます。基本的には毎日入浴

デイサービスの転職で注意したほうが良い6個のこと

福祉職に興味がある人で、日勤の時間帯に固定で働いて福祉に携わりたいと思う方も多いと思います。福祉職は特殊な職種で施設の利用者や職員など、多種多様な人とかかわりを持つことができる仕事です。このように福祉職に興味があり、働く時間が固定の時間と希望がある方にお勧めなのがデイサービスです。デイサービスは稼働時間が日勤帯ですから勤務時間が不規則ではありません。では、デイサービスに転職するにはどんな備えが必要なのでしょうか。ここでは経験がある方も未経験の方も転職を考えにあたり、転職活動がスムーズにできるようなポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。せひ、ご参考までに。「デイサービスの仕事」が自分に

デイサービスの正社員求人の特徴と非正規社員の求人との違いとは?

デイサービスで働く際に、正規社員として働くか非正規社員として働くかという点では、転職をお考えの方で悩む方が多いようです。デイサービスの中で、正社員として働くことと非正規社員として働くことでどうして悩むのかというと、福祉職の中でも特にデイサービスは日勤業務のみの職種でもあるからです。では、何が違うのか。ここではデイサービスで働いている中で雇用形態に相違があることで何が変わってくるのかをご紹介していきます。求人情報から読み取れる雇用形態の違いに、ぜひ転職活動をしている方は比較する際にご参考にしていただけたらと思います。「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →正社員と非正社員

デイサービスバイト求人でよくある仕事内容と選ぶ時の注意点

「デイサービス」と一言でいっても施設の在り方やその中でおこなっている内容はさまざまであります。今回こちらの記事では、デイサービスの中でも身体的な機能回復訓練に特化した施設に関する施設での働き方や、給与形態などをご紹介していきたいと思います。デイサービスバイトの仕事内容機能回復訓練に特化したデイサービス施設では、数種類のトレーニングマシーンでの運動と、柔道整復師による肩や足腰などのマッサージなどが行われています。アルバイトスタッフとしての仕事内容は、以下の項目ごとにまとめています。利用者の送迎利用者の送迎は、主に車で送り迎えをしておりました。車の種類は軽自動車から6~7人乗りのステーションワゴン


デイサービス求人に関するコラム

デイサービスを辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

一口にデイサービスと言っても、今は短時間から長時間、大規模から小規模まで、たくさんの種類があります。事業所の数も多く、競争も激しい業界で、求人はいつでもたくさんあります。比較的未経験者でも働きやすく、無資格者の募集も多い仕事ではありますが、実はデイサービスによっては職員の入れ替わりが激しいところも少なくありません。門戸が広く働きやすいのですが、辞める人も少なくないデイサービスの仕事、その理由や辛さをいくつかご説明いたします。経験者が紹介!デイサービスの仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?私自身はデイサービスで5年働いていました。比較的長く続いている人が多いデイサービスでしたが、それでも退職

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くことで得られるメリットについて書いていこうと思います。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一人で生活するには少し問題があるというような方が利用されています。ですが、昨今は施設への入所がなかなか出来ない状況(高齢者の人数が多すぎて)ですので介護度がかなり重い利用者様も利用され

デイサービスで働くには?資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!

デイサービスでの勤務経験をもとに、デイサービスで働くにはどうすればいいのかや、魅力や現状をできる限りお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうことから始まります。要介護認定や要支援認定を受けている人が自分でデイサービス先まで通わないといけないのかと疑問に思われますよね。デイサービスの仕事ではまず利用者のご自宅へ迎えに行く送迎業務から始まります。デイ

デイサービスの仕事でやりがいを感じる5つのこと。5年働いた私が解説します!

デイサービスは、初心者でも働きやすく、無資格未経験OKの求人がたくさんあります。そして、働く職員にとっても楽しい仕事です。私はデイサービスの介護士として5年働き、今はケアマネージャーの立場から、利用者にデイサービスの利用を勧めています。そんなデイサービスのやりがいについてご説明します。デイサービスの仕事でやりがいを感じる5個のことデイサービスで働いていて、これはやりがいがあるなと思えた事をまとめてみました。毎日違う利用者に会える週に何度も利用される方はいらっしゃいますが、基本的に利用曜日は決まっており、毎日全く同じメンバーという事はありません。この曜日はにぎやか、この曜日は女の人が多い、認知症