レンタルビデオ店はアルバイト募集の数が多いため、求人広告ではよく目にすることでしょう。

店舗ごとに社員が必要なこともあって、アルバイトから正社員を目指す人にもおすすめです。

でも、レンタルビデオ店の仕事はどんなことをするのか分からないと躊躇しますよね。

そこでこの記事では、レンタルビデオ店の具体的な業務内容から向き不向きまで解説します。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「レンタルビデオ」の仕事例をチェック

レンタルビデオ店ではどんな仕事をするの?

当たり前の話ですが、レンタルビデオ店はビデオを貸し出すことが仕事です。

今時はビデオというよりDVDやBlu-rayですが、便宜的にビデオと呼びます。

とはいえ、最近のレンタルビデオ店の多くはビデオ以外にCDや漫画のレンタル、そしてゲームを含めた物販も取り扱っています。

中古買取販売を行う店も多いです。

コンビニほどではないにしても、取り扱う業務の幅が広ければ、それだけ覚えることも多くなります。

レンタルビデオ店の大まかな仕事内容

レンタルだけでも数多くの仕事があります。

レンタル商品の入荷、陳列、レジ、返却商品のチェック、商品棚への返却、入会登録作業、延滞者への催促電話に商品の動作確認、電話対応などなど。

とくに大変なのは、どこにどの商品があるかを概ね把握しなければならない点です。

基本的にはジャンル別の50音順で並んでいるのですが、コロコロ変わる特集コーナーなど、都度把握しておかなければならないことも多いです。

仕事上の役割とは?

社員とアルバイトで役割は異なります。

アルバイトは先述の業務全般です。

社員の場合はアルバイトと同様の仕事に加え、シフト作成、売上等の経理業務、本社への報告義務、重大なクレーム対応、エリア内での助っ人などを行います。

エリアマネージャーになれば、各エリアにある全店舗の統括をしなければなりません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

レンタルビデオ店の仕事はどんな人に向いている?

レンタルビデオ店の仕事には特別な資格もスキルも必要ありませんが、向き不向きはあります。

下記の特徴のいずれかに当てはまっていれば、働くことを検討してみましょう。

何かしら好きなものが合致している人

映画・音楽・アニメやドラマなど、何かしら好きなものが合致している人は楽しく働けるはずです。

帰りがけにレンタルすることもできるし、店員だけが使える割引サービスもあったりします。

逆に、全く興味がないと苦労するようです。

商品棚の位置を把握するだけでも最初は大変ですし、お客さんに「○○はありますか」と言われても、毎回検索してみないと分からないのでは仕事が遅くなります。

体力がある人

レンタルビデオ店は寒暖差こそ無いにしても、見た目より体力を使う仕事です。

レジばかりやっているわけにはいかず、返却作業はスピード勝負ですし、閉店後の棚卸業務や棚替えなど、何かと動き回ります。

そしてもちろん立ちっぱなしです。

体力的にキツイと長続きしませんから、足腰に自信のある人に向いています。

モラルがある人

レンタルビデオの大手チェーンの場合、全国の会員のことを検索できてしまいます。

モラルがない人が知人や有名人の個人情報、レンタル履歴を検索して問題になったことがありました。

検索するにはまず自分の店員情報を読み込んでからでないとツールを使えないので、不必要な検索をしている人はすぐにバレてクビになりますが、モラルがない人には向いていません。

感情が表に出ない人

学生時代のアルバイトから社会人に至るまで、様々な仕事を経験してきた筆者の所感ですが、レンタルビデオ店のクレーマーの質の悪さはトップクラスです。

クレーマーどころか変態もやってきます。

自分で商品を破壊しておきながら子供が破片でケガをしたと喚く人、女性店員ばかりを狙ってAV作品を検索させる人、延滞したあげく自宅まで取りに来いと叫ぶ人…挙げたらキリがありません。

感情が表に出てしまうと更なるトラブルを招くので、何がおきても笑顔でいられるメンタルの強さが必要です。

レンタルビデオ店の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

特別な経験の必要性はないので、アルバイトが初めての人でも取り組みやすいのがレンタルビデオ店の魅力です。

とはいえ、活かせる経験というのはあります。

接客業

接客業の経験がある人は、多少のクレームに出会っても表情を変えずに対応できることが多いです。

また、飲食店などの接客メインの経験はもちろん、その他のお店でレジ業務をやっていた人も活躍できるでしょう。

レンタルビデオ店はレジ業務を素早く行い、合間で返却作業をしなければならないからです。

テレオペ

レンタルビデオ店の仕事の中で最も慎重さが求められるのは、延滞者への電話連絡です。

返却の催促と延滞金の支払い通告をしなければならないのですが、逆ギレする人が結構います。

テレオペの経験がある人は電話口での声のトーンや言葉の選び方が的確ですから、安心してこの業務を任せられます。

レンタルビデオ店で働くメリットとは?

社員割引を適用してもらえる

店によって異なるかもしれませんが、筆者が働いていたところは旧作だけ社員割引が使えました。

普通のお客さんよりも短い期間での貸し出しでしたが、気になっていたドラマや映画、CDアルバムを制覇できました。

人間関係に耐性がつく

働いていた当時は悪質クレーマーに辟易していたものの、後になって考えればあの経験をしておいて良かったと思う日々です。

本当にびっくりする理論を展開してくるクレーマーの存在を知っていると、その後どこで働いても「アレよりマシだ」と思えます。

とはいえ、店舗によっては素晴らしいお客さんしかいないこともあるでしょうから、そういう時は恵まれた環境に感謝しましょう。

話題が増える

本編を見なくても、毎日映画やドラマのパッケージを見ていると、自然にその作品の知識がついてきます。

出演俳優、大体のあらすじ、人気具合や借りる人の年齢層が分かるため、初対面の人とでも話題作りに苦労しなくなります。

また、それまで気に留めていなかったジャンルにも興味が湧いてくることがあるでしょう。

作品との思わぬ出会いから、自分にはなかった価値観を得たり、やりたいことが見つかったりする人は少なくありません。

「根性」とか「やる気」とか言われない

映画好きやアニメ好きなどが集まるので、スタッフは皆わりと落ち着いています。

声を張り上げて挨拶をしなくても良いし、正社員もアルバイトに対して「根性」とか「やる気」のゴリ押しをしてきません。

大学生とフリーター、主婦などアルバイトスタッフの幅も広く、時間帯が住み分けられているため、無理矢理シフトを突っ込まれる心配も少ないです。

比較的清潔

レンタルビデオ店には虫がいません。

食べ物が無いからです。

空調も効いているため汗をかいたりもせず、何日か同じ制服を着ても臭くなることはないでしょう。

トイレも大型施設内にある店舗なら清掃業務はありませんし、そうでなくても客に貸し出して汚されずに済みます。

頭髪や服装規定が緩い

接客業によっては茶髪NGなところもありますが、レンタルビデオ店はわりと明るめな頭髪までOKです。

ピアスもたくさんついていなければ大丈夫な上、制服の下に着るTシャツは全部隠れるので自由になっています。

繁忙期は大幅な時給アップが狙える

筆者が働いていた当時は最低賃金が今より低かったのですが、それでも基本900円はありました。

ゴールデンウィークやお盆休み・クリスマス前後・年末年始は、従業員確保のための時給アップがあり1,000円を超えます。

さらに深夜給になると1,200円になったので、結構稼げました。

また、定期的に訪れる棚卸は閉店後の作業で、店舗が大型だったこともあり、明け方まで行ったりもしました。

終電を逃すスタッフが帰るために、近所に住むスタッフだけで行ったことが長時間になった理由ですが、おかげで深夜給+8時間以上勤務手当をガッツリ稼げたのは良かったですね。

経験者が語る!レンタルビデオ店で働いていて、やりがいを感じた瞬間3個

経験者だからこそ、キラキラ輝くようなやりがいは期待しないで欲しいと、まず断言しておきます。

大きなプロジェクトを成功させたときのような達成感、汗をかきながら協力した爽快感といったものはありません。

しかし、日々の小さなことで自分の成長を感じたり、スタッフたちと連携できたときの「やってやったぜ」感はしっかりあります。

疲労困憊せずに稼げる

体力がいるとは記載しましたが、さまざまなアルバイト経験の中では比較的楽な方でした。

工場などの勤務は暑いわ寒いわで疲れますし、住宅街にはないので移動だけでも一苦労。

その点、レンタルビデオ店なら生活圏内にある上、空調もしっかりしているので足腰さえ丈夫ならなんとかなります。

そして、先述のような時給アップ期間ほどやりがいを感じました。

イベントを楽しみたい人がシフトを外すため、人数も少な目で忙しいのですが、ガッツリ稼ぎやすいです。

筆者の場合、学費を稼がなければならないという目的もあって、預金通帳を見るたびにニヤニヤしていました。

知識が増えたと実感したとき

お客さんから「○○さんて俳優が出てる映画なんだけどタイトルがわからない」と言われたスタッフがいました。

なんとなくのあらすじは伺えたものの、レンタルビデオ店専用の検索ツールは主演かタイトルでしか分からず、どうもその俳優さんは主演ではないようでした。

そこでスタッフは困ってしまい、ダメ元で筆者に尋ねてみたわけです。

そのスタッフよりは長く働いていた私は、その頃には店内にあるおおよその作品のあらすじを把握していました。

今でこそ思い出せませんが、その当時は不思議と覚えていたんですよね。

そこで、おそらくこの作品だろうと思ったところへ案内すると、合っていました。

このときは、何事も続けていると知識がつくのだなぁと思ったものです。

少ないスタッフでも円滑に業務をこなせたとき

人手が少ない日に限ってセールや新作解禁だったりします。

そうすると、レジに長蛇の列を作らないようにしつつも返却業務や入荷業務をこなさなければならず、とても大変です。

働いていた店舗は新装開店時のスタッフとして入っていたので、最初の頃はとてもじゃないけど回せる状態ではなく、返却が溜まっていく一方でした。

しかし、働き出してから数か月もすると、少ないスタッフでも円滑に業務をこなせるようになります。

それぞれが今すべきことを理解し、とくに言葉にしなくてもチームワークを発揮することができたのです。

たったそれだけのことでも、忙しい時間帯を乗り越えられると達成感を得られました。

そういう日の閉店後にスタッフたちとラーメンを食べて帰るのは、結構楽しかったです。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

アルバイトからバイトリーダー、正社員、店長、エリアマネージャー、本社勤務というキャリアアップが可能です。

ただし、誰しもがそうなれるわけではなく、各段階を進むにつれて採用人数は絞られていきます。

いずれにしても本人の努力次第です。

また、平のアルバイトからバイトリーダーになるには、長時間勤務が基本です。

8時間勤務を月20日はできる人でないと、選ばれにくい傾向があります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

接客業やテレオペなどの経験がレンタルビデオ店で働くことに活かせるのと同様に、レンタルビデオ店の経験もまたそちらの仕事で活かせます。

ただ、その他の仕事に関しては何とも…。

筆者は映像制作の進行管理や営業の仕事についた口ですが、活かせたというほどのエピソードはありません。

人間関係に耐性がついたことと、数多くの映画やドラマを見ていたことで、面接時や営業先のお客さんとの会話は盛り上がったかなというくらいです。

大学生が多いため皆それぞれの道へ進む

レンタルビデオ店のアルバイトは大学生が多くいました。

そのため、店長も試験の時期は人手不足になることを見越して、フリーターや主婦を中心にシフトのお願いをしてくれます。

しっかり勉強する時間も確保できるため、レンタルビデオ店と学生生活の両立はしやすいです。

卒業後は皆それぞれの道に進めるでしょう。

まとめ

レンタルビデオ店は学生のアルバイトとしてはおすすめです。

就職の面接で語れるような大きなイベントこそ発生しませんが、基本的な接客の知恵、チームワークの大切さを学ぶことができます。

また、主婦やフリーターにとっても、時間調整しやすく疲れすぎない仕事であることから、他のバイトとの掛け持ちや家事育児との両立も可能です。

未経験者でも働きやすい仕事ですから、興味のある人は応募してみましょう。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)