厚生労働省のまとめによると、民間企業で働く障がい者の割合(障がい者雇用率)が2018年6月1日時点で2.05%となり、雇用者数は53万4,000人と過去最高を更新しました。

事業主は法律で、一定割合以上の障がい者を雇用しなければならないと義務付けられています。

2018年からは法定雇用率が2.2%に引き上げられ、2021年までに2.3%に上がることになっています。

障がいを持つ方にとって、就職活動は容易ではありません。

身体、知的、発達、精神、視覚など、障がいのタイプはさまざまで、得意とする業務内容や強みも違います。

個人や家族の力だけで障がい者受け入れ企業を探し、自分にマッチした企業で働くまでには時間も労力もかかります。

そんな時に心強いのが、障がいを持つ方の就労支援をしている企業です。

就労支援や定着支援をサポートしている事業所や、福祉と企業をつなぐコンサルティング会社、NPO法人など、障がいを持つ方の就職支援を行っている企業はたくさんあります。

生活習慣などの身の回りの支援から、ビジネススキルの研修、就職活動対策、就労後のフォローなど、プロによる徹底したサポートを受けることでスキルを身につけ、一人ひとりにあった仕事に出会うことができるはずです。

今回は、障がいを持つ方の就労支援をしている企業12社をご紹介します。

障がいを持つ方を就労支援している企業12社

トライアングル/堀江車輌電装株式会社

「トライアングル」は、東京都千代田区の「堀江車輌電装株式会社」が運営している障がい者雇用促進事業です。

「堀江車輌電装株式会社」はメトロや私鉄など、鉄道車両の新造や修理、改造工事、点検、検査などを行っている技術会社です。

1968年の設立以来、車両整備事業と車両改造事業を軸に発展してきましたが、2013年に障がいのあるサッカー選手と出会ったことで、障がい者支援を行う事業部を立ち上げました。

障がいのある求職者と企業のマッチング率・定着率がともに100%となる「完全な就労」を目指してサービスを提供しています。

「トライアングル」では、企業の紹介数よりも定着率を大切にし、求職者に「本当にあっている企業」しか紹介しません。

そのため求職者や家族、支援者とこまかく面談し、本人の希望やスキルに合わせて就業形態や職種を検討します。

また「トライアングル」のすべてのスタッフが、ジョブコーチと呼ばれる「企業在籍型職場適応援助者」をはじめ、社会福祉士、精神保健福祉士、障がい者スポーツ指導員などの資格を所有しているのも特徴です。

専門知識があるプロだからこそ、求職者の特徴やニーズに合った就職をサポートできるのです。

始業前に無料の勉強会やセミナー、実習制度を利用できるのも強みです。

就職後もヒアリングを定期的に行い、職場になじめるように無料でサポートしてくれるのも安心ですね。

ダンウェイ株式会社

「ダンウェイ株式会社」は、神奈川県川崎市にある障がい者就労支援事業所です。

川崎市や横浜市を中心に、知的、身体、精神、発達などの障がい児や障がい者の社会への自立を目指しサポートしています。

ダンウェイの就労支援は、就労移行支援、雇用契約を結ばず「工賃」が支払われる「就労継続支援B型」、自立訓練(生活訓練)事業の3本軸となっています。

企業就労の目的を持ち、原則週4日以上通所可能な方であれば、面談や体験を経て利用ができるようになります。

一人ひとりの障がい特性に配慮した訓練カリキュラムで、得意なことを伸ばしながら職業能力の向上を目指します。

エクセルやワードなどのPC操作、ダイレクトメール封入、業務用シートカッティング操作、ビルやオフィスの清掃、チラシやパンフレットの制作や印刷など、さまざまな業務を学ぶことができます。

電話や来客対応などのビジネス研修はもちろん、ICTを活用した独自の訓練や、外部受託業務による訓練など、企業就労につながる訓練ができるのも魅力です。

株式会社 LITALICO

「株式会社LITALICO(りたりこ)」は、2005年に宮城県仙台市で創業、現在は東京都目黒区に本社を構える障がい者支援事業所です。

障がいを持つ方の就労支援サービスや、子ども向けの学習教室などを行っています。

年間就職者1300人以上、就職者数累計実績6000人以上という実績とノウハウを持っています。

就労支援サービスは、「LITALICOワークス」という事業で行われ、障がいを持つ方の「働く」を全面的にサポートしています。

就職したい意欲のある方に対し、ビジネススキル向上のためのワークショップや、求職者にマッチした求人開拓、就職後の対人関係のフォローなどを行っています。

また、「趣味を仕事にしたい」「夜間の静かな時間帯で働きたい」「体力を回復させながら取り組みたい」など、求職者の状況や希望はさまざまです。

「LITALICOワークス」ではスタッフが一人ひとりと話し合い、ニーズに合わせたきめ細かなサポートを行います。

求職者が自分に合った働き方を見つけられるように、数多くの企業で実習できる機会も提供しています。

パソコンや軽作業などの基礎訓練、ビジネスマナー研修、面接練習、家族支援など、あらゆる場面で対応できる訓練を行い、求職者が活躍できる環境作りに取り組んでいます。

  • 【公式サイトURL】http://litalico.co.jp
  • 【本社】東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F/16F

特定非営利活動法人「マイWay 」

特定非営利活動法人「マイWay 」は、神奈川県川崎市にある障がい者の就労支援施設です。

福祉サービスの受給者証を取得でき、働く意欲のある知的、身体、精神障がいなどがある方を対象に、就労移行支援や就労継続支援を行っています。

「マイWay」では段階を踏みながら就職までサポートします。

まずは「基礎トレーニング」。

体調や睡眠などを自己管理するチェックシートで自分の心や健康と向き合い、生活リズムを整えます。

またグループワークやパソコン練習、事務ワークなど基礎的な就労支援プログラムを行いながら、自己理解・他者理解も深めていきます。

さらに清掃や地域情報誌の折込・配布などの軽作業訓練も行います。

次にビジネスマナーや資格取得、職務経歴書の作成や面接練習などの「実践トレーニング」を行います。

企業見学や実習も加わり、本格的に社会人としてのマナーやルールを学ぶのです。

こうしたステップを経て、求職者の希望や能力とマッチングした企業が紹介され、就職後は長期安定就労を目指すフォローアップや面談などの定着支援が行われます。

全国の就労定着率が平均70%というなかで、「マイWay」での就労定着率は90%を誇っています。

川崎エリアで就労支援施設をお探しの方は、ぜひ相談してみてくださいね。

  • 【公式サイトURL】http://my-way.jp
  • 【本社】神奈川県川崎市高津区下作延6-4-3 エムズヒル2階

ヴィスト株式会社

「ヴィスト株式会社」は、石川県金沢市に本社を構える障がい者向けの就労支援サービス企業です。

金沢を軸に、富山県富山市にも事業所を展開しています。

主に就労移行支援事業の「ヴィストキャリア」と、雇用契約を結び一般就労に近い環境で働く「就労継続支援A型事業」の「ヴィストジョブズ」を提供しています。

「ヴィストキャリア」では、2年以内に就労を目指す方をサポート。

自己理解やビジネスマナー、パソコンスキルなど50種類以上の多様な訓練プログラムを用意し、一人ひとりに必要なスキルの向上を目指します。

また、クリップ止めやナノブロック制作、ボルトはめなど、集中力や持続力、作業遂行能力などを高める作業訓練も行います。

「ヴィストジョブズ」では障がいのある方に雇用の機会を提供。

一般就労を目指し、一般企業に近い環境で週5日・5時間勤務できます。

「ヴィストジョブズ」の事業所内での仕事と、実際の企業の中で仕事をする「施設外就労」があり、どちらの勤務になるかはニーズや特性によって変わります。

ヴィストの支援員が利用者の障がい特性を理解しているので、障がいに理解のある対応、環境作りに取り組んでいるのが強みです。

1ヵ月単位で定期的な面談と振り返りを行い、支援の方向性が適正であるかこまめにチェック。

不安なことはその都度相談できるのも安心ですね。

自社製品事業にも力を入れており、箔打紙を使用した「箔折り紙アクセサリー」なども製作しています。

  • 【公式サイトURL】https://visst.co.jp
  • 【本社】石川県金沢市広岡1丁目2番14号 コーワビル5階

株式会社カムラック

「株式会社カムラック」は、福岡県福岡市の障がい者向け就労支援サービス企業です。

主にホームページ製作やプログラム開発などIT関連の事業を行っていますが、「障がい者の雇用を増やし、自立を支援する」という代表の思いから、「comeluckラボ」と名づけた事業所を開設。

就労継続支援A型事業を行っています。

「comeluckラボ」では、タブレットやスマートフォンのアプリケーション動作テストや、ウェブデザイン、データ入力などさまざまな職種を用意。

「comeluckラボ」の職業指導員が利用者のフォローやスキルアップにつながるアドバイスなどを行うので、一般就労の環境に慣れることができます。

また就労移行支援事業所「ホップ・ステップ・カムラック!」では、働く意欲のある障がい者で65歳未満の方向けに、知識・技術の取得、就職先の紹介を行っています。

IT事業も手がける「カムラック」だからこそ、IT関連の専門知識やIT企業への就職なども得意としています。

IT企業への就職に関する講座がない事業所も多いなかで、システム開発やデザインなどの豊富なカリキュラムをそろえ、専門性の高い講義を受けられるのが魅力です。

  • 【公式サイトURL】https://www.comeluck.jp
  • 【本社】福岡県福岡市博多区千代4丁目1-33 西鉄千代県庁口ビル3F(ComeLuck県庁前事業所)

株式会社サンヴィレッジ

「株式会社サンヴィレッジ」は、兵庫県神戸市に本社を構える障がい者就労移行支援事業所です。

神戸市に2事業所、埼玉県川口市に1事業所を展開しています。

電話対応や身だしなみ、言葉遣いなどのビジネスマナープログラム、規則正しい生活習慣を整える就労基礎プログラム、外部講師による特別プログラムなど、さまざまな就労準備プログラムを用意しています。

「サンヴィレッジ」の強みは、資格取得コースが充実していること。

就職に役立つMOS試験や筆記検定、ビジネス検定などの試験対策を積極的に行っています。

受験費用の一部は、合格時の受験費用補助制度を利用して「サンヴィレッジ」が負担するので安心です。

ファイナンシャルプランナーや高等学校卒業程度認定試験など、訓練生に合わせた資格取得もバックアップ。

社内資格合格者は累計500人を突破しています。

またタイピングやWordなど社内独自の「サンヴィレッジ検定」も設け、利用者のスキルアップを応援。

さらに「サンヴィレッジプロジェクト」と題し、企業のプロジェクトチームのような形態を作り、実際に企画やプレゼン、実行を行う取り組みもしています。

チーム内で進行係やプレゼン資料作りなどの役割を振り分け、納期までに準備を終わらせるのです。

こうした企業内業務のリハーサルにより、実際に就職した時の状況を実践的に体感することができます。

資格取得を目指している方や、現場で役立つ実践的なリハーサルを行いたい方におすすめです。

株式会社Kaien(カイエン)

「株式会社Kaien (カイエン)」は、東京都新宿区に本社を構える発達障がいに特化した就労支援企業です。

発達の障がいを持つ方に向けて人材サービス事業や就労支援事業などを行っています。

代表の息子さんが3歳の時に発達障がいと診断されたことがきっかけで、「Kaien」 を発足。

大人の発障がい者向け就労移行支援や、学生向けの「ガクプロ」などを提供しています。

発達障がいには、さまざまな特徴があります。

その中で「着眼点が鋭い」「発想力が豊か」「細部に気づく」など、特徴を強みとして職場でいかせる可能性があります。

「Kaien」では独自開発のプログラムで、利用者が数十種類以上の仕事を疑似体験できる環境があります。

座学や教育ではなく、擬似職場で働くなかで個人の強みや弱みを探るのです。

発達障がいの方は慣習や状況のくみ取りや、作業分解、優先順位付けが苦手と言われています。

こうした弱みを補うために「報告・連絡・相談・質問」の重要性をプログラムを通して徹底的に教えるのです。

また受け入れ先の企業に対して、発達障がいの従業員の対応方法として「ユニバーサルな管理法」を徹底して伝えているのも「Kaien」の特徴です。

福祉的な「寄り添う」だけのアプローチではなく、ビジネス的な視覚化・構造化したコミュニケーション方法と、目標・目的を明確化・数値化することで、発達障がいを持つ人々にわかりやすく指示が通るのです。

こうした発達障がいに特化した取り組みやアプローチで、プログラム利用者の8割以上が就職しています。

発達による障がいで就職に悩んでいる方は、一度相談してみてはいかがでしょうか?

株式会社FVP(エフヴイピー)

「株式会社FVP(エフヴイピー)」は、東京都千代田区にある「福祉と企業をつなぐ」コンサルティング会社です。

「FVP」の設立は、コンサルティングの実績を持つ代表が、元ヤマト運輸会長でヤマト福祉財団理事長を務めていた故・小倉昌男氏に出会ったことから始まります。

就労支援施設で働く障がい者の工賃が月1万5,000円という現実や、障がい者雇用の課題を知り、「工賃を3万円、5万円にしたい」「50万人の障がい者雇用を100万人、200万人にしたい」という思いで「FVP」を発足しました。

主なサービスは、障がい者を受け入れる企業に向けてコンサルティングを行う「障がい者雇用支援サービス」と、高い工賃を実現したい事業所や施設を支援する「障がい者就労支援サービス」です。

企業や事業所に対して「障がいのある方の就労環境を整える」取り組みをしています。

「いい働く場つくり隊プロジェクト」として、工賃をアップさせるための方法を勉強会やサロン、フォーラムなどでも伝えています。

また長野県に「株式会社ハートフル松本FVP」を立ち上げ、自社でも障がい者の雇用を行っています。

回収した食品トレーをリサイクルする過程で、トレーの選別や圧縮などの作業を障がい者社員が行うのです。

障害者就労支援A型事業所の指定を受けているので、従業員一人ひとりの能力向上に取り組む環境や体制も整えています。

  • 【公式サイトURL】http://www.fvp.co.jp
  • 【本社】東京都千代田区内神田1-4-1 大手町21ビル10F

ウェルビー株式会社

「ウェルビー株式会社」は、東京都中央区に本社を構える障がい者の就職支援企業です。

関東だけでなく、北海道、東北、中部、関西、中四国、九州と全国に70拠点の就労移行支援事業所と55拠点の就労定着支援事業所などを展開しています。

そのほかにも自立訓練(生活訓練)事業所や発達障がい者就労支援センター、児童発達支援教室なども運営しています。

就労移行支援では、専任の担当職員が利用者の体調やスキルに合わせて個別支援計画を作成。

随時面談を行ってキャリアカウンセリングし、主治医や関係機関と連携しながら生活をトータルで支援します。

またセンターでは通常のオフィスを再現し、実際に要求されるビジネススキルの習得をサポート。

企業が求めるレベルに育てます。

そのため、アマゾンジャパン株式会社やANA、国立国際医療研究センターなど、さまざまなジャンルの企業に就職が決まっています。

就労後の定着支援にも力を入れており、担当職員の企業訪問やアドバイスなど利用者と企業の間に入ってサポート。

2019年11月現在の半年定着率は87.2%と、業界でもトップクラスの実績を誇っています。

  • 【公式サイトURL】https://www.welbe.co.jp
  • 【本社】東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル7階

セルフ・エー株式会社

「セルフ・エー株式会社」は、東京都港区にある就労継続支援A型事業所です。

石川県金沢市にもオフィスを構えています。

関東、中部、近畿、中国エリアに事業所を展開。

利用者は名刺やアンケートのデータ入力、資料作成といったパソコン系の業務、工業製品の組み立て、検品作業、事務作業など、法人企業から請け負うさまざまな業務を行います。

就労継続支援A型事業所なので、障がいを持つ方と直接雇用契約を結び、従業員は各種保険も加入できます。

事業所では業務だけでなく、スキルアップできる機会を設けています。

エクセルやワード、パワーポイントなどの基本的な操作を学ぶパソコン研修、タイピングトレーニング、ビジネスマナー研修や履歴書の書き方など、一般就労に役立つ技術を学ぶことができます。

また各事業所のスタッフによる相談窓口以外にも、専門のカウンセラーが対応する電話窓口を導入。

仕事や家庭で困ったことや体調の悩みなどを相談できるので、心強いですね。

NPO法人札幌チャレンジド 

NPO法人「札幌チャレンジド」は、北海道札幌市にある障がい者支援のNPO法人です。

就労継続支援A型サービス、就労移行・定着支援サービスなどのほか、精神、発達、視覚、聴覚、重度障がいなどの支援も行っています。

「札幌チャレンジド」の就労継続支援A型事業所では、データ登録やイラスト作成、WEBサイトのアクセシビリティチェック業務などさまざまな業務で働くことができます。

NPO法人「札幌チャレンジド」の特徴は、「ITでマザル、ハタラク、拓き合う」というモットーを掲げ、障がいのある方を対象としたパソコン講習会を開催している点です。

パソコン初心者から上級者まで、障がいのレベルに応じた講習を行っています。

また視覚障がいがある方も、音声読み上げパソコンを設置した会場で講習を受けることができます。

外出が困難な方には講師の派遣も可能です。

ITの知識や技術を身につけたい方におすすめです。

  • 【公式サイトURL】http://s-challenged.jp
  • 【本社】北海道札幌市北区北7条西6丁目1 北苑ビル2F

まとめ

今回は、障がいを持つ方を就労支援している企業をご紹介しました。

障がいの特性はさまざまで、一人ひとり得意分野や活かせる能力が違います。

就労支援や職業訓練、定着支援などのノウハウを持つ事業所や企業を利用することで、利用者それぞれの能力を引き出すことがでるようになります。

またこうした事業所や企業は、障がい者を受け入れる企業もサポートしてくれます。

障がいをお持ちで働く意欲のある方、訓練を受けてスキルアップしたい方、またはその家族、そして障がい者を雇用したい企業の方などは、上記のような就労支援を行っている企業にアプローチしてみてはいかがでしょうか?



関連キーワード

会社

会社についてもっと深堀りした情報を見る

宮城県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体6選

今回ご紹介するのは、東北地方にある宮城県のNPOで求人募集をしている団体です。人と関わる事が好きな方や、やりがいがある仕事をお探しの方はこちらの記事を参考にしてみてください。それでは、宮城県の「NPOの求人募集」をしているおすすめの団体6選をご紹介していきます。※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。宮城県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体6選ひよこ会「ひよこ会」は、宮城県岩沼市に所在地を構え、障がい児支援と子育て支援の活動を行っている団体です。事業内容としては、児童発達支援や放課後等デイサービス、保育園などの運営を行い、地域社会に貢献することを目的としています。

仙台市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選

今回ご紹介するのは、宮城県の中部に位置する仙台市のNPOで求人募集をしている団体です。いろいろな職種の募集があるので、仙台市で求人を探している方はNPOから出ている求人もチェックしてみて下さい。それでは、仙台市の「NPOの求人募集」をしているおすすめの団体10選をご紹介していきます。※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。仙台市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター「特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンター」は、宮城県仙台市青葉区に所在地を構え、市民活動の支援センターとして活動を行っている団体です。事業内容

秋田県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体9選

今回ご紹介するのは、日本で最も高齢化の高い県、秋田県のNPOで求人募集をしている団体です。秋田のNPOの求人募集では、介護や看護、保育などさまざまな職種の募集を行っています。NPOに興味のある方はぜひ参考にして下さい。それでは、秋田県の「NPOの求人募集」をしているおすすめの団体9選をご紹介していきます。※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。秋田県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体9選NPO法人 あきた福祉共生会 ごろりんはうす「NPO法人 あきた福祉共生会 ごろりんはうす」は、秋田県秋田市に所在地を構え、障がいを持つ人が社会復帰できるように支援活動を行っている

岩手県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選

今回ご紹介するのは、面積が北海道に次いで二番目に広い岩手県のNPOで求人募集をしている団体です。NPOとは特定非営利活動法人のことで、非利益で社会貢献活動を行う団体のことです。岩手県でやりがいのある仕事で働きたいと思っている人はこちらの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。それでは、岩手県の「NPOの求人募集」をしているおすすめの団体10選をご紹介していきます。※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。岩手県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選盛岡YMCA「盛岡YMCA」は、岩手県盛岡市に所在地を構え、世界119の国と地域に広まった青少年の成長を願ってロンドン

青森県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体9選

今回ご紹介するのは、日本の本州最北端に位置する県であり、人口は全国31位となっている青森県のNPOで求人募集をしている団体です。利益を目的としない民間の団体であるNPOであなたも働いてみてはいかがでしょうか。働く意味を強く感じることが出来るようになりますよ。それでは、青森県の「NPOで求人募集」をしているおすすめの団体9選をご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみて下さい。※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。青森県のNPOで求人募集をしているおすすめ団体9選特定非営利活動法人おいらせサポートハウスKの家「特定非営利活動法人おいらせサポートハウスKの家」は、青森県十和田

旭川市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体5選

今回ご紹介するのは、北海道で人口第二位の中核都市、旭川市のNPOで求人募集をしている団体です。おすすめの団体5選をご紹介するので、参考にしてみて下さい!※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。旭川市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体5選旭川TAGスポーツクラブ「旭川TAGスポーツクラブ」は、北海道旭川市豊岡に所在地を構え、基礎体操や器械体操を通して子ども達の健全育成を図ったり、障がい児のための運動療育を行っている団体です。事業内容としては、体操教員派遣や体育主体の児童デイサービスの運営などを行っています。旭川TAGスポーツクラブでは、保育士の職種の正社員を募集して

札幌市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選

今回ご紹介するのは、札幌市のNPOで求人募集をしている団体です。NPOとは民間の、営利を目的としない社会活動を行う団体で、一般企業では得られないやりがいや働く意味を強く感じることができる場所でしょう。社会教育や子どもの健全育成、医療や福祉などさまざまな活動を行っています。ここでは、札幌市の「NPOで求人募集」をしているおすすめの10団体をご紹介するので、参考にしてみて下さい!※各法人での募集職種については、執筆時点の情報を記載しています。札幌市のNPOで求人募集をしているおすすめ団体10選特定非営利活動法人子どもサポートどろんこクラブ「特定非営利活動法人子どもサポートどろんこクラブ」は、札幌市

仕事をしたい人向け!職業能力開発を支援してくれるNPOのおすすめ7法人

全国各地には職業能力開発を支援してくれるNPO法人が存在します。内容は職業訓練やキャリアアップなど様々ですが、今回はおすすめのNPOを7法人紹介していきます。「仕事をしたいけど働き先が見つからない…」、という人は覗いてみてはいかがでしょうか?特定非営利活動法人北海道ゼミナール求職・転職者向けの就労等の支援やトラブルの相談に乗ってくれます。また、宅地建物取引士や2種電気工事士1・2級ボイラ技士などの各種資格試験の受験指導、生涯学習講座なども開催しています。【対象エリア】北海道【ホームページ】https://semi.hajimeyoo.com/日本コミュニケーションスキルアカデミーコミュニケーシ


会社に関するコラム

外国人・留学生の就労支援をしている企業12社

厚生労働省が発表した2019年の人口動態統計の年間推計で、日本人の国内出生数が86万4,000人となり、1899年の統計開始以来初めて90万人を下回りました。深刻な少子化が進む中、企業では人手不足が叫ばれています。東京商工リサーチが発表した調査によると、2018年度の「人手不足による倒産」は400件あったと言われています。こうした労働力不足の中で注目されているのが、外国人労働者や海外からの留学生です。2018年に政府は「入国管理法」の改正を閣議決定し、限定的だった外国人の受け入れ枠を広げました。具体的には「特定技能」という在留資格が新設され、「一定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人材」が日

ノマドワーカーにオススメのフリーwi-fiが利用できる都内カフェ11選

日本人の働き方が大きく変化を迎えた今、ノマドワーカーが注目を浴びています。「遊牧民」を意味する英語の”nomad(ノマド)”。それに、「働く人」を意味する英語の”worker(ワーカー)”を組み合わせて作られた言葉ノマドワーカー。パソコンやスマホ、タブレット端末を持ち歩き、オフィス以外の様々な場所で仕事をする人のことです。そんなノマドワーカーが重宝しているのが「フリーWi-Fiや電源コンセント環境が整ったカフェ」です。今回は、東京都内にある「快適なフリーWi-Fi環境が利用できるカフェ」を11店厳選してご紹介するので、ノマドワーカーの皆さんは是非参考にしてみてください。Wi-Fiだけでなく、電

オフィスを選べる時代!東京のシェアオフィス・レンタルオフィス10選

今回は、「東京にあるシェアオフィス、レンタルオフィス」をご紹介します。働き方改革の推進により、リモートや在宅ワークを導入する企業も増えてきました。また経営者や個人事業主、フリーランスにとって、業務に合わせて拠点を柔軟に変化させることは重要です。そんな時に便利なのがシェアオフィスやレンタルオフィス、コワーキングスペースです。自社ビルを購入するには莫大な資金が必要となり、通常の賃貸ビルへの入居も初期投資がかかります。シェアオフィスやレンタルオフィスであれば、初期投資を抑えて、ビジネスの中心地にオフィスを構えることができます。またコワーキングスペースならお手頃価格で作業空間を得ることができ、利用者同

高齢化社会を支える地域密着型の介護施設9選

高齢化が進行し続けている日本。今や65歳以上の人口は国民の4人に1人(3,000万人以上)という状態になっています(厚生労働省調べ)。2042年には高齢者人口が約3,900万人に達しピークを迎えるものの、その後も75歳以上の高齢者人口の割合は増加し続けていくことが予想されています。そのような状況下で、約800万人いると言われている団塊の世代が75歳以上になる2025年以降…医療・介護への更なる需要が見込まれています。地域包括ケアシステムの構築厚生労働省では、「高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援」を目的に、人生が終わりを告げるそのときまで自分らしくいることができるよう、住み慣れた地域で支援・サー

就職・転職支援だけじゃない!複業・副業支援も行っている企業8選

働き方がどんどん多様化している今、「複業」や「副業」といったスタイルで働いている方が増えてきました。複業……複数の仕事を持って働くこと。本業を複数持つイメージ。プロ意識が必要。副業……本業以外に収入が得られる仕事を持つこと。アルバイトや在宅ビジネス、内職など。本業以外に行う副業では、あまり大きな責任は伴いません。一方、複業の場合は、要する時間、労力、収入などが大きく、本業を複数行っているようなものなので、高いプロ意識が必要になります。ランサーズが行っている「フリーランス実態調査2019年版」では、複業系パラレルワーカーの人口は、280万人。副業系すきまワーカーの人口は、436万人という結果にな