私は、今までコンビニで働いていました。

そして今では、お客さんとして1日に1度は必ず大好きなコンビニへ買い物に行っています。

様々なサービスを提供するコンビニバイトの仕事は、大変な準備や覚えなければいけない難しい業務内容があります。

しかし、仕事に慣れてコツをつかめれば、肩の力を抜いて楽しみながら働けるようになります。

コンビニのバイト経験者だからこそ言える、気分が乗らなかった日の働き方や楽しかった思い出、長く続けられるコツを紹介していきます。

コンビニバイトのおおまかな仕事内容とは?

何といっても、コンビニは24時間営業です。

店を営業する為に維持しなければいけない業務は、多々あります。

その為、時間の経過を早く感じていました。

朝、夕方等の時間帯に、定期便のトラックで物流商品を入荷します。

レジ業務や接客を行いながら、専用の機械で検品作業、品出し、陳列や整頓作業を行います。

また、レジ作業の中には、少し面倒な返品作業、映画・ライブ・イベントのチケット販売、年賀状等の季節商品の予約手配などがあります。

その他、機関の代わりに税金の支払い、公共料金や各種支払いの収納代行の仕事もあります。

決められた時間までに発注作業や商品の仕入れもしなければいけないので、大変忙しいです。

店頭にはいつも商品が揃ってなければなりません。

なので、手が空いた時には在庫から商品補充作業を行います。

定時に行うトイレ掃除や窓拭き、モップや機械での店内清掃など、店頭の美化作業も大切な仕事です。

沢山の業務を行いながらも、接客を優先にしなければいけません。

それぞれのバイト従業員が、丁寧に責任を持って仕事を担当しています。

コンビニバイトの詳しい仕事内容についてご紹介します。

コンビニバイトが楽しいと感じる6つの理由

コンビニのバイトを始めたけれど、業務内容や接客の業務内容が合う人や合わない人がいるかも知れません。

大変な業務の中にも、他では味わえない楽しさが満載なのです。

気軽な気持ちで挑戦してみるのも良いと思います。

新しい世界が開けて、面白く自分に合った仕事が待っているかも知れません。

コンビニバイトの良い点は、自分の都合が良い時間帯で働くことができ都合が付きやすいところです。

仕事の内容や環境にさえ慣れることができれば、すぐに楽しいと感じることができるでしょう。

コンビニのバイトを通して、自分に合う働き方を見つけることができるはずです。

自分が希望する時間の勤務が可能

コンビニのアルバイトは、シフトで区切られていています。

自分の勤務時間の希望がかないやすく、短時間勤務や1日を通してガッツリと働きたいなど好きな勤務時間で働くことができます。

また、働くことがあまり好きではない人や学生など自分のプライベートも優先したい方は、Wワークしながら気軽な気持ちで働き始めることができます。

休みを取りやすい理想の店舗は、アルバイト従業員が沢山いる店舗です。

面接時に休みやすい環境かの確認が必要となりますが、比較的コンビニバイトは敷居が低く、休みを受け入れてもらいやすいです。

自分の生活環境に合せられることができさえすれば、長い期間働けます。

その為、長期間働く人が多いのです。

家庭の都合や旦那さんの転勤などで各地を点々とする主婦の中にも、その場所その場所でコンビニでバイトをしている人も多くいます。

また、若いフリーターの場合、業務を一から覚える必要がなく楽だからという理由で、コンビニバイトばかり渡り歩く人もいます。

自由度が高いという理由が、楽しいと感じる魅力の一つだと思います。

廃棄食品が試食できる

コンビニでは、廃棄食品の処分作業があります。

日付と時間を確認し、いつも新鮮な食品を陳列しています。

私は、店長からスイーツの廃棄を貰ってよく食べていました。

コンビニ商品の中でも、豪華な廃棄商品を選んで貰っていました。

各店舗によって対応が異なると思いますが、ルール上、本来は貰えるものではないようです。

しかし、お願いしてみたところ「スタッフルームで食べるなら良いよ!」ということで、貰える様になりました。

まだまだ状態も良くて食べられる食品なので、廃棄処分は本当に勿体ないと私は思います。

これも前向きに捉えて楽しみ方次第ですが、無料で様々なスイーツを食べることができるのが最高に幸せな日々でした。

沢山ある時は、スタッフみんなでケーキバイキングの様にして贅沢な気持ちを味わいました。

また、夏場の土用の丑の日の鰻弁当や高額な有名料理人のコラボ弁当などが販売されることがありました。

コンビニ弁当の中でも高級な弁当の廃棄を貰って食べたりもしていました。

この様に時給以上の恩恵にもあやかれていたので、食べることが好きな私は楽しい上にお得なバイトだと思えていました。

展示会に参加させてもらえる

年に1度か2度、食品展示会・試食会を各メーカーの商品の説明の為に行われる会議をコンビニ本社が開催します。

これは、経営者の判断で行かせてもらえた特権だったので、本当に良い経験をしました。

この説明会の目的は、発売前の新商品の意見交換会及び試食会です。

メーカーの新商品を試食する目的で、アルバイトが交代で店長に同行させてもらうことができました。

ホテルなどで行われますので、普段のバイトでは味わえない様なリッチな気分になれます。

いつもは地味な制服姿ですが、場所を考えお洒落して出席していました。

その上、オーナーの計らいで時給も付けてくれました。

勿論ただ食べるだけではなく、仕事なので意見や感想も問われますが、ちょっとしたパーティ気分も味わうことができます。

結果、自分達が選んだ試作食品が採用されて商品化された後に実際に店頭に並んだ時は、とても嬉しくやり甲斐を感じました。

珍しいケースかもしれませんが、発売前の商品企画にも携われる楽しさがありました。

他店の手伝いに行く

勤務中に同じ系列店舗のアルバイトが体調不良になったことがありました。

そこで、人手が足りない為にヘルプに入ったことがあります。

その店舗ではそれまで働いたことがなかったので、同じ内容の業務ではありますが、環境が変わり客観的に見ることができて新鮮に感じました。

その店は繁華街にある店舗であった為、客層が普段とは違い、人間観察をして楽しんでいました。

両店で働くことで友達も増え、結果仕事が楽しくなりました。

私が働いていた環境は、自由度が非常に高く自分の性格に合っていました。

その後も、時々ヘルプで手伝いに行ったりすることが多くなりました。

あくまでもヘルプとしてなので、任されるのはレジ業務のみで力仕事もなく、気楽な業務でした。

コンビニバイトを始めたばかりで、同僚や環境が合わないなど悩んでいる人がいるかと思います。

そのような場合は、店長などに相談してみましょう。

系列店舗がある場合には、勤める店舗を異動させてもらえる場合があると思いました。

一つの店舗で働くより、動くことが好きな人や行動力がある人などは、店舗を掛け持ちも飽きずに楽しく働く手段として良い方法の一つだと思います。

お客さんが引いた時間帯

四六時中忙しいコンビニ店はなかなか無いと思います。

特にオフィス街のコンビニでは、忙しい時間と暇な時間がハッキリとしています。

どこのコンビニでも、必ず人が引く暇な時間帯があるはずです。

大体の店舗では、忙しい時間帯は朝の通勤時間やお昼休み、夕方だと思います。

その時間以外は、自分に割り振られた仕事をしながら、アルバイトメンバーと話ができます。

メンバーに年齢差があるので、各世代のプライベートな話に花が咲かせられ、色々と社会勉強にもなります。

また、台風や雨の日は客足が少ないので、ゆったり過ごすことができます。

お客さんの多い日などは忙しく働き続けているので、こんな日はまったり過ごしながら仕事をすることを店長も許してくれます。

このような時間はとても貴重で、ホッとできる楽しい時間です。

深夜のシフト

コンビニの求人で深夜の時給が遥かに高いのはご存知でしょうか?

一晩の日給が1万円越えをする場合が多く、美味しい時間帯の勤務です。

多少の力仕事や深夜ならではの作業もありますが、体調や環境に無理なく働ける人にはおすすめのシフトです。

黙々と一人で仕事をする時間に浸ることができ、面倒な人間関係も少なくて済みます。

そして、コンビニは防犯体制が整っています。

防犯カメラもありますし、レジ下にボタンが設置されていて緊急時に押すことにより警備会社と繋がるようなシステムになっています。

なので、何か起これば警備会社がすぐに来てくれます。

また、レジの中には、常に沢山のお金は置いているわけではなく、ある程度貯まると金庫へ入れる仕組みになっています。

その為、安全面では余程のことがない限り心配ないでしょう。

お客さんが少なく忙しいわけでもなくゆっくりとできる為、眠気を克服できている人が深夜の仕事ばかりを好む気持ちも分かります。

女性が深夜のシフトに入っているお店もありますので、体力に自信のある人には時給の高い深夜のシフトに入ってみるのも良い考えでしょう。

コンビニバイトが楽しいと感じる6つのシチュエーション

コンビニバイトならではの楽しみ方は沢山あります。

スーパーや雑貨店とは違い、厳選されたものが扱われているので商品の数が多くなく、働く側もその点は楽です。

働く立場を利用した特権やお得も数多くあります。

私が経験して良かったな、楽しかったな、と思うシチュエーションをご紹介します。

常に新しい物に溢れていること

コンビニ業界は経営競争の激しい職種だと思います。

コンビニには共通して取り扱う商品の他に、各コンビニ独自の商品の取り扱いがあり、差別化を図っています。

企業が新しいことに敏感の為、期間限定商品の山です。

クリスマスやお正月、その他様々なイベントごとにも魅力が詰まっており、有名なパティシエ監修のケーキなどのお取り寄せ品もあります。

他にも、様々な商品を各地から取り寄せができて、品質がベストな状態でコンビニでの受け取りができるメリットがあります。

その様な注文を受け、販売をするのも楽しいです。

常に新しい物で溢れ流行り物に詳しくなれる点は、新鮮な感覚でバイトができます。

みんなが同じ立場なので仲が良いこと

私が経験したコンビニのバイト先では、面白い仲間が多くいました。

オーナーや店長以外は、ほとんどの人がアルバイトです。

仕事をしっかり覚えれば偉そうなことも言われることがなく、また先輩や後輩などの上下関係もなく、仕事ができれば褒められることも多くあります。

アルバイトの年齢層は様々でしたが、皆さんが気の利く人が多く、気持ちの若い人が多かったです。

オーナーからの差し入れがある日もあり、新商品のサンプルをメーカーさんから頂いたりもしました。

そんな時も仲間で仲良く分けて商品の意見を交換し合える、家族の様な存在でした。

雑誌の立ち読みができること

これは私が働いていた店舗でのことですが、お客さんがいない暇な時間のみ漫画や雑誌の立ち読みが許されていました。

コンビニでは、雑誌類を綺麗に正面に向けて並べられていると思います。

その様に並べられているので目に入りやすく、時間ができた時に読むものを事前に選んでいました。

コンビニはいち早く新刊が読むことができる環境です。

お客さんがいるにも関わらずどうしても読みたい場合は、片付ける振りをして読んだこともありました。

本好きの私には、その場を離れられなくなるほど楽しくてお得な毎日でした。

値引き品が一番に手に入ること

コンビニは化粧品やサプリメントなども取り扱っています。

コンビニの商品の中では、高額商品の部類に入るかと思います

食品以外でも、使用期限が間近の日用雑貨商品やパッケージの痛んだ商品は売れないので値引きになります。

中でも高めのシャンプーや下着類などが値引きされた時、私はいつも狙っていました。

より良いものが安く手に入るというメリットがあります。

自分が雑貨の担当者なら尚更好都合です。

裏技として、事前に目を付けておくこともできるからです。

コンビニバイトは社員割引がありません。

なので、いち早くお買い得商品と出会える特権を得ることは数少ない楽しみの一つでした。

新アルバイトメンバーが入った時

アルバイトのメンバーが増員された場合は、毎回どんな人が応募してくるのか期待が高まりテンションが上がります。

またアルバイトの人員が増えると休みも取りやすくなります。

ハードなシフトも組まれにくいというメリットもあります。

仕事を教えてあげることは、マンネリ化した環境から新鮮な気持ちにもなれる変化になりますし、人を育てることは楽しく貴重な経験になります。

増員されることは良い場合ばかりではありませんが、他にも素敵な異性、話題が面白い人などとの出会いが多くあります。

気の合う仲間が増えると仕事もやりやすく、友達も増えてアルバイト生活が楽しいものへと変わることでしょう。

お盆には浴衣が着れる

いつもは決まった制服で働いていますが、夜間のアルバイトのメンバーは、浴衣を着てお盆の雰囲気を楽しもうと言う企画を作ったことがありました。

その結果、バイトのメンバーと店長で話し合って決まりました。

オーナーも賛成してくれて、お盆らしく、涼しく、観光客向けには良い企画だったと思います。

動きにくいので忙しすぎない時間がおすすめですが、浴衣を着ると気持ちも変わって新鮮です。

コンビニで浴衣を着て働くなんて珍しいので、お客さんも喜んでくれていました。

その日のバイト時間はいつも以上に楽しく過ごせて面白い企画でした。

コンビニバイトを楽しむために私がやっていたこと

誰でも楽しく仕事ができることを望んでいます。

しかし、そんな理想的な環境はなかなか無いので、自分の意識を変えてみることにしました。

ちょっとした気持ちの持ち方次第で、単調な仕事も大きく変わると思います。

私が、コンビニのバイトを楽しみながら働く為に考えていたことをお伝えしていきます。

カウンターフードを作ること

コンビニのカウンターフードは、ちょっとした調理が必要です。

冷凍食品で届いたものを解凍したり油で揚げたりなど、アルバイト達が調理しています。

繁盛時間に向けてフードケースにぎっしりと並んだ食品を見ると、なんだか気持ちが良いのです。

最近では、手作りのおにぎりや数量限定のお弁当にスイーツ類も売りにしているコンビニもあります。

それも含めて、自分が作ったフードが次々に売れていくこともなんだか嬉しいものです。

また冬場には、おでんを作ります。

冬場は湯気の出る食品が多くなり、コンビニのカウンター周りのフードが暖かい雰囲気で賑わい、季節を感じることができます。

店内商品やトイレに貼るPOP作りが楽しい

絵を描くのが苦手な私ですが、お店がなんだか殺風景だった為、店長からPOPを描いてほしいと頼まれたことがありました。

そのタイミングで偶然にもコンビニの近くにある美術専門学校の学生がアルバイトで入って来たのです。

その人にお願いしようと思ったのですが、折角のチャンスだと考えて書き方のコツを教えてもらうことにしました。

キャラクターなどの絵を描きました。

宣伝用に自分が描いたPOPが店内に使われているのが嬉しかったです。

その後アイデアも豊富になり、段々と絵を描くコツを掴み上達していくことが楽しくなっていきました。

このバイトでなければ、自分のオリジナルPOPなんて使ってもらえないので、優越感に浸れました。

当時は、美術の専門学生から無料で教えてもらえるという特権がつき、贅沢な待遇でした。

初めはPOP作りが大変苦痛でしたが、結果的には良いチャンスを与えてもらうことができました。

その当時は、同じ時期に働いていたメンバーに恵まれていたので、バイトに行くことが楽しみの一つでした。

トイレなどのDIY

店内ではコンビニブランドの共通した陳列で統一されているので、お店独自の個性は出しにくいです。

キャラクターのスピードくじなどの陳列もオリジナリティを発揮できますが、それ以上の楽しさが他にもあります。

それは、トイレの美化活動です。

私は、男性の店長に任せてもらい、女性目線から見て好まれるトイレにしようと、芳香剤などを選ばせてもらったりしました。

トイレという小スペースであれば、オリジナリティーを出しても許されていました。

なので、センスを信じて任されているという意味ではやりがいを感じます。

100円ショップなどで壁紙を購入して貼ったり、貝殻を手洗い場に置いたりしてお洒落に飾って楽しんでいました。

また、最近はイートインスペースなどオシャレな場所を構えたコンビニもあり、観葉植物を飾り、オシャレのセンスを発揮できる場が増えています。

どうしても楽しめない時におすすめの気持ちの切り替え方

体調が悪かったり、お客さんに怒られたりして落ち込む時もあると思います。

一時的に嫌なことがあった時に、私が乗り越えたおすすめの方法をお伝えしていきます。

クールダウンできる場所がある

私もお客さんなどにクレームをつけられて辛かった時やどうしても気分が乗らなかった時がありました。

狭い店内なので閉じ籠ることなどはできませんし、そんな時はバックヤード作業に移してもらっていました。

手袋やブルゾンを着て、飲料の冷蔵庫に入りジュース類の補充作業をしてました。

作業しているとお客さんに気付かれ、時には笑われたりして何だか面白くなりました。

また、寒い場所なので気持ちのクールダウンもでき、同じ場所で作業するより場所を変えることによって気分転換もできるので、冷蔵庫の作業はおすすめです。

いつでも休めると思う気持ちを持つ心の余裕

私がいつも思っていたことですが、コンビニバイトはあくまでもポジションがバイトなのです。

どうしても嫌になれば環境を変えるという方法があります。

「嫌な日は暫く休むぞ!」という気持ちを常に持っていました。

頑張って仕事に慣れても、楽しめない日もあります。

でも、「絶対に続けなくてはいけない」という気持ちを緩めれば、いつの間にかいつも通りの気持ちに落ち着きます。

これは、自分が乗り切った秘策でもあり、数年間続けられた理由です。

自分の気持ちを機械化させる

我慢してもどうしても楽しくなくなる時期がありました。

それは、どの仕事にも慣れてきた頃によくあることです。

私は、そのような時期には気持ちを無にし、お金の為に働いていると自分に言い聞かせていました。

バイト仲間も、同じ様に思った時期があるそうです。

誰にでもあることだと思いますので、気持ちが共通する仲間に相談して理解してもらうことも大切です。

勤務時間内はただ仕事の事だけを考え体を動かし、仕事をする機械の様な気持ちになることも、回避させるコツだと思います。

まとめ

いかがでしたか。

コンビニバイトは複雑で忙しい仕事の中にも、毎日ちょっとした面白いエピソードや季節毎の変化もあります。

業務内容が難しくて忙しい仕事の中にも、接客業の楽しさも詰まっている奥が深い仕事なのです。

そして、仕事に慣れると、初めは面白く感じた業務内容もマンネリ化により印象が変わってくることでしょう。

しかし、そんな時は無理をしないで良いと私は考えます。

コンビニバイトの経験者は、辞めてもまたコンビニで働く人が多い様です。

コンビニバイトの楽しさを知っている人であれば、一時脱線してもまた始めたいと思えるようです。

私は実際に、そのような人を沢山見てきました。

これらの情報が、これから働きたい方や現在働いている人の悩みの解決に、少しでもお役に立てると嬉しいです。




コンビニバイト求人についてもっと深堀りした情報を見る

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

名古屋コンビニバイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?おすすめコンビニ系列や向き不向きややりがいなどを解説!

名古屋でアルバイト求人を探している人はいませんか?名古屋市は愛知県の主要都市で都市部ということもあり求人広告は地方のエリアよりも件数がはるかに多いエリアでもあります。ここでは、そんな名古屋市の求人の中でコンビニのアルバイト求人についてをご紹介していきます。名古屋コンビニバイトの求人をお探しの方はぜひ参考にしてみてください。名古屋コンビニバイトはどんな仕事?まず、コンビニの仕事とはどのような業務があるのかをご紹介していきます。一番想像できるのがレジでの接客業務・品出しになります。コンビニの店舗内でコンビニの店員がレジで会計業務をしたり、商品を陳列する光景はよく目にするのではないでしょうか。ほかに

コンビニバイトで高校生OKな求人はある?稼げる時給や仕事内容、高校生にもおすすめ出来る理由

高校生になってからアルバイトを始めようとする人は多いと思います。義務教育を修了して高校生になりますと学校に許可の申請を出してアルバイトをしたりこっそりアルバイトをするなんて人もいますよね。では、高校生からのアルバイトをするにあたって、どのような場所のアルバイトが可能なのかをご存知でしょうか。実際に高校生から働いている人はたくさんいますが、求人を見ていただくとわかるように「高校生不可」と書かれている求人も多くあります。つまり、高校生からアルバイトのできる場所を探すところから始めなければならないのです。そこで、今回はコンビニアルバイトをご紹介できればと思います。実際に高校生がアルバイトのできる環境

コンビニ夜勤バイト求人の時給や募集内容、求人で見るべきポイントとは?メリット・デメリットも解説

アルバイトの仕事を探すときにどの仕事を探そうかと人に尋ねると、「コンビニのアルバイトが一番楽だよ」という言葉を耳にすることがあります。コンビニのアルバイトは働く店舗内も小さくて覚えることも少なく、接客もレジ打ちだけだと思われがちです。しかし、シフト制のコンビニのアルバイトでも、様々な業務が行き交う中で本当にすべての業務が簡単だと言い切れるのでしょうか。そんなコンビニのアルバイトの中で、どのアルバイトでもなかなか経験できないものがあります。それがコンビニの夜勤バイトで24時間営業のコンビニでは、シフト管理で深夜帯の夜勤営業を担当するスタッフがいます。深夜のアルバイト業務はどのアルバイト業務の中で

茨城コンビニバイト求人の特徴や、人気なエリア・時給相場・求人の選び方のコツを紹介します

学生や主婦の皆さんこんばんは!アルバイトを探している方は多いのではないでしょうか。その中でも、コンビニのアルバイトをやってみたいと思った方も多いかと思います。私も、実際そうでした。その後、大学3年生からアルバイトを始めて卒業までずっとやっていましたが、自分が思っていたよりよっぽど大変で覚えることも想像以上に多かったです。しかし、コンビニ自体が数え切れないほどあるわけですが、時給の相場や求人の特徴が気になる方は多いのではないでしょうか。今回は、そんなことで悩んでいる方向けに茨城のコンビニバイト求人について書いていきます。コンビニの仕事ってどんな仕事があるの?コンビニの仕事と言えば接客業なのは誰で

大阪コンビニバイト求人の時給や仕事内容、人気エリアとは?経験者が選び方のコツも教えます

コンビニバイトはみんな同じじゃないのか、と思われがちですが場所によって全然違います。今回は大阪コンビニバイト求人の仕事内容や、選び方の基準についてお伝えしていきます。コンビニバイトの時給はどれくらい?コンビニのバイトは楽な割には時給が高すぎるのではないかという声と、体力勝負の割には時給が安いという声があります。コンビニバイトの給料は場所や時間帯によって時給が大きく変わります。同じコンビニバイトでも繁華街の一角にある店と、人通りの少ない店では忙しさも違うため給料も大きく変わります。実際、場所や時間帯でどれくらい給料に差があるのか見ていきましょう。全国平均は?コンビニの全国平均時給は892円です。


コンビニバイト求人に関するコラム

コンビニアルバイト仕事内容21個の業務。経験者が教えます!

コンビニは全国各地にかなりの数があり馴染み深いものですが、コンビニで働いたことがない人はどんな仕事をしているのか、意外と詳しくは知らないのではないでしょうか?コンビニアルバイトの仕事内容は具体的にどういったものがあるのか、通算7年務めた経験者が教えます!コンビニアルバイトの仕事は大きく4個の役割に分けられる接客コンビニではメインとなる業務です。レジでの業務だけではなく店内の案内なども接客業務の一部です。他の業務よりも最優先される業務です。商品管理お店の商品は常に動いています。売り場をいい状態に保つために、行う業務は多岐に渡ります。清掃毎日沢山の人の出入りがあるのがコンビニですので、清掃は大事な

コンビニバイトの仕事内容14個の業務。経験者が教えます!

バイトといえばコンビニを真っ先に想像する方も多いのではないでしょうか。コンビニは全国に展開しており、バイト初心者でも気軽に応募できる点が魅力的でしょう。これからコンビニで働きたいと考えている方も多いはずです。この記事では、実際にコンビニバイトの経験がある私が、コンビニバイトの仕事内容についてご紹介致します。コンビニバイトにご興味がある方は、是非チェックしてみてください。コンビニバイトの仕事は大きく3個の役割に分けられるコンビニバイトの仕事は大きく分けて3つに分けることができます。どのような仕事があるのか、一つずつ確認してみましょう。商品補充売り場に商品を補充する仕事です。入荷した商品を検品した

コンビニバイト辞め方の4個の注意点。辞める理由の整理、迷惑がかからない辞めるタイミングなど

コンビニの仕事は、長期にわたって仕事をする人もいれば、短期でアルバイトとして働いている人もいるなど、働く人の出入りが激しい仕事の一つです。特にコンビニの営業時間は24時間営業と長く、また年中無休ですから、一人の人が仕事を辞めてしまうと、お店の営業に大きなダメージを与えることになります。退職の気持ちをなかなか言い出すことができずに、ズルズルと仕事を続けている人も少なくないことでしょう。そんな方々の参考になればという考えから、コンビニバイトの辞め方の注意点からタイミングまでを、分かり易く紹介させていただきます。コンビニバイトを辞める時の4個の注意点仕事を辞めたくなる理由は、人それぞれです。業務内容

コンビニバイトの人間関係でよくある4個の悩み。皆さんの周りではこんなのありませんか?

コンビニバイトの人間関係には、どんなイメージをお持ちですか?私が以前、想像していたコンビニバイトのイメージは、昼は主婦やフリーター、夜は学生が勤務しており、比較的楽しそうなイメージを持っていました。業務内容や人間関係もそこまで厳しくないと思っていました。そんなイメージから私も、「楽しそう、仕事内容も楽そう!」と考え、学生時代にコンビニバイトを経験しました。今回は、コンビニバイトの人間関係での悩みやその対処法などを紹介します。ンビニでバイトを考えている人は是非、バイトを選ぶ際の検討材料にしてみて下さい。コンビニバイトの人間関係でよくある4個の悩みコンビニバイトを選ぶ際に気になることの一つに、「人

アルバイトならコンビニがおすすめな14個の理由

最近では販売する商品が多様化し、とても使いやすくなったコンビニエンスストアですが、海外からの留学生には初バイトとして就業する方が増えてきています。ここでは、採用されやすくアルバイトの最初の登竜門のコンビニを知ってもらう為、必要な情報を実体験を交えながら紹介していきたいと思います。事前情報として活用してもらえると幸いです。コンビニのバイトはどんな仕事内容?コンビニでの仕事内容は、レジ・商品管理・清掃と大きく分けてこの3つに分類されます。細かな説明はこの後の見出しで紹介していきます。アルバイトならコンビニがおすすめな理由コンビニは店舗数が多く、その多さもあって人手が常に足りない状態にあります。その