身近なコンビニの仕事で、正社員、派遣社員、アルバイトなど、色々な側面から給料や年収、また、それをどのようにアップさせるかなど、転職も含めて考えてみたいと思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの年収の相場はどのくらい?

正社員で新卒入社した場合

コンビニは、みなさんがご存知のように色々なグループ企業があります。

グループによって様々ですが、大体300万前後が相場のようです。

正社員で転職した場合

正社員に転職した場合でも、300万前後が相場です。

ただ、経歴やスキルによって違ってくるようです。

それでも400万に届かないぐらいことが多いようです。

パート・アルバイト

パートやアルバイトの場合は、時給での話になります。

また、この時給においても時間帯によって違ってきます。

朝、昼、夜、深夜で別れている事が多く、深夜や朝が時給は良いようです。

また、お店によって仕事が忙しく、あまり従業員が入らないシフトは、時給を高く設定しています。

年収にも響いてくる基本給以外のものは、どうなっているの?

賞与

正社員は、他の企業のサラリーマンと同じく賞与もあります。

金額は、勤務年数や実績によって変化します。

この実績とは、普段の売上はもちろんですが、クリスマスのケーキや、お正月のおせち料理などの販売実績も大きく影響します。

昇給

昇給については、調べられる限りでは、ほとんどのグループ企業で年に1回あるようです。

昇給に関しても一律と言う事はなく、様々な実績などを含めて算出されます。

各種手当

コンビニの正社員だからなどはなく、名称は様々ですが、交通費や家族手当などがあります。

また、残業手当もしっかりあります。

サービス残業などは、ほとんどなくしっかり貰えるようです。

しかし、アルバイトやパートの給料や残業代もお店の利益計算に使われるため利益を多くするために正社員の方はサービス残業を考える事もあるようです。

給与が高い人は何が違うの?

コンビニでも、全ての社員の給与が同じ訳ではありません。

高い人もいれば、安い人もいます。

この給与の差はどうして生まれるのでしょうか。

給与が高い人について見ながら解説します。

スキル

まず、お店の中において見ていくと、スキルを積み重ねることで、社員、副店長、店長と昇進して行きます。

更に細かく言うと、発注業務や、販売促進など通常のお店での仕事を通じてスキルアップすることも出来ます。

役職

コンビニのお店の中で正社員は3つに別れます。

それは、店長、副店長、社員です。

グループ企業によって呼び方や分け方も違いますが、おおよそこの3つになります。

もちろん、それぞれ給与も違い、店長が1番高いです。

勤続年数

勤続年数が給与に関わってくるのは、コンビニも同じです。

ただ、新卒入社と転職入社で勤続年数が同じだからと言って給与も同じ訳ではありません。

やはり、年数はあくまでも目安として見ていると言うことだと思います。

地域

コンビニで給与の差が1番分かりやすいのは、この地域の違いだと思います。

地域によって何が違うかと言うと、忙しさだと思います。

コンビニにとって忙しいイコール売上があがると考えても問題はないと思います。

この売上の差が給与にも反映されているのではないでしょうか。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの給料の決まり方

会社の査定

正社員の給料を決めるのは、やはり会社です。

会社が色々な事を考慮し査定して給料を決めます。

査定の内容としては、業績や業務内容、出勤状況などです。

この査定をあげていけば、給料をあげる事も出来ると思います。

実績

給料の決定で、1番関係するのは、実績ではないでしょうか。

優れた人が給料で評価されなければ、みんなやる気が出なくなってしまいます。

しかし、自分と会社の評価の差が不満をよんでしまうのですが。

コンビニで給料をあげるためにやるべき3個のこと

コンビニで働いていて、給料をあげたいと思うと思います。

いくつか例をあげてどんな事が出来るのかを考えてみたいと思います。

今の勤務先でできること

給料アップの交渉をしてみる

コンビニのお店で勤務していると、なかなか会社の人に会う機会はありませんが、会えた時に相談してみる事は出来るのではないかと思います。

まず、お店の中の上司である副店長や店長に相談して店長などから会社に交渉してもらうのが良いかもしれません。

スキルアップを図る

給料をあげるために必要なことは、以前よりも、良く働き、以前よりも実績をあげているから給料をあげてもらう、あげてもらえると言うのが、私の個人的な考えです。

スキルアップに挑戦して結果を出すことが、給料アップの最善策だと思っています。

また、その実績をアピールして認識してもらうことも必要ではあります。

思い切って転職する

社内で努力することは、とても大切なことです。

しかし、限度があると思います。

努力が報われずストレスをためてしまうことは良くないと思います。

そこで、選択肢のひとつで転職も考えて見るのも良いことだと思います。

転職について考えてみたいと思います。

転職先の選び方1:スキルを活かす

コンビニでの勤務経験は、大きなスキルと考えて良いでしょう。

発注や、仕入れ、お店の管理業務、そして接客です。

これだけの経験は必ず他のどんな仕事にも活かすことが出来ると思います。

転職先の選び方2:勤務状況から選ぶ

過酷なコンビニの仕事が、辛くて転職を考える人も多いはずです。

私もそのひとりです。

転職先では、同じ辛さは味わいたくないものです。

ですから、勤務時間がしっかりしていて社内でも、負担を分散出来るような人手がある会社を選んだ方が良いかもしれません。

給料をアップさせるための求人の選び方

転職を考える、ひとつの理由に給料があると思います。

ストレスなどから解放されたくて、給料は別に、と言う方でも生活できるだけの給料は必要でしょう。

また、せっかく転職するのですから、給料もあがるところへ転職したいものです。

給料アップを目指すために、どんな求人を選んだ方が良いのか考えてみたいと思います。

給与相場が今よりも高いところを探そう

コンビニの給与の相場自体がそれほど高いものではないので、給与が高いところを探すのは、それほど難しくはないでしょう。

ただ、激務で入っていた残業代分を、どう判断するかが問題です。

残業代分も転職で確保したければ、それなりの会社を探さなければいけません。

転職先にもよりますが、コンビニほどの不定期勤務ではなくなるだけ良いのかもしれません。

賞与や昇給制度をチェック

賞与や昇給は、給料を考えると大変大きな問題だと思います。

求人には、きちんと明記されていると思うので、しっかりチェックしたい部分です。

賞与に関しては実績への評価の部分もあるので、求人にも有無ぐらいしか記載されていないかもしれませんが、昇給では、年に1回などの回数は見ておきたいところです。

残業代はちゃんと出る?

残業代を考える場合は、転職先の業種がポイントになります。

残業が明確に計算出来る業種なら良いのですが、外回りの営業などは、なかなか数値化しずらい業種なので、考慮しなくてはいけないでしょう。

営業だとサービス残業も、まだまだ多いようです。

交通費や福利厚生は?

交通費は、今では出ないところは、ほとんどないのではないでしょうか。

福利厚生面でも、どのように無難にあれば、良いと考えた方が懸命だと思います。

交通費や福利厚生で転職先を決めるのは、あまり良い考えではないのではないでしょか。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が教える、実際に給料がアップしたのはこんなとき

確実に給料がアップする時

コンビニで、必ず給料がアップする時があります。

それは、昇進です。

一般社員から、副店長、店長へとあがっていく昇進の時です。

グループ企業や、お店ごとに違ってはきますが、私が勤務していた時には、副店長になれたのは、入社から3年後で5万円ぐらい月の給料がアップしました。

さらにそこから3年ぐらいで店長になり、さらにプラス5万円ぐらいあがると思います。

申し訳ありません、私は店長になる前に辞めてしまったので不確かですが。

あまり変な事をせず順調にいけば、必ず昇進することは出来ると思います。

雇用形態ごとに違いは出てくる?

月給や年収

まず、雇用形態によって賞与や昇給に違いが出てくるので自然と月給や年収にも違いが出てきてしまいます。

やはり良いのは、正社員です。

確実にもらえる物はもらえます。

派遣社員や契約社員は、別の契約になるのでそれぞれ違ってくるようです。

アルバイトは、時給なので働き方しだいで高収入にもできますが、保証の面などを考えるとは微妙になると思います。

給料以外における良い点と悪い点

正社員

正社員で良い点と言えば、やはり保証面ではないでしょうか。

保証があることでの生活の安定は非常に助かります。

しかし、仕事面では、管理業務などの責任ある仕事が多くストレスに増えます。

これは、悪い点だと思います。

派遣

派遣社員は、派遣会社との雇用契約で働いています。

ですから、保証面を派遣会社と結んでいれば、コンビニの正社員と同じような保証を得られます。

また、あくまでも派遣会社の社員なので、正社員よりは、責任の度合いも少なくてすむと思います。

しかし、あくまでも派遣は派遣なので数年ごとの契約なので、気にいっても続けられる訳ではありません。

契約社員

コンビニで契約社員は、あまり聞いた事がありません。

ただ、コンビニオーナーを目指す方が、研修と言うことで会社と契約を結んで、契約社員としてコンビニの仕事を勉強しながら働いていたのを見たことがあります。

オーナーになるための勉強をお金をもらいながら出来ると言うことは、大変良い点ではないでしょうか。

アルバイト

コンビニにとって主力とも言えるアルバイトの、良い点と言えば、やはり自由度の高さだと思います。

シフトも相談して、自分の生活に合わせる事も出来ます。

ただ、自分の意識をきちんと持っていないと、お店の都合で振り回されるようになりかねないので注意しなくてはいけないでしょう。

この働き方は、こんな人におすすめ!

正社員

コンビニで正社員で働くには、正直に言うと非常に過酷です。

もちろん、所属するグループ企業や、お店があるエリアによって違いますが、しかし、覚悟は必要です。

世の中が休んでいる時に働くだけでも、かなり気持ち的にも体力的にもこたえます。

ましてや給料だってそんなに良い訳ではありません。

もし、自分のお店を持ちたいと真剣に考えている人には、おすすめ出来ると思います。

経営のノウハウを勉強しながら働けるのは、大きなメリットだと思います。

契約社員

書いて字のごとく、契約して雇用する社員です。

契約内容によって様々ですが、コンビニの場合は、オーナーの勉強をするために、コンビニのグループ企業と契約をして、お店で働くといった感じです。

オーナーを目指すのであれば、契約期間、実際にコンビニで働いてみて、きちんと仕事を体験出来て、給料ももらえるのですから、おすすめ出来ると思います。

アルバイト

アルバイトにとって、コンビニでのバイトのメリットは、シフトと時給です。

自分の都合の良い時間でシフトを選ぶ事も可能ですし、給料を増やしたければ、相談してシフトを増やす事も出来ると思います。

その為、学生や、主婦の方など、空いた時間に稼ぎたい人には、おすすめしたいと思います。

派遣

派遣社員の雇用主は、派遣会社です。

給料を払うのも派遣会社なのでコンビニの時給よりも高くなる傾向にあります。

また、アルバイトと違い保証も派遣会社がしてくれるので、アルバイトよりも雇用形態は良いでしょう。

また、会社とコンビニとの契約しだいですが、契約にない業務をしなくてもすみます。

このような点から、アルバイトよりも安定してきっちり働きたい人には、おすすめだと思います。

ただ、期間も決められるので人によっては、そこがデメリットになるかもしれません。

まとめ

コンビニの仕事は、正社員や、アルバイト、派遣や契約など、その形態は様々です。

それぞれの形態によって給料も待遇も違ってきます。

人によって、どの形態にメリットがあって、どの形態がデメリットなのかは、違ってきますが、その中で自分にあった働き方が見つかればコンビニの仕事も良い物になるでしょう。

しかし、コンビニの仕事は、とても過酷なものです。

しっかりとした目標や、目的があって取り組むことが出来れば、続けられると思います。

しかし、気持ち的にも体力的にも厳しい時には、転職と言う道もひとつの選択肢になるでしょう。

自分にあった働き方を見つける参考にして頂ければと思います。


関連キーワード

コンビニ求人

コンビニ求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

伊勢原のコンビニバイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の2個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

神奈川県の伊勢原市は最近開発の進んでいる海老名へも電車で10分ほどのアクセスであり、非常に住みやすい住宅街ですが、国道沿いに飲食店などが集中している傾向もあり、なかなか家の近くでバイトを探せないといった方もいらっしゃるのではないのでしょうか。そのような方にお勧めしたいのがコンビニでのバイトです。ここでは、伊勢原市のコンビニバイトについてご紹介いたします。コンビニはどんな仕事?コンビニでの仕事は大きく接客、清掃、補充、メンテナンスに分かれます。接客の中でも細かい業務が多く、その広範さも特徴です。バイトの大まかな仕事内容上記の分類を使ってご説明すると、接客はレジ打ちや宅配便の受付、イベントチケット

埼玉コンビニバイト求人の時給相場やおすすめな募集内容の特徴、人気なお店・エリアを解説します

コンビニでバイトデビューを飾ろうとしている学生さんも多いことでしょう。今回は、埼玉県のコンビニバイトに焦点を当てて紹介させて頂きます。コンビニバイトに関する様々な情報をお届けしますので、是非チェックしてみて下さい。埼玉のコンビニバイトはどんな仕事?埼玉県内のコンビニで販売や商品補充を行う仕事です。埼玉は東京の隣の件ということもあり、ほとんど東京のコンビニとシステムは変わりません。コンビニは単純に商品をお客さんに販売するのみではなく、周辺作業も多いため、最初は慣れるのに苦労します。郵便物の受け取りや公共料金の支払い対応の他、タバコの種類を覚えたり、揚げ物やおでんを作る必要もあります。一つ一つの作

コンビニ店長の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ひとつの店舗にさまざまな商品があるコンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないお店となりました。そんなコンビニエンスストアの仕事や、店長業務に興味がある方も多いのではないでしょうか?発注や商品陳列、さまざまな経営能力を駆使してお店の売上を上げる仕事にはとてもやりがいがあります。そこで今回はコンビニ店長の仕事はどんな人に向いているか、コンビニ店長の仕事が得意な人の特徴や、コンビニ店長のキャリアについて解説します!コンビニ店長ってどんな仕事?普段なかなかお客としてコンビニを訪れたときには、どの人が店長か見分けるのは難しいと思います。そのため、どんな仕事をしているかもイメージがしづらいのではないで

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長について、その仕事内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。コンビニ店長を目指す方に、正社員でのコンビニ店長求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について解説していきます!コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関することを全て責任を負います。そのため、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、さらに人員が足りていなければ自らも店頭にたってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」といっても良いでしょう。コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?コンビニ店長

コンビニバイトの時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

誰にとっても、初めてのバイトってありますよね。そんな誰しもが経験する初バイトの王道ともいえるコンビニバイトの時給や募集内容などご紹介したいと思います。コンビニバイトの時給は?時給はどれくらい?アルバイトで最も気になるのが、時給です。全国各地にコンビニあれど、時給に変化はあるのか気になりますよね。答えは、地域によって時給は異なるです。当たり前かもしれませんが、各都道府県に最低賃金という設定がされています。これは法律で決められているため、この賃金を下回る時給ではいけません。そのため、基本的なコンビニの時給は、最低賃金以上で最も安く、切りのいい金額に設定していることがほとんどです。例えば、最低賃金が

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日のようにお世話になっている人も多いであろうコンビニエンスストア。そのアルバイトの経験をしたことがある方は多いかもしれません。しかしコンビニの店長の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。アルバイトの業務とは何が違うのでしょうか。また、どうやってコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営ほぼすべてと言ってよいでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、清掃はもちろん人が少ない時にはレジ

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し

コンビニ店長求人でよくある募集内容や働き先の種類(FC・直営等)やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や社会的なインフラともなったコンビニエンスストア。その便利さはどんどん進化し続けます。そんなコンビニの店長の仕事に興味を持っている人も多いのではないでしょうか。ここではコンビニの店長求人の仕事内容や働き先の種類についてご説明します。コンビニ店長のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容まずはコンビニの店長のおおまかな仕事内容についてです。一般的に想像できる、コンビニに勤務するアルバイトが行っているレジ打ちや陳列、納品や廃棄商品の破棄などの一般業務に加え、店長には多くの仕事があります。例えば発注や、アルバイトの管理など人材育成、さらには経営的な視点でお店全体を見る事などがあります。また、コンビニチ

コンビニの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きや身に付くスキルについて解説します

今では全国各地に見ない人はいないともいえるコンビニですが、利用している人はほとんどでも、実際に働いた人というのは数が限られています。ここでは、実際にコンビニではどのような仕事をしているのかをご紹介できればと思います。今現在コンビニの仕事に興味がある人でコンビニの仕事が未経験だという方にもわかりやすくご紹介していきます。並びに、コンビニで仕事をする上でどのような人材が望ましいのかもご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。コンビニ店員はどんな仕事?では、コンビニの仕事とはどのような業務なのかを想像してみましょう。お客として来店する際によくみられるのがレジでの接客業になります。そして店内で棚に商