比較的気軽に始められるバイトのひとつとして、コンビニがあげられます。

店舗数もかなりのものですから、家の近所や学校のそばなど、普段の生活圏の中から勤務する店舗を選ぶことができる点も魅力の1つです。

では、具体的にコンビニの仕事とはどのようなことが含まれるのでしょうか。

コンビニバイトの仕事は幅広い!

多くの人が思い浮かべる業務内容としてはレジでの業務があるでしょう。

しかし、レジ業務はコンビニでの仕事のほんの1つに過ぎません。

ここでは、多岐にわたるコンビニの業務内容について詳しく見てみましょう。

レジでの業務

メインの仕事は何と言っても、商品のバーコードをスキャンしてからの会計、商品の袋詰めとなります。

仕事を始めたらまず最初に覚える業務となります。

大切なことは、スキャンした商品数と実際の商品数が合っているか、また金銭授受の際の確認です。

どんなに忙しい状況でも確認作業をしっかり行うことが求められます。

公共料金・携帯電話料金等の各種支払いの代行収納

同じくレジでの業務となりますが、支払いの収納代行の取り扱いもかなり多い業務です。

時期によって業務が増えることもありますが、それぞれの支払い用紙により収納の判子を押す場所や数も違っているので、やはり確認しつつ作業を行う必要があります。

宅配便やメール便の受付

お客様が持ち込まれた荷物のサイズを測り、伝票を作成し会計までをスタッフが行います。

お預かりした荷物は保管して業者の集荷の際に引き渡すことにより業務が完了となります。

Amazonを始め各種の商品の引き渡し

お客様がネットで注文した商品の受け取り先としてコンビニを指定している場合があります。

その場合、業者から届いている商品の中から商品の引き渡しを行います。

その際、お客様の持参されている伝票を確認し、わたし間違いのないように注意する必要があります。

レジ横のスナック食品等の調理

レジ横で販売されている食品の調理や作成を行うこともあります。

基本的には作成にあたってのマニュアルがあるので、マニュアルを見ながら同じように作成していきます。

販売期限の時間等は責任者に確認して作るタイミングの指示を仰ぎましょう。

商品の品出しや陳列作業

店舗ごとに商品の納品時間が決まっています。

納品後に商品を棚に陳列していく仕事があります。

また、販売状況を見て数が少なくなっているものがある場合には、商品の補充をしていきます。

いずれの場合にも商品の先出し(新しい商品を後ろに陳列し、古いものから販売すること)を徹底することが大切です。

店内清掃・ゴミ箱のチェック

来店されたお客様を不快な気持ちにさせないためにも店内清掃は大切な業務です。

床をモップで拭いたり、トイレ掃除などを行います。

また、店舗内外のゴミ箱の確認し、必要に応じてゴミ袋の交換を行います。

商品の発注

商品の発注業務は主に店長や社員が行いますが、経験のあるアルバイトの場合には担当を任される場合もあります。

商品の売れ筋を見ながら、必要に応じて発注していきますが、店舗での売れ筋商品の傾向などを把握している必要もあり、品物が多すぎても少なすぎてもよくないので難しい業務と言えるでしょう。

コンビニバイトの良い点と悪い点

良い点

働く時間帯の選択が自由にできます

自分の生活パターンにあった仕事を行うことは、仕事を長く続ける上で大切なことです。

その点、コンビニでのバイトは自分の生活に合わせて働く時間を選ぶことができます。

家の近所や通学途中など自分にとって利便性の良い店舗で仕事ができる

効率よく仕事を行いたいと思う場合、通勤に時間を取られることなく、自分の生活圏の中で仕事ができたら良いのではないでしょうか。

店舗数の多いコンビニでしたら選択肢が多く可能かもしれません。

悪い点

覚えることが意外と多い

コンビニの仕事については上記でお伝えしましたが、業務を行うにあたり覚えることが多岐にわたります。

レジ業務の傍ら、宅配便の受付や公共料金の支払いの対応を覚える必要があります。

また、場合によっては各種端末機の操作方法を把握しなければなりません。

ですので、簡単に始められて、楽そうなバイトかなと思っている場合には、予想より大変だと感じることがあるかもしれません。

目の回るような忙しい店舗も

特に会社や学校に近い店舗の場合、お昼や夕方はレジ前にお客様の長蛇の列ができることがあります。

その際は手際よくスピーディーな対応が求められることも多く、大変に感じることがあるかもしれません。

コンビニバイトはこんな人におすすめします!

人と話すことが好きな人

コンビニバイトは様々な業務をこなす必要がありますが、最も大切な業務は接客です。

お客様を待たせずにレジ対応を行うことが期待されています。

レジ対応では、単に会計をすることだけでなく対話が必要な場面もあります。

さらに常連のお客様の場合には、いつもの注文されるコーヒーの種類やタバコの銘柄を覚えて対応することができたら、「ありがとう」という言葉から始まりちょっとした会話につながることもしばしばです。

ですので、人と話すことが好きな人ならお客様とも良い関係を築くことができ、仕事を楽しめるでしょう。

状況判断ができる人

リーダーから担当の仕事を任されることがあるかもしれません。

例えば、「この商品の品出しをしておいてください」といった感じです。

確かに責任を持って取り組むことは大切です。

しかし、その仕事にばかり気を取られて他の状況が見えなくなってしまったらどうでしょう。

もしかしたらレジ前に列ができてお客様が会計を待っているかもしれません。

他にもレジがあるのに品出しを続けているスタッフを見ると、お客様のイライラが募ってしまう可能性もあります。

ですから、今この状況で求められていることは何かということを考えて動ける人は、コンビニバイトに向いていると言えるでしょう。

バイトの面接に合格する秘訣

実際にバイトの面接を受ける際に好印象を残すポイントはあるでしょうか。

今回は2つの点を取り上げます。

笑顔で明るい対応ができる

レジにてバーコードを打ち、金額を伝えるだけが仕事ではありません。

やはりコンビニは接客業務ですので、明るく元気な印象を持ってもらえるなら、かなりの確率で採用となるでしょう。

まず挨拶がしっかりできることが大切です。

さらに面接で質問をされた時も、相手の目を見て質問に応えましょう。

時間を守る

これは最低限のことで、コンビニバイトの面接に限ったことではありませんが、面接の時間は守りましょう。

また、万が一遅れそうな時は事前に連絡をすることも忘れてはなりません。

コンビニの仕事は時間帯ごとにメンバーが変わるところがほとんどかと思いますが、次の時間帯のスタッフが連絡もなく来ないので交代ができないということが時々生じます。

ですので、責任をもって仕事に取り組む人かどうかは面接の時から見られているかもしれません。

応募するコンビニを決めるときに確認したいポイント

店員さんの雰囲気はどうですか?

多くの方は働きやすい職場かどうかは人間関係によるところが大きいと感じておられるかと思います。

確かにコンビニバイトは、そこまで深い人間関係を築く必要がないので楽と考える方もおられるかもしれませんが、職場の雰囲気が良いに越したことはありません。

自分が客の立場で入店した際の雰囲気はどうでしょうか。

挨拶や声掛けがある店舗ですと明るい雰囲気を感じますが、何のあいさつもなく、スタッフ同士も全く会話がないと少し陰気な雰囲気を感じるのではないでしょうか。

ですので、応募前には店の雰囲気を確認してみましょう。

自分にとって通いやすい店舗でしょうか?

家の近所であったり、生活圏内または通学途中に店舗があるなら仕事を続けやすいと言えるでしょう。

せっかく店舗数も多く比較的気軽に始めることができるバイトですから、店舗の所在地をチェックして通勤にかかる時間を少なくしましょう。

自分が働ける時間帯の条件と合致していますか?

面接の時に勤務できる曜日や時間の詳細を伝えますが、その際は自分の予定をしっかり伝えることが大切です。

もしかしたら希望の時間帯以外でも働けないかと尋ねられることもあると思います。

今は多くの店舗で人手不足の問題があるので、あらゆる時間に入ってくれる方が重宝されるかもしれません。

しかし、自分の予定の中で無理のない範囲で仕事をすることが大事ですから、出勤できる時間帯や曜日の確認を自分の希望と照らし合わせて伝えましょう。

時給面は納得できるものですか?

せっかくですから効率よく仕事をしたいと思われるでしょう。

例えば、応募を考えている店舗がいつも混んでいて忙しそうなのに、時給が見合っていないように感じる場合には少し考えてみましょう。

短期で働きたい人には、コンビニ派遣という働き方もあるんです!

コンビニ派遣という言葉をご存知ですか?

派遣会社に登録し、固定の店舗、もしくはスポットとして様々な店舗に行き、派遣として勤務するというものです。

通常の店舗での直接雇用の場合にはある一定の期間仕事をすることが求められますが、コンビニ派遣の場合には短期間など自分の予定に合わせて仕事をしたり、Wワークとして都合の良い時にだけ仕事をすることができます。

コンビニの経験者は経験を生かして即戦力として働けますし、初めての方でも研修後に派遣として勤務することが可能です。

勤務の仕方や任される仕事は、どう違う?

通常は、派遣会社に登録後に派遣会社へ希望のシフトを提出します。

もしくは、派遣会社から仕事エントリーに関するお知らせをメール等で受け取り、都合の良いコンビニへ応募をします。

応募後、派遣会社から勤務できるかどうかの連絡があります。

ただし、人気のある店舗などは募集後にすぐに埋まってしまうこともあるので、必ず仕事に入れるわけではないことを覚えておきましょう。

実際の勤務は当日に店舗に向かい派遣として就業する旨を伝え、仕事内容など店舗の方から指示を仰ぎます。

任される主な仕事はレジ業務が多いでしょう。

朝の時間やお昼前後はかなり混み合う店舗もあるので、ある程度のスピードが求められる場合もあります。

その他にも、品出しをお願いされることもあります。

長期勤務前提のバイトにはない、コンビニ派遣のメリットは?

最大のメリットはやはり自分の都合に合わせて仕事ができるという点です。

予定が様々で週によって勤務できる曜日が違ったり、勤務できる時間帯が違っていても、派遣の場合には希望に沿った仕事にエントリーすることが可能です。

また、急にお金がいる時など、必要に応じて勤務できる点も魅力の1つです。

コンビニ派遣の場合には午前中の勤務の後に午後から他の店舗で働くなどW勤務も可能です。

さらに、直接店舗で雇われる場合よりも時給が高いことがほとんどですので、効率よく仕事をすることができるでしょう。

経験者が語る、コンビニバイトをやって良かったと思うこと

挨拶を始め接客の基本を身に着けることができるので、その他の仕事を行う時にも役立っていると感じています。

常連さんと会話をしたりするうちに、いろいろなタイプの方とのコミュニケーションを取ることについても学べるでしょう。

また、コンビニでの業務が多岐に及ぶので様々な知識を知ることができます。

例えば、コンビニに置いてあるチケットの発券機などの取り扱い方法に詳しくなり、自分が実際に使う時にも操作方法で困らなくなりました。

自分が客の立場でコンビニを利用し、例えばレジ操作などが慣れていない店員さんに対しても最初の頃の不安などが理解できるので、陰ながら頑張ってと応援しています。

まとめ

コンビニは今や私たちの生活になくてはならないものになっています。

私も実際にコンビニでバイトをするまで、こんなに業務が多岐にわたることを知りませんでした。

いつも利用する店舗の実際の仕事内容が分かるととても興味深いものです。

身近なところにあるコンビニだからこそ、自分のすき間時間などに仕事ができたら面白い発見があるかもしれません。

ぜひ、新たな発見をしてみてください。

この記事がコンビニバイトを考えている方に少しでも参考になったら嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。


関連キーワード

コンビニバイト求人