コンビニで将来的にしっかりとし雇用形態で働きたいと考えるなら、もちろん終身雇用である正社員として採用されるのが望ましでしょう。

ですが、コンビニの「正社員」という働き方は、あまり知られていないようにも感じます。

どちらかというと「アルバイト」で働いている人のほうに認知度が集中しているように感じます。

しかし、実際にコンビニでの「正社員」としての働き方はあります。

どのようなコンビニでも正社員という雇用形態は存在するのです。

そこで、ここではコンビニの正社員求人についてをご紹介できればと思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの正社員はどんな仕事?

コンビニでの「アルバイト」としての働き方はよく知っていると思いますが「正社員」としてはどのような仕事を請け負っているのでしょうか。

じつは、通常業務はアルバイトの業務とそれほど変わりません。

その理由はコンビニが「シフト制」の勤務形態であることが関係します。

コンビニの正社員はブランドの本社直営の店舗やフランチャイズの店舗でも一店舗あたり2~3人います。

その人数の中にはオーナー・店長も含まれます。

そのため、月にすべての時間正社員が駐在している環境を作るのは難しいのです。

結果アルバイトの従業員に各業務を担当してもらい、メインは正社員が行うということになります。

正社員は通常業務のほか、発注業務や経理担当、労務関係の事務的業務も請け負います。

アルバイト従業員と違うのは「責任が重い仕事」を多数受けていることです。

営業時間中のレジ業務。

品出し業務のほかにも営業しているときにすべての業務を担当できるのが正社員なのです。

コンビニの正社員はこんな人に向いている!

では、コンビニ正社員はどのような人に向いているのでしょうか。

ここではコンビニの正社員に求められる人物像をご紹介していきたいと思います。

将来的にコンビニ経営のオーナーに興味のある人

コンビニの正社員としてのスキルや業務内容をしっかりと覚えて将来的にコンビニ経営を目指している人にはお勧めできます。

コンビニの正社員をしている人の中には、独立して店舗を経営してみたいと夢を持つ人も少なくはありません。

自分のコンビニの店を持つために正社員として様々なスキルを習得しようとする姿勢を持てる人にはコンビニの正社員としての素質は十分にあります。

店舗のマネジメント興味のある人

コンビニの正社員は、店舗の営業状況を把握しやすい立ち位置にあります。

正社員としての業務内容の中には経理系の仕事もあります。

事務的勝利をしていると日々の店舗の売り上げや営業利益もわかってきます。

また、発注業務を担当していると店舗を営業するためのマネジメントスキルも身に付きます。

このように、正社員として業務に携わりながら店舗経営やマネジメント関連の知識や技術も習得できるのでおすすめできます。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニ正社員でよくある募集内容とは?

では、実際に求人を探そうとするときに見るものは求人案内になりますが、コンビニの正社員求人の中でもよく見られる募集内容とはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、コンビニ正社員の募集内容についてを詳しくご紹介していきます。

業務内容

業務内容はコンビニ営業の通常業務であるレジ打ち、品出しなどが書かれていますが、正社員求人には業務内容の中に発注業務、事務的業務などと書かれていることもよく見られます。

アルバイトと違うのはこの部分で、正社員になると入社して間もないあたりで発注業務を担当したりすることもあります。

業務内容としては身の詰まったような仕事ばかりですので、入社して一年目から忙しくなるでしょう。

また、業務内容の中には「店長候補」と書かれていることもよく見られます。

上記のような業務内容が書かれていてこのような表記のあるところはある程度の勤続年数で店長になる可能性が十分にあります。

特にフランチャイズの店舗で店長候補の求人があるところでは店長を立てる意味で正社員起用されてすぐに店長になることも可能なのです。

給与相場

コンビニ正社員の給与相場はおよそ総支給で25万円前後と考えてください。

この給与は決して高くはありません。

その理由はコンビニの正社員になると多忙の上シフトの代替えに正社員が責任を取って行わなければいけないからです。

正社員という立場は「管理者」「責任者」という立場といっても他言ではありません。

正社員でのデメリットの一つとしてはシフトに欠員が出てしまった場合には正社員が穴埋めをしなければならないことです。

また、夜勤も入る機械が多くなり、疲労がたまって体調不良を起こすこともあります。

体の負担を考えれば決して高くはありません。

また、給与の賞与や昇給の面は、直営店とフランチャイズの店舗によって違ってきます。

直営店ですと、給与管理はコンビニの直営店本部が管理しますが、フランチャイズは各店舗になります。

求人広告をしっかりと確認して給与面の将来背を図るのもよいでしょう。

求められる人物像

コンビニの正社員求人で特に求められるのが「コンビニが好きな人・興味がある人」「元気な人」「人と関わることが好きな人」などです。

特に堅苦しい人物像は求められていません。

明るく人と接することが好きな人が最も求められる人物像となるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

特に必要なスキルはありません。

しかし優遇されるスキルというものがコンビニで働いていた経験です。

それが正社員の場合ですと特に優遇され、アルバイトで働いていたことがある経験も優遇されます。

また、資格では衛生管理者系統の資格を取得していればよいでしょう求人内容によって違うので確認してみましょう。

コンビニの正社員になるために他にも知っておきたいこと

休みが取りづらい 

コンビニの正社員としての仕事は非常にやりがいのある仕事ばかりですがデメリットもあります。

それは休みがとりづらいことにあります。

一店舗の中には正社員の人数が少なく、アルバイト従業員がほとんどです。

そのため、アルバイトの従業員の都合に合わせたシフトを作成して人員不足になる時間帯に正社員が穴埋めをすることになります。

そのため、正社員の都合にあったシフト管理が難しいので希望する休みが取れないこともあります。

責任が増える

正社員が担当する業務は責任業務が多いです。

発注業務・経理業務などの事務的業務も請け負うことで業務に責任が増えるともいわれています。

業務以外にも正社員としての勤務体系についても責任を求められることがあります。

この事由については、まさに正規社員として働いているからという理由そのものにあります。

コンビニの従業員のほとんどがアルバイトということもあり、アルバイトの従業員と比べて正社員が請け負う業務には責任がのしかかる業務を担当することが多くなります。

また、シフト管理の際にはアルバイトの従業員の希望に合わせて正社員がシフトに入るため、シフト管理の責任の有無のほか、アルバイトの従業員が欠員してしまった場合に穴埋めとして正社員が代わりに入るということも求められます。

業務だけではなく、正社員としての在り方についても問われるため、様々な場面で責任を問われることも念頭に入れておきましょう。

勤務時間が長い

コンビニの就業形態は24時間営業の中でシフトに合わせた就業形態ですが、正社員の場合、営業時間内にすべての業務が終わることは少ないと思ってください。

営業時間内のシフト時間には店舗内での接客等を担当することになりますが、シフト時間外には事務処理等を行わなければならないこともあります。

店舗の営業時間内では少人数で営業をすることになります。

そのため事務処理がシフト時間外に対応しなければならない場面もあります。

このような現状が続き、正社員の就業時間が長くなってしまうのです。

もちろん定時に帰宅することもありますが、月の総動労時間を見ると正社員の就業時間は長くなってしまいます。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの正社員で働くメリット

それでは、コンビニで正社員として働く上でのメリットとはどのようなことがあるのでしょうか。

ここでは正社員として働くとどのような得があるのかをご紹介していきます。

マネジメントに携わることができる

コンビニの正社員として働くのに一番のメリットはコンビニのマネジメント業務に直接携わる機会が非常に多いことにあります。

業務を通じてコンビニのマネジメントスキルを授受することが可能です。

正社員になると、事務的処理も携わります。

その中でマネジメントに携わる業務もあります。

また、営業時のアルバイト従業員への指導業務もマネジメント業務の一つになります。

こうした業務を経験することにより、正社員としてのスキルも向上していきます。

店舗経営を学べる

コンビニの営業利益についても直接携わる機会が多いのが正社員のメリットの一つです。

コンビニ経営の業務に情報をもとに触れることができたり、オーナーや店長との会議の際にも携わる機会があります。

また、コンビニのブランドによって違いますが、定期的に正社員として参加する会議や研修もあり、それらに参加することによって他の店舗の情報やコンビニのブランドがどのような経営理念を持っているのかを学ぶこともできます。

各コンビニのブランドによっても営業スタイルが違ってきます。

裏を返せば所属しているブランドの経営理念を、業務を通じて勉強することができます。

アルバイト従業員とは違い、正社員として働くと店舗経営の知識を学ぶ機会が増えるので大きなメリットともいえるでしょう。

コンビニ正社員の勤務先の種類

では、ここまでご紹介したコンビニの正社員ですが、コンビニによっても「正社員」という働き方には違いがあるのをご存知でしょうか。

ここでは各店舗によって違う正社員の働き方や正社員としての在り方をご紹介していきます。

コンビニで正社員として働きたいという方が、「どのようにして正社員として」働きたいか」を比較するには参考にできる情報だと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

本社直営の店舗社員

全国各地にあるコンビニですが、コンビニによっても経営母体が違います。

まずここでご紹介するのは、各コンビニブランドの本体である本社直営のコンビニ店舗です。

本社直営のコンビニで正社員として働いている人は、基本的にブランド本体の社員として所属します。

採用される母体が本社になりますので、直営店での正社員勤務になり、多店舗への転勤もあります。

一つの店舗に永久に所属するというわけではなく、現場を経験するという名目のもと正社員として直営店舗にて正社員として勤務します。

将来的に本社に所属することも可能なので、昇進をしたいという希望がある方は本社での採用枠に応募することをおすすめします。

フランチャイズの店舗社員

コンビニの経営として本社直営ではない店舗があります。

それがフランチャイズのコンビニ店舗になります。

フランチャイズは、オーナーと呼ばれる人がブランドのネームを借りてコンビニを経営することで、直営ではない分個人経営に近い形での店舗運営になります。

フランチャイズで勤務する正社員は、採用された店舗のみの勤務になります。

正社員としてフランチャイズのコンビニに採用されたという形になりますので、本社直営の正社員勤務のように転勤はありません。

まれにオーナーが複数店舗を経営している場所での正社員採用の場合なら、経営している店舗に転属する形になることもありますが、全国転勤ということはなく、通勤するのに近いところが良いという方にはおすすめします。

また、フランチャイズでの正社員を務めている方では、個人で経営したいという将来の目標がある方が務めていることが多くみられます。

本社直営の正社員ではなくフランチャイズの正社員として働くメリットとしては、フランチャイズでの店舗運営の勉強も兼ねて働く人も多く、将来独立したいという目標がある方にはお勧めできます。

自分にあったコンビニ正社員の求人の選び方や注意点

では最後に、自分に合ったコンビニ正社員の求人選びの注意点をご紹介できればと思います。

コンビニ求人探しに迷っている方はぜひ、ここでご紹介した注意点をもとに参考にしていただければ幸いです。

【選び方①】職種から探す

まずは上記でもご紹介した通り、コンビニの正社員として働く上で雇用先、雇用形態にも違いが生じます。

それがわかりやすく明記されているのが職種欄になります。

職種の違いは、直営店舗とフランチャイズでは大きく異なります。

一見同じように感じますが、直営店舗の場合にはアドバイザーと明記されていたり、反対にフランチャイズの場合では店舗勤務と書かれているなど、職種にもばらつきがあります。

しかし、採用して入社してみるとはじめはコンビニ経営で同じような業務になります。

職種に応じて将来性を見極め、職種欄を見て自分が将来どのように働きたいかを比較して決めましょう。

【選び方②】勤務先の種類

主に勤務先の種類が細かく明記されているのはフランチャイズの店舗になります。

転勤が嫌で勤務先が変わらないところに努めたいという方は、求人広告の勤務先に書かれている場所を超チェックしてみてください。

【選び方③】給与や雇用条件から考える

自分がどのくらい給与が欲しいかにもよって条件は異なってきます。

また、雇用条件として注意していただきたいのが、フランチャイズの場合では「雇われ正社員」という名の「契約社員」としての採用の可能性もあります。

雇用条件によってはボーナスももらえない場所があります。

求人広告をしっかりと見て、どの程度の雇用要件なのかを見て給与を考えることをお勧めします。

【選び方④】エリアから考える

自分が働ける場所を選ぶことをおすすめします。

本社直営ですと全国転勤の可能性も示唆されます。

求人広告に「転勤有」と記載されていればその可能性も十分にあると念頭に置いておきましょう。

逆にフランチャイズでの正社員を検討している場合であれば、自分が勤務できる場所を選ぶことをお勧めします。

通勤経路、通勤時間、エリアなど、自分が働きたいと思う希望に沿った求人を選びましょう。

【選び方⑤】好きなチェーン店から考える

また、働くコンビニを選ぶ際に主軸ともいえる条件が、自分が好きなチェーン店を選ぶことです。

普段から利用しているコンビニであれば働く上で普段から知りえる情報も業務では利用できます。

まとめ

コンビニで正社員として働くための様々な情報をご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

実際に求人を見て、自分がどのような形で働きたいのかを考え、良い求人と巡り合えるように頑張ってください。


関連キーワード

コンビニ求人

コンビニ求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

コンビニ店長の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ひとつの店舗にさまざまな商品があるコンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないお店となりました。そんなコンビニエンスストアの仕事や、店長業務に興味がある方も多いのではないでしょうか?発注や商品陳列、さまざまな経営能力を駆使してお店の売上を上げる仕事にはとてもやりがいがあります。そこで今回はコンビニ店長の仕事はどんな人に向いているか、コンビニ店長の仕事が得意な人の特徴や、コンビニ店長のキャリアについて解説します!コンビニ店長ってどんな仕事?普段なかなかお客としてコンビニを訪れたときには、どの人が店長か見分けるのは難しいと思います。そのため、どんな仕事をしているかもイメージがしづらいのではないで

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長について、その仕事内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。コンビニ店長を目指す方に、正社員でのコンビニ店長求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について解説していきます!コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関することを全て責任を負います。そのため、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、さらに人員が足りていなければ自らも店頭にたってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」といっても良いでしょう。コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?コンビニ店長

コンビニバイト求人の募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

誰にとっても、初めてのバイトってありますよね。そんな誰しもが経験する初バイトの王道ともいえるコンビニバイトの時給や募集内容などご紹介したいと思います。コンビニバイトの時給は?時給はどれくらい?アルバイトで最も気になるのが、時給です。全国各地にコンビニあれど、時給に変化はあるのか気になりますよね。答えは、地域によって時給は異なるです。当たり前かもしれませんが、各都道府県に最低賃金という設定がされています。これは法律で決められているため、この賃金を下回る時給ではいけません。そのため、基本的なコンビニの時給は、最低賃金以上で最も安く、切りのいい金額に設定していることがほとんどです。例えば、最低賃金が

コンビニの年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

身近なコンビニの仕事で、正社員、派遣社員、アルバイトなど、色々な側面から給料や年収、また、それをどのようにアップさせるかなど、転職も含めて考えてみたいと思います。コンビニの年収の相場はどのくらい?正社員で新卒入社した場合コンビニは、みなさんがご存知のように色々なグループ企業があります。グループによって様々ですが、大体300万前後が相場のようです。正社員で転職した場合正社員に転職した場合でも、300万前後が相場です。ただ、経歴やスキルによって違ってくるようです。それでも400万に届かないぐらいことが多いようです。パート・アルバイトパートやアルバイトの場合は、時給での話になります。また、この時給に

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日のようにお世話になっている人も多いであろうコンビニエンスストア。そのアルバイトの経験をしたことがある方は多いかもしれません。しかしコンビニの店長の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。アルバイトの業務とは何が違うのでしょうか。また、どうやってコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営ほぼすべてと言ってよいでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、清掃はもちろん人が少ない時にはレジ

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し

コンビニ店長求人でよくある募集内容や働き先の種類(FC・直営等)やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や社会的なインフラともなったコンビニエンスストア。その便利さはどんどん進化し続けます。そんなコンビニの店長の仕事に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。ここではコンビニの店長求人の仕事内容や働き先の種類についてご説明します。コンビニ店長のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずはコンビニの店長のおおまかな仕事内容についてです。一般的に想像できる、コンビニに勤務するアルバイトが行っているレジ打ちや陳列、納品や廃棄商品の破棄などの一般業務に加え、店長には多くの仕事があります。例えば発注や、アルバイトの管理など人材育成、さらには経営的な視点でお店全体を見る事などがあります。また、コンビニチ