今回はショートステイの仕事について集中的に書いていこうと思います。

介護の仕事をしていてもショートステイでの勤務経験があるという方も多くはないと思います。

私は2年ほど経験がありますのでその経験をもとに書いていこうと思います。

「ショートステイの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ショートステイってどんな仕事?

ショートステイというのは短期的に施設に入所するというものです。

普段は決まった曜日でデイサービスに通っている利用者様が数日施設に入所するという感じです。

毎週末に利用するというように決まったペースで利用するという人もいますが、親戚の葬式が出来たので2泊だけ利用したいというような緊急的に利用するという方もいます。

ショートステイの仕事内容とは?

仕事内容の話で行くとデイサービスと施設介護の特徴的な業務の両方を行うことになります。

それは「送迎」「夜勤」の二つです。

介護の仕事を初めて最初に配属された部署がショートステイなら覚えなければならないことが多くて憂鬱になるかもしれません。

しかし、慣れてくると自然と出来るもので異動になった場合でも特徴的な業務を両方出来るようになっていますのでそういう面で将来的に役に立つという考え方も出来ます。

日常生活支援

これは介護の仕事と聞いてイメージしやすい食事・排泄・入浴のお世話をするということです。

基本的に普段は自宅で生活している人ですので、施設介護で相手にする利用者様よりはADLは高めの場合が多いです。

自宅に帰った時に困らないように、あまり介助をし過ぎないようにするというのが基本となります。

また、家族様によっては「お風呂の時は○○のようにしてほしい」というように注文をしてくる方もいます。

全部が全部その通りにするということではないですが、そういった話はしっかりと聞いておく必要があります。

場合によってはクレーム(苦情)につながることがあります。

送迎

ショートステイの職員で割と多い印象があるのですがデイサービスからの異動でショートステイに勤務となっている場合は自然と出来ると思うのですが、初めて利用者様を送迎するというのは思っている以上に緊張します。

普段、自分の車を運転している時に無事故無違反の方でも油断しない方が良いです。

乗りなれていない車で知らない土地に利用者様を乗せるということで緊張しますから。

夜勤

これは送迎とはまた違って、施設介護から異動になった職員の場合は自然と出来ると思います。

ショートステイの職員になって初めて夜勤をするようになるという方もいます。

そんな方に出来るアドバイスとしたら「夜勤の当日は体力温存に努める」です。

想像するのが難しくないと思うのですが夜勤というのは体力・精神的に相当な負担がかかります。

夜勤に慣れていないなら尚の事、当日の体力温存は大事になってきます。

夜勤中の話になると、上にも書いていますが体力・精神的にも負担がかかるためだと思うのですが昼間では何でもない事でもイライラしてしまうということがあります。

極端な話、虐待につながりかねません。

夜勤中は淡々と仕事をしていくイメージで取り組んでいった方が良いと思います。

利用者様に何かを言われても一歩も二歩も引いたような気分で話を聞くようにしましょう。

とにかく淡々と朝を迎えるように努めましょう。

「ショートステイの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

ショートステイの仕事はどんな人に向いている?

ショートステイの仕事に向いている人を私の個人的な考えにもとづいて書いていこうと思います。

色々な利用者様と接したい人

施設介護と違って利用者様が短期間で出入りするので自然と接する利用者様の人数が多くなります。

新しい利用者様が利用する時はもちろん、定期的に利用している方とも会わない期間があるので利用中は気分的に少し新しい気持ちで接することができます。

初めは利用者様が多いということで覚えないといけないことも多いので大変なのですが、徐々に慣れてくると利用者様が変わるということをプラスに考えることが出来る人なら向いていると言えると思います。

気分転換をしながら仕事をしたい人

一つ上の話と似ている内容です。

ショートステイは送迎という業務もあります。

これも慣れてくると特に抵抗なく出来るようになる業務なのですが、施設から離れることができ、自分一人だけという時間を作ることが出来ます。

そのため、良い気分転換が出来る時間と言えます。

あくまで慣れてくるとということですが、ずっと施設の中でいると疲れるものです。

ショートステイだと施設を離れる時間もありますので気分転換になりますのでそういった意味で向いていると思います。

逆に、ショートステイの仕事が向いていない人ってどんな人?

ここからは逆に向いていないと思う人を書いていきます。

運転が致命的に下手な人

ショートステイでは送迎という業務がありますので運転が下手な人は向いていません。

普段の運転から自分が下手なことを自覚しているもしくは他人から言われたことがあるという人は利用者様が乗っている、乗り慣れていない車での送迎は止めておいた方が良いと思います。

ショートステイに異動になってしまったという場合は送迎は出来ることならしなくて良いように相談した方が良いと思います。

利用者様と長期的に関わりたい人

ショートステイの利用者様は基本的には短期間の利用です。

さらに、他の施設などに入所が決定し利用しなくなるということも多くありますので利用者様一人一人と接する期間は短いのが基本です。

そのため、利用者様が亡くなるまでじっくりと関わっていきたいという人はショートステイだとその願いをかなえることは基本的には無理ということになりますので向いていないと言えてしまいます。

「ショートステイの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

ショートステイについて色々と書いてきました。

色々な業務を経験出来るので慣れるまでは大変ですが、異動になった場合でもどの部署になっても初めてする業務というものは無い状態になっています。

という意味で将来的にも得をすることが出来ると考えることもできます。

さらに色々な利用者様と接することが出来るということでそういう面でも勉強になります。

夜勤もあるため、給料的も介護の世界では優遇されます。

大変な部分も多いですがそれだけ見返りもあると言えますのでショートステイに異動になった方や配属となった方は前向きに業務に取り組んでもらえたらと思います。


関連キーワード

ショートステイ求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。「生活相談員」が自分に向いているか診断するにはこちら →生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。「特別養護老人ホームの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、

居宅介護支援事業所求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

介護業界で働くにあたり、資格はたくさんありますが、その中で一番取得が難しいのがケアマネージャーの資格です。試験や研修も大変ですが、何よりも基礎資格での5年以上の実務経験が必要ですので、受験資格を得るまでも簡単ではありません。それでも、今も根強い人気のあるケアマネージャー。この仕事を目指している人はたくさんいます。そんな方にもわかりやすいように、居宅介護支援事業所でのケアマネージャーの仕事やおすすめ求人のポイントを詳しくお話していきます。居宅介護支援事業所にはどんな仕事があるの?居宅介護支援事業所で居宅ケアマネージャーとして働く場合、その仕事内容は一言では言えない位多岐に渡りますが、基本的な仕事

介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

超高齢化社会となり、介護や福祉の仕事に興味を持っている方も多いと思います。すでに国全体で介護士の需要が高まっており、資格を取得することで職に困らないために介護士を目指すことを検討している方も多くいます。しかし、正社員として介護士で働く場合、どのような勤務先やどのような働き方があるのか良くわからない方も多いのではないでしょうか。また、これまでの世間一般のイメージから、介護士として働くことへの不安や疑問をお持ちの方も多くいらっしゃることと思います。そこで今回は介護士正社員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、そして最後には多くの方が気になる疑問について解説していきます。介護

静岡介護求人でおすすめな募集内容の特徴や、人気な施設・エリア・年収相場を解説します

静岡県の介護求人選びで後悔しないための見極めポイントを紹介します。ローカルな情報を含めてお届けしますので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。介護職はどんな仕事?介護施設によって仕事内容は大きく異なりますが、基本的には高齢者の生活を支援する事が介護職の仕事内容です。歩くときにフラフラしてしまう人には傍ですぐに支えれるように見守りを行なったり、排泄を失敗してしまう人には定期的にトイレへ行くように声かけを行ったり、それでも上手く排泄できなかった場合はリハビリパンツを着用して、パット交換を行ったりします。また、自立している人がほとんどの施設の場合は生活に刺激を得てもらう為にレクリエーションを企画し