就職活動している方は『その仕事はどのような業務があるのか』を知りたいですよね。

ご家族が老人ホームに入居されてる方もいらっしゃると思いますが、実際にはどのような業務があるのか詳しく分からないと思うので、老人ホームの仕事内容についてご説明していきたいと思います。

老人ホームの仕事は大きく3個の役割に分けられる

手続き関係などの事務業務

老人ホームの基盤とも言える業務です。

必要物資等の管理や入居者様の受け入れ手続き等の事務業務や職員の給与関係等を管理しています。

その中にはケアマネジャーもいるので、ケアマネジャーが受け入れる入居者様の面会等をしたり老人ホームの各ユニットの総括もしています。

また管理栄養士もいるので、入居者様の食事管理・指導もします。

給与関係や物品の在庫管理をする事務職員の中には介護経験の無い人という事も少なくありません。

介護職員

入居者様の様々な介助をさせて頂いています。

『老人ホームで働く』というと、まず初めにこの業務に就くことを思い浮かべるでしょう。

入居者様が日々接するのが一番多いのがこの介護職員で、入居者様の『第二の家族』なのです。

リーダー

介護職員をまとめる仕事です。

全体をよく把握し、毎日の業務を円滑に進められるように職員に指示を出します。

またリーダーが勤務シフトを作っている施設が多いと思いますし、リーダーは介護業務よりカンファレンス等の仕事をする事が多いです。

リーダーになる人はその施設で歴の長い人が抜擢される事が多く、他に介護経験の多い人がいてもあまり関係ありません。

起床時〜昼食の6つの業務

起床

時間は入居者様毎に差はありますが、6:00頃から起床準備をします。

各居室へ行き入居者様に起きていただき、パジャマから普段着に着替えていただきます。

この時にどの服を着たいか、帽子はかぶるのかを入居者様に確認し、入れ歯を使っている方は入れ歯の装着などをして頂きます。

排泄

起きて準備が出来たらまずお手洗いに行っていただくか、オムツの方はオムツの交換をさせていただきます。

この時に最終的にしっかり衣服を整えます。

朝食

7:00頃〜

共有スペースにて朝食をとっていただきます。

食事はワゴンで運ばれて来ますが、1人1人食事の形状や塩分濃度など違うので、配膳間違いのないようにします。

しっかりと配膳しても、他の方の食事に手を伸ばして食べてしまう方・逆に自分の食事を他の方にあげてしまう方もいらっしゃるので、注意深く観察する事が大切です。

ご自身で召し上がる方・食事介助が必要な方と様々なので、しっかり見守りをしながら介助しなければなりません。

この時に、薬の服用もして頂きます。

食前・食後など間違えないように服用していただきます。

食後は口腔ケアをします。

水分補給

朝食から昼食までの間に、2回程水分補給の時間があります。

もちろん常に水分補給はしてもらうのですが、なかなか飲まれない方がいらっしゃる為、そういう方は時間を決めてスポーツドリンクやジュースなどで味を変えながら水分補給をしてもらいます。

コーヒーをお出しする事もありますがコーヒーは利尿作用がある為、コーヒーの2倍は他の水分を提供する必要があります。

入浴

入浴はその日によって午前中だったり午後だったりしますが、大抵は午前中の9:00〜11:00の間にしていただきます。

毎日入浴の方もいれば何日か間隔で入る方もいらっしゃいます。

入浴は、自身で入られる方・車椅子で入られる方・寝台で入られる方と様々なので、必ず1人1人入浴方法を確認してご案内する必要があります。

昼食

11:30頃〜

朝食の時と同じ様にワゴンで運ばれてくるのですが、朝食よりも品数・量が多いので更に注意が必要です。

しかし、昼食時が1番職員が多いですし入居者様の調子が一番いい時間帯なので、比較的ゆっくり時間に追われずに提供する事ができます。

この時に薬の服用もしていただき、食後は口腔ケアをします。

昼食後〜夕食の3つの業務

フリータイム

フリータイムというのも変かもしれませんが、午後は入居者様の好きなことをして過ごしていただきます。

絵を描いたり塗り絵をしたり写経をしたり、皆さん様々な趣味をお持ちなので、それの見守りをします。

また、入居者様の衣類の選択が終わり乾いている時間帯になるので、一緒に畳んでいただく事もありますし、掃除を手伝ってくださる方もいらっしゃいます。

たまに皆さんボーッとして過ごされている時がありますが、そういう時は音楽を流してみんなで歌う・TVを観てそれについて話す等して退屈に過ごす時間を出来るだけ無くします。

そして、その間に排泄の誘導や水分補給をしたりします。

おやつ

15:00頃〜

おやつが出ますので、コーヒーや紅茶をお淹れしておやつを召し上がって頂きます。

食事制限のある方に注意をしながら、職員が用意したおやつや面会のご家族様が持ってきてくださったおやつもプラスでお出しする事があります。

ここで召し上がられない方は夕食の時に回すこともあります。

夕食

17:00頃〜

夕食もワゴンで運ばれてくるので、朝食・昼食と同じ様にそれぞれ注意しながら配膳します。

昼食よりは品数も量も少なくはなりますが、夕食時は昼食時よりも職員の数が少ない上に夕方になってくると不穏になられる方が多いので、より誤嚥や誤食に注意が必要です。

この時に薬の服用と口腔ケアをします。

夕食後〜就寝の3つの業務

就寝準備

これは職員が単独で行います。

入居者様達に共有スペースにてのんびりしていただいている間に、各居室のベッドの状態やパジャマの確認をします。

入居者様を居室に案内した際に手間取らない為です。

排泄介助

就寝される前に起床時最後のお手洗いにご案内します。

ただ、オムツの方は居室でパジャマに着替えていただく際にオムツ交換させて頂く為、お手洗いで排泄される方のみご案内します。

就寝

19:00頃〜

早い方は夕食後すぐに就寝されたい方もいらっしゃいますが、食後最低30分〜1時間位は座っていていただきます。

この位の時間になると居室へ案内し、パジャマに着替えていただいて就寝していただきます。

就寝前の薬の服用がある方はこの時に提供します。

この時にまだ寝ずに居室にてTVを観られたり本を読まれたりする方もいらっしゃるので、全員が寝る!というわけではありません。

あくまでも居室への案内になります。

中には居室ではなく共有スペースにいたいと仰る方もいらっしゃるのですが、外が明るくなっていると眠れないという方もいらっしゃる為、出来るだけ居室で過ごしていただける様にお話します。

夜間業務

みなさんが就寝されてから起床されるまでは夜勤業務になります。

1時間毎の巡視や3時間毎の排泄介助などをしますが、出来るだけ入居者様の睡眠を妨げないように心掛けます。

夜中に眠れず居室から出てこられる方がいらっしゃいます。

その時は無理に部屋に戻って頂こうとするのではなく、お部屋に行きたくなるまで一緒に過ごします。

私か夜勤でこういった状況になった時は『お茶会』『女子会』と称してお茶を出し、ソファに座ってお話していました(笑)

そうして過ごしていると、入居者様も落ち着いてきて居室に戻られるんです。

老人ホームのやりがいを感じるポイント

老人ホームでのお仕事について書いてきましたが、文字にすると少なそうに見えても結構バタバタしてしまいます。

そんな中で働いていて感じるやりがいについてお話します。

感謝される

入居者様は高齢者の方がほとんどなのですが、みなさんに共通しているのが『ものすごく感謝してくれる』ということです。

こちらとしては『やってあげている』のではなく『させて頂いている』という感覚なのですが、『ありがとう』と言われると嬉しいですし、やりがい感じるものです。

上手く行かない時や失敗しちゃったなって時に笑顔で『ありがとう』と言われると、『落ち込んではいられない、よーしがんばるぞ!』とやる気も更に出てきます。

笑顔に癒やされる

入居者様の笑顔は本当に癒やされます。

なかなか仕事が上手く行かない時にニコニコ笑顔で『あんた元気かね?』と言われるとものすごくパワーが出てきて、こちらが癒やされて元気が出ます。

いつもニコニコされている方もいらっしゃいますが、なかなかニッコリしてくれない方も少なくありません。

楽しくないのかな?と思ってしまいますが、たまにニコッと笑ってくれたり楽しそうにされていると『やったー!』と達成感が半端ないです。

褒められた時

これは上司や先輩とかからではなく入居者様からで、更に直接ではなくご家族様にお話してくれる事です。

もちろん直接褒められるのもやりがいを感じますが、『本当にこの子(私)は良くしてくれて、自分の孫みたいに可愛いんだよ』とご家族にお話しされている時に『やっててよかった』とやりがいを感じます。

老人ホームの面白いポイント

やりがいについてお話してきましたが、やりがいだけではないんです。

老人ホームでは面白い事もあるんです。

その面白いポイントについてお話します。

楽しいお話が聴ける

入居者様はこれまで生きてきた長い人生の中で沢山の経験をされています。

旦那様や奥様と知り合ったきっかけやなり初め、結婚生活や育児など沢山のお話をしてくださいます。

そんな中で『そんな事ある?!』というような面白い事を話してくださる事もあり、入居者様と職員で大爆笑なんて事も少なくありません。

勉強になる

他の仕事みたいにPCと睨めっこしたり、沢山来店されるお客様を接客する仕事とは違い、老人ホームでの職員は『入居者様の家族になる』事が仕事だと言っても過言ではないと思っています。

そうなると子供のように孫のように接してくださる入居者様もいらっしゃる為、人生や生活の知恵などを教えてもらえるのです。

それって仕事をしていてとても面白い事だなと思います。

更には戦争に行かれた経験をお持ちの方もいらっしゃる時は、当時の様子や状況・生の声聴く事ができ、素晴らしい経験になったと思っています。

老人ホームの仕事はこんな人にはおすすめ!

人と接するのが好きな人

老人ホームでの仕事は常に人と接しており、更にはその方の生活の全てを見せて頂いている仕事です。

上にも書きましたが『職員は入居者様の家族』を目指している為、人と接する事が好きな方には向いていると思いますが、仲良くなっても馴れ馴れしくならず、程よい距離感を保つ事のできる人に向いていると思います。

また、毎日楽しい事をしていただく事も大切なので、そういった事を考えたり企画するのが好きな人におすすめです。

明るい人

常に明るく出来る方は、入居者様にとっても他の職員にとっても良い存在だと思います。

暗い人が常に側にいると自分もどんよりしてしまいますよね?

入居者様の中には『ここにいるのが好きじゃない、家に帰りたい』と思ってらっしゃる方も少なくないので、そこで職員が明るく楽しくしていれば『ここも楽しい』と感じてもらえると思います。

そして『ここにいて良かった・ここが好き』と思ってもらえるようになると良いですよね。

融通が利く人

老人ホームは常に思いもよらない事が起こり得る場所です。

さっきまでソファに座っていた方が、いきなり立ち上がってそのまま転けてしまったりします。

そんな時に何をしたらいいのか、どう対処したらいいのかを瞬時に判断して行動しなければなりません。

相手は人間なので当然といえば当然ですが、デフォルトが無いんです。

ですので、老人ホームでは常に臨機応変に対応出来て融通が利く人は向いていると思います。

世話好きな人

介護を『お世話』というのは好ましくないのですが、世話好きな人は小さな事に気付けたりします。

ですので人の為に行動する事が好きな人には向いていると思いますし、そんな方におすすめしたい仕事です。

まとめ

老人ホームの業務についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか?

少しは身近に感じて頂くことができましたでしょうか?

介護の仕事はとても奥が深くやりがいを感じる事ができる仕事だと思いますし、いずれ来るかもしれない家族の介護の為の勉強になるのではないでしょうか。

老人ホームの仕事はお給料を頂いているので『仕事・労働』なのですが、『常に入居者様に勉強させて頂いている』という気持ちで取り組める様になると、より良い介護を提供する事が出来るようになると思います。

介護は仕事通じて様々な事を学び、人として成長できる仕事だと思っています。


関連キーワード

老人ホーム求人