身近にあるコンビニの仕事で、働く雇用形態をご存知ですか。

雇用形態は、正社員、派遣社員、アルバイトなどがあります。

それぞれの雇用形態の、様々な側面から給料や年収、また、給料をどのようにアップさせるかなど、転職も含めて考えてみたいと思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合のコンビニの年収相場

みなさんがご存知のように、コンビニには様々なグループ企業があります。

企業によって年収はまちまちですが、大体300万円前後というのが相場のようです。

正社員で転職した場合のコンビニの年収相場

正社員として転職した場合でも、年収は300万円前後が相場です。

とは言え、経歴やスキルによって年収は異なります。

それでも、年収400万円に届くことは少ないようです。

パート・アルバイトのコンビニの年収相場

パートやアルバイトの場合は、働いた時間×時給での計算となります。

また、この時給においても時間帯によって異なります。

朝、昼、夜、深夜で分かれていることが多く、深夜や早朝は時給が高いです。

そして、仕事が忙しく募集をしても従業員が入ってこないといった場合などには、時給を高く設定し再度募集をしているお店もあります。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

正社員は、他の企業のサラリーマンと同じく賞与があります。

金額は、勤務年数や実績によって変化します。

この実績とは、普段の売上はもちろんですが、クリスマスのケーキやお正月のおせち料理などの販売実績も大きく影響します。

昇給

昇給については、調べられる限りでは、ほとんどのグループ企業で年に1回あるようです。

昇給に関しても一律ということはなく、様々な実績などを含めて算出されます。

各種手当

名称は様々ですが、交通費や家族手当などの各種手当があります。

また、残業手当もしっかりあります。

サービス残業などは、ほとんどなくしっかり貰えるようです。

しかし、アルバイトやパートの給料や残業代もお店の利益計算に使われる為、利益を多く出す為に正社員の方はサービス残業を考えることもあるようです。

給与が高い人は何が違うの?

コンビニ内でも、全ての社員の給与が同じわけではありません。

給与が高い人もいれば、低い人もいます。

なぜ給与の差が生まれてしまうのでしょうか。

給与が高い人について解説します。

スキル

まず、お店の中のことについて見ていきましょう。

スキルを積み重ねることで、社員、副店長、店長と昇進していきます。

更に細かく言うと、発注業務や販売促進など通常のお店での仕事を通じてスキルアップをすることもできます。

役職

コンビニのお店の中で正社員は三つに分かれます。

それは、店長、副店長、社員です。

グループ企業によって呼び方や分け方が異なりますが、おおよそこの三つになります。

もちろん、それぞれ給与も違い、店長が一番高いです。

勤続年数

勤続年数が給与に関わってくるのは、コンビニも他の企業と同じです。

但し、新卒入社と転職入社で勤続年数が同じだからといって、給与も同じになるわけではありません。

やはり、年数はあくまでも目安として見ているということだと思います。

地域

コンビニで給与の差が1番分かりやすいのは、地域の違いだと思います。

地域によって何が違うかというと、忙しさだと思います。

コンビニにとって忙しい=売上が上がると考えて問題ないと思います。

この売上の差が、給与にも反映されているのではないでしょうか。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの給料の決まり方

会社の査定

正社員の給料を決めるのは、会社です。

会社が様々なことを考慮し査定して、給料を決定します。

査定の内容としては、業績や業務内容、出勤状況などです。

この査定を上げていけば、給料を上げることができると思います。

実績

給料決定で一番関係するのは、実績ではないでしょうか。

優れた人が給料で評価されなければ、みんなやる気がなくなってしまいます。

しかし、自分と会社の評価の差が不満を呼んでしまいます。

コンビニで給料を上げるためにやるべき3個のこと

働いている人は皆、給料を上げたいと思いながら働いていることでしょう。

では、コンビニで働いている人はどのようにしたら給料を上げることができるのでしょうか。

これから、いくつか例を挙げて考えてみたいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

コンビニで勤務をしていると、なかなか会社の本部の人に会う機会はあまりありません。

しかし、会えた時に相談することはできると思います。

まず、お店の中の上司である副店長や店長に相談し、店長などから会社に交渉してもらうという流れが良いかもしれません。

スキルアップを図る

給料を上げる為に必要なことは、以前よりもよく働き実績を上げることだと思います。

結果を出せば上げてもらえるというのが、私の個人的な考えです。

実績を出す為にスキルアップに挑戦し、結果を出すことが給料アップの最善策だと思っています。

そして、その実績をアピールし認識してもらうことが必要です。

思い切って転職する

社内で努力することは、とても大切なことです。

しかし、努力にも限度があると思います。

努力が報われず、ストレスを溜めてしまうことは良くないと思います。

そこで、選択肢の一つとして転職をすることを考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、転職について考えてみたいと思います。

転職先の選び方1:スキルを活かす

コンビニでの勤務経験は、大きなスキルと考え自信を持って良いでしょう。

発注や仕入れ、お店の管理業務、そして接客です。

これだけの経験は、必ず他のどのような仕事にも活かすことができると思います。

転職先の選び方2:勤務状況から選ぶ

過酷なコンビニの仕事が辛くて、転職を考える人も多いはずです。

私もその内の一人です。

転職先では、同じ辛さは味わいたくないものです。

なので、勤務時間がしっかりしていて、社内でも負担を分散できるような人手がある会社を選んだ方が良いかもしれません。

給料をアップさせるための求人の選び方

転職を考える一つの理由に、給料があると思います。

「ストレスなどから解放されれば給料が少しばかり低くても別に良い」、と言う方でも一定の生活ができるだけのお金は必要でしょう。

また、折角転職するので、現状よりも給料が上がるところへ転職したいものです。

給料アップを目指す為に、どんな求人を選んだ方が良いのか考えてみたいと思います。

給与相場が今よりも高いところを探そう

コンビニの給与の相場は、そもそもがそれほど高いものではありません。

その為、現状より給与が高いところを探すことは、それほど難しくないでしょう。

ただ、激務で入っていた残業代分をどう判断するかが問題です。

今までの残業代分も確保したければ、それなりの会社を探し転職しなくてはなりません。

転職先にもよりますが、コンビニ程の不定期勤務でなくなるだけでも良いのかもしれません。

賞与や昇給制度をチェック

賞与や昇給についても、給料と同様にしっかり考えるべき大変大きな問題だと思います。

求人にはきちんと明記されていると思うので、しっかりチェックしたい部分です。

賞与に関しては実績への評価の部分もあるので、求人にも有無ぐらいしか記載されていないかもしれません。

しかし、昇給についてはしっかり書かれていると思うので、年に1回などの回数は見ておきたいところです。

残業代はちゃんと出る?

残業代を考える場合は、転職先の業種がポイントになります。

残業が明確に計算できる業種なら良いのですが、外回りの営業などはなかなか数値化しづらい業種なので、考慮しなくてはいけないでしょう。

現状として、営業だとサービス残業もまだまだ多いようです。

交通費や福利厚生は?

現状として、交通費が出ないところは、ほとんどないのではないでしょうか。

福利厚生面でも、なるべくしっかりと内容が整っていた方が良いかと思います。

だからと言って、交通費や福利厚生だけで転職先を決めるのは、あまり賢明な考えではないのではないでしょうか。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

確実に給料がアップする時

コンビニで働いていて必ず給料がアップする時があります。

それは、昇進です。

一般社員から、副店長、店長へと上がっていく昇進の時です。

グループ企業や、お店ごとに異なりますが、私が勤務していたお店では、副店長になれたのは入社から3年後で、5万円ぐらい月の給料がアップしました。

更にそこから3年ぐらいで店長になり、月の給料がプラス5万円ぐらい上がると思います。

私は店長になる前に辞めてしまったので、正確な情報をお伝えすることができないので推測にはなってしまいますが…。

問題などを起こさず順調にいけば、必ず昇進することができると思います。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

まず、雇用形態によって賞与や昇給に違いが出てくるので自然と月給や年収にも違いが出てきてしまいます。

やはり待遇が良いのは、正社員です。

派遣社員や契約社員は別の契約になるので、待遇もそれぞれ異なります。

アルバイトは働いた時間×時給なので、働き方次第で高収入になります。

しかし、保証の面などを考えると、待遇は微妙になると思います。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

正社員で良い点は、やはり保証面ではないでしょうか。

保証があることでの生活の安定面では非常に助かります。

しかし、仕事面では管理業務などの責任ある仕事が多く、ストレスが増えます。

これは、悪い点だと思います。

派遣

派遣社員は、派遣会社との雇用契約で働いています。

その為、保証面を派遣会社と結んでいれば、コンビニの正社員と同じような保証を得られます。

また、あくまでも派遣会社の社員なので、正社員よりは責任の度合いも少なくて済むと思います。

しかし、派遣は派遣なので、数年ごとの契約になります。

職場がいくら気にいっても機嫌が設けられている為、長期間続けられるわけではありません。

契約社員

コンビニでの契約社員は、あまり聞いたことがありません。

但し、コンビニオーナーを目指す方が研修ということで会社と契約を結んで、契約社員としてコンビニの仕事を勉強しながら働いていたのを見たことがあります。

お金を貰いながらオーナーになる為の勉強ができるということは、大変良い点ではないでしょうか。

アルバイト

コンビニにとって主力とも言えるアルバイトの良い点を挙げるのであれば、やはり自由度の高さだと思います。

シフトを相談し、自分の生活に合わせることもできます。

しかし、自分の意思をきちんと持っていないと、お店の都合で振り回されてしまうので注意しなくてはいけないでしょう。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

コンビニの正社員として働くには、正直に言うと非常に過酷です。

もちろん、所属するグループ企業やお店があるエリアによって異なりますが、覚悟が必要です。

世の中が休んでいる時に働くということが、精神的にも体力的にも堪えます。

ましてや、給料はそんなに良いわけではありません。

しかし、自分のお店を持ちたいと真剣に考えている人には、おすすめできると思います。

経営のノウハウを勉強しながら働けるのは、大きなメリットだと思います。

契約社員

書いて字のごとく、契約して雇用する社員です。

契約内容によって様々ですが、コンビニの場合は、オーナーの勉強をする為にコンビニのグループ企業と契約をしてお店で働きます。

オーナーを目指すのであれば、契約期間中実際にコンビニで働いてみて、きちんと仕事を体験できて給料も貰えるので、おすすめです。

アルバイト

アルバイトにとってのコンビニバイトのメリットは、シフトと時給です。

自分の都合の良い時間でシフトを選ぶことも可能です。

また、給料を増やしたければ、相談してシフトを増やすこともできると思います。

その為、学生や主婦の方など空いた時間に稼ぎたい人にはおすすめです。

派遣

派遣社員の雇用主は、派遣会社です。

給料を払うのも派遣会社なので、コンビニの時給よりも高くなる傾向にあります。

また、アルバイトと違い派遣会社が保障してくれるので、アルバイトよりも雇用形態は良いでしょう。

会社とコンビニとの契約次第ですが、契約にない業務はしなくても済みます。

このような点から、アルバイトよりも安定してきっちり働きたい人には、おすすめだと思います。

但し期間が決められるので、人によってはそこがデメリットになるかもしれません。

まとめ

コンビニの仕事は、正社員やアルバイト、派遣や契約など、その形態は様々です。

それぞれの形態によって、給料も待遇も異なります。

どの形態にメリットがあって、どの形態がデメリットなのかは、人によって違ってくると思います。

その中で自分に合った働き方が見つかれば、コンビニの仕事もやりがいのある素敵な仕事になるでしょう。

しかし、コンビニの仕事はとても過酷なものです。

しっかりとした目標や目的があって取り組むことができれば、続けられると思いますが、精神的にも体力的にも厳しい時には、転職という道も一つの選択肢になるでしょう。

自分に合った働き方を見つける参考にして頂ければと思います。


関連キーワード

コンビニ求人

コンビニ求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

コンビニ店長の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ひとつの店舗にさまざまな商品があるコンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないお店となりました。そんなコンビニエンスストアの仕事や、店長業務に興味がある方も多いのではないでしょうか?発注や商品陳列、さまざまな経営能力を駆使してお店の売上を上げる仕事にはとてもやりがいがあります。そこで今回はコンビニ店長の仕事はどんな人に向いているか、コンビニ店長の仕事が得意な人の特徴や、コンビニ店長のキャリアについて解説します!コンビニ店長ってどんな仕事?普段なかなかお客としてコンビニを訪れたときには、どの人が店長か見分けるのは難しいと思います。そのため、どんな仕事をしているかもイメージがしづらいのではないで

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長について、その仕事内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。コンビニ店長を目指す方に、正社員でのコンビニ店長求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について解説していきます!コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関することを全て責任を負います。そのため、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、さらに人員が足りていなければ自らも店頭にたってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」といっても良いでしょう。コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?コンビニ店長

コンビニバイト求人の募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

誰にとっても、初めてのバイトってありますよね。そんな誰しもが経験する初バイトの王道ともいえるコンビニバイトの時給や募集内容などご紹介したいと思います。コンビニバイトの時給は?時給はどれくらい?アルバイトで最も気になるのが、時給です。全国各地にコンビニあれど、時給に変化はあるのか気になりますよね。答えは、地域によって時給は異なるです。当たり前かもしれませんが、各都道府県に最低賃金という設定がされています。これは法律で決められているため、この賃金を下回る時給ではいけません。そのため、基本的なコンビニの時給は、最低賃金以上で最も安く、切りのいい金額に設定していることがほとんどです。例えば、最低賃金が

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日、コンビニにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。その中でコンビニでアルバイトを経験したことがある方も少なくないかと思います。では、コンビニの中でも上の立場である店長の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。アルバイトと異なる業務はあるのでしょうか。また、どのような方法でコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営全てと言って良いでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し

コンビニ店長求人でよくある募集内容や働き先の種類(FC・直営等)やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や社会的なインフラともなったコンビニエンスストア。その便利さはどんどん進化し続けます。そんなコンビニの店長の仕事に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。ここではコンビニの店長求人の仕事内容や働き先の種類についてご説明します。コンビニ店長のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずはコンビニの店長のおおまかな仕事内容についてです。一般的に想像できる、コンビニに勤務するアルバイトが行っているレジ打ちや陳列、納品や廃棄商品の破棄などの一般業務に加え、店長には多くの仕事があります。例えば発注や、アルバイトの管理など人材育成、さらには経営的な視点でお店全体を見る事などがあります。また、コンビニチ

コンビニの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや身に付くスキルについて解説します

今では全国各地に多くの店舗を構えているコンビニですが、ほとんどの方は利用したことがあると思います。しかし、実際に働いたことのある方の数は限られています。ここでは、実際にコンビニでどのような仕事をしているのかをご紹介できればと思います。今現在、コンビニの仕事に興味がある方でコンビニの仕事が未経験だという方にも分かりやすくご紹介していきます。併せてに、コンビニで仕事をする上でどのような人材が望ましいのかもご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。コンビニ店員はどんな仕事?コンビニの仕事とはどのような業務なのかを想像してみましょう。お客さんとして来店する際によく見られるのが、レジでの接客になります