生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。

「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの品出しはどんな仕事?

まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。

スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

スーパーの品出しの大まかな仕事内容

スーパーの品出しの大まかな仕事内容としては、できたての商品を食品コーナーに綺麗に並べることです。

例としては、寿司部門であれば、寿司を握ってパックに詰めて値札を張った状態の商品を、お客様の手に届く寿司コーナーに綺麗に並べます。

この際にあまり知られていないかもしれませんが、売れ残っているものや先に品出ししてあった商品を、手前に置きます。

できたてのものはできるだけ奥に置いたり、二段に積み重なっている場合は下に置いたりします。

寿司部門であれば、品出ししてから4時間程度経つと、売り場にある品を廃棄するので、表記してある時間を確認するというのも大きな仕事内容です。

また、厨房からもお客様を窓越しに確認することができますが、商品がどれほどコーナーにあるのかを把握できない為、品出しの人に状況確認を頼むことがほとんどです。

スーパー品出しの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

仕事上の役割とは?

先ほどもお話ししたように、商品の品出し、廃棄がメインとなります。

品出しの状況を逐一厨房に報告して、足りない商品を急ピッチで調理したり、売れていないと値引きをしたりする判断力が必要です。

「まだ18時だからこれから売れるだろう」と楽観的に考えていると、閉店時間になっても沢山売れ残ってしまうことがあるので、これは重要です。

また、厨房からお客様のいるところへ出入りするため、そのコーナーの看板役としての役割もあります。

しっかり挨拶をしてからお辞儀をして品出しをしたり、お客様の質問やご要望をお伺いすることが多いので、丁寧に人と話すスキルが必要です。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いている?

これまでの文章を読んできて、「私はここで働けるのかわからない」、「読んでいる限りだと意外と結構大変そうだ」と思われる方が多いかと思うので、スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているかをお話していこうと思います。

真面目な人

この仕事は”真面目過ぎる”と上手くやっていけません。

なぜならお客様が来店、購入される際の時間帯に波があるからです。

常時真面目な状態で過ごすと、ピーク時に嫌気がさしてしまいます。

また、お客様の中には怖い人もいらっしゃいます。

あまり真面目に対応しすぎると精神的に参ってしまうので、適度に気を抜くことが重要となります。

ただ、仕事中に伸びやストレッチをするのはよろしくないので、調理中に力まないだとか、こんな日もあるさ、と明るく物事を捉える心構えが必要です。

ですが、真面目に仕事をしないと品が足りない状況に陥るので、そういう点にはご注意ください。

人と接するのが好きな人

品出しは基本、お客様とお話しする立場です。

よほどのことがあった場合は、厨房の責任者である主任や店長に連絡を取り対応してもらうのですが、品出し自体はアルバイトやパートさんが担当することが多いです。

品出し中に、お客様に「この商品を買いたいんだけど、売り場に無くて...。まだとりあつかってる?」と聞かれたり、また「商品を落としてしまったんだけど交換はできますか?」という要望もあります。

その際にいかに明るく、そして不快にさせることなく対応できるかが重要となりますので、人と接するのが好きな人はこの仕事に向いています。

特に値引きの時が一番接することが多いです。

この商品は安くなるのかならないのかについて、次々と対応に迫られますが、それを苦としなければきっと大丈夫です。

料理が好きな人

なんといっても一番時間をかけて行う仕事は、料理です。

料理が嫌いな人は、この仕事は大変厳しいと思います。

料理するのが億劫だという人は、仕事で料理をすることになるので、技は身につくと思います。

わざわざ料理教室に通わずとも、やろうと思えば家で料理ができる環境にいるので、趣味の一つに料理と答えられるようになるでしょう。

また、仕事とはいえ、自分が調理した商品をお金を出してまで食べてくれる人がいると考えると、うれしくなりませんか?

最近「人生の意味」について考える若者が多いですが、人生の意味とは他人を喜ばせることや、人の役に立つというものではないかと私は思います。

料理以外でも、値引きする際にお客様とお話するときは一番楽しいです。

私の実体験ですが、「実はこれ主人が大好物なんですよ」と、値引きをした直後に嬉しそうに話してくれると、どんなに疲れていても自分もかなり、うれしい気持ちでいっぱいになります。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの品出しで働くメリットとは?

スーパーの品出しで働くメリットはたくさんあります。

いくつか挙げてみましょう。

丁寧に仕事を教えてもらえる

スーパーで初めて働く際には、どういう風に対応すればいいか等、丁寧に仕事を教えてもらえます。

挨拶の仕方からお辞儀のタイミング、品出しの仕方を教わり、商品をカートに載せて実際に品出しをする時も親切丁寧に教えてくれます。

働きながら、自分が取得したいスキルを身につけられる

品出しでアルバイト、パートの面接を受けると基本調理も任されることが多いです。

そのため厨房内での明るいあいさつを自然と身に着けたり、効率よく仕事をこなす方法を生み出したり、メモを取る癖をつけたりすることができます。

品出しで働くメリットとしては、先ほどもお話したように、親切丁寧に教えてくれるのでもともと自分にないスキルも身につけることができます。

もちろん必要なスキルもあります。

人と接するのが大の苦手だと、品出しの仕事はいくらこなしても慣れるものでもありませんし、かえって嫌気がさしてしまいます。

ある程度自分自身が品出しに向いていると思えたら、そこからはスキルアップをするだけですので、是非始めてみてください。

いろんな経験を積むことができる

私は昨年までアルバイトとしてスーパーの寿司部門で働いていました。

米を炊いたり、すし酢を混ぜたり、寿司を握ったり、秤を使って正確にお弁当を作ったり、パック詰めして値札を張る作業をして、品出しもするなど、ほぼ全ての仕事を行いました。

また、店内放送もやったことがあります。

買い物上手になる

普段自分が品出しをしていると、どのくらいの時刻にどれだけ値引きをしなければならないか等を把握できるようになります。

そのため自分の働いているスーパーはもちろんのこと、他のスーパーに買い物に出かける際に、閉店間近の時間帯に買い物をしたり、18時以降という少し遅めな時間に買い物に出かけてお得に買い物ができます。

社員割でお得に買い物ができる

値引き品を買わなくとも、働いた日には社員割引で商品を購入することができるので、食費をうまく浮かすことができます。

育ち盛りの子供を抱える奥様や、食費をあまりかけたくない人は、働いた日にちは社員割引で特別安く購入することができ、働いた分給料ももらえるので一石二鳥です。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

アルバイトからスーパーに就職というのは、私はあまりお勧めしません。

なぜなら、アルバイトでも十分働くことができてしまうからです。

逆に言うと、社員になっても楽な仕事ばかりしていると、仕事に面白みを感じることが少なく、嫌気がさしやすいからです。

そのため、スーパーで働くならアルバイトかパートでいることをおすすめします。

もしスーパーに就職したいのならば、アルバイト・パートで働いて現場の状況をしっかり確認してから、仕事に就くことをお勧めします。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

スーパーの品出しの仕事経験は、検品の仕事やお客様と接する仕事に活かせます。

この仕事を通して私は、いかに効率よく仕事をこなすかを常に考えることができるようになりましたし、人と接する術も身につけることができました。

検品作業はまさにこのスキルが必要となります。

それ以外の仕事でも、カラオケの店員やネットカフェの店員でも同じようなことが言えます。

人とうまく接することができない方も、少なからずいるかと思います。

仕事をしながら、さまざまなスキルを身につけてみてはいかがでしょうか。

自分にあったスーパーの品出しの求人の選び方や注意点

次に、実際に働くスーパーの良し悪しをお話しておこうと思います。

スーパーといっても、ヤオコーやカスミのように食料品のみを扱っているものもあれば、イオンモールやジョイフル本田、イトーヨーカドー等のように、様々な店が沢山あるショッピングモール内にあるスーパーもあります。

どんなスーパーが良いのか、雇用形態や給与、エリア等からお話していきます。

【選び方①】雇用形態から探す

求人を見ると、アルバイトとパートが主に載っています。

滅多に社員の求人はありませんので、その点は注意してください。

ただし、アルバイトやパートから社員に昇格することはあるようです。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

給与はスーパーによって異なります。

例えば同じ地域でも、時給850円程度から960円程度まで差がありますので、容易に決めないようにしてください。

また、金額高いからと言って必ずしもいい待遇を受けるというものではありませんので、事前に買い物で利用したり、口コミを見て念入りに調べることをお勧めします。

それと、スーパーはクリスマスやお正月の三が日、ゴールデンウィークは基本休めないところが多いです。

そのためご家族と一緒に過ごす時間が減ってしまったり、旅行に行くのにも制限がかかってしまう場合があります。

一度働くことができると話してしまうと、欠席が非常に困難な状況になります。

その点も面接官と話してから働くことをお勧めします。

【選び方③】スーパーの規模から考える

近年、コンビニの競争が激しいと有名ですが、スーパーでも同様です。

歩いていける距離にイオンモールがあったり、ヤオコーがあったり、少し離れたところにはカスミがあったりすることがあります。

そういう地域でイオンがブラックフライデー等のセールを始めてしまうと、小さなスーパーの売り上げに大きな影響が生じたり、集客が厳しくて店を締めなければならない状況にもなります。

できることなら大きなスーパーで働くことがお勧めです。

【選び方④】好きなブランドから考える

最近、大手チェーンのスーパーでは、プライベートブランド商品に力を入れています。

お気に入りのプライベートブランド商品がある場合、その商品を社員割で買えたらうれしいですよね。

そういう方は、お気に入りの商品を取り扱うスーパーで働くことを検討してもいいかもしれません。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回はスーパーの品出しについてお話してきましたが、いかがでしたか。

品出しとは言いつつも、品出しだけでなく、調理や値引き等があり、意外と多い仕事量に驚かれた方も多いかもしれません。

アルバイトやパートの仕事として有名な、スーパーでのお仕事。

時給もそう高くなく、人も少ない中で、時間内にたくさんの調理をしたり、品出しをするので過酷だと感じる人もいらっしゃるかと思います。

しかし、仕事はお金の為だけではないと言われます。

スーパーでは、仕事をするにあたり、さまざまなスキルを身につけることができます。

人と接する術を身につけたり、効率よく調理したり、徹底的に掃除をすることは、家事にも転職後の就職先にも通用します。

もっと言うならば、社会に通用するマナーを学べます。

「今時マナーも知らないのか、常識だぞ」と言われた経験のある人がいたら、一度スーパーの品出しを経験してみて、マナーを是非身につけてみてください。

言われたときはカチンときますが、意外と当たっていることもあります。

それが私でした。

短期のお仕事の募集もありますので、気になる方は是非チャレンジしてみてください。

「スーパーの品出しの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

スーパー求人

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「レジ」であったり、「商品の品出し」であったり、一般的に店舗で買物をしている際に、働いている人の姿を見て想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそんな普段は視えないスーパーの職種についても紹介していきたいと思います。スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にしているお仕事は「販売」の仕事になります。「販売」の仕事には「レジ清算」と

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働いています。他の業務はバックヤードで仕事をしたり、店頭に出ることは

スーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

スーパーって一番身近にあって、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?住宅地の近くには必ずあるスーパー、だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のバイトもそうですし、主婦の方なんかはパートでも働けます。身近にあって働きやすい職場での仕事。今回はそんなスーパーの仕事について、スーパーの仕事内容や、向き不向きなんかについてお話していきます。皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくお話ししていきますので、これからバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他スーパ

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

皆さまこんにちは。世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。今回はその様な転職しやすい時期において食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があり、「販売」の業務は「接客」のスキルが必要となり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異業種から転職する場合はこの「接客」や「商品加工」、「調理」などのス

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配」の管理業務は「利益管理」が主になります。それでは次にそれぞれの

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事といったら『レジ』が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらい、レジの仕事というのは花形でもあり、お店の顔でもあるので責任重大です。今回は、そんなスーパーレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品を打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているのかご紹介します。愛嬌のある人お客様