スーパーって一番身近にあって、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?

住宅地の近くには必ずあるスーパー、だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?

また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のバイトもそうですし、主婦の方なんかはパートでも働けます。

身近にあって働きやすい職場での仕事。

今回はそんなスーパーの仕事について、スーパーの仕事内容や、向き不向きなんかについてお話していきます。

皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくお話ししていきますので、これからバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他スーパーでの仕事を考えている方にも必見です!

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの仕事ってどんな仕事?

スーパーの仕事について簡単に説明します。

まず初めに、皆さんスーパーにはいったいどういった仕事があるのか知っていますか?

皆さん知っていると思いますが、スーパーだからといって皆が自分の好きなポジションでその日その日を働くわけではありません。

スーパーの仕事は各コーナーに分けられていて、自分の決められたポジションの中で働きます。

スーパーの中では、仕事はだいたい大きく6つに分けられています。

スーパーの仕事と聞いて、一番に皆さんが思い浮かべるのはレジではないでしょうか?

レジももちろんスーパーの中では大切な仕事ですが、他にもスーパーの中で重要な仕事があります。

それは、水産・鮮魚や精肉、青果、お惣菜、グロサリーといった仕事です。

初めて耳にする言葉もあるかもしてませんがスーパーでの仕事はだいたいこの6つに分けられていることが多いです。

この6つの仕事のうちどれか一つに配属され、配属された場所で働くことになります。

1つ1つの仕事を簡単に説明すると、レジは皆さんの知っている通り商品のお会計をするところです。

お客さんが購入する商品のお会計をし、お会計の金額を出しお金を払ってもらいます。

水産・鮮魚は魚をさばいたり、商品として販売する魚をパックに詰め、お魚コーナーに並べていきます。

精肉も水産・鮮魚と同じで肉をさばいたりカットし、商品として販売する肉をパックに詰め、お肉コーナーに並べていきます。

青果はお野菜コーナーに袋詰めや、パックに詰めた野菜をお野菜コーナーに並べていきます。

お惣菜はお総菜コーナーにお弁当やおかずなどを調理し、できたお惣菜をお総菜コーナーに並べます。

グロサリーは上記でお話しした商品以外のもの、お菓子やパンなどその他の食品を品出しし、各コーナーに並べていきます。

この6つの仕事がスーパーでの大まかな仕事となります。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの仕事内容とは?

先ほどお話ししたスーパーの仕事6つについて、1つずつ仕事内容を詳しく解説していきます。

レジ

スーパーの仕事と言われて一番に思い浮かぶのがレジだと思います。

スーパーに行くと皆さんが一番よく目にするのがレジの仕事ではないでしょうか?

レジの仕事は主にレジに立ちお客さんのお会計をすることです。

買い物を済ませたお客さんがお会計をしにレジに来ます。

お客さんが購入する商品のバーコードを機械にスキャンしていき金額を計算していきます。

機械が自動的に金額を計算し、合計金額を集計してくれます。

お客さんに必要な金額分のお金をいただいたらレジの機械に入れます。

するとレジが自動的に計算し、レシートとお釣りの金額を出してくれます。

出てきたレシートとお釣りをお客さんに渡すというところまでがレジの仕事内容になります。

スーパーによってはレジで袋詰めをするところもあります。

最近では、スーパーに行くと良くレジでセルフレジ、袋詰めレジ、セルフパックレジというのを目にしませんか?

セルフレジというのはお客さん自身で商品をスキャンし、支払い、袋詰めをするレジです。

すべてお客さん自身で、セルフでしていただくというレジになります。

袋詰めレジはレジでスタッフがお会計を進めながら袋詰めをするというレジになります。

また、セルフパックレジというのはレジでお会計した商品をお客さん自身で袋詰めしていただくというレジになります。

今ではこうしてレジが分かれているため、お客さん自身でお客さんの都合に合わせてレジを利用することができます。

例えば急いでるお客さんはセルフレジを使ったり、妊婦さんや子供連れのお客さんは袋詰めレジを使ったり、時間に余裕のあるお客さんはセルフパックレジを使ったりすることができます。

今ではレジの機械も発達していて自動ですべて行えます。

バーコードをスキャンし機械が合計金額を出してくれます。

お金を入れるだけで機械が自動的に計算し、お釣りの金額と、おつりを自動的に機械から出してくれます。

そのためセルフレジも可能になり、また昔と比べるとレジの仕事もだいぶ楽になり、またレジでのお会計ミスというものが減っています。

水産・鮮魚

水産・鮮魚といった仕事もあります。

水産・鮮魚の仕事は主にお魚コーナーでの仕事になります。

厨房で仕入れをした魚をさばいたり、調理をし、パックに詰めます。

パックに詰めた商品をお魚コーナーに並べます。

お魚コーナーをこまめに確認し、商品が減っていると補充をするといった仕事内容になります。

またお客さんから頼まれると厨房で魚をさばいたりもします。

お魚コーナーには新鮮な魚やその他の海鮮物、さばいてパック詰めにされた魚や、お刺身やお寿司、調理された魚、冷凍食品などが並べられています。

水産・鮮魚で働くからといって誰でも魚をさばけるわけではありません。

そのため厨房の仕事は魚をさばいたり、カットしたり、調理をしたり、パック詰め、お魚コーナーではパック詰めされた商品を並べたり、商品の補充と水産・鮮魚のなかでも仕事は細かく分けられています。

精肉

精肉の仕事内容は水産・鮮魚に似ています。

違いと言えば肉と魚の違いぐらいです。

精肉の仕事は主にお肉コーナーでの仕事になります。

厨房で仕入れた肉を肉の種類やパーツに分け切り分けたり、調理をし、パックに詰めます。

パックに詰めた商品をお肉コーナーに肉の種類ごとに分け並べます。

お肉コーナーをこまめに確認し、商品が減っていると補充をするといった仕事内容になります。

お肉コーナーには肉の種類に分けられ、また肉のパーツに分けられ商品が並べられています。

その他にもハムやベーコン、ソーセージといった加工食品や、調理された肉、料理しやすいように味付けされた肉や、冷凍食品なども並べられています。

精肉も水産・鮮魚同様、だれでもお肉をカットできるというわけではありません。

そのため厨房の仕事は肉をカットしたり、調理をしたり、パック詰め、お肉コーナーではパック詰めされた商品を並べたり、商品の補充と精肉の中でも仕事は細かく分けられています。

青果

青果の仕事内容は水産・鮮魚や精肉とは少し異なります。

青果の仕事は主にお野菜コーナーでの仕事になります。

仕入れた野菜を確認し、傷んでいるところや虫がついているところがあれば野菜の葉などを切り落とします。

売り物とする野菜をパックに詰めたり、袋に詰めたりしお野菜コーナーにパックや袋に詰めた商品をお野菜コーナーに並べます。

お野菜コーナーをこまめに確認し、商品が減っていると補充をするといった仕事内容になります。

お野菜コーナーには新鮮な野菜やパックや袋に詰められた野菜が並べられています。

水産・鮮魚や精肉のようにさばいたり、カットしたりして切り分けることがなく、調理することもありません。

そのため水産・鮮魚や精肉に比べると働きやすいかもしれません。

お惣菜

お惣菜の仕事内容はまた少し異なります。

お惣菜の仕事は主にお総菜コーナーでの仕事になります。

厨房でお弁当を作ったり、おかずといったお惣菜を調理します。

出来上がった料理をお弁当箱やパックなどに詰めてお総菜コーナーに調理したお惣菜を並べます。

お惣菜コーナーをこまめに確認し、商品が減っていると補充をするといった仕事内容になります。

お総菜コーナーには時間によって並べられる商品が異なってきます。

朝やお昼には主にお弁当がメインに並べられ、お昼を過ぎ夕方になるとおかずといったお惣菜がメインに並べられます。

そのため、時間ごとに作るメニューも決まってきます。

仕事内容は主に厨房での調理になります。

そのため厨房で働くのにはキッチンでの仕事経験などが必要になってきます。

初めての方はお弁当やパックに詰める作業からスタートするかもしれません。

グロサリー

グロサリーと聞くといったい何の仕事?と思う方も多いかもしれません。

グロサリーの仕事は主に上記でお話しした仕事の水産・鮮魚、精肉、青果、お惣菜、以外の商品を取り扱う仕事です。

インスタント食品や調味料、パンやお菓子、乳製品、日用雑貨など、水産・鮮魚、精肉、青果、お惣菜以外の商品で、スーパーで取り扱っているものの商品整理や商品の仕入れや品出し、陳列、補充といったことが仕事内容になります。

あまりパッとしないかもしれませんが、スーパーの買い場でよくお店のスタッフが段ボールから新しい商品を出して並べたりしているのをよく見ますよね?

その仕事です。

グロサリーの仕事はスーパーの仕事でも簡単な方だと思います。

そのため高校生のアルバイトの方などよく目にします。

しかし、グロサリーの仕事だからといって商品を並べるだけではありません。

お客さんに一番声をかけられやすいため、スーパーのどこに何があるかなど把握しておく必要があります。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

どんな会社でスーパーの仕事募集があるの?

1. 株式会社ヨークマート

株式会社ヨークマートは、セブン&アイ・ホールディングスグループの企業です。

ヨークマート店舗での仕事募集は、自宅からの通勤範囲内店舗で働く「エリア社員」、各地にある事業所を含む勤務の「ナショナル社員」に分かれます。

首都圏において80店舗展開しており、上記分類は入社後にライフイベントに合わせて変更も可能ということです。

タイミングによって募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

2. 株式会社ベルク

株式会社ベルクは、東証一部上場企業です。

埼玉県を中心に100店舗以上展開していますが、「地域限定社員」として働くことも可能です。

各店舗で標準化・管理体制の整備を行うことで効率化を目指し、夜間専門スタッフが清掃やレジ締めを担当することもあるということで、長時間労働を防ぐ取り組みが行われています。

タイミングによってはこちらの募集が終了している場合もあるため、詳細はリンク先でご確認ください。

その他スーパーの仕事募集は?

上記の会社以外にもスーパーの仕事はたくさん募集されています。

見てみたい人は、以下のボタンからチェックしてみて下さい。

スーパーの仕事はどんな人に向いている?

スーパーの仕事や、仕事内容についてお話してきましたが、それではいったいどんな人がスーパーで働くのには向いているのかまとめてみました。

スーパーが好きでスーパーによくいく人

近所にある自分がよく通っているスーパーなど、自分が好きなスーパーやお気に入りのスーパーってありますよね。

そういったところによく通っている人だと働く場所としても自分もよく知っている場所だし働きやすく、自分自身も働くのに向いていると思います。

よく通うスーパーだからこそ、どこに何の商品があるのか把握できているし、またなにより、自分のお気に入りのスーパーだと楽しく働けます。

仕事終わりにお買い物をして帰るのも楽しいかもしれません。

1人作業に集中できる人

レジはスーパーの中の他の仕事と違い、基本1人でする仕事です。

そのため1人で黙々と働くのが好きな人や1つのことに集中できる人は向いているかもしれません。

また、レジはスピードと正確さが必要になってくるためレジの仕事に対し集中し働けるという方にはいいのではないでしょうか?

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

逆に、スーパーの仕事が向いていない人ってどんな人?

スーパーで働くのにはどんな人が向いているのかお話ししましたが、今度はいったいどんな人がスーパーで働くのに向いていないかをまとめてみました。

たくさんの人と一緒に仕事をするのが苦手な人

スーパーはお店が大きい分従業員の人数も多いです。

そのため各分野に分かれていても、たくさんのスタッフと毎日顔を合わせて働かなければなりません。

またスタッフだけでなく毎日たくさんのお客さんが来店し、時には接客も必要になってきます。

そのため大勢の中で仕事をするのが苦手な人、人づきあいがうまくできない人には少し厳しいかもしれません。

それでもスーパーで仕事を探している方は青果などあまり人と顔を合わせないでできる仕事だと働けるかもしれませんね。

魚や肉が嫌いな人

私なんかもそうですが、魚の生臭さが嫌いな人や肉が苦手な人っていますよね。

もしスーパーの面接で自分が働くのが水産・鮮魚や精肉だとわかったら無理をして働けますと言わずに、他のところで働けないか確認をするのがいいです。

スーパーにはいろいろな分野があるため、無理な時は無理をせず初めに他のところで働けないか確認を取りましょう。

スーパーの仕事に限らず、やはり無理をして働くのはよくないです。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーの仕事で活かせる経験

それではここで、スーパーで活かせる経験についてまとめてみたので確認してみましょう。

自分にも当てはまる経験があれば、スーパーで働く際に活かせるかもしれないので要チェックです!

スーパーでの仕事はいろいろな分野に分けられているため、いろいろな経験が各分野ごとに活かせます。

レジの経験がある人

レジはどのお店にもあります。

ものを販売しているお店にレジは必ずありますよね。

そのため、スーパーでのレジ経験がなくても1度レジの経験があり、レジを触ったことがある人ならすぐに使いこなせます。

お店によりレジの機械や操作が少し異なってくるところもありますが、レジの経験があると少し触るだけですぐに使いこなせます。

そのためレジの経験があるとスーパーのレジとしてもすぐに雇ってもらえる可能性が高いです。

魚や肉を取り扱える人

水産・鮮魚や精肉ではだれでも魚や肉をさばけるわけではないとお話ししました。

しかし、以前に何か魚や肉を取り扱う仕事の経験があるなら話は別です。

私の友達は海外のすし屋で働いていた時に魚のさばき方を習い日本に帰国後、海外で魚のさばき方を学んだのでその経験を活かしたいと言いスーパーの水産・鮮魚で魚をさばく仕事をしていました。

そういったなにかしらの経験があればスーパーの水産・鮮魚や精肉で働くのに活かすことができます。

キッチンで働いていた経験がある人

お惣菜コーナーで働いている人はほとんどの方が主婦の方です。

しかし、以前に居酒屋やレストランなどのキッチンで働いていた経験があるとお総菜コーナーでの仕事も可能になってきます。

何かキッチンでの仕事経験があればそれもスーパーのお総菜コーナーでの仕事として活かせるかもしれません。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

スーパーで働くメリットとは?

いったいスーパーで働くメリットとは、気になるメリットとは何なのかをまとめてみました。

自分に合った時間で働ける

スーパーで働いている人は年齢幅が広いため、皆が皆、自分に合った時間で働くことを可能にしています。

午前中から夕方までは主婦の方がパートとして働きやすく、午後からは高校生のバイトなど時間によって働く人が決まってくるため、いつも安心して自分の働きたい時間に働けます。

主婦の方は夜働かなくて済むし、高校生は朝働かなくて済みます。

しかし週末や祝日は働く時間にばらつきが出るかもしれませんね。

セールや割引情報をいち早く知れる

これは主婦の方にはとてもありがたいのではないでしょうか?

スーパーで働いているとセールや割引などの情報をいち早くに知れます。

また、レジで働いていると今日はどの商品が安くなっているのかなどもいち早く目にすることができるので、休憩時間や仕事終わりなどには安くで商品を購入することができます。

これはスーパーで働く主婦の1番のメリットともいえるのではないでしょうか?

スーパーの商品について詳しくなれる

スーパーで働くと毎日スーパーの商品を目にしますよね。

そのためスーパーの商品について詳しくなれます。

新作や新商品といったものもレジやグロサリーで働いていると知ることができるので、新作や新商品が好きな高校生にはありがたいのではないでしょうか?

従業員割引が使える

これはスーパーで働く従業員にはとてもありがたいことですよね。

スーパーで働いているからこそ、そのスーパーで従業員割引が使える。

これはスーパーで働いている従業員の特権ではないでしょうか?

取り置きも可能

先ほどお話ししたセールや割引商品、また自分が目を付けている商品などがあれば取り置きをしてもらうことも可能かもしれません。

これはスーパーや商品にもよりますが、取り置きが可能なところもあります。

どうしても購入したい、でも今は仕事中ですぐに買えない、今日はお金が足りなくて厳しい、そういった時に従業員だからこそ取り置きをしてもらえるといった特権があるところもあります。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その後のキャリアについて

スーパーで働いたその後のキャリアについて、気になるキャリアアップなどについてもまとめてみました。

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

まず初めに、バイトやパートで働いている方には一番キャリアアップのチャンスがあると思います。

スーパーで長く働きキャリアや経験を積めば正社員として声をかけてもらえることがあります。

正社員の方はバイトやパートの方に比べるとキャリアアップは少し難しいかもしれません。

しかし、正社員の方もバイトやパートの方同様、スーパーで長く働きキャリアや経験を積んでいけばいつかは昇進できます。

頑張って働いていると周りの人はその頑張りを見ているものです。

根気強く働くのも1つのキャリアアップの道かもしれません。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

スーパーのバイトで活かせる経験についてお話ししましたが、スーパーのバイトでの経験を他の仕事でも活かすこともできます。

一番活かすことのできる経験はレジです。

スーパー以外のお店で働くときにレジの経験は活かせますし、もし水産・鮮魚で魚のさばき方を学んでいればお寿司屋さんなどで働けるかもしれません。

お惣菜も同じです。

お惣菜で調理の経験のがあると、レストランや居酒屋で活かせるかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスーパーの仕事とはいったいどんな人に向いている仕事なのか、またその仕事内容や向き不向き、キャリアなどについて詳しくお話ししました。

スーパーで働くといってもスーパーの中にはいろいろな仕事があります。

スーパーにはいったいどんな仕事があるのか少しでもわかっていただけたでしょうか?

初めて耳にした仕事もあったかもしれませんが、スーパーの中で自分の得意なことを活かせるのはどういった仕事なのか、そういったことも事前にわかっていると、スーパーの仕事も決まりやすいかもしれません。

また、スーパーの中でも仕事がいくつか分かれているためどの持ち場でどういった経験が生かせるか、また何か経験があればそれもまたスーパーの仕事に活かせることがあるので要チェックです!

面接の際などには自分の経験を伝えるのもいいと思います。

スーパーで働いている人の年齢の幅は広いため、どんな方でもスーパーで働くことができると思います。

スーパーで働こうと考えている方はまずは近所の行きつけのスーパーで働くこともおすすめします。

自分のよく知っているなじみのある場所ほど働きやすいところはありません。

これからスーパーで働こうと考えている高校生や主婦の方、またその他の方などに身近にあり働きやすい職場、スーパーでの仕事を強くおすすめしたいです。

「スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →


関連キーワード

スーパー求人

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「レジ」であったり、「商品の品出し」であったり、一般的に店舗で買物をしている際に、働いている人の姿を見て想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそんな普段は視えないスーパーの職種についても紹介していきたいと思います。スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にしているお仕事は「販売」の仕事になります。「販売」の仕事には「レジ清算」と

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働いています。他の業務はバックヤードで仕事をしたり、店頭に出ることは

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

皆さまこんにちは。世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。今回はその様な転職しやすい時期において食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があり、「販売」の業務は「接客」のスキルが必要となり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異業種から転職する場合はこの「接客」や「商品加工」、「調理」などのス

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配」の管理業務は「利益管理」が主になります。それでは次にそれぞれの

スーパーレジバイト求人の時給や仕事内容、募集内容とは?やりがいや主婦や高校生にも向いている理由などを解説!

スーパーでの仕事といったら『レジ』が思い浮かぶのではないでしょうか。そのくらい、レジの仕事というのは花形でもあり、お店の顔でもあるので責任重大です。今回は、そんなスーパーレジバイトについてご紹介いたします。スーパーのレジバイトはどんな仕事?お客様が購入される商品を打ち込み、お会計をする仕事です。スーパーのレジバイトの大まかな仕事内容メインは商品のスキャンと会計です。スーパーによっては会計がセルフで金銭の授受をやらない場合もあります。スーパーのレジバイトはこんな人に向いている!どんな仕事にも向き不向きはあるものです。スーパーのレジバイトにはどんな人が向いているのかご紹介します。愛嬌のある人お客様


スーパー仕事に関するコラム

スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由とそれを乗り越える方法。経験者が解説!

皆さんこんにちは。今日はスーパーマーケットの仕事の話です。スーパーマーケット業界は昔は「3K」と言われていました。つまり「きつい、汚い、危険」です。最近はかなり改善されてきましたが、それでもデスクワークと比較すると、まだまだ辛い面も残っています。そんなスーパーの仕事がきついと言われる理由と、それを乗り越える方法について紹介していきたいと思います。スーパーの仕事がきついと言われる6個の理由体がきついスーパーの仕事は基本立ち仕事であり、トラックで入荷してくるカゴ車といわれる車輪付きのカゴの重量が約100キロ、商品の入った箱一個あたりの重量は5キロ〜30キロあり、持ち運びにはかなり体力を使います。ま

スーパーの仕事内容14個の業務。スーパーのバイト経験者の私が解説します

私たちの生活に必要な食品や日用雑貨を取り扱っていて、全国にあって夏場は涼みに行ったりと、何気なく買い物に行っているスーパーマーケットでありますが、実際、どのような業務があって、どのような環境なのかを、私が経験した事を織り交ぜながら詳しく説明していきますので理解を深めていきましよう。スーパーの仕事は大きく6個の役割に分けられるレジスタッフスーパーマーケットの最後の砦である精算業務を担当するスタッフです。一見淡々とこなしている業務のようですが実はやる事は沢山あります。品出しスタッフ商品全般を管理し、売り場づくりや商品補充を中心に行い、バックヤードの整理整頓も行うスタッフです。精肉スタッフ・鮮魚スタ

▼記事をスキップして見たい人向け▼
スーパーの仕事を見るにはこちら >