高校生になってからアルバイトを始めようとする人は多いと思います。

義務教育を修了して高校生になりますと学校に許可の申請を出してアルバイトをしたりこっそりアルバイトをするなんて人もいますよね。

では、高校生からのアルバイトをするにあたって、どのような場所のアルバイトが可能なのかをご存知でしょうか。

実際に高校生から働いている人はたくさんいますが、求人を見ていただくとわかるように「高校生不可」と書かれている求人も多くあります。

つまり、高校生からアルバイトのできる場所を探すところから始めなければならないのです。

そこで、今回はコンビニアルバイトをご紹介できればと思います。

実際に高校生がアルバイトのできる環境なのかどうかも含め、コンビニバイトで高校生OKの求人情報をご紹介できればと思います。

高校生からアルバイトを始めてみたいという方には参考になるようにご紹介していければと思うのでぜひ読んでみてください。

高校生でもOKなコンビニバイト求人はあります!

コンビニアルバイトをご紹介する前に、まず「高校生から働く」というキーワードについてお話します。

実際に求人の場所が少ないように感じますが、高校生から働ける場所はあります。

高校生から働くようになると、将来大学生になったときに同じ場所でアルバイトを長く続けることも可能ですし、高校生期間だけで働かせてくれる場所もあります。

もちろん、高校生は通常のアルバイトより時給は低いと考えてください。

その理由は時間に融通が利かないというところや年齢的に働ける時間、働ける金額に上限がかかってしまうからなのです。

高校生は未成年ですから、もちろん深夜業にはつけません。

そのことから高校生よりも年齢が上の方と比較することによってアルバイトの時給に差があります。

そのような就業状況で高校生のアルバイトは以外にもたくさんあります。

ですからどのような働き方をしたいか、どのような場所で働きたいかもしっかりと選べるのです。

ここでご紹介するコンビニアルバイトは、高校生が働く上では一番おすすすめできるアルバイトとも言えます。

では実際にどのようなアルバイトなのかをご紹介していきましょう。

コンビニバイトの仕事内容とは?

まず、コンビニアルバイトとはどのような仕事内容なのかをご紹介していきます。

レジ

一般的に知られるコンビニバイトの仕事内容はレジ業務ではないかと思います。

レジ打ちはコンビニ業務の中でも最も仕事件数の多い業務です。

一日業務に入ってレジ打ちをしなかったなんてことはないくらいの業務でもあります。

また、レジ打ちの業務は会計業務だけではありません。

会計業務のほかには、レジ周りの商品購入の補助、商品の取り出しなども担当します。

レジ打ちを併用として商品を包んだりする業務などがあります。

郵便物受け取り・引き渡し

カウンター内では郵便物の受け取りや引き渡しなども行います。

近年では通販市場が盛んになってきています。

そのため直接自宅に届く宅配だけではなく、コンビニで注文した商品が届いて受け取れるシステムもあります。

それらの業務も代行して請け負うのがコンビニの仕事になってきています。

受け取るだけではなく、コンビニでは宅配もできます。

実際に送る荷物の重さなどで運賃を図って宅配業者の集荷を待ちます。

調理や仕込み作業

チルド商品などでは簡単な調理も担当します。

店舗内で並んでいる商品の中で陳列する商品の入れ替えが早く、陳列数も限定されてくるのがカウンター周りで軽調理をして提供するチルド商品になります。

棚に陳列する時間も限られてくるので、時間を確認しながら調理をして商品の準備をしなければなりません。

コンビニの軽調理を担当する業務は繊細な気配りの必要な業務でもあります。

品出し

店舗内の商品が減っていたり特定の商品が陳列していなかった時には品出しを行います。

品出しの際には、補充だけではなく商品の陳列をいかにきれいに見せるかが勝負になるのです。

来店してくるお客が店舗内の商品が少なかったり汚く陳列されていたら購入する気もうせてしまいます。

そのため、陳列する商品の環境状態をしっかりと把握するために定期的に店舗内の商品がどのようになっているのかを確認していきます。

その際、不備等があれば補充をして環境を整えていくのです。

コピー機などの管理

コンビニにはコピー機もあります。

白黒コピーからカラーコピーまで様々です。

その使用方法やコピー機の管理も業務の一つになります。

コピー機を使う方で使用補応報がわからないという方や、コピー機の用紙がなくなった際には担当します。

清掃

店内が清潔であることは欠かせない条件です。

そのため、定期的に決まった時間清掃をします。

店内の清掃以外にも店の外にあるごみ箱のごみ処理も担当するのです。

その他

そのほかには、発注業務、販売雑誌の入れ替え、新規商品の棚卸など、コンビニのシフト時間によって違う業務があります。

基本的に高校生のコンビニ業務は上記の仕事がメインになってきますが、長年働き続けていると難しい業務も担当させてもらえるのです。

高校生OKの時給はどれくらいが相場?

高校生のコンビニバイトの時給相場は約880円~1000円

高校生の時給の相場は低いといってもよいでしょう。

特にコンビニは時給がほかのバイトと比べると低いともいわれています。

さらに、時給の差は働くコンビニの場所や地域にもよります。

高校生でも時給が1000円の場所は都会であることが多く、反対に最低賃金の場所ですとエリアが地方の場所によく見られます。

高校生におすすめ出来る理由

では、コンビニバイトがどうして高校生のアルバイトとしておすすめできるのかをご紹介していきます。

上記でもご紹介しましたが、コンビニのアルバイトは様々な欠点があります。

しかし、高校生におすすめできる点がそれ以上に多いのも魅力のあるアルバイトともいえるのです。

接客の経験になる

コンビニの業務は接客がとても多いことから、接客業務を自然と身に着けて接客のスキルを上げることができます。

コンビニには様々なお客が来ます。

そのためどのようなお客が来るかによって適切な接客を瞬時に考え対応することができるのです。

中には心無い言葉をかけてくるお客もいます。

はじめは不慣れで嫌な気持ちになりますが。

そのような方も受け流すぐらいのスキルを身に着けることができます。

今後、どのような将来の道に行くことになっても、接客のスキルは無駄になることはありません。

高校生から身に着けることができるので、得するアルバイトになることは間違いないでしょう。

基本的なマナーが身につく

どのアルバイトでもそうですが、働く上での基本的なマナーを守ることができます。

特にコンビニでは「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」などの声掛けや、お辞儀の仕方、お客様への言葉遣いなども丁寧に指導を受けます。

ではなぜ、コンビニでアルバイトをすると基本的なマナーが身につくといえるのか。

それはほかのアルバイトと比べると書く店舗によって「店舗独特のあいさつ」というものがありますが、コンビニでは基本動作のあいさつしか教えてもらいません。

店舗独特のあいさつの例えとしては、来店する際に「いらっしゃいませ」ではなく「ようこそ」という場所であったり、店舗独特のニュアンスで声掛けをしたりするということになります。

その点、コンビニでは上記2つのような独特性はなく、基本動作を普段の業務から振る舞うことができるということです。

つまり、働く上で自然とマナーを学ぶことが可能なのです。

高校生からアルバイトを始めることは、学生のうちから社会を身に染みて学ぶことのできる良い機会でもあります。

そのような点から高校生がコンビニでアルバイトをすることは良い傾向になるでしょう。

自信がつく

アルバイトをすることによって自信が付きます。

高校生からアルバイトを始めることは、誰しもが始めることができる経験ではありません。

高校を通学している生徒の中にはアルバイトができない人もいます。

ということは、アルバイトをする経験こそ特別な経験ともいえるでしょう。

そのため、アルバイトをしている経験は長く続ければ続けるほど自信につながります。

コンビニアルバイトに必要なスキルは様々ですが、業務上必要なスキルといえば臨機応変に業務を遂行することになります。

業務を続けることによってスキルがしっかりと身に付きますので自分のものになるスキルを持ち自信につなげることもできます。

働くことの大変さを学べる

高校生からのアルバイトということで、アルバイトとして働きお金をいただいて働くことから、働くことの大変さを学ぶことができます。

今までお小遣いをもらい生活をしていた人にとっては、どのくらい働くことでお金をもらうことができるのかを身をもって知ることができるのです。

「今までお小遣いをもらっていた金額分がこれだけ働いたらもらえる」という考え方は将来定期に経済面の考え方へ良い傾向をもたらすことになります。

その考えをしっかりと培うことも高校生から働くメリットの一つともいえるでしょう。

また、コンビニでは日々の売り上げが大切になる業務にもなります。

そのためレジ内の金額を調整する機会もあります。

日々の店舗の売り上げを自分の手でしっかりと数え、働く中でのお金の大切さやお金の扱い方も学ぶことができるのです。

責任能力が身につく

業務の中には、責任が重大な業務もあります。

コンビニの従業員のほとんどがアルバイトということもあり、高校生のアルバイトでも勤続年数が長いと様々な業務を担当することがあります。

そのことから、仕事に対して責任感を持つことができます。

仕事に責任を持ち、プライベートでも責任感の働くスキルを身に着けることができます。

高校生でアルバイトをすることが、決してマイナスなことばかりではありません。

いくら未成年だとしても、お金をもらって働くという自覚を持つことは十分に可能です。

そのことから未成年の内にしっかりとした人間性を培う機会があると思ってください。

アルバイトには人間性を育む機会が多いということになります。

近い年代の友達ができる

コンビニでは、高校生のアルバイトは多いです。

そのことから「アルバイト仲間」ができます。

同世代の同僚と一緒に働けることは心強いでしょう。

アルバイトでは、仕事を通じて様々な人と触れ合うことができます。

特にコンビニでは店舗内で従業員が協力して行う業務は欠かせません。

仕事上で協力し合い、気づけば友人になっているなんてこともあります。

アルバイトでは、そんな出会いもよくある話です。

コンビニバイトで大変なこと

では、コンビニバイトをする中で大変なこととはどのようなことがあるのでしょうか。

ここではコンビニバイトのデメリットをご紹介していきます。

覚えることが多い

コンビニ業務は一見簡単そうに見えますが、ふたを開けてみると覚えることが山ほどあります。

その理由は営業しているコンビニに就業している従業員数が少なく、一人あたりの配分される仕事量が多いことにあります。

はじめは覚えることが多すぎて挫折しそうになることもありますが、耐え忍び続けることによって自然と覚えていくことも多いです。

焦らずゆっくりと時間をかけて覚えていくことをおすすめします。

忙しい

コンビニの仕事はとても忙しいといえるほどです。

特に集客収が一定の時間増大する時間には、レジ業務が多いですが、集客数が収まる時には一息つく間もなく品出しなどの業務を行わなければなりません。

この2つの業務が重なることもあります。

忙しさは当たり前と思い、自分がいかにその場の状況によって対応して業務を行えるかが勝負になります。

変なお客さんもいる

コンビニに来店するお客の中には変わった人も多いです。

その人たちにも接客をしなければならない苦痛さもあります。

中には高校生だからといってあからさまな態度をする人もいます。

人としてあり得ない態度をする人には腹が立ちますが仕事なので我慢しなければなりません。

特にコンビニではそのような気持ちになってしまう機会が多いのです。

高校生で採用されるために面接ですべきこと

では、気になる求人を見つけて面接をするときに、高校生のアルバイトとして採用されるためのポイントをご紹介します。

身だしなみはきちんとしよう

高校生として採用されるための大切なポイントは、なんといっても身だしなみです。

アルバイトの面接では私服の面接が多いです。

しかし身だしなみが整っていないだらしない私服では絶対に面接をしないでください。

採用されるためには「高校生なのにしっかりしているように見える」と思われるような服装で面接に臨みましょう。

丁寧な言葉遣いをしよう

普段のような言葉遣いで面接時に話してはいけません。

丁寧な敬語を使い、きちんとした言葉遣いで対応してください。

アルバイトの面接の際、一番見られるのはどのような高校生かということです。

あまりにも「働く気がなさそうな」印象を受けてしまう言動を繰り返し使ってしまうと採用してもらえないこともあります。

普段の言葉遣いではなく、目上の人に話す言葉遣いを心がけましょう。

元気よく答えよう

高校生らしさ、という意味では元気なことをアピールポイントとしてもよいかもしれませんね。

面接では元気よく受け答えをすることは好印象を持ってもらえるチャンスです。

元気さは積極的に面接でアピールしていきましょう。

まとめ

高校生のコンビニアルバイトについてをご紹介していきましたがいかがでしょうか。

コンビニのアルバイトは様々な視点から高校生から始めるアルバイトとしてはお勧めできる職種でもあります。

コンビニのアルバイトに興味のある方はぜひ参考にしてみてください。


関連キーワード

コンビニバイト求人

コンビニバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

名古屋コンビニバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?おすすめコンビニ系列や向き不向きややりがいなどを解説!

名古屋でアルバイト求人を探している人はいませんか?名古屋市は愛知県の主要都市で都市部ということもあり求人広告は地方のエリアよりも件数がはるかに多いエリアでもあります。ここでは、そんな名古屋市の求人の中でコンビニのアルバイト求人についてをご紹介していきます。名古屋コンビニバイトの求人をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。名古屋コンビニバイトはどんな仕事?まず、コンビニの仕事とはどのような業務があるのかをご紹介していきます。一番想像できるのがレジでの接客業務・品出しになります。コンビニの店舗内でコンビニの店員がレジで会計業務をしたり、商品を陳列する光景はよく目にするのではないでしょうか。ほかに

コンビニ夜勤バイト求人の時給や募集内容、求人で見るべきポイントとは?メリット・デメリットも解説

アルバイトの仕事を探すときにどの仕事を探そうかと人に尋ねると、「コンビニのアルバイトが一番楽だよ」という言葉を耳にすることがあります。コンビニのアルバイトは働く店舗内も小さくて覚えることも少なく、接客もレジ打ちだけだと思われがちです。しかし、シフト制のコンビニのアルバイトでも、様々な業務が行き交う中で本当にすべての業務が簡単だと言い切れるのでしょうか。そんなコンビニのアルバイトの中で、どのアルバイトでもなかなか経験できないものがあります。それがコンビニの夜勤バイトで24時間営業のコンビニでは、シフト管理で深夜帯の夜勤営業を担当するスタッフがいます。深夜のアルバイト業務はどのアルバイト業務の中で

茨城コンビニバイト求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

学生や主婦の皆さんこんばんは!アルバイトを探している方は多いのではないでしょうか。その中でも、コンビニのアルバイトをやってみたいと思った方も多いかと思います。私も、実際そうでした。その後、大学3年生からアルバイトを始めて卒業までずっとやっていましたが、自分が思っていたよりよっぽど大変で覚えることも想像以上に多かったです。しかし、コンビニ自体が数え切れないほどあるわけですが、時給の相場や求人の特徴が気になる方は多いのではないでしょうか。今回は、そんなことで悩んでいる方向けに茨城のコンビニバイト求人について書いていきます。コンビニの仕事ってどんな仕事があるの?コンビニの仕事と言えば接客業なのは誰で

大阪コンビニバイト求人の時給や仕事内容、人気エリアとは?経験者が選び方のコツも教えます

コンビニバイトはみんな同じじゃないのか、と思われがちですが場所によって全然違います。今回は大阪コンビニバイト求人の仕事内容や、選び方の基準についてお伝えしていきます。コンビニバイトの時給はどれくらい?コンビニのバイトは楽な割には時給が高すぎるのではないかという声と、体力勝負の割には時給が安いという声があります。コンビニバイトの給料は場所や時間帯によって時給が大きく変わります。同じコンビニバイトでも繁華街の一角にある店と、人通りの少ない店では忙しさも違うため給料も大きく変わります。実際、場所や時間帯でどれくらい給料に差があるのか見ていきましょう。全国平均は?コンビニの全国平均時給は892円です。