介護の仕事と一言で言ってもその種類はいろいろなものがあります。

今回はデイサービス正社員の仕事に注目して解説をしていきたいと思います。

施設の介護士との違いという観点からの解説もあります。

私の経験談も交えてご紹介したいと思います。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスはどんな仕事?

施設の介護士とは違って、利用者様が朝(9時頃)から夕方(16時頃)までしかいません。

その限られた時間の中で食事・排泄はもちろん、他にも入浴やレクリエーションを行います。

デイサービスの大まかな仕事内容

基本的な仕事内容は施設の介護士と大きな違いはありません。

食事・排泄・入浴など日常生活の支援を行います。

また、レクリエーションや行事、外出などに力を入れているというのが一般的な特色と言えると思います。

デイサービスならではの仕事内容としては「送迎」です。

施設の車を運転して利用者様の自宅に送迎をします。

ここからは私の個人的な経験に基づいてのものなのですが、施設の介護士より経験することが多いものがあります。

それは、利用者様の計画を立てる話し合いである「担当者会議」への参加です。

それと利用者様がデイサービス利用を始める際に情報収集も兼ねて行う「契約」に参加するということです。

「契約」については「担当者会議」より敷居が高いため、経験する度合いとしては少なめとなっています。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスでの正社員、パートでの違いとは?

デイサービスは早出・遅出といった変則勤務ではないため、パートさんが働きやすいとも言えます。

そのため、施設によっては正社員とパートさんの数がほとんど同じという所もあるくらいです。

ここからはデイサービスにおける正社員とパートの違いについて解説していきます。

仕事の内容は違うの?

仕事内容でいうと基本となる「食事・排泄・入浴・レクリエーション・送迎」は正社員・パートでの違いはありません。

違いがあるとすれば「担当者会議」や「契約」への出席です。

パートの場合「契約」に行くことはまずないと思って間違いないと思います。

「担当者会議」についてもほとんど出席しないと思います。

これは施設によって違うと思います。

大ベテランのパートの場合「担当者会議」へ出席する場合もありますが基本的には無いと言えます。

仕事の量や責任の度合いには差があるの?

利用者様相手にする仕事の量については差はほとんどありません。

差が出てくるのは残業時間ということになります。

パートの場合時間が決まっており、仕事が残っていても正社員が交代して行うケースがあります。

そういった意味で正社員の方が仕事量は多いと言えます。

責任の度合いについても基本的に違いはありません。

しかし、正社員の方が取り組む仕事の幅が広いためその分責任が大きくなると言えます。

特に「担当者会議」や「契約」についてはデイサービスから一人で行くことがほとんどですので、そこでのミスはデイサービス全員に迷惑をかけることになりそれが利用者様に影響が出てきてしまうという具合に責任が大きくなる一例となります。

それぞれ求められるスキルは?

何度も言っていますが、正社員とパートでの違いは「担当者会議」や「契約」への出席の有無です。

正社員の方が利用者様・家族様への事務的な説明能力が必要とされます。

また、説明するということは様々なデイサービスの決まりや介護保険のルール等の理解もより必要となってきます。

収入面は?

ここでは、デイサービスの介護士の正社員とパートによる給料面の違いについて解説していきます。

正社員

デイサービスは夜勤がないため、施設の介護士より給料面では劣ります。

施設の介護士にはない「送迎」という業務に重きを置きその部分について手当を用意している施設もあるようです。

とはいえ、夜勤手当のある施設の介護士とはどうしても差が出来てしまうというのが本当のところとなります。

パート

やはり時給制となりますので、正社員より給料面では劣ってしまいます。

また、賞与についても寸志程度というところもあります。

昇給についても「無いに等しい」と思っていて間違いないと思います。

デイサービスの正社員として働きながら感じた4個の課題

ここでは、私のデイサービスでの勤務経験から感じた課題について紹介していきます。

給料が少ない

一番の課題と言っても過言ではないと思います。

夜勤手当の差と言ってしまえばそこまでなのですが、どうしても給料面では低めになってしまいます。

給料が少ないということで有名な介護業界の中でも低いということですから、私たちの生活面も苦しいということです。

この後の項目にもつながっていく内容になるのですが、夜勤がないということでデイサービスは「比較的楽」と思われがちなので、給料面でもどうしても軽く見られがちなのではないかと思います。

施設によっては「送迎」に重きを置き施設の介護士と給料面で差が少なくなるようにしている施設もあります。

実際、私がデイサービスに勤務していた施設はそうでした。

しかし、同期の施設の介護士と比較すると2万円くらいの差がありました。

賞与の面だけでみると施設の介護士とほぼ同じでした。

デイサービスは学生時代に自分の祖父母が行っていたというパターンが多くまだ仕事についていない人、もしくはこれから進路について考えている年齢の人が「介護」に接するチャンスとも言えます。

そこで働いている職員が給料面で「劣等感」を持っていたのでは、そのつもりはなくても表情や雰囲気として出てしまうことも無いとはいえません。

昨今、国の働きかけで介護士の給料の改善が取り組まれていますが、デイサービスの職員が受けられるような施策も考えられたらなと思います。

簡単な仕事だと見られてしまう。

これはデイサービスで働いた経験がある人なら「あるある」と頷ける内容なのではないかと思います。

デイサービスは「夜勤がない」という事実と「利用者様の介護度が低い」というイメージがあります。

あえて事実とイメージという言葉を選びました。

「利用者様の介護度が低い」という点についてですが、一般的にデイサービスはまだまだ元気なお年寄りが行く所というイメージがあります。

実際そういった部分もあるのは確かです。

しかし、最近は利用者全体の介護度が上がっています。

まだ元気なお年寄りが昼間活動するためにデイサービスに行くという目的の人もいますが、自宅では食事やトイレが大変。

入浴なんて出来ないというように自宅で面倒を見るのが難しいというような人がデイサービスを利用している場合もあります。

施設の介護士としての勤務経験がある私が今となって思えば「よく家で面倒を見ているな」という利用者様も数多くいらっしゃいます。

また、認知症の利用者様専門のデイサービスもあります。

この認知症のデイサービスはいわゆる普通のデイサービスとは雰囲気が全く違いますし、職員からすると精神的な負担が多くなります。

上に書いた実際を知らないような施設の介護士の経験しかない人から「デイサービスは良いよな。

元気な人ばかりで・・・」とか「夜勤やったことないやろ?めっちゃ大変やで」などと言われ、デイサービスの職員は下に見られがちです。

デイサービス・施設の両方で勤務経験がある私としては「どちらが大変」という話は出来ないと思います。

それぞれ大変な場面があります。

もっと言えば「認知症専門のデイサービス」はもっと給料面でも業界内の立場という観点からも上になって良いと思います。

利用者様だけでなく家族様との関わりが大変

当たり前のことですが施設の利用者様は毎日同じ人がいます。

デイサービスは曜日によって利用者様が違いますので、関わりがある利用者様の人数という面では圧倒的に多いです。

そして、原則として毎回家族様と顔を合わせることになります。

デイサービスの利用者様は「生活の拠点は自宅」となっています。

なので、施設としては可能な限り家族様の意向を尊重しています。

誤解が生まれる可能性もありますが、施設の利用者様の家族様には「施設のやり方」に合わせてもらう場面があります。

家族様の大半は、デイサービスに行っている間は自分が楽を出来るのでデイサービスの職員には感謝しかない。

というような場合が多いです。

しかし、中には「介護のプロなんだからこれくらいはやってもらわないと困る」というような家族様もいらっしゃいます。

そんな家族様も「自分の家族の為」という思いからなので「利用者様の為」に働いているデイサービスの職員と目指すところは同じなので上手く付き合っていかないといけません。

デイサービスの職員は家族と関わる回数が単純に多く、また濃い関係性になります。

そういった意味で家族様との関りが大切となってきます。

施設の運営の鍵を握っている

これは、主にデイサービスの役職者の方が実感するところだと思います。

私自身、デイサービスの役職者の経験はありませんが聞いたことのある話として紹介していきます。

介護施設の収入は基本的には利用者様の人数・介護度によるところがあります。

施設の利用者様は満員だとしても部屋数分しか入れません。

現在、施設が少ないということなのでどこも入所されている利用者様は満員となっています。

介護度による違いという面を見ても、そこまで大きな差が出てくる要素とはなりません。

となると収入の差が出てくるのは毎日利用する人数が違うデイサービスとなってくるわけです。

そのため、施設運営に携わっている役職者の面々はデイサービスの利用人数をかなり意識しているということです。

デイサービスの役職者はその施設の上の人たちから「利用人数は〇〇人は維持してくれよ」というようなプレッシャーを感じているみたいです。

そう言われても「はい分かりました」と簡単に利用者様の人数は増やすことは出来ません。

デイサービスには送迎という仕事があり、営業時間もあるためどこへでも利用者様をお迎えに行くわけにもいきません。

また、利用者様側の希望する曜日によってはお断りしないといけないという事情もあります。

デイサービスは施設運営の鍵を握っているという意識は頭の隅にでもあった方が良いと思います。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスの仕事を選ぶ時に気をつけたいこととは?

デイサービスでの勤務を考えている方に気を付けるところを紹介していきます。

デイサービスには種類がある

デイサービスには「一般型」と「認知症専門」があります。

「認知症専門」については認知度が低いので、知らない人も多いです。

求人を見る際にどんなデイサービスなのかをしっかりと見ておくべきだと思います。

種類だけでなく、営業時間や利用者様人数などのも施設によって違いますので自分の望む形態なのかをチェックしておきましょう。

デイサービスは「簡単」「楽」ではない

一般的にデイサービスは元気なお年寄りが行く所というイメージがあります。

しかし、働いてみるとそうでないということがすぐにわかると思います。

元気なお年寄りばかりのデイサービスもありますが、そういう所ならではの苦労がありますので決して「簡単」「楽」というイメージは捨てて仕事に取り組んでもらえたらと思います。

送迎がある

忘れがちなポイントかもしれませんが、デイサービスの職員は「送迎」をします。

「送迎」専門の職員がいるところもありますが、基本的には送迎もすることになると思っておいた方が良いです。

残業がある

私の経験上、デイサービスの職員(正社員に限る)は残業が多くなりがちです。

職員全員の勤務時間が同じです。

利用者様がいる時間帯に委員会などの自分だけが任されている仕事をしている時間はありません。

利用者様が自宅に帰り、記録などの共通の仕事を終えたあとに自分の時間が作れるということですので、残業が多くなりやすいと思います。

まとめ

今回はデイサービスについて私の経験談も交えて説明してきました。

デイサービスでの勤務経験のない人からすると知らなかったこともあるのではないかと思います。

何度も書いていますがデイサービスは決して「簡単」「楽」ではありません。

それぞれの苦労があります。

しかし、その分勉強になるとも言えます。

特に認知症専門のデイサービスは毎日勉強でした。

私は介護の仕事を初めて最初に配属されたのが認知症専門のデイサービスでした。

今となりそれがとても良かったと思います。

様々な認知症の方の対応方法を学べました。

その経験が今に生きています。

介護の仕事をしていく人全員に認知症専門のデイサービスの経験をしてほしいとさえ思うくらいです。

今回の記事で少しでもデイサービス職員がどんなことを思っているのかを知っていただけたらと思います。


関連キーワード

デイサービス求人

デイサービス求人についてもっと深堀りした情報を見る

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

デイサービスの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

今回はデイサービスの年収がどれくらいなのか。また、その年収を上げるためにはどういった方法があるのかを紹介していきます。デイサービスの給料の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合もちろん施設によって差が出てくる部分ではありますが、一つの目安として年収300万円と言えると思います。施設によっては賞与が出ないというところもあるようですが、基本的には賞与はあると思って大丈夫だと言えます。正社員で転職した場合基本的には上にあるような年収300万円が基本となってきます。転職サイトを利用するなどすれば、転職先の方が年収を上げることが可能だと思います。また、施設によってはデイサービスの職員に対する給料を手

デイサービスの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

今回は介護の仕事の中でもデイサービスに絞って色々と書いていきたいと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般的なデイサービスの両方で勤務したことがあります。その経験からデイサービスの仕事について紹介していこうと思います。デイサービスってどんな仕事?デイサービスと聞くと、あまり介護について知らない人でもどんな所なのかというイメージはしやすいと思います。朝から夕方までを施設で過ごします。自宅での生活が基本となっている方が利用するので比較的元気なお年寄りが行っているというイメージがあります。職員の目線で言うと、夜勤がなくて送迎があるというのがデイサービスの仕事の特徴的な部分と言えると思います。デイ

デイサービスのパート求人でよくある募集内容やパートならではのメリットを紹介します

介護職で一番パートの募集が多く、また、働いている人もパートがほとんど、という職場がデイサービスです。いったいデイサービスのパートはどんな仕事をするのでしょうか?まとめてみました。デイサービスのパートでよくある仕事内容とは?デイサービスには、いわゆる全日デイ(通常規模、小規模)と、半日リハビリデイ(小規模)に分かれます。後者は高齢者のジムのようなもので、入浴や食事はありません。ですので、一般的な全日デイでの仕事内容をご説明します。入浴介助デイサービスには、家での入浴が難しくなり、お風呂目的で来られる方が多くいます。基本的には毎日入浴業務があり、重要な仕事のひとつです。デイによっては入浴専門パート

デイサービスの転職で注意したほうが良い6個のこと

福祉職に興味がある人で、日勤の時間帯に固定で働いて福祉に携わりたいと思う方も多いと思います。福祉職は特殊な職種で施設の利用者や職員など、多種多様な人とかかわりを持つことができる仕事です。このように福祉職に興味があり、働く時間が固定の時間と希望がある方にお勧めなのがデイサービスです。デイサービスは稼働時間が日勤帯ですから勤務時間が不規則ではありません。では、デイサービスに転職するにはどんな備えが必要なのでしょうか。ここでは経験がある方も未経験の方も転職を考えにあたり、転職活動がスムーズにできるようなポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。せひ、ご参考までに。デイサービスってどんな仕事?未

デイサービスの正社員求人の特徴と非正規社員の求人との違いとは?

デイサービスで働く際に、正規社員として働くか非正規社員として働くかという点では、転職をお考えの方で悩む方が多いようです。デイサービスの中で、正社員として働くことと非正規社員として働くことでどうして悩むのかというと、福祉職の中でも特にデイサービスは日勤業務のみの職種でもあるからです。では、何が違うのか。ここではデイサービスで働いている中で雇用形態に相違があることで何が変わってくるのかをご紹介していきます。求人情報から読み取れる雇用形態の違いに、ぜひ転職活動をしている方は比較する際にご参考にしていただけたらと思います。正社員と非正社員の違いとは?そもそも正社員と非正社員とは何が違うのでしょうか。デ

デイサービスバイト求人でよくある仕事内容と選ぶ時の注意点

「デイサービス」と一言でいっても施設の在り方やその中でおこなっている内容はさまざまであります。今回こちらの記事では、デイサービスの中でも身体的な機能回復訓練に特化した施設に関する施設での働き方や、給与形態などをご紹介していきたいと思います。デイサービスバイトの仕事内容機能回復訓練に特化したデイサービス施設では、数種類のトレーニングマシーンでの運動と、柔道整復師による肩や足腰などのマッサージなどが行われています。アルバイトスタッフとしての仕事内容は、以下の項目ごとにまとめています。利用者の送迎利用者の送迎は、主に車で送り迎えをしておりました。車の種類は軽自動車から6~7人乗りのステーションワゴン


デイサービス求人に関するコラム

デイサービスを辞める理由にはどんなのものがある?現場にいた私が感じたつらさを紹介

一口にデイサービスと言っても、今は短時間から長時間、大規模から小規模まで、たくさんの種類があります。事業所の数も多く、競争も激しい業界で、求人はいつでもたくさんあります。比較的未経験者でも働きやすく、無資格者の募集も多い仕事ではありますが、実はデイサービスによっては職員の入れ替わりが激しいところも少なくありません。門戸が広く働きやすいのですが、辞める人も少なくないデイサービスの仕事、その理由や辛さをいくつかご説明いたします。経験者が紹介!デイサービスの仕事を辞めたいと思った理由やつらさとは?私自身はデイサービスで5年働いていました。比較的長く続いている人が多いデイサービスでしたが、それでも退職

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くことで得られるメリットについて書いていこうと思います。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一人で生活するには少し問題があるというような方が利用されています。ですが、昨今は施設への入所がなかなか出来ない状況(高齢者の人数が多すぎて)ですので介護度がかなり重い利用者様も利用され

デイサービスで働くには?資格や勉強しておくべきこと、必要なスキルなどを経験者が解説!

デイサービスでの勤務経験をもとに、デイサービスで働くにはどうすればいいのかや、魅力や現状をできる限りお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうことから始まります。要介護認定や要支援認定を受けている人が自分でデイサービス先まで通わないといけないのかと疑問に思われますよね。デイサービスの仕事ではまず利用者のご自宅へ迎えに行く送迎業務から始まります。デイ

デイサービスの仕事でやりがいを感じる5つのこと。5年働いた私が解説します!

デイサービスは、初心者でも働きやすく、無資格未経験OKの求人がたくさんあります。そして、働く職員にとっても楽しい仕事です。私はデイサービスの介護士として5年働き、今はケアマネージャーの立場から、利用者にデイサービスの利用を勧めています。そんなデイサービスのやりがいについてご説明します。デイサービスの仕事でやりがいを感じる5個のことデイサービスで働いていて、これはやりがいがあるなと思えた事をまとめてみました。毎日違う利用者に会える週に何度も利用される方はいらっしゃいますが、基本的に利用曜日は決まっており、毎日全く同じメンバーという事はありません。この曜日はにぎやか、この曜日は女の人が多い、認知症