身近なところで短時間の仕事ができるといったらコンビニを考える方もおられるかもしれません。

しかし忙しい毎日を送っている中で、必ずしも決まった曜日に仕事ができるわけではないという方も多いと思います。

自分の都合にあった仕方で効率よく働ける仕事は人気があります。

そんな中でコンビニ派遣という働き方をご存知ですか?

派遣とあるように、こちらは固定店舗での勤務ではなく、毎回異なる店舗にて仕事を行います。

コンビニでの就業経験があれば、その経験を生かして人手が足りない店舗の応援に行くというのがコンビニ派遣の仕事です。

コンビニの短期バイトでおもに任される仕事は?

コンビニでの就業経験があったとしても、いきなり店舗に行って仕事をするということは不安に感じるかもしれません。

実際、私も最初の仕事を行うまで本当に大丈夫なんだろうかと不安でした。

店舗ごとにルールは違うし、いきなり行って業務ができるのか、もともと店舗で働いている方の中に入って仕事をするのはどういう雰囲気なのか…などいろいろ考えてしまいました。

不安を持ちつつ仕事に向かったのですが、実際のところ、派遣に任されるのはレジ業務でした。

そのため、レジ操作ができるなら派遣先ですぐにでも勤務を行うことができます。

また、レジ横にあるスナック食品等の準備をすることを任されることもあります。

もちろん、店舗ごとに「~時までには〇個作ってください」という指示があるのでそれに沿って作業をしていきます。

バックヤードでの事務仕事や売上金の現金回収などの重要な仕事は店長さんや既存のスタッフの方が行い、それ以外の仕事の手伝いをするというイメージです。

任される仕事のなかで、いちばん簡単な仕事と大変な仕事は?

簡単な仕事

任される仕事は主にレジ業務と品出しです。

どちらも簡単な面と大変な面がありますが、比較的簡単な仕事は品出しかと思います。

派遣先の店舗によっては出勤前やお昼後は商品が欠品になるものが多いので補充していきます。

また、納品の後にも検品をしつつ品出しをしますが、店舗によってはスペースの関係でプラスチックコンテナーを素早く片付けていくことが求められるでしょう。

急ぎはしますが、比較的自分のペースで作業ができるという点では簡単と言えるかもしれません。

大変な仕事

レジ業務は、混雑している時間帯は目の回る忙しさになることがあります。

きっとこのレジ業務は都心店舗ならではの光景でしょう。

商品の袋詰めと同時に箸やスプーン、ストロー、おしぼりなどを素早く準備する必要もあります。

慣れるまでは、そのリズム感を覚えるのに少し苦労します。

また、スピーディーに作業するからといって応対が雑にならないように気を付ける必要があります。

焦ってしまうと、通常は出来ていることまで出来なくなってしまうので、手際よく作業しつつ気持ちは焦らないようにするというのが大事だと思います。

その一方で、確かにレジ対応の早さは求められるのですが、会計が電子マネーが多いというのも特徴の一つなので、金銭の授受がなく楽に感じる場合があるというのも事実です。

働いてみて気づいた14個のこと

そもそもコンビニ派遣として仕事がしたい場合はどうすればよいの?

まずは派遣会社に登録をしましょう。

ネットで「コンビニ派遣」と登録すると各サイトから求人が掲載されているので、応募をすれば派遣会社に登録する手続きへと進みます。

ネットで登録そのものはできますが、多くはその後に面談があります。

この時にコンビニでの勤務経験などを伝えます。

また、どのエリアでの勤務が可能かということも聞かれることでしょう。

その後、採用となったら勤務を始める準備ができたことになります。

採用後にアプリやメールで日にちごとの募集店舗のお知らせを受けとります。

自分の予定とマッチングしている案件があったらエントリーをし、うまくいけば仕事が決定します。

効率よく働きたい人に向いている

自分の空いている時間にだけ仕事をしたいと考えている方なら、コンビニ派遣を試してみる価値はあると思います。

もし自分の予定があらかじめ分かっているならシフト希望として申請できますし、急に時間に余裕ができた時や資金が必要な時に仕事ができるというメリットがあります。

時給が高い

派遣での勤務ですので、通常店舗から直接雇われる場合に比べて時給は高いです。

これもコンビニ派遣の大きな魅力と言えるでしょう。

しかし、やはり店舗側としては高い賃金を支払うことになるので、即戦力となってくれることを期待するのも事実です。

ですので基本的なコンビニでの対応業務はしっかり覚えておきましょう。

人間関係で煩わされることが少ない

これは、その人のタイプによると思いますが、同じ職場ゆえに人間関係に気を遣い疲れてしまうという方にはこの仕事形態は向いているかもしれません。

スポットとして決められた時間だけ業務を行うことが求められているからです。

また、派遣先も派遣スタッフが多いところもあるので、肩身の狭い思いをするということも少ないかと思います。

そうではあっても、お互いに気持ちよく仕事ができるように挨拶はしっかり行う、最低限のコミュニケーションは取るなど必要なことを忘れないようにしましょう。

何度か同じ店舗に行くうちに顔見知りができる

基本的には毎回別の店舗での勤務ですが、同じ曜日の同じ時間帯にずっと募集している店舗もあるので、何度か同じ店舗にて勤務をする場合もあります。

そうすると、店長さんをはじめ既存のスタッフさん達にも覚えてもらえ「いつもありがとう。助かるよ」とか、「またぜひうちの店に来てね」などと声をかけてくださり、仕事がしやすくなるというメリットもあります。

何度か仕事に入るうちにお気に入りの店舗を見つけることもできるかもしれません。

募集店舗は都内がほとんど

忙しく人手が足りない店舗からの依頼ですので、勤務先は都内近郊、しかも都心が多いです。

ほとんどは駅からのアクセスが良いですが、まれに駅からかなり歩かなければいけない店舗もあります。

さらに自宅の場所によっては通勤に時間がかかってしまうなどの問題もあります。

エントリーする前には募集店舗の場所も考慮しましょう。

交通費に関しては時給に含められていることが多いです

時給が高めのコンビニ派遣ですが、交通費は込みの場合がほとんどです。

そのため、あまり遠くの店舗だとうまみが減ってしまう可能性もあります。

その点は念頭に置いておくことが必要です。

しかし緊急募集となっている案件が掲載されることもあります。

これらは日が迫っているものの、まだ枠が埋まらない場合に募集されるのですが、この場合には交通費が全額支給されることがほとんどです。

急に時間の空きができて仕事が出来そうなときに活用できるかもしれません。

スピーディーな対応が求められることも

先ほども少し触れましたが、募集店舗は都心が多いです。

朝の通勤前やお昼の時間帯はレジ前にかなりの行列ができることも。

そのため、レジではスピーディーな接客が求められます。

正直、私も最初に派遣先で行った店舗の忙しさに唖然とさせられました。

地元でのんびりした雰囲気で行っていた業務とは全く異なる環境だったからです。

時間とともに慣れてくるものですが、タイプとしてはテキパキ行動できる方がより向いていると思います。

必ずしも希望通りに仕事ができるとは限らない

募集されている店舗の中でもやはり人気のある店舗があります。

人気の店舗や時間帯はすぐに埋まってしまうことが多いので、いつも自分の希望が通るとは限りません。

さらに、募集の時間帯を見ると夜勤がとても多いです。

夜勤の方がいいという方には案件が豊富ですが、日勤は夜勤に比べるとそう多くはないという現実もあります。

また、夜勤の場合には身体が慣れてくるまでは体調管理が難しいという面もあるので注意が必要です。

定期的に募集の更新情報をチェックする必要がある

一日に何度か更新されるので、自分の予定が分かった時点でエントリーをしておいた方が良いでしょう。

また、直前に情報の追加もあるのでマッチングしている募集があるかどうかを定期的に確認する必要がありまあす。

確定した予定の変更・キャンセルは基本的に不可

就業先の店舗も確定後にはそれに沿って予定を組んでいるので、基本的にキャンセルはできません。

エントリーをする時にはとりあえず片っ端から予定を入れてしまうのではなく、確実に入れる日にちと時間帯にしましょう。

そうでないと、相手に迷惑をかけてしまいます。

しかし、もちろんインフルエンザやノロウイルスなど仕事ができないという事情は別です。

その場合には分かった時点ですぐに派遣会社に連絡を入れましょう。

ですが、体調管理をしっかり行うことも仕事の大切な面だと言えるでしょう。

スケジュールには十分な余裕を持ちましょう

派遣として店舗で仕事をするにあたり、前もって店舗に到着し挨拶をしてから着替えをします。

また、基本の業務内容は知っていても店舗ごとの決まりなどを伺う必要があります。

基本的にそれらの確認は勤務開始前に行うことです。

そのため、時間ギリギリに到着して、身支度等の確認もできないまま勤務を開始することがないように、早めの到着を心がけたいものです。

また前日までに勤務先の所在地の確認はしておきたいとおころです。

当日になってから場所が分からなくて迷ってしまうと店舗に迷惑をかけてしまいますから、慌てなくてすむように行き順などは下調べしておきましょう。

さらに、コンビニ派遣では1日のうちで別の店舗の掛け持ちということも可能です。

その場合も移動の時間などよく考えて、余裕を持ってスケジュールを組むようにしましょう。

繁忙期に仕事をすると特別手当も

繁忙期には休みを取りたいスタッフの方も多いので、この時期に仕事をするなら通常に比べてかなり効率的に仕事ができます。

派遣会社によって異なるので、一概には言えませんが、例えば年末年始などに事前にエントリーをしておくと、時間帯によっては1日あたり5000円くらいの手当てがつくこともあります。

みんなが休みたい時期に仕事をするのは大変ではありますが、短期間で稼ぎたいと思う場合には検討してみる価値はあります。

2か月以上の仕事ができるなら同一店舗で勤務が可能な場合も

短期で仕事ができる期間が2か月以上とある程度まとまってある場合、その期間毎回同じ店舗で勤務ができる場合もあります。

その場合は交通費も支給されることが多いので、派遣会社に相談してみることもできます。

コンビニの短期バイトは、こんな人におすすめしたい仕事です!

上記が主なコンビニ派遣の特徴です。

私がある時期にコンビニ派遣をしていたのは、自分でやりたいことの勉強があり、それを中心に予定を立てつつ仕事を行いたかったからです。

短時間で効率よく仕事ができたので助かりました。

ほかの派遣スタッフさん達にも様々な背景があり、学生の方、趣味に時間を充てつつ派遣の仕事をしている人、Wワークで仕事をしている人、旅行が大好きで短期間で資金をためて次の旅の計画をしている人といった方々がいました。

割と順応性のある人が多いと思いますが、レジ業務をテキパキとこなせて、自分のスケジュール管理をするのが得意な方には働きやすい仕事だと思います。

また、ブランクはあるけれど以前にコンビニの仕事をしたことがある人は意外に多いのではないでしょうか。

そのような場合、最初に研修に参加してレジ業務など接客について学ぶことができるので、今までの経験を無駄にすることなく仕事ができるかもしれません。

まとめ

今は様々な働き方ができる時代です。

学生さんやフリーター、また主婦の方でも自分の時間を大切にしながら仕事をしたいと思う方も増えています。

コンビニでの仕事というと時給もあまり高くないし、その割に仕事量が多いと敬遠されてしまうということもよく聞きます。

しかし、コンビニ派遣という働き方は自分の時間を上手に使いたいと考えている方なら検討してみることができると思います。

どんな仕事をしようか考えている方にとって少しでもお役に立てたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


関連キーワード

コンビニバイト求人