アルバイトをするにあたって、自分にはどんな仕事が向いているだろうか。

悩む方が多いと思います。

今は色々なアルバイトがありますから、何を優先するかを整理してからアルバイトを探すと「こんなはずではなかった」というのが防げるはずです。

今回は選択肢の一つとして参考にしていただくための「コンビニ」のアルバイトで働くメリットについて、紹介していきます。

コンビニ仕事の大まかな内容

現在のコンビニはなんでも屋と言って良いくらい細かい業務が多いのです。

そんなコンビニの業務を紹介させていただきます。

レジ業務

コンビニのメイン業務ですね。

コンビニを利用する人は大量に買い物をするよりも、お弁当、お菓子、デザート、飲み物、お菓子などその場ですぐに必要とするものを購入する人がほとんどです。

コンビニのレジにて精算するものとして以下のものがあります。

食品、雑誌、雑貨等店内に陳列されている商品

こちらは単純にバーコードを打って袋詰めするだけですので、レジの中で一番簡単な作業となります。

Amazon等の通販商品や宅配便の転送荷物の受け取り

現在はコンビニで受け取れる荷物が増えていますよね。

レジカウンターの後ろの棚で保管していたりバックヤードなどに取りに行かなければならないため、少々面倒です。

また、コンビニによってはお客様自身に店内の端末にて操作してもらって出てくるレシートがありますので、領収書の発行作業等もあります。

公共料金や通販商品代の支払い代行

レジ作業としてはバーコードをスキャンするだけなので簡単な作業ですが、店舗控え等を切り取ったらその後本部に送るために専用の台紙に貼り付けたりと、少々別の作業が発生してしまいます。

チケット代の精算およびチケット発行

基本は店内にある専用端末にて操作して出てくるレシートをスキャンすれば専用プリンターより発券されるので、それを渡すだけですが、チケット発行については注意しなければならない点がいくつかあります。

まず、そのまま入場券となるチケットがその場で発券できるタイプなら良いのですが、チケット代のみ精算でチケット本体は後日発券もしくは郵送になるタイプのものだと、チケット代支払い証明書などを渡さなくてはならないため注意して確認する必要があります。

よくありがちなのが、お客様控えを渡さなければならない部分を渡し忘れるというミスですね。

チケット発行の時は必ずどこまでがお客様控えでどこからが店舗控えなのか、意識して見る必要があります。

賞味期限チェック

賞味期限のチェックは重要です!

特にお弁当・お惣菜などのチルド商品は賞味期限が短いため、毎日こまめにチェックする必要があります。

賞味期限切れのものを販売しないようにするために、レジのシステムで賞味期限まで一定時間近づいているものはアラートがかかるようになっている場合があります。

そのアラートを目安として、チルド商品の賞味期限をチェックすることが多いのです。

また、頻繁にチェックが必要なお弁当・お惣菜等はこまめにチェックしますが、それ以外の食品は大体1日に1回程度チェックを実施します。

賞味期限まで短いものは棚から撤去し、バックヤードにて専用端末に廃棄分の登録をしていきます。

どのくらい廃棄になったかをデータで取ることで無駄な発注を避け、廃棄率を下げることにつながりますので、お客様に賞味期限切れの商品を出さないことと併せてとても重要な業務になってきます。

品出し・陳列

レジにいない時に店員さんが行なっているのがこの「品出し・陳列」です。

陳列は通称「前陳」とも言われていますね。

コンビニではお弁当などのチルド商品やパンなど毎食の食事になりそうな食品以外はあまり頻繁に売れることはありません。

ただ、売れているものについてはこまめにチェックをし、なくなっている商品についてはバックヤードから出してきて補充する必要があります。

また、商品が十分にあるように見せるために、売れて空いた場所を埋める必要があります。

空いたスペースを埋めるために、後ろにある商品を前の方に出すことを「前陳」と言います。

これらの作業はお客様がレジに並ばない時間帯に主に行います。

お客様が多い時間帯だとすぐにレジに来たり、店員の姿が見えないことで万引きしやすくなってしまうためです。

棚に十分な商品がない場合はすぐに発注の依頼をかけなければならないので、こまめに商品の様子を見ておくことが大事になります。

発注・返品

POSと言って発注用の専用端末がありますが、こちらを使って欠品しそうな商品の発注作業をします。

発注に関してはどのくらい発注する必要があるか判断しなければならないため、大抵はオーナー、店長や経験年数の長いベテラン店員が行うことが多いです。

廃棄になった商品の数から判断する必要があるため、廃棄時のデータはとても重要になります。

また、テレビで話題になった商品や、キャンペーンの対象になっている商品は切らさないようにしなければならないので、ある程度先を読むセンスも必要になってきます。

雑誌は時期が過ぎたものは返品する必要がありますので、こちらもこまめにチェックをする必要があります。

大体新しいものが届いた時に差し替えて古いものを撤去するという流れになりますね。

中華まん、おでん、ホットスナックなどの補充

レジ横にある食品はお客様の目に一番触れやすいところとなります。

何か買ったついでに買っていくお客様も多いため、絶えず置いておく必要があります。

揚げ物などのホットスナックは5分前後で揚げることができるため、比較的すぐに用意することができます。

お客様の中には「待つので揚げてほしい」と頼む方もいます。

それに対して中華まんやおでんなどは食べられる状態になるまでに少し時間がかかる商品です。

今は夏も置いているコンビニが多いですが、特に売れる時期はやはり秋から冬にかけてですね。

シーズンの時には常に切らさずにチェックをして、お客様から注文された時にすぐに出せるように気を配らなくてはならないため、揚げ物とは別の意味で面倒な部分がありますね。

掃除

いくら便利なコンビニとはいえ、店内や周辺が汚くては入る気が失せてしまいますよね。

コンビニは外でその場で食べたりする人もいるため、ゴミが発生することが多々あります。

外の掃き掃除やゴミの片付けはこまめに行う必要があります。

また、トイレや店内の床掃除、商品の埃を取るなど細かい部分の掃除も毎日する必要があります。

こちらもお客様が極力いない時間帯を使って行います。

雨の日は床が濡れることが多いため、床掃除はこまめに行うなど、天候にも考慮しながら店内を綺麗に保ちます。

コンビニで働くメリットとは?

接客業でもらえる「ありがとう」

お客様の「ありがとう」の言葉がやはり1番のやりがいになりますよね。

コンビニといえば昔は愛想が良くなくてもできる、というイメージでしたが、今はコンビニバイトにも愛想は非常に重要です。

町中どこにでもあり、気軽に利用できるのがコンビニのメリットでもありますが、その分近くに別のコンビニがどんどん増えていく地域も多いのではないでしょうか。

そんな時に愛想が悪い店員がいたら「あそこには行きたくない」と思い、別のコンビニに行く人が増えてしまったら売り上げにもダメージが出てしまいます。

丁寧にスピーディーな接客を心がければお客様も「このコンビニは利用しやすい」と思うため、店員さんに対しても良い態度をとる人が増えてくるのではないでしょうか。

そうなることで、「ありがとう」というお言葉をもらえる回数も増えると思います。

シフトが割と自由に組める

コンビニバイトといえば、自分の生活の時間帯に合わせてシフトを入れられることができます。

学生さんは授業が終わった18時頃から22時頃まで、夜中心に働ける人は夜勤を選ぶ、など働く時間帯に自由がききます。

シフトに自由がきくことから高校生などは接客業のアルバイトデビューといえばコンビニを選択する人も多いのではないでしょうか。

売れ筋の商品のマーケティングができる

コンビニといえば新商品の入れ替わりが激しい業界です。

店員として働いていれば、売れ筋の商品も自然とわかるようになりますし、新しい商品の入荷情報もいち早く知ることができますね。

接客の基本が身につく

アルバイトが初心者な人にとっては入り口にしやすいのがコンビニです。

お客様と向かうことが多いためお客様に対して失礼のないように対応する必要があります。

そうすると、自然と言葉遣いも身につき、今後の人生に必要な接客の仕方の基本は身につきます。

また、コンビニの方針にもよりますが、お客様に対する挨拶もしっかり指導してくれるコンビニもあります。

社会人としての第一歩を踏み出すための良いきっかけになりますね。

コンビニだから、といっていい加減にやらず一生懸命働けば、他の接客業や会社勤めした時に電話対応などに必要な対人スキルも十分に身につきます。

コンビニの仕事はどんな人に向いている?

コンビニのアルバイトは簡単と言われていますが、中には向いていない人もいるかもしれません。

ではどのような人がコンビニのアルバイトに向いているのでしょうか。

細かいことに気づく人

コンビニの仕事のイメージといえば「レジ」というイメージがあると思いますが、こちらの記事でもご紹介させていただいた通り、意外とやらなければならない仕事が多いのです。

また、時間で区切られている仕事や、商品を常に切らさないようにしなければならないことも多いため、各業務に対して細かく見て行く必要があります。

お客様への配慮ができる人

お客様に対しても袋に入れる商品に気を遣ったりすることも必要です。

当たり前ですが、温かいものと冷たいものを一緒に入れないなどの配慮が必要になってきます。

意外とこのような気遣いができない店員さんも多いのですが、もしコンビニで良い店員として評価されたいのであれば、この当たり前の配慮ができる人はとても重宝されると思います。

流行に敏感な人

商品の発注等はオーナーや店長がやることが多いですが、店員としてステップアップしていきたければ、商品の売れ筋や新商品のチェックを常に行っていくと良いでしょう。

売れ筋商品などが把握できていればマネージャーに進言することがスムーズにできるようになると思います。

自分に合ったコンビニ求人の選び方

コンビニの求人は今やどこでもありますよね。

では、自分に合ったコンビニはどのように選べば良いのかピックアップしてみましたので参考にしてみてください。

【選び方①】雇用形態から探す

コンビニの求人はほとんどが店舗勤務のアルバイトです。

ごく稀に直営店の店長候補の求人、スーパーバイザー(SV)などの求人はありますが、初心者としてコンビニでの仕事をする場合はアルバイトで店舗勤務になります。

自分で将来フランチャイズ契約をしてコンビニを経営したい、という方はアルバイトからでも色々学べますよね。

【選び方②】給与や雇用条件から考える

仕事を探す上で、大事な選び方ですよね。

コンビニの時給は細かい仕事量の多さに比べて安いと言われることが多いのです。

地方の場合だとその地域の最低賃金が時給になっていたりすることもあります。

都内の場合はスーパーなどのレジと時給はさほど変わらないこともありますが、シフトの自由度(雇用条件)等はコンビニの方が断然高いです。

細かい仕事は多いのですが、お客様の購入する量はさほど多くないため、お客様が多くない時間帯は比較的楽なこともありますから、その辺との兼ね合いで時給を見ても良いと思います。

また、稼ぎたいけどシフトに自由をもたせたい場合、どのくらい入れるかをチェックして応募すると良いでしょう。

【選び方③】エリアから考える

どの仕事でも一緒ですが、コンビニのアルバイトは交通費が出ないことが多いです。

交通費が出るのであれば、電車や自動車で移動できる店舗でも良いかもしれませんが、気軽に働きやすいのがコンビニのメリットでもありますから、通いやすいところをお勧めします。

また、住宅街にあるコンビニならお昼の時間帯でもあまり混みませんが、どの時間帯でもお客様がいることが多いと思います。

それに対して、会社の近くや駅の近くのコンビニはお昼や出勤・退勤の時間が特に忙しくなることが多いです。

そのことを踏まえてエリアから選ぶと良いでしょう。

【選び方④】好きなコンビニから考える

今やコンビニは色々なコンビニがありますね。

チケットサービスなどもどのコンビニにもあるため、どのコンビニでも仕事の多さは変わらないと思います。

あとはホットスナックが自分の好みかどうか、お弁当が好みかどうかで選ぶのもありかもしれません。

また、制服など、好きなコンビニがあると思います。

自分の好きなコンビニだと愛着も湧くのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コンビニの仕事といっても意外と深いですよね。

接客のスキルなどは自分次第で十分に身に付けることができますし、トレンドをチェックするのが好きな人にはとても良い仕事ではないでしょうか。

ぜひ参考にしてみてください。


関連キーワード

コンビニ求人