今では全国各地に見ない人はいないともいえるコンビニですが、利用している人はほとんどでも、実際に働いた人というのは数が限られています。

ここでは、実際にコンビニではどのような仕事をしているのかをご紹介できればと思います。

今現在コンビニの仕事に興味がある人でコンビニの仕事が未経験だという方にもわかりやすくご紹介していきます。

並びに、コンビニで仕事をする上でどのような人材が望ましいのかもご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニ店員はどんな仕事?

では、コンビニの仕事とはどのような業務なのかを想像してみましょう。

お客として来店する際によくみられるのがレジでの接客業になります。

そして店内で棚に商品を陳列する仕事も業務の一つですよね。

各時間帯によってコンビニ店員が新しい商品を棚に陳列している様子はコンビニを利用しているときに時々見られる光景でもあります。

ほかにも、コンビニの仕事はたくさんあります。

ここでは目に見える仕事、見えない仕事もご紹介していきましょう。

コンビニの大まかな仕事内容

では、コンビニの大まかな仕事内容をご紹介していきます。

上記でもご紹介した通り、レジ打ち・品出しは日常業務の中で最も多い業務内容の一つでもあります。

普段のコンビニ店員で特に多い業務というのがこの二つです。

次に多いのが商品発注です。

コンビニは24時間営業ということもあり、各種類の商品によって発注する時間、タイミングは別になります。

午前中は飲料を発注して午後にはチルド商品などなど、時間差によって各項目分けした商品の発注をシフトに入ったコンビニ店員が担当して行います。

コンビニの店内は商品の陳列数も限られてくるので、日々売り上げを確認して在庫数を見ながら発注数を決めるので、発注業務は勤務年数が長い店員に任されることが多いです。

そして経理系・労務系の仕事も担当します。

日々の売り上げの計算、シフトの管理も行います。

コンビニではコンビニ強盗などの問題もあるため、レジの中の金銭を日々管理しなければなりません。

よく見られる光景としては、一万円が一定数を超えてしまったときに束に枚数を切って事務所の金庫内に保管します。

それらもレジを管理している担当店員の仕事です。

シフト管理はコンビニで働く人のほとんどがアルバイト・パートということもあり、給与の扶養内で抑えるためのシフト管理も徹底しなければなりません。

意外と事務的業務もコンビニでは多いのです。

そしてお客に商品を購入してもらうために、日々新しい商品が入ってくると棚卸をして陳列台を変えます。

これらは大規模な業務にもなるので比較的来客数の少ない夜間帯に行われることが多いです。

日勤帯の時間などではなかなか行うことができないため、次の日の朝に何が入庫されるかを見て陳列棚を変えることもあります。

仕事上の役割とは?

では、仕事での役割とはどのようなことが求められるのでしょうか。

基本的にコンビニでは深夜業務以外を除いて一人で在勤することは少ないです。

そのため、一人当たりの仕事の割り振りは変わってきます。

第一に優先されるのはレジでの接客業務です。

お客を待たせるわけにはいかないので、第一にレジ業務を優先します。

その間にほかの店員が商品を陳列するのです。

そして来客がいないときには発注業務をしたりします。

臨機応変にほかの店員と協力して役割分担をしていきます。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニ店員の仕事はどんな人に向いている?

では、コンビニ店員として働く上でどのような人に向いているのかをここではご紹介していきます。

コンビニの仕事に興味がある方は、ぜひ、自分がどの項目に当てはまるかどうかを見極めてみてください。

臨機応変に動ける人

求められる人物像の中には、仕事を臨機応変にこなすことができる人が求められます。

ですが、実際に自分が初めてコンビニで働くとなればはじめは臨機応変に仕事をこなすことができないでしょう。

しかし、普段から臨機応変に物事を考えこなす人には向いているという解釈をしてください。

コンビニでは日々どのタイミングで来客が来るかわかりません。

そのため併用して業務を行わなければいけない場面も多々あります。

「応用能力」さえあれば、未経験でも十分に効力を発揮できるのです。

知識の幅が広い人

コンビニをよく利用している人はコンビニのあらゆる知識を豊富に持っているともいえます。

つまり、コンビニで働く上で様々な知識を豊富に持っている人には向いているとも言えます。

「この商品知っている」「このサービス利用したことある」など、業務が初めてでもコンビニについての知識が理解できているということは強みになります。

また、コンビニもあらゆるサービスが増えているので、知識を知る努力を怠らない人には向いているとも言えます。

責任感のある人

どの仕事でも共通して言えることですが、仕事に責任感をしっかりと持てる人は向いています。

特にコンビニではアルバイトとして働いたとしても、様々な業務を担当することが多いです。

そのため業務一つ一つに責任を持つことが必要不可欠になります。

日々責任感を持って行動する人にはおすすめできるでしょう。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの仕事で身につくスキルは?

では、実際にコンビニで働く上でどのようなスキルが身につくでしょうか。

ここではコンビニ店員が仕事上で身につけることができるスキルをご紹介していきます。

接客力がつく

何より一番力になるスキルというのが「接客力」です。

レジ打ちをすると必然的に接客業務につきます。

時に嫌なお客も来店することがありますが、長く働いているとどのような接客をするのが望ましいかが身について覚えるようになります。

効率的な働き方が身につく

効率性が求められるのがコンビニ業務です。

そのため、必然的に効率性のある働き方を覚えることができます。

その日その時何を優先して業務をするかを頭ですぐに考え行動に移すスキルを身に着けることができます。

タバコやお酒の知識が身につく

レジ打ちで接客業をすると、たばこを求められるお客がいます。

その銘柄や酒類を知らないうちに覚えていたなんてこともコンビニではよくある話です。

また、お酒も購入する人も多く、何が新しく増えたか、何が人気なのかも覚えてしまいます。

郵便やコピーなどの知識が身につく

コンビニ店員は郵便サービス、コピー機サービスにも接点があります。

直営している郵便サービスの宅配業務、コピー機のサービス等も担当します。

お客が利用方法がわからないときには一緒にサービスを提供するので、使い方や利用方法は業務上で自然に覚えていきます。

流行しているものがすぐにわかる

発注業務を担当していると、様々な新規商品を目にする機会が多いと思います。

その時の流行によって各種ブランドは流行に沿った商品を開発していきます。

売り場になるコンビニでは新規商品を取り扱う際にどのような商品が今流行になっているのかがわかるのです。

自然と業務で携わるうちに、その時の流行の情報も入手するようになっていきます。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニで働くメリットとは?

シフト調整がしやすい

コンビニは一定の勤務時間があります。

その時間に沿って働く人が決まるわけですが、シフト管理をしやすいのもメリットの一つです。

決められた時間で担当する従業員を当てはめてシフト管理をします。

事前に希望する休み、時間を調整しながらシフト管理をするので、パズルを組み立てる感覚でシフト管理ができます。

勤務地が近い

また、コンビニで働くメリットとしては勤務地が近いことにもあります。

様々な場所にあるコンビニですが、自分が実際に勤務したいと思う場所にコンビニはあります。

意外と選べるほどにコンビニはどこでも駐在しているので、勤務地の条件はクリアできるとも言えます。

流行がわかる

上記でもご紹介した通り、最先端の流行情報を入手することができます。

仕事をしながら最近の流行の情報を入手することができるので、働くことが楽しくなってきます。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニで働くメリットは、こちらの記事も参考に!

まとめ

コンビニの仕事についてを簡単にご紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。

ぜひ、コンビニに興味がある人は今後自分が働く姿を想像してみて参考にしてただけたら幸いです。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
  この仕事を探せるおすすめ求人サイト
転職した人の8割が使ってる!1つ目の転職サイトとして、まずは登録しておくべき大手サイト 公式サイト 公式サイト
最初に、年収診断をしてくれるのがウリ!7万人の転職者データを元にしてちゃんとした適正年収を提示してくれます。 公式サイト 公式サイト
転職支援実績NO.1。41万人以上の転職支援を誇る。No.1だからこその充実サポートでキャリアップを支援してくれます。 公式サイト 公式サイト
【裏技紹介】リクナビNEXTに会員登録したら、TOPページのフリーワード検索で「探したい職種」を入力して検索を!そうすると、自分にあった求人がたくさん見つかります。

関連キーワード

コンビニ求人

コンビニ求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

コンビニ店長の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ひとつの店舗にさまざまな商品があるコンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないお店となりました。そんなコンビニエンスストアの仕事や、店長業務に興味がある方も多いのではないでしょうか?発注や商品陳列、さまざまな経営能力を駆使してお店の売上を上げる仕事にはとてもやりがいがあります。そこで今回はコンビニ店長の仕事はどんな人に向いているか、コンビニ店長の仕事が得意な人の特徴や、コンビニ店長のキャリアについて解説します!コンビニ店長ってどんな仕事?普段なかなかお客としてコンビニを訪れたときには、どの人が店長か見分けるのは難しいと思います。そのため、どんな仕事をしているかもイメージがしづらいのではないで

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長について、その仕事内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。コンビニ店長を目指す方に、正社員でのコンビニ店長求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について解説していきます!コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関することを全て責任を負います。そのため、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、さらに人員が足りていなければ自らも店頭にたってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」といっても良いでしょう。コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?コンビニ店長

コンビニバイトの時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

誰にとっても、初めてのバイトってありますよね。そんな誰しもが経験する初バイトの王道ともいえるコンビニバイトの時給や募集内容などご紹介したいと思います。コンビニバイトの時給は?時給はどれくらい?アルバイトで最も気になるのが、時給です。全国各地にコンビニあれど、時給に変化はあるのか気になりますよね。答えは、地域によって時給は異なるです。当たり前かもしれませんが、各都道府県に最低賃金という設定がされています。これは法律で決められているため、この賃金を下回る時給ではいけません。そのため、基本的なコンビニの時給は、最低賃金以上で最も安く、切りのいい金額に設定していることがほとんどです。例えば、最低賃金が

コンビニの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

身近なコンビニの仕事で、正社員、派遣社員、アルバイトなど、色々な側面から給料や年収、また、それをどのようにアップさせるかなど、転職も含めて考えてみたいと思います。コンビニの年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合コンビニは、みなさんがご存知のように色々なグループ企業があります。グループによって様々ですが、大体300万前後が相場のようです。正社員で転職した場合正社員に転職した場合でも、300万前後が相場です。ただ、経歴やスキルによって違ってくるようです。それでも400万に届かないぐらいことが多いようです。パート・アルバイトパートやアルバイトの場合は、時給での話になります。また、この時給に

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日のようにお世話になっている人も多いであろうコンビニエンスストア。そのアルバイトの経験をしたことがある方は多いかもしれません。しかしコンビニの店長の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。アルバイトの業務とは何が違うのでしょうか。また、どうやってコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営ほぼすべてと言ってよいでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、清掃はもちろん人が少ない時にはレジ

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンと契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それではコンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのでしょうか。それぞれ正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し

コンビニ店長求人でよくある募集内容や働き先の種類(FC・直営等)やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や社会的なインフラともなったコンビニエンスストア。その便利さはどんどん進化し続けます。そんなコンビニの店長の仕事に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。ここではコンビニの店長求人の仕事内容や働き先の種類についてご説明します。コンビニ店長のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずはコンビニの店長のおおまかな仕事内容についてです。一般的に想像できる、コンビニに勤務するアルバイトが行っているレジ打ちや陳列、納品や廃棄商品の破棄などの一般業務に加え、店長には多くの仕事があります。例えば発注や、アルバイトの管理など人材育成、さらには経営的な視点でお店全体を見る事などがあります。また、コンビニチ


コンビニの仕事を探すにはこちら >