法律事務所における事務の仕事の目標地点は、弁護士の業務をいかに効率よくするかという点にあります。

法律事務所で行われる仕事のメインは、弁護士がクライアントの方からの様々な依頼に対して法的に解決することです。

事務員は直接クライアントの方と会うことも少ないです。

しかし、弁護士がすべての業務をこなそうとすると限界がある上、非効率的な事態となってしまいます。

そこで活躍するのが事務員です。

今回はそんな法律事務所の事務員について見ていきたいと思います。

法律事務とはどんな仕事?

冒頭でも述べたように、弁護士のサポートとなる仕事でしたら、できる限りのことはします。

裁判所に判決文を取りに行ったり、クライアントからの電話対応、書類の作成、郵便物の作成等その業務は多岐にわたります。

そのため仕事を開始した当初は覚えることが多くあり、大変に感じるかもしれません。

ただ、法律事務所ごとに行う事務作業には自ずと偏りが生じるため、慣れてくるとそこまでの大変さは感じないようになります。

法律事務の役割とは?

弁護士のサポート

どんな仕事をするのにもそれをやることの意味はあるものですが、最終的な成果として弁護士の業務の手助けとなっていれば、どのような雑務であっても問題ありません。

法律事務所ごとに個性があるため、その業務のすべてを調査することはできませんが、基本的には電話対応や書類作成、控えの保管・整理といった仕事がメインとなることがほとんどです。

イレギュラーな仕事

日々の仕事に対して効率的にこなすために、業務に慣れてくるといったことも重要ですが、法律事務所はクライアントの方の意向によって業務が多少変化することがあります。

そのため、これまでやったことのない仕事がある日、突然やってくることがあります。

その際に、どれだけ早く適応して業務をこなすかも法律事務所の事務員に向いているかを図るための指標ともなります。

法律事務の具体的な仕事内容とは?

具体的な業務

電話対応、書類作成、郵便物の作成・郵送、裁判所への書類提出・受取、登記簿の取得、判例等の資料収集、その他雑務一般というようにその業務は挙げ続ければきりがないほどです。

ただし、どの業務もすべて弁護士の仕事をしやすいようにするためのものとなっています。

例えば、電話対応では必要な情報を取捨選択し、勧誘等の電話をシャットアウトし、弁護士が留守の際のクライアントからの電話は必要な情報を記録しておきます。

これにより、弁護士に余計な時間を使わせることなく業務が行えます。

仕事の流れ

まず、最初にメールの確認及び緊急の依頼がないか、郵便物を確認します。

仮にここで緊急のものがあった際には、当然ですがこれを最優先に終わらせます。

その際に重要なのは弁護士に対していかに的確かつ効率的に用件を伝えるかです。

あくまで弁護士のサポートであるため、法律事務所の事務員にとっては、弁護士の意向が業務の方向性を決定する重要な要素となります。

次に、弁護士のスケジュールを確認しつつ、弁護士からの依頼に応じて業務をこなしていきます。

そのためどのよう日が忙しいかは読めないのが基本です。

ただし、月単位でいうと企業相手の法律事務所であれば株主総会の準備のため、5月が忙しくなることが多いです。

法律事務の給料事情は?

事務員としての給料は事務所の規模に応じて、変化します。

最低ラインでいえば20万円台前半の方ですが、大手事務所のパートナー弁護士の専属事務員ともなれば、その3倍以上を貰う人もいるようです。

ただ、全体としてみれば一般企業とそれほど遜色ない給料となっています。

法律事務でやりがいを感じること

弁護士のサポートをすることのみで、その人特有の仕事ができないのではやりがいがないのではないかという声も聴きます。

しかし、法律事務所で勤務することでやりがいを感じる場面も多々あります。

裁判での勝訴

法律事務所の事務員としてのやりがいの内、その最たるものは、裁判で勝訴した時です。

クライアントの方にとってはその過程よりも結果が重要ですから、勝訴はクライアントの方にとって裁量の結果となります。

そうすると直接業務を担当していた弁護士が感謝されることはもちろん、事務所全体に対しての感謝があります。

法律事務所の事務員としては自分の勤務しているところが社会の役に立つことができたという満足感があり、それが次の仕事へのやりがいにもつながっていきます。

自分の周囲の人からの相談

法律事務所の事務員として働いている以上、自分はもちろん家族や友人が困難な状況に遭遇した時に相談されることもあります。

事務員は法律の専門家ではないのでその場で応えられること自体少なく、また安易に答えることもしてはいけません。

しかし、自分の務める法律事務所の弁護士を紹介したり、よりその案件を的確に処理するための道筋を伝えることはできます。

そうした日々の中の一場面でもやりがいを感じることはできます。

法律事務に向いている人のタイプは?

仕事である以上、向き不向きはあります。

ここからは事務員に向いている人について見ていきます。

業務を効率的にこなせる人

日々の業務をこなすには常に効率性が求められます。

余計な時間を余計な仕事に費やすことは事務所全体の損失となるからです。

誠実な仕事ができる人

ごくたまにですが、その日の気分によって仕事の出来が左右されてしまう人がいますが、そのような人は向いていません。

法律事務所に相談に来ている人がいま人生や会社の危機に遭遇しているにもかかわらず、自分のことを優先している人は法律事務所の勤務には向いていません。

法律事務の仕事で大変なこと

これまで述べてきたように業務は多岐にわたりますが、その中でも大変な業務について見ていきます。

緊急の仕事

民事、刑事にかかわらず、裁判をするには入念な準備をして臨むものですが、時として緊急な仕事と言うものがあります。

そのような仕事が来た際に臨機応変に対応できることが必要となります。

イレギュラーな仕事

普段やったことない仕事であっても、頼まれることがあります。

その際に全くできそうもない仕事であれば、断るべきですが、少し調べればできることであれば、まずは、試行錯誤してみることが重要です。

法律事務になるためにはどうしたらいい?

法律事務所の事務員という仕事は一般企業と比較して、それほどメジャーな仕事とは言えません。

そのため法律事務所の事務員になるために、どうすればいいかわからない人もいると思います。

ここからは、そんな人のために必要なことは何かを見ていきたいと思います。

法律事務に就職するために

まずは、どのような事務所がいいか調べてみることから始まります。

法律事務所と一言でいっても、民事事件のどのような分野を扱うのか、刑事事件を専門に扱う事務所なのかというように、自分に合った事務所をまずは見つけなければ、入所した後が大変です。

資格は必要?

法律事務所の事務員になるのに資格は不要です。

必要なスキルや経験は?

一般企業で役立つ事務は法律事務所でも役立ちます。

最低限必要なスキルとしてはWord、Excelに関するものや、電話対応や業務上の敬語を扱えるかといったことが必要です。

そのため、一般企業で働いていたという経歴はプラスに働きます。

まとめ

今回は法律事務所の事務員の仕事についてご紹介してきました。

今回の記事を参考に、法律事務所の事務職という仕事について興味を持っていただけたら幸いです。


関連キーワード

法律事務所事務求人


法律事務所事務求人に関するコラム