求人数が多く、雇用形態も多種多様なデイサービス。

気になる給料の事情や、その他の向き不向きを解説いたします。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

デイサービスの給料の相場はどのくらい?

正職員、未経験の場合

地域にもよりますが、未経験で無資格、もしくは初任者研修(ヘルパー2級)資格の場合は、デイサービスの正職員の給与は17万円~19万円前後が相場で、介護業界の中でもそう高くはありません。

正職員で経験があり転職した場合

ある程度の経験(数年以上)があり、介護福祉士等の上級資格を取得している場合、月給の相場は20万円~23万円程度になります。

特に介護福祉士を取得していると、デイの場合は事業所側も加算が取れますので有利です。

正職員で相談員の場合

社会福祉士や社会福祉主事、自治体によっては介護福祉士資格があれば、デイサービスの生活相談員になることが可能で、この場合は月給は23万円~25万円ほどとやや高くなります。

1つの事業所に何人も必要な役職ではないので資格者全員がなれる訳ではないのですが、やりがいもあり給料も高くなるので、目指すに値する役職かと思います。

パート

デイサービスのパートの募集はものすごく多いのですが、時給としてはそう高くはありません。

大体地域の最低時給より少し高い程度に設定されています。

ただ、もちろん経験や資格により時給アップは見込めますし、何よりパートで介護職を探すなら最も働きやすい職場であると思います。

一度出勤すればほとんどが終日勤務になりますので、時給は高くなくても日給として考えればまとまった額になります。

派遣

こちらも常に求人数は多くあります。

パートよりはやや高めの時給になっていることがほとんどです。

大体1000円前後が相場かと思われます。

派遣会社と契約してから仕事場を決めて派遣されますので、パートの直接雇用よりは時間も手間も掛かりますが、正職員で働くには厳しいけれども、パートでは時給が安いのでちょっと・・・という方にはおすすめの働き方です。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

ほとんどのデイサービスでは正職員に賞与があります。

事業所によっては、パートにも寸志がもらえます。

介護職全般に言えることですが、民間企業よりも昔から介護事業所を多く展開している医療法人や社会福祉法人の方が賞与の額は多いです。

民間であれば賞与無し~2ヶ月程度が相場ですが、後者では4ヶ月以上出るところや、中には年3回賞与の出るところも。

どの仕事でも同じですが、賞与は基本給×〇ヶ月で計算しますので、その辺りを注意してはじめに仕事を選ばれる事をおすすめします。

介護事業所を手がけている法人の場合は、全く賞与がゼロになるということは考えがたいですので、賞与を見込んで仕事探ししても問題ないかと思います。

昇給

こちらも事業所によって定期的に昇給する、しないの違いはあります。

私の経験からいいますと、介護事業所に関しては昇給するところは毎年するし、しないところは全くしません。

元々の給与ベースが高くないデイサービスの場合、やはり経験に応じて昇給していかないといつまでも同じ給与で仕事だけ複雑になっていってしまいますので、はじめにきちんと昇給があるのかないのか、確認しておくことが必要です。

各種手当

各種資格手当や通勤手当、また、デイサービスの場合はパートであっても車を運転して送迎に出ることがありますので、そういった場合の運転手手当て等、手当ては何があるのか確認しておきましょう。

日祝は手当が付くデイサービスもよくあります。

また、デイによっては利用者が帰ってから行事やレクの準備をするので、残業必至のところもあります。

その部分に手当てが保障されるかどうかでも収入は変わってきます。

自分の状況に合わせ、取得できる手当てを想定して、その資格はあるのかどうか確認しておきましょう。

給与が高い人は何が違うの?

では実際にデイサービスで働くにあたり、高い給与を得るためにはどうすればいいのでしょうか。

給与が高い人の条件や環境をまとめてみました。

スキル

介護職は技術職ですので、経験年数が長ければその分介護スキルは上がります。

ですから介護業界での仕事の経験が長いというのはもちろん考慮されるべき点であり、給与にも反映されます。

しかしながらデイサービスの場合、介護技術よりもコミュニケーションスキルが求められるのが大きな特徴です。

デイによっては利用者数が少なく、管理者や相談員が利用者獲得のために営業に出ることも。

介護業界の中では一番のサービス業といえるデイサービス、利用者へのおもてなし精神が第一です。

介護職の経験が長ければもちろんその分高齢者や認知症の方の知識もありますし、対応にも慣れています。

とはいえ、他のサービス業を経験しているのも、デイの場合は立派なスキル。

その点をアピールして給与の交渉に臨んでもいいでしょう。

役職

上記生活相談員や管理者等の役職に付けば、もちろんその分の手当てや給与アップが見込めます。

管理者兼相談員の役職をしている人が多いです。

ケアマネとのやり取りや保険請求、契約など、仕事内容は多岐に渡りますが、利用者の生活がきちんと把握できてやりがいのある仕事です。

地域

介護保険には地域加算というものがあり、都会に位置する事業所には、場所代や人件費を加味して介護報酬が割り増しされます。

事業所のある地域ですので、デイの場合はイコール勤務地ということになりますが、どうしても家の近くで働きたいという希望がないのであれば、少し通勤時間がかかってでも都心部に近づいたほうが給与は高くなります。

資格

前述しましたが、介護福祉士がいれば事業所も加算が取れて収益が増えるので、この資格が一番強いです。

デイに限っていうならば、ケアマネージャーの資格はあってもなくても影響はないので、手当の付くところ、付かないところがあります。

もちろん初任者研修やヘルパー2級でも手当が付くところはありますので、確認してみましょう。

運転ができるかどうか

デイサービスは毎日利用者を車で送迎しますので、運転が得意で送迎ができる人はかなり優遇されます。

大きな事業所ですと送迎専門の職員を雇っているところが多いですが、現場の職員も送迎には出ます。

事業所によっては運転手加算が付いたり、送迎できる人は給与や時給が上乗せされたりしています。

夜勤当直のあるデイサービス勤務

特別養護老人ホームや老人保健施設等についているデイサービスの場合、施設の当直を行うことがあります。

その場合はもちろん当直手当が付きます。

また、お泊りをしているデイでは泊まり勤務をすればこちらも手当が付きます。

デイサービスの給料が他の介護職に比べて安いのは、この泊まり業務がなく、その分の手当てが入らないからという理由が大きいです。

ですので、条件的に泊りが可能な状態であれば、そういった勤務のあるデイを探すことをおすすめします。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

給与を上げるためにやるべき4つのこと

上記を踏まえて、デイサービスで給与を上げるためにやることを簡単にまとめてみましたので、参考にして頂ければと思います。

条件の良い職場を探す

昇給、賞与が保障され、きちんと手当ての出る職場で働く、これが一番基本的で大切なことです。

そのために転職するというのもありです。

単純にやりがいや自分の裁量を試したということであれば、新設のデイや民間の単独デイもおすすめですが、やはり保障面でいえば、大手の法人で介護事業所を多く持っているところの方が充実している印象です。

この職場選びを間違えれば、後に書く他のことを頑張っても給与が上がらない恐れがありますので、気をつけましょう。

資格を取る

デイサービスで何より強いのは介護福祉士。

試験を受ける為には3年間の実務経験、実務者研修が必要で、時間もお金もかかる資格ではありますが、介護の現場職では何より強い資格ですので、頑張って取得されることをおすすめします。

その上で、生活相談員等の職種に就くことが出来れば、ますます収入アップが見込めます。

送迎をする

運転免許があり、他人を乗せて運転できる自信があればの話ですが、その点をクリアしているのなら送迎業務も希望すると、手当が付くこともありますし、何より大切な人員として扱われます。

また、送迎をすることにより勤務時間が延びたりもしますので、そういった意味でも給与アップが見込めます。

泊まり業務をする

よりより職場を探して転職する場合は、もちろん始めから泊まり業務のあるデイサービスを探せば良いのですが、もしそうではない場合、同一法人の関連事業所に施設があれば、そちらで宿泊業務が出来ないか聞いてみるのも一つの方法です。

夜勤、当直手当は5000円前後が相場ですので、週に1回でも出来れば随分収入が変わってきます。

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

パート勤務の場合

パートで長らくデイの経験がありますが、介護福祉士の資格を取得する前の時給は、最低賃金とほぼ変わりませんでした。

ちなみに私が働いていたデイの場合は、ヘルパー2級を持っていて、介護経験は4年ほどあったにもかかわらず、無資格未経験者と同じ時給でした。

資格を取得してからも時給自体は変わりませんでしたが、介護福祉士手当てが月に5000円付きました。

このデイの場合は、手当てや経験に対する評価がパートに限っては少なかったと思います。

一時期派遣でデイサービス勤務していたときは、時給が1200円(介護福祉士取得後)でした。

後々、他のデイの実情を聞いて、条件は良くないところだったんだなとは思いますが、働きやすかったので特に不満がありませんでした。

ただ、勤務して数年後から送迎業務を任されるようになり、そこで初めて時給が30円ほどではありますがアップし、朝夕の送迎に備えて勤務時間が延びたので、収入も増えました。

正職員の場合

同じデイの正職員の場合ですが、彼女の場合は全くの未経験のパートから始めて契約社員→正職員に。

割と大きな社会福祉法人でしたので、正職員になってからは賞与は年3回、4.5ヶ月分支給されていました。

介護福祉士を取得した段階で打診があり、正職員になっています。

ただ、正職員になってからは法人内での異動が頻繁にありました。

デイだけではなく、特養やケアハウス等にも異動していましたので、そのあたりをどう捉えるかだと思います。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

月収、年収でいえば正職員>派遣職員>パートの順になっています。

ただ、正職員に関しては副業はできないけれども、他の雇用形態だと空いた時間に別の仕事が出来るのでそちらを選ぶ、といった男性職員もいましたので、自分の環境に合わせて総合的に判断される方がよいでしょう。

給料以外における良い点と悪い点

実際に働いてみて、もちろん給与も大切ですが、他にも求める点やこれだけは嫌だという点は誰しもお持ちでしょう。

各雇用形態ごとにその良し悪しを見てみましょう。

正職員

間違いなく安定感は一番ですが、責任の重さも一番あります。

事業所によっては行事担当や委員会もありますし、研修等の出席も必須です。

大きな法人の正職員の場合、異動も不可欠ですが、色々な職種を経験できて良い面もありますし、同じところで働き続けられないという寂しさも。

退職金制度もあるところが多いのでやはり安定して働きたいなら正職員がいいでしょう。

また、ご説明した生活相談員や管理者は、常勤専従が条件ですので、正職員しかなれないことがほとんどです。

この職種、兼任も多いですが、経験しておくとしておかないとでは、後々ケアマネージャーを目指して職に就かれた場合に、仕事の理解度が全く違います。

私自身は長くデイサービスでフルタイムのパートをしていましたが、現場の事しか携わっていなかったので、ケアマネになったときにデイサービスの法律的なことが良くわかっておらず、苦労しました。

派遣

正職員ほどの責任は負いたくないけれども、パートよりも効率的に稼ぎたいという人には一番おすすめの働き方です。

自分のスキルも直接雇用よりもしっかりと認めてもらえますし、条件交渉もしやすいです。

ただ、派遣ですので派遣会社とのやり取り、実際に働いた分を決められた期日までにファックスしたりが必要だったり、派遣先で定期的に印鑑やサインをもらわなくてはならなかったり(私の場合は毎日でした)、少し面倒な手間もあります。

とても良い職場の場合も直接雇用が叶わないこともありますので、腰をすえて働きたい方には少し向かないかもしれません。

パート

とにかく気楽に働けるというと語弊はありますが、仕事以外の業務は少なくて済みますし、希望した時間や曜日だけ働くことも可能です。

特に子供がいて扶養内で働きたい方には、介護職のなかで一番働きやすい職場で雇用形態といえるでしょう。

ただ、時給は高くありませんので、フルタイムでしっかり働いても手取りはかなり少ないです。

また、ゆくゆくは正職員になりたいと思ったときにその職場で希望が叶うかどうかの保障もありません。

「デイサービスの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

この働き方は、こんな人におすすめ!

正職員

定年まで見据えてしっかりと腰を落ち着けて働きたい、事業所内異動も希望される方には一番おすすめです。

デイの要であるレクや行事の担当になることは多いですが、そういった作業が好きであれば尚よしです。

デイの正職員の離職率は、私が見る限りそう高くはありません。

やはり、激務の介護業界の中でも比較的働きやすい職種なのでしょう。

また、何度も書きました生活相談員の職種も、この業界では比較的人気があります。

やりがいも充分ありますので、それを目指す場合も正職員になられていたほうが良いでしょう。

派遣

色々な職場を経験したい、自分のスキルや資格を認めてもらった上で良い条件を提示したい、どこで働けばいいか良くわからないが、合う職場を探してほしいという方は、コーディネーターを挟む派遣職員の仕事がぴったりです。

人手不足の介護業界では、職場に派遣社員がいることも珍しくないですし、特に仕事内容や待遇で差別されることはありません。

パート

扶養内で働きたい主婦には一番おすすめです。

デイサービスのパートはほとんどが子持ちの母で、皆で協力しながら働くことができます。

数人の正職員以外はほとんどパートなのがデイの1つの特徴で、パートに支えられてデイは成り立っています。

仕事内容もそうハードではないですし、ほとんどが日勤帯だけの仕事ですので、お迎えや家に帰ってからの家事に影響なく働けます。

まとめ

デイサービスは介護職のなかでも一番のサービス業であると述べましたが、とにかく利用者をおもてなしし、楽しく過ごしてもらうための介護施設です。

デイが楽しみで生活されている方もたくさんいらっしゃいます。

デイ以外は外出しません、できませんという方も多いです。

そういった方々に楽しく過ごしてもらえるためには、自分も楽しむことが大切。

自分にあった働き方で、楽しくデイ勤務をして下さい。


関連キーワード

デイサービス年収