コンビニで働いてみようと思っても、面接で何を聞かれるのか不安ですよね。

面接前に聞かれる内容がわかっていれば、ある程度用意できます。

答えが用意できれば、面接相手に好印象に思ってもらいやすいです。

今回は経験者だからこそ知るコンビニバイトの面接のポイントをお伝えします。

コンビニバイト面接で聞かれることは?

コンビニバイトで聞かれることってそれほど多くありません。

コンビニはすぐに辞めてしまうので長く多く入れる人を求めます。

多くは希望の時間に入ってくれる人が重宝されます。

では具体的に聞かれる内容をご紹介していきます。

絶対に聞かれるのは志望動機

どのバイトでもそうですがコンビニバイトでも志望動機は聞かれます。

なんとなく、楽そうだから入ったなんて人を減らすためですね。

志望動機ではバイトに対する心構えを確認しています。

コンビニバイトって結構辞めてしまう人や、楽そうだからと適当に過ごしちゃう人も多いんです。

面接ではその辺りも見ています。

合格者の経験談!こんな風に答えました

コンビニはたくさんあります。

その中でもこの店舗を選んだ理由を答えると好感を持ってもらえます。

「コンビニはたくさんありますが、その中でもこの店舗を選んだ理由は自分がお客さんとして利用する際に店員さんの接客がとても良かったからです。

他のコンビニよりも雰囲気がよく、働きやすいと感じたからです」など、この店舗だからの理由を言うことが大切です。

そこを明確にすることで、他のコンビニでもいいのではないか?という面接官の疑問をなくせます。

更にここでこの店舗ならではの良さをあげることで、店のことを見てくれているんだと喜ばれます。

これまでのアルバイト経験

アルバイト経験も聞かれます。

コンビニは未経験OKで、バイトデビューとして働く人が多いので、経験がなくても問題ありません。

ただ、やはり元々違うコンビニで働いたことのある人は重宝されます。

こんなアルバイト経験があると好印象

コンビニとはいえ接客業です。

接客関係のバイトの経験があった人は印象がいいです。

接客が丁寧だと期待されるからです。

レジ打ちの経験があると尚良いです。

コンビニはレジを覚えるのが業務の中で多く割合を占めています。

そのため、レジを教える手間がなくなることは店長としてもありがたいことです。

研修期間がその分短くなり、早く業務に入ってもらえるからです。

シフトについて

コンビニで一番気にするのはシフトです。

週何回、何時間入れるのかです。

また土日は入れるのか、入れない曜日は決まっているのかも知りたいところです。

コンビニはある程度入る時間や曜日が人によって決まってきます。

メインで入る人が入る時間が決まっていることが多いからです。

そのため、学生であればその間の時間を埋めてくれる人、メインの人が休みの時に埋めてくれる人を探しています。

そのため最初に入れる時間帯を確認します。

朝早くや夜遅く入ってくれる人は入る人が少ないので喜ばれます。

土日は朝から入れます。

金曜日であれば夜遅くても入れます。

と伝えると、それだけで採用されやすくなります。

お店の状況次第なので必ずしもその時間を必要としているとは限りませんが、入る人が少ない時間に入れると求められます。

勤務NGな日がある場合には必ず伝えよう

入ってからこの日は絶対ダメなんです。

というとお互いに困ります。

シフトに入れられないし、あなたも好感度を下げることになってしまいます。

最初に伝えておくことで、店長もそれを把握した上で採用を決められます。

ただ、NGな日の理由の伝え方も大切です。

金曜日は入れないです。

休みにしてほしいです。

と伝えたいとしても、ダメな曜日だけを端的に伝えるのは辞めましょう。

なぜダメなのかわかりません。

相手が納得できる理由を説明する必要があります。

サークルで入れないのであれば、金曜日はサークル活動で夜まで時間が拘束されてしまいます。

そのため、金曜日だけはバイトに入れませんが、その日以外で何曜日でも入れます。

というように明確な理由と、ダメな日以外はどうなのかを伝えるようにしましょう。

できるだけ早く勤務が始められるように調整しよう

採用が決まったらお店側としては一日でも早く働いてほしいものです。

面接の段階で、もし採用が決まったらいつから働けるかを確認してきます。

その際に働ける日にちがあまりにも遠いとせっかく採用したいと考えてもらえても、他の人に採用を決めてしまう可能性が高いです。

初出勤日はできるだけ早く合わせられるように調節してから面接に望むようにしましょう。

学業との両立について

学生はフリーターに比べて入れる時間がどうしても短くなってしまいます。

学校の勉強を優先にしたいから、塾に行っているからと学業でバイトに入れる時間が短いと採用を考えてしまいます。

学業と両立してどれくらい働けるのかは必ず確認します。

受かりたいから盛って話せばいいわけではありません。

面接のときに言った内容は後でそのままシフトに反映されます。

正直な状況を伝えるようにしましょう。

通勤手段や通勤時間について

コンビニでも一部交通費を支給してくれるところもあります。

電車でくるならどれくらいかかるのか聞かれます。

また近くであればあるほど遅い時間でも働いてもらえるのでシフトに入れやすいです。

また休みの時にシフトに入って欲しいときに急な連絡で来てくれるのかも大切です。

どれくらい稼ぎたいか

入れる日数の目安として聞かれます。

これはそこまで採用に左右されるのかわかりませんが、基本的に聞かれます。

コンビニで10万円というとかなりシフトに入らないといけないので現実的には厳しい数字です。

稼ぎたい金額と入れる日数、店側が入れてくれるシフト数をマッチするために聞かれるのでしょう。

長所や自己PR

自分のいいところを理解している人はしっかりしているように見られます。

自分のどこがいいところかわからない。

自分のことがわからない。

すぐに答えられない人よりも、自分の売り込みどころを知っている人は自分の良さを活かして仕事ができます。

自分のことがよくわかっていると、それだけしっかりしているように見られます。

自分について堂々と答えられるだけでイメージもいいので、今から考えておきましょう。

面接当日の心構え

いざ面接に向かう際、コンビニバイトは就職の面接ほど堅苦しいものではありませんが相手に好感を持ってもらう必要があります。

面接は面接官に自分を売り込むための儀式です。

良いことを言えばいいのではなく、自分の良さを相手にアピールして選んでもらう場所です。

あなたの良さを最大限に活かしましょう。

服装で気をつけることは?

ジーパンなどラフな格好でも問題はありませんが、綺麗な服装でいきましょう。

服装は清潔さが問われます。

破れた服や派手な服は控えましょう。

普段の自分の個性を活かす場所ではありません。

身だしなみは自分基準ではなく相手がどう思うかで判断しよう

清潔に見られることが大切です。

男性であれば髭が無造作に伸びていると嫌がられます。

髪の毛がぼさぼさだったり、よれよれのTシャツを着ていくのはやめましょう。

相手がどう感じるかを考えて、好感の持てる見た目を気にしましょう。

面接の時間は厳守しよう

当たり前ですが遅刻はNGです。

1分でも遅刻をするとそれだけで心象が悪くなります。

5分前には到着できるように心がけましょう。

最初からルーズな人だと思われると、それだけで悪い印象がついてしまいます。

この人は仕事をやり始めても平気で遅刻をする人なのかなと思われてしまいます。

お店に着いたら、まずはお店の状況を確認しよう

お店についたらレジにいるスタッフに面接に来た旨を伝えます。

その前に店の状況を少し見ておくことは大切です。

そのためにも少し早めに到着しておくのが理想です。

面接では、素直にハキハキと答えよう

面接で見られるのは明るさと、素直さです。

ぼそぼそと答える人には任せたいとは思いません。

ましてコンビニバイトではこれからレジでお客さんの前に立つのが仕事です。

ハキハキと答えられる元気のある人が求められます。

曖昧な表現をすると「本当に思っているのかな?」と不安にさせてしまうので、自分のことを素直に言うようにしましょう。

取り繕う必要はありません。

こんな人は受かりやすい!合格するコツとは?

コンビニバイトでも受かりやすい人はいます。

合格するコツを掴んで、面接で相手にいい印象を与えましょう。

挨拶がしっかりできる

面接は店長の部屋に入るところから始まっています。

「失礼します。

よろしくお願いします。

こんにちは」と挨拶がしっかりできるとそれだけで好感がもてます。

面接の内容ではハキハキと答えていても、挨拶の時になよなよしていては問題です。

挨拶をしっかりできる人は社会でも求められます。

最初の第一声を元気に入ることを一番意識しましょう。

明るい挨拶ができると、第一印象がアップします。

相手の目を見ながらハキハキと話すことができる

目を見られない人は自信がなく見られてしまいます。

面接で答える時も下をむいて答えてしまうと、いくらいいことを言っていても相手には嫌な印象しか与えません。

人は話している内容よりも話し方です。

多少言葉がおかしくても、ハキハキと目を見て話すだけでいいことを言っているように感じられます。

恥ずかしいかもしれませんが、面接の時だけは自信をもって「私を使ってください。

私を選んでください」という気持ちで見つめてみましょう。

目を見るのが恥ずかしい人は、相手のこめかみから鼻筋辺りを見ると目を見てると感じてもらえます。

服装や身だしなみで嫌悪感を与えない

身だしなみを清潔にしておくと、それだけでしっかりとした人に見られます。

髪の毛がぼさぼさだったり、服装が派手だといくら元気でも服装に目がいってしまいます。

嫌悪感を与えてしまうと、面接が始まる前に面接が終わってしまいます。

人は見た目が9割です。

見た目を一番いい印象にしましょう。

シフトの融通が利く

シフトにたくさん入れる人はそれだけで重宝されます。

どの時間でも入れる人と、時間が決まっている人だったらどの時間でも入れる人を取りたくなります。

シフトがたくさん入れるのなら、入れるだけのシフトを細かく伝えてあげましょう。

土日はいつでも入れます。

時間は関係ありません。

と自由に移動できる時間があるだけで採用されやすいです。

お店の状況からこの時間は入れますか?この曜日は入れますか?と聞かれることもあります。

その時間はお店の人が不足していることがあるので、その時間に入れるとお店はすぐに採用してくれます。

また、コンビニは年中無休なので、長期休暇のシフトでも大きく変わります。

やはり年末年始入れる人はそれだけ採用が高まります。

GWやお盆休みなど一日でも数時間でも入れる日があるのなら、正直にそのことを伝えましょう。

少しでも入れる人がいるとお店は大助かりです。

通勤時間が15分以内

通勤時間が短いと通勤中に危険なことがないので安心です。

通勤中に何か問題があれば雇い主の責任になります。

コンビニは急遽シフトに入って欲しいときもあります。

電話をして入れる人はちかくであるほどに呼びやすいです。

電車の心配がないので24時まで入ってもらえたり、シフトを気にせず組みやすいからです。

コンビニバイトに興味がある方へ(まとめ)

コンビニの面接にあたっての心得は取得できましたか?コンビニバイトは特別スキルが求められる仕事ではないので、経験よりも働ける時間が重視されます。

今一度自分がどれだけの時間バイトに時間をさけるのか具体的に出してから面接に望むようにしましょう。

年末年始や長期休暇も自分はバイトに入れるのかあらかじめ確認しておくと、面接で聞かれた際に慌てなくてすみます。

本当は入れたのに入れないと答えたことで採用が左右されることもあります。

ダメな日も明確にしておいた方が後々問題になりません。

面接は相手にどれだけ好感を持ってもらえるかが勝負です。

面接で心象がよくなる挨拶の仕方を練習しておけば、当日緊張で声が小さくなってもカバーできます。

ハキハキと答える練習も友達と少しやっておくといいかもしれませんね。

実際ハキハキ話すのと、なよなよ話すのでどれだけ印象が変わるのかチェックしてみるのもいいです。

身だしなみと元気な挨拶を意識して面接に望みましょう。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト
あのLINEのグループ会社が運営!1200万人以上の会員が既に登録して利用してます。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト



今がチャンス!高時給バイトあります
バイトルで確認 >