福祉職に興味がある人で、日勤の時間帯に固定で働いて福祉に携わりたいと思う方も多いと思います。

福祉職は特殊な職種で施設の利用者や職員など、多種多様な人とかかわりを持つことができる仕事です。

このように福祉職に興味があり、働く時間が固定の時間と希望がある方にお勧めなのがデイサービスです。

デイサービスは稼働時間が日勤帯ですから勤務時間が不規則ではありません。

では、デイサービスに転職するにはどんな備えが必要なのでしょうか。

ここでは経験がある方も未経験の方も転職を考えにあたり、転職活動がスムーズにできるようなポイントをいくつかご紹介していきたいと思います。

せひ、ご参考までに。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスってどんな仕事?未経験でもチャレンジできる?

福祉職は特殊な業務がある仕事だから、福祉職の経験がないと転職活動は難しいのではないかとお考えの方も多いと思います。

しかし、現状は福祉職の人材不足が問題となっていて転職をした方の多くは未経験からのスタートの方が多いのです。

さらに福祉職に転職した年齢層も幅広く、若年から還暦前など、様々な方が転職を成功されています。

転職の幅としては広く、転職の成功率も高いと言えます。

デイサービスの仕事は日中にデイサービスの利用者を送迎し、施設内で生活の介助・介護をお手伝いする仕事です。

レクリエーションを企画して利用者さんに楽しんでもらったりする企画業務もあります。

介護職の中でも介助・介護業務のほかに事務的業務も多数あり、福祉業務の中では総合的な知識や経験が活かせる仕事です。

デイサービスの仕事内容

それでは、デイサービスの仕事の詳しい職務内容をご紹介していきます。

ここではデイサービスの中でどのような職員がいるかをご説明していきます。

特に、未経験の方やデイサービスに経験のない方にイメージを膨らませていただければと思います。

介護スタッフ

デイサービスの利用者さんの生活補助をします。

昼食やおやつの時間の食事援助、排泄介助・移動する際の歩行介助などです。

デイサービスを利用される利用者さんの中でも要支援・要介護と介護度は様々です。

一人ひとりの情報をもとに補助をデイサービスの職員が行っていきます。

相談スタッフ

デイサービスの職員は介護士だけではなく、生活相談員という職種の方も在籍しています。

主に利用者さんの基本情報管理や利用の新規・大会の手続きなどの事務的業務のほか、デイサービスの現場を担当する介護士と利用者の保護者であるご家族との仲介の立場を担う役割もあります。

施設の場所などによってはこうした業務と現場の介護を兼任している方も多くいらっしゃいます。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスのお仕事を選ぶ時の注意点

では、実際に転職活動をする際にデイサービスに転職をしようとするときに何に気を付けたら良いかをまとめてご紹介します。

求人を見て気を付けるポイントを比較することで、より安定した転職を成功することができます。

高給とはいえない

デイサービスは日中の時間帯での勤務時間になります。

特殊業務ですが給料は高いとは言えません。

実際に転職をしてみても、前職より給料がはるかに低くなってしまったという声もあります。

求人を見る際には、給料を比較することが転職をする際に大きなポイントとなります。

体力が必要

また、デイサービスの業務内にある介助・介護の支援業務は体力を使う仕事になりますので体力が必要となってきます。

現に仕事を辞めた原因の中にも体の不調を訴えて退職されることもよくある話です。

体力をしっかりとつけるか、体力に自信が持てるかのどちらかがポイントとなります。

残業が多い

利用者さんが帰宅後にも業務があります。

レクリエーションの準備であったり施設の掃除であったり様々な業務があります。

営業時間内にそれらの業務をこなすことが難しい場合には営業時間後に職員が残業として仕事をこなさなければなりませ。

決して残業時間が多いというわけではありませんが、施設によっては残業時間が多すぎて残業時間をカットしてしまうところもあるので残業時間が少ない場所をお勧めします。

スタッフが少ない施設だと忙しい

デイサービスの施設でも大規模の施設の場所であったり小規模の施設であったりと様々な形の職場があります。

自分の働きたい業務内容に沿って施設を選択するということも良いことですが、その中でも小規模で職員数が少ないと目まぐるしい忙しさが待ち受けています。

スタッフが少ない分利用者との関わりを持てることや様々な業務に触れることができることも利点の一つですが、その代償が業務の忙しさです。

職員数や施設の大きさを見て、転職先の多忙さを比較してみても良いかもしれません。

運転免許が必要なことも(送迎を任される場合)

デイサービスの求人を見てみると、「要運転免許」と書かれている求人が多数あります。

そういった場所はデイサービスの送迎業務もある可能性がかなり高いです。

運転を苦と感じない人にとっては問題ない業務かもしれませんが、運転に自信がない方は送迎業務を担わない場所を選択しましょう。

その見分け方こそが「運転免許」を必要とするかしないかです。

または送迎専門の職員が滞在しているかどうかにもよります。

気になった求人があれば、一度聞いてみてもよいかもしれません。

専門的な資格は必要なの?

福祉業務に転職をする際に特に気になる方がいると思うのが「資格」です。

業務上必要になってくる資格があるのかどうかと気になる方も多いでしょう。

資格が必要な業務は、求人に書かれている通りと思ってください。

求人に書かれている必要な資格というのは、特に福祉施設で必要となる「介護福祉士」や「社会福祉士」「精神保健福祉士」などが書かれていると思います。

しかし、転職する際に未経験の方でも大丈夫というのは、上記に書かれている資格は所定の資格者という括りの転職求人と思っていただければと思います。

実際に無資格からでも問題なく転職ができるのです。

では、どうすれば転職ができるのかというと、施設によってある資格の取得を進められることがあります。

それが「ヘルパー」です。

無資格で入社してから会社で取得させてくれるところもあれば、入社が決まるまでに取得するようにと指示が入る場所もあります。

おすすめなのが入社時に取得させてもらえるところです。

そういった会社は資格取得の際に資格費用を負担してくれる場所もあるようなのでチェックしておきましょう。

「ヘルパー」の資格は講習で取得できます。

無資格からでも丁寧に講習を受けて教えてもらえるので安心して転職の準備ができます。

こんな人にはおすすめ!

福祉職で転職にお勧めしたい性格や趣向の方はたくさんいらっしゃいます。

特にデイサービスに転職をお考えの方は、どのような方に向いているのかをご紹介していきます。

人と話すのが好きな人

福祉職は人と接する機会の多い職場です。

人と話をしたりすることを好きと感じる人にはお勧めしたい職業です。

施設の利用者さんとの交流にも役立つスキルですし、職員との連携をとることでも便利でしょう。

ポジティブで明るい人

デイサービスなどの介護職に就く際、どの仕事でも共通して言えるのが業務中にいやなことが起きてしまうことです。

人と接する機会の多い職場でトラブルになることもよくある話なのですが、そういった難関をポジティブに捉えることができる人にはお勧めできます。

福祉職は利用者さんと対峙する職場でもあるので、ネガティブに捉えてしまうと表情に出てしまい業務に支障が出てしまいます。

嫌なことをポジティブに変えることができるのは天性でもありますから、人と交流する上では福祉職には特に向いているといえます。

複数の仕事を同時に進められる人

現場の仕事だけが業務ではなく事務作業も業務に含まれます。

近年ではパソコンでデータ管理をしている施設も多いので、現場の仕事と事務仕事の両方を勤務時間内にこなさなければなりません。

同時にとは言いませんが、臨機応変に仕事をこなすことができる人はデイサービスの転職には向いているでしょう。

体を動かす業務と事務処理をうまくこなしていく技量がある人はぜひおすすめしたいです。

臨機応変に動ける人

上記にも書いた通り、臨機応変に何事も対応できる人はお勧めします。

業務内容だけではなく、福祉職はトラブルが突発的に起きる可能性もあります。

そういう時に冷静に対応することができる人であり、対応も素早くできる人は良いでしょう。

夜や年末年始は働けない人

デイサービスの転勤に特におすすめなのが年末年始や夜勤業務は働きたくないと思う人です。

施設によっては稼働している施設もあるようですが、デイサービスは日中営業をしている施設なので、そういう節目の際には休みになることが多いようです。

プライベートも充実したいという人にはお勧めしたいです。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

デイサービスの転職は人手不足が多い中で決して成功率が低い転職ではありません。

求人数も多いので、自分が転職をする際に何が一番不安かを念頭に置いてじっくりと転職先を探してみても良いでしょう。

より良い転職を成功させるために、頑張ってください。




デイサービス求人についてもっと深堀りした情報を見る

認知症デイサービスとは?その仕事内容や役割、やりがいなど詳しく解説します!

今回は認知症デイサービスとはどのようなものか書いていこうと思います。昨今は認知症という言葉は介護をしていない方でも知っている方が増えてきていると思います。しかし、デイサービスに認知症専門のものがあるということを知っている人は少ないと思います。介護の仕事をしていても知らない人もいるくらいなのではないでしょうか。実際、認知症専門のデイサービスの数自体も少ないです。そのため、勤務経験があるという人はもっと少ないと思います。認知症デイサービスとはどんな仕事?一般的なデイサービスと仕事内容自体はほとんど変わりありません。送迎前に申し送りをして、送迎に出かけます。利用者様が来所されてからは入浴・排泄・食事

デイサービスで働くメリットとは?4年働いた私が3個のメリットを紹介

デイサービスのメリットって働いてみないとわからないですよね?私はデイサービスで合計で4年ほど勤めていた経験があります。合計というのは認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービスの2か所で勤務経験があるからです。今回はデイサービスで働くメリットについてを私の経験をもとに書いていこうと思います。また、この職業におすすめな人の特徴もお話しさせていただきますので、自分に合うかもと思った方はぜひ挑戦してみてください。デイサービスの仕事の概要とはデイサービスは朝、利用者様の自宅へお迎えに行きます。施設では基本的に入浴・食事・レクリエーション・排泄を行います。施設に入所するほどではないけど、自宅でずっと一

デイサービスで働くには?資格は必要?勉強しておくべきことやスキルについてご紹介!

デイサービスで働くにはどうすればいいの?デイサービスって聞いたことはあるけどどんな仕事なんだろう。デイサービスと聞くと、介護の仕事というイメージはできますが一体どんな仕事内容なのか経験がないとよく分かりませんよね。ここでは、私がデイサービスで働いていた時の経験をもとに、この仕事の魅力や仕事の探し方などをお伝えしていきたいと思います。デイサービスってどんな仕事?他の介護の職種との違いとは?利用者の方にデイサービスがある場所へ来てもらい、日中の日常生活の入浴や食事の提供やリハビリテーションなどのお世話することになります。日常生活のお世話ってなに?デイサービスではまず利用される方に通所してもらうこと

デイサービスの仕事でやりがいを感じる5つのこと。5年働いた私が解説します!

デイサービスは、初心者でも働きやすく、無資格未経験OKの求人がたくさんあります。そして、働く職員にとっても楽しい仕事です。私はデイサービスの介護士として5年働き、今はケアマネージャーの立場から、利用者にデイサービスの利用を勧めています。そんなデイサービスのやりがいについてご説明します。デイサービスの仕事でやりがいを感じる5個のことデイサービスで働いていて、これはやりがいがあるなと思えた事をまとめてみました。毎日違う利用者に会える週に何度も利用される方はいらっしゃいますが、基本的に利用曜日は決まっており、毎日全く同じメンバーという事はありません。この曜日はにぎやか、この曜日は女の人が多い、認知症

デイサービスが向いている人の7個の特徴や必要なスキル・適正とは?

少子高齢化に伴って介護保険制度が整備され、高齢者の介護サービスは利用される方のニーズに応じたきめ細かなサービスを提供できるように、様々な形態の介護事業が行われるようになりました。ここではそのうち、日中におけるサービスを展開する「デイサービス」について、就業するにあたっての適性やその特徴などについて解説していきます。デイサービスの仕事とは?日中の時間帯を対象としたサービスです。在宅介護者(家族または単身でご自宅で生活されている方)が対象で、ご利用日にご自宅から通っていただく形態になっています。健康管理、運動、食事、入浴が主なサービス内容になります。利用される方ご自身の介護予防や健康維持のほか、介

デイサービスとはどんな業務を行うところ?仕事内容や役割、仕事の探し方など詳しく解説します!

デイサービスとは、どんなことをするのかを今回は色々と書いていこうと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般型のデイサービス、両方での勤務経験がありますので、その実体験も交えて、具体的な業務内容などを説明していきたいと思います。また、この職業に就きたいという方が知っておくべき求人の探し方や給料事情など、様々な情報についてもお話しさせていただければと思います。デイサービスの仕事に就くためにはどうしたらいい?デイサービスで仕事をするためにはどうしたら良いのかを書いていこうと思います。デイサービスの仕事に就職するために介護の仕事に就くということ自体は全く難しいことではありません。そしてデイサービス

デイサービスで働くなら!高齢者通所施設で7年働いた私が感じる、やりがいやおすすめしたいポイント

もしデイサービスで働くとしたらどんなやりがいがあるのでしょうか?高齢者介護の話題や求人を頻繁に目にする機会がありますが、 実際にはどんな仕事なのか、例えば家族の介護を経験していないと知る機会は多くありませんよね。今回は、実際に私がデイサービスで働いた経験をもとに、仕事内容はもちろんおすすめポイントや大変なところ、身につくスキルまで詳しく説明していきたいと思います。人手不足の介護業界、是非働いてみませんか?デイサービスとは?数ある高齢者介護サービスのなかで、在宅で介護されている方を対象にした「通所介護サービス」で、日中、施設で過ごしていただき、入浴や食事、リハビリなどを通して健康や身体機能の維持

デイサービスの人間関係はどう?よくある課題と解決策。健全な人間関係づくりを支援してくれる施設もあります!

高齢化が進む現在、デーサービスの需要はますます高くなり新しい施設も次々にできて、求人も多くなってきました。しかし、いざ求人を見ると「正社員の募集が少ない!パートばかり!」「未経験可とあるけど本当に働けるの?」といったことを耳にします。また、人手不足とも聞きます。今回は、そんな不安に応えるべく、デイサービスの人間関係や雰囲気、仕事の仕組み、課題について解説していきます。デイサービスの一般的な職場環境は?人員配置は法律による規定があるのですが、定員15名前後の施設ですと、10名ほどの職員がいて、一日当たりおおむね相談員1名、介護職員4名、看護師1名くらいが出勤し、相談員を除く5名が現場で介護業務を

デイサービス辞めたい…と言う人の5個のよくある理由とそれの対策とは?

デイサービスを辞めたいと感じている方はぜひこの記事を最後までお読みいただけたらと思います。今回はデイサービスの仕事を辞めたいと思う時の理由とその対策について書いていこうと思います。私自身、デイサービスでの勤務経験もありますし、同期でデイサービスをすぐ辞めるスタッフもいろいろみてきました。その同期から聞いた話や私が見聞きした経験も生かしてデイサービスを1日でも辞めたいと思わないで済むアドバイスをお伝えできればと思います。ぜひ皆さんの現状を変える参考にご覧ください。デイサービスの仕事を辞めたい…5個のよくある理由とそれの対策とは?介護の仕事を最初にデイサービスに配属されるという方も多いです。しかし

埼玉デイサービス求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

今回は埼玉県のデイサービス求人について紹介します。デイサービスって何でしょう?言葉だけ聞くと「昼間のサービス」となりますね。この言葉は福祉用語です。つまり、福祉の分野での数あるサービスの一つといえます。デイサービスは、「対象とする人に対して昼間にサービスを提供します」というものなのですが、対象者には障害児児童、高齢者など、様々あります。ここではそのうち「高齢者のためのデイサービス」についてご紹介していきます。デイサービスの仕事はどんな仕事?デイサービスは、在宅で介護が必要な高齢者が日中過ごす施設です。ここでの介護職員の仕事は、食事、入浴、レクリエーション、送迎、記録やご家族へのアドバイスなど介

デイサービスの年収・給料の相場と、給料を上げるためにやるべき4つのこと

デイサービスの給料の相場ってどれぐらいなの?今回は、そんな疑問を解決しちゃいます。介護職は過酷な重労働を想像する方もいるかと思いますが、実はデイサービスは介護職なんですが、高齢者の方が楽しく過ごしてもらうサービス業にも近い業務なんです。そして、そんなデイサービスの業務は雇用形態や経験値によって給料も変動するんです!そこで、今から給料アップの方法を経験者目線で細かく解説していきます。デイサービスの年収・給料の相場はどのくらい?正職員、未経験の場合地域にもよりますが、未経験で無資格、もしくは初任者研修(ヘルパー2級)資格の場合は、デイサービスの正職員の給与は17万円~19万円前後が相場で、介護業界

デイサービスの仕事内容をご紹介!向いてる人はどんな性格?特徴を見てみよう!

デイサービス仕事について詳しく皆さんはご存知ですか?今回は介護職の中でもデイサービスの仕事に絞って色々と書いていきたいと思います。私は認知症専門のデイサービスと一般的なデイサービスの両方で勤務したことがあります。その経験からデイサービスの仕事内容を詳しく紹介していこうと思います。デイサービスに向いてる性格の人の特徴やメリット、やりがいについても必見です!この職業に興味のある方はぜひ具体的な内容を知っていただけたらと思います。デイサービスってどんな仕事?デイサービスと聞くと、あまり介護について知らない人でもどんな所なのかというイメージはしやすいと思います。朝から夕方までを施設で過ごします。自宅で

デイサービスで正社員として働いて感じた4個の課題と仕事を選ぶ時に気を付けたほうが良いと思ったこと

デイサービス正社員として働く上で感じたことをここでは私の体験をもとにお話しさせていただきます。介護の仕事と一言で言っても、その種類はいろいろなものがありますよね。今回はデイサービス正社員に注目して、業務内容や求人選びの注意点なども詳しく解説をしていきたいと思います。また、介護職の正社員とパートの違いや、デイサービスあるあるな課題についてもご紹介しますので最後までぜひご覧ください。デイサービスはどんな仕事?施設の介護士とは違って、利用者様が朝(9時頃)から夕方(16時頃)までしかいません。その限られた時間の中で食事・排泄はもちろん、他にも入浴やレクリエーションを行います。デイサービスの大まかな仕

デイサービスのパート求人でよくある募集内容やパートならではのメリットを紹介します

数ある介護職の中でも、デイサービスの仕事はパートの募集が多く、また働いている人もパートがほとんどというところが多いようです。ではいったい、デイサービスのパートはどんな仕事をするのでしょうか?他の介護職と仕事内容は違うのでしょうか?正社員との勤務内容の違いから、パートで勤務するメリットまでご紹介したいと思います。パートの仕事を探している方は、是非この記事を読んでデイサービスの仕事を探してみてはいかがでしょうか?デイサービスのパートでよくある仕事内容とは?デイサービスには、いわゆる全日デイ(通常規模、小規模)と、半日リハビリデイ(小規模)に分かれます。後者は高齢者のジムのようなもので、入浴や食事は

デイサービスの正社員求人の特徴と非正規社員の求人との違いとは?

デイサービスで働く際に、正規社員として働くか非正規社員として働くかという点では、転職をお考えの方で悩む方が多いようです。デイサービスの中で、正社員として働くことと非正規社員として働くことでどうして悩むのかというと、福祉職の中でも特にデイサービスは日勤業務のみの職種でもあるからです。では、何が違うのか。ここではデイサービスで働いている中で雇用形態に相違があることで何が変わってくるのかをご紹介していきます。求人情報から読み取れる雇用形態の違いに、ぜひ転職活動をしている方は比較する際にご参考にしていただけたらと思います。正社員と非正社員の違いとは?そもそも正社員と非正社員とは何が違うのでしょうか。デ

デイサービスバイト求人でよくある仕事内容と選ぶ時の注意点

デイサービスバイトを検討中の方はぜひご一読ください。バイトのデイサービスと一言でいっても、施設の在り方やその中でおこなっている内容はさまざまであります。今回こちらの記事では、デイサービスの中でも身体的な機能回復訓練に特化した施設での働き方や、メリット・デメリット、気になる給与形態などをご紹介していきたいと思います。デイサービスアルバイトの詳細を知ってから求人探しの参考にしてみてください。デイサービスバイトの仕事内容機能回復訓練に特化したデイサービス施設では、数種類のトレーニングマシーンでの運動と、柔道整復師による肩や足腰などのマッサージなどが行われています。アルバイトスタッフとしての仕事内容は