生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。

転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。

生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと

業務範囲

生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。

利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。

生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

運転免許は所持しているが運転に自信がない、道を覚えることが苦手(急なルート変更も伴う)、人を乗せて運転すると過度に緊張してしまう、自家用車以外は運転することに不安が強い、持病により運転に支障がある場合などそれぞれ送迎に関わる心配事があれば面談時に必ず伝えましょう。

給与形態

基本給のベースアップにおいて生活相談員がどの程度評価されているのかを前例として聞いてみましょう。

転職を成功させるためには何をすれば良い?

資格を取得する

生活相談員になるためには社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士・介護支援専門員・社会福祉主事のいずれかの資格が必要となります。

人脈を作る

介護や福祉現場の人脈から実際の現場での働き方や利用者の様子を聞き取りすることはおすすめです。

生活相談員は、事業所の中だけでなく行政関係、ケアマネージャー、利用者家族など多くの人と関わりを持ちます。

とくにケアマネージャーは各施設のポイントを押さえたうえで利用相談をしてくるため、何気ない会話から他のデイサービスの様子を知ることができます。

また参考にしたいので教えてほしいと申し出ることで、教えてくれるケアマネージャーや家族もいるためどこで繋がるか分からないのが人脈であるため現職時のみならず人脈は活かしましょう。

生活相談員の転職で年収を上げるためにやるべきこととは?

管理職を目指す

管理職を目指すことで責任はもちろんですが管理職手当が支給されます。

金額は会社により異なりますが基本給に上乗せされるものとして、管理職手当、固定残業代の支給があります。

資格を取る

スキルアップとして現場で活かせる資格取得を目指すことで給与に反映されやすいでしょう。

しかし独断で判断するよりも上司に資格取得を目指したいことやそのために実際にその資格を取得している方が社内にいるかどうか確認してからでもいいかもしれません。

生活相談員で人気な職場とその理由

介護保険法の元、運営しているデイサービス。

今は社会福祉法人だけでなく一般企業やフランチャイズチェーンでの店舗経営を行っているデイサービスも増えてきました。

その中でも生活相談員に人気の職場とはいったいどのような場所でしょうか。

病院

病院が経営母体のデイサービスは年数としても古株の施設が多い印象です。

人気な理由

経営母体が病院ということで安泰なイメージが強いです。

また福利厚生が手厚いことも魅力の1つです。

生活相談員として配属される場合、病院によっては異動もあります。

系列のデイサービスだけでなく、病院への配属(その際は医療ソーシャルワーカーとなります)への異動もあるため面談時に確認しましょう。

ソーシャルワーカーとしての経験値をあげるためにあえて選択するのも1つです。

介護施設

デイサービス単体で経営しているところ、入所施設と併設している介護保険施設のデイサービスなどがあげられます。

人気な理由

異動に関しては病院ほどシビアではありませんので、関連施設への異動があるか否かを確認しましょう。

関連施設の数やエリアの場所によっては通勤が離れてしまうこともあるため要確認です。

受け入れ規模についても少人数で半日利用の事業所から大規模で1日利用の事業所まで幅広いためご自身のライフスタイルや学んでみたい環境に照らし合せて就職先を選択しましょう。

自分にあった生活相談員の求人の選び方や注意点

自分にあった求人を探す際、ある程度、キーワードを絞って求人検索することをおすすめします。

下記のポイントを就職・転職する際に、ご自身の中での優先順位をつける参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

正社員、契約社員、アルバイト・パートなど雇用形態について決めましょう。

ご自身のライフスタイルに合わせ現状での雇用形態を決めましょう。

働き続ける中で変化するライフスタイルについて短期間で雇用形態を変更せざるを得ないと考えうる場合は面談時に伝えるようにすると双方にとって働き方を確認しあう上でとても重要ですし、あなた自身が働きにくくなることを防ぐためでもあります。

【選び方②】施設の業態から考える

運営母体について知りましょう。

医療法人や社会福祉法人だけでなく、営利法人や非営利活動法人などデイサービスの母体は多岐にわたります。

そしてその施設だけでなく関連施設の評判や離職率なども大いに参考になるためハローワークでの情報だけでなく人脈があれば実際に働いている方に聞くチャンスがあればそれも活かしましょう。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

雇用形態により給与や雇用条件は異なりますのでご自身の納得いかない点があれば雇用契約書へサインする前に必ず確認しましょう。

ボーナスや有給取得など働いてみないとわからないことは多々ありますが現状としてどのようにしているのかを聞くのは非常に大切です。

【選び方④】勤務エリアから考える

通勤方法において車通勤可能であっても駐車場は個人確保が条件であったり電車通勤のみ可能の事業所もあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて通勤方法、エリアを検討しましょう。

【選び方⑤】面談前の施設見学

履歴書を送付する前に、施設見学が可能か確認することをおすすめします。

貴重な就職・転職活動の時間です。

施設見学での印象や希望が叶えば実際にその場で働く人に話を聞くチャンスもあります。

施設内の見学だけでなく働く人や利用者の雰囲気を知ってから面談をすすめることでよりご自身がそこで働くイメージがつきやすいです。

求人票では把握しきれない雰囲気を知ることであなた自身に合っているか否かをまず見てみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

よりよい生活相談員としての活躍の場をつかむため、上記の点を参考にしてみてください。


関連キーワード

生活相談員求人