精神科看護師と聞くとどのようなイメージがありますか?

医療行為が少ない分楽な印象もあるでしょうか。

私自身も興味がある分野でありながら、なかなか選択肢には上がりませんでした。

子育てをきっかけに、現在は精神科病棟の亜急性期病棟で勤務していますが、定時で仕事が終了することがほとんどで、プライベートとの両立はしやすいといえます。

一般科に比べて男性スタッフも多く、また新人からベテランまでさまざまな看護師がいます。

どのような人が精神科看護師の仕事に向いているのでしょうか。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

精神科の看護師はどんな仕事?

一般科に比べて圧倒的に点滴などの医療行為は少ないです。

ですが患者さんへの投薬、食事や生活についてのアドバイス、時には外出に同行したり、退院支援を行ったり、やることは多岐にわたります。

精神科看護師の仕事内容は、こちらの記事を参考に!

精神科の看護師に向いている人の特徴は?

看護師の性格も様々ですが、精神科に向いている人、というのはどのような人でしょうか。

私自身も向いている部分とそうでない部分はあるとは思います。

また、患者さん自身も様々な方がいるので、合う看護師と合わない看護師がいることは確かです。

そのようなときは無理をせず、状況によっては担当を変更することもありますが、一般的に「向いている」と感じる点を挙げてみます。

冷静な対応をとれる人

患者さんは症状から、看護師に怒りや暴力をぶつけてくる場合もありますが、そのような際に患者さんに対して、患者さんがどうしたら落ち着けるかを考えられることが重要です。

もちろん看護師も怒りを覚えることもありますが、そのまま怒りをぶつけるのではなく、自身も嫌な思いをしたなど、冷静に伝えられることが大切だと思います。

精神科看護師には、より高度なコミュニケーション技術、根気強さ、感情に巻き込まれない冷静さが求められます。

待つことができる人

患者さんへの働きかけはゆっくり功を奏してくることもあり、すぐには状況が改善しなくても、ある程度長いスパンで見ることも必要になってきます。

仕事を効率よく行うことはどの職場でも求められますが、患者さんに対しては、状況を観察してアセスメントはしつつも、焦らず待つことが大切です。

上手に振り返りをして気分の切り替えができる人

症状のために患者さんは攻撃的であったり、また人格障害の患者さんなどはスタッフによって言動を変えたり、操作しようとしたりと、慣れないうちは疲弊してしまうかもしれません。

ですが、どのように対処すべきであったか振り返りはしても、自分自身を責め続けてしまわず、経験として次につなげていくことが必要です。

そうして経験を積んでいくことで、精神科看護師として落ち着いた対応が出来るようになってくると思います。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に精神科の看護師に向いていない人の特徴は?

一概に向いていない人、というのは言えませんが、働いていく中で感じたことを挙げてみます。

医療行為が好きな人

もちろん身体的な観察は看護師として精神科でも重要です。

ですが精神科では、一般科に比べて圧倒的に医療行為が少ないです。

その為患者さんの身体的看護について学んでいきたい、点滴や採血を毎日行いたい、人工呼吸器などの医療機器やそのほかの処置についてのスキルを上げたいと考える看護師にとっては、精神科では行えないことも多くあります。

せっかちな人、すぐに結果を出したい人

精神科看護では「待つ」ということが大切になってきます。

患者さんも興奮し混乱してなかなかコミュニケーションがうまくいかなかったり、提案したことが受け入れられなかったりと、看護師自身が良いと思って行動しても、患者さんには受け入れられないこともあります。

その為時期を見て再度お伝えしたり、他のスタッフに依頼したりと、様々なアプローチが必要です。

自分がどうしても患者さんを変えたい、というような考え方だと、患者さんもしくはスタッフからも、信頼が得られない可能性があります。

他人とコミュニケーションをとりたくない人

患者さんとのコミュニケーションは毎日何かしら必要です。

ただ傾聴するだけではなく時には自身で考えていただくように促したり、コミュニケーションのスキルアップの必要性を感じる現場です。

自身の言葉が患者さんの病状を良くすることも悪くすることもある、という責任もあります。

また、スタッフ間で対応を統一することも大切ですし、その患者さんに対してどのような方向性で行くかなども、看護師だけでなく多職種で考えていく必要があります。

その為、他人と関わることが苦手な看護師は、疲弊してしまうかもしれません。

精神科の看護師の仕事をするために活かせる、今までの経験は?

仕事をしていて、こんな経験があってよかったなとか、あればよかったなと思う経験を紹介していきます。

これまでの看護師経験

採血、点滴などはもちろん、他科で勉強してきたことは自分の自信にもなります。

精神科に入職するとなかなか医療処置などの機会がなくなることも事実ですが、糖尿病など身体的疾患を合併している患者さんもいますし、イレウスや水中毒といった際にも処置を抵抗なく行っていけるのも、一般科で急変時の対応などをしてきたからだと思います。

子育ての経験

子育ては思い通りに行かないことの連続で、精神科看護同様、待つことなど忍耐強さが要求されます。

患者さんを自身の思い通りにしようとするのではなく、ご本人の強みを大事にしながら支援していくことの大切さは、子育てと通じるものがあるのではないかと思います。

子育ての経験は看護にも活かせますし、逆に精神科看護の経験を子育てに活かすこともできます。

これまで趣味でやってきたこと

ADLが自立している方も多く、作業療法や散歩などで病棟を離れている時間はコミュニケーションの時間であったり、患者さんの趣味の時間です。

なかなか自発的にスタッフに話しかけてこない方から将棋に誘われたときに、全く将棋がわからずお断りしましたが、せっかくの機会を、と残念に思ったことがあります。

また、歌好きなスタッフは患者さんからリクエストを受けて一緒にカラオケを楽しんでいたり、趣味を一緒に行うことで患者さんの新たな一面を見ることもできます。

「精神科看護師」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

精神科看護師経験5年以上であれば、日本精神科看護協会による「精神科認定看護師」という資格にチャレンジすることが出来ます。

また、こちらは大学院も終了する必要がありますが、日本看護協会による「精神科専門看護師」という資格もあります。

どちらも精神科看護について深い知識を持ったプロで、患者さんのみならず、スタッフへの教育や相談にも取り組んでおり、頼れる存在です。

精神科で働くうえで、暴力への対処が必要なこともあります。

包括的暴力停止プログラム(CVPPP)といって、現場での暴力に対して専門的な知識や、技術に基づいた対処技術があります。

それをスタッフに普及するCVPPPトレーナーという資格もあります。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

精神科看護で学んだコミュニケーションスキル、相手との距離の取り方などは、日常生活でも大いに生かせるでしょう。

その為、接客の技術なども取り入れれば、相手が何を必要としているかいないかなども訓練しているので、営業などにも役立つのではないかと思っています。

精神科の看護師の給料事情は?

私自身の基本給は25万円程度、そのほか手当などがついて総支給で30万程度ですが、控除後の手取りは基本給と同等で25万程度となっています。

ボーナスはだいたい5か月分ぐらいです。

また私自身は子育て中ということもあり、夜勤の回数を減らしているので、夜勤をこなしている他のスタッフよりは少ない状況です。

給料面では、今まで勤務していた一般科の病院と大きな差はない、というのが印象です。

また病院によっては、精神科は患者さんからの暴力の可能性もあり、危険手当というものがつくこともあります。

精神科の看護師の仕事のおすすめポイント

精神科で勤務してみて実際に感じた、おすすめポイントを挙げてみます。

ブランクがあっても勤務できる

一般科に比べると点滴や注射、そのほか医療機器の管理は少なく、ブランクがある看護師にとっても比較的働きやすい環境といえます。

子育ての経験が生きる

子育ての経験のある看護師でしたら、より思い通りにいかないということに慣れているのではないのでしょうか。

そのような経験も看護に生きてくるのではないかと思います。

自分を振り返る機会ができる

患者さんとの関わりから、今までの自分自身の看護だけでなく、他人との関わり方についても自然と振り返るようになりました。

今まではより丁寧に、また自分自身が我慢すれば良い、というような気持ちがどこかにあったと思います。

ですが精神科で働いて、患者さんを日々観察し、看護を行うことで、時に毅然とした対応を取り、必要なことをはっきりと説明することも重要だと感じました。

様々な患者さん、職種と関わり、わかりやすい説明、アサーティブな対応も身についてきたように感じます。

残業が少ない

一般科に比べて急変自体が少なく、医療行為も少ないので、定時に終了することが多いです。

ただ密な観察は必要です。

多飲水から水中毒に移行したり、便秘からイレウスになったり、誤嚥から窒息など、急変の可能性はあります。

そうなる前に身体的な観察も重要です。

患者さんの精神的・身体的なちょっとした変化を見逃さないことが、必要になってきます。

自分にあった精神科看護師の求人の選び方や注意点

少しでも精神科看護に興味がわいてきましたでしょうか。

精神科に関連した病院・クリニックは多数あり、訪問看護・デイケアなど看護師の求人は多岐にわたります。

病棟でも急性期から慢性期など雰囲気はガラッと変わりますし、自分にあった求人を選ぶことが長く働き続けられることにつながります。

【選び方①】雇用形態から探す

正職員で働くと、福利厚生やボーナスなど利点はあります。

精神科は一般科に比べて急な入院や急変が少なく、残業も少ないのが特徴です。

その為正職員でも比較的時間の融通が利きやすい印象があります。

さらに時間の融通が利きやすいパート勤務や、定年の年齢を過ぎて嘱託職員としての勤務は、正職員に比べると福利厚生の手厚さや給料は減りますが、このような働き方をする看護師も多くいます。

一定の条件を満たせば社会保険に入れたりすることもあるので、職場とよく相談することも大事です。

他に夜勤専従で働き、Wワークをしているスタッフが多いのも、精神科の特徴といえるかもしれません。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

一般的には精神科看護師の給料は25万~30万程度が相場ですが、残業が少ない分他科に比べて少なめの印象もあります。

ただ、手術や検査のある一般科と比べて、病棟自体にそれほど大きな動きがないので、申し送りは9時から開始などの病院もあります。

前残業をして点滴などの準備をしたりすることもなく、情報収集もそれほど多くないので、落ち着いた気持ちで勤務に入ることが出来るかと思います。

精神科とはいえ、大学病院、総合病院、精神科単科、クリニックと求められる役割が変わってくることもあり、そういったことを十分に見て、自身にあった環境を見つけることが大切です。

雇用条件の就業時間や、休日、昇給など、自身が納得できるところを探しましょう。

【選び方③】エリアから考える

大学病院は都心にも多くありますが、精神科単科の病院は都心でなくやや郊外に建てられているところが多いです。

勤務先は自宅から近いところが良いにこしたことはありませんが、プライベートでは仕事を忘れたい、という方にとっては、少し離れたところでも気分転換になってよいでしょう。

精神科の患者さんは病院近くのグループホームに住んでいたり、病院の外来やデイケア、作業療法室に通うこともあるので、近すぎると患者さんの動向が気になって休めない、ということもあるかもしれません。

まとめ

精神科看護師の仕事や向き不向きについて述べてきました。

精神科看護師のスキルはすぐに身につくものではなく、勉強してさらに、自身の対応や患者さんの反応を通して少しづつ身についていくものだと感じています。

その為、精神科看護を行ってみたい、という興味のある方であれば、どなたでもチャレンジして良いと思います。

思い通りにいかないことも多々ありますが、それを学びとして必要以上に抱えこんだりことせずに相談することが出来れば、長く続けていけるのではないでしょうか。


関連キーワード

精神科看護師求人

看護師求人についてもっと深堀りした情報を見る