正社員としてコンビニに入社し、コンビニ店長になってもその仕事が大変で辞めてしまう人は一定数存在します。

コンビニ店長を辞めたい理由には何が多いのでしょうか。

その理由と辞めるのを決める前に考えておきたいことについて解説します。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニ店長の離職率は多い?

「コンビニ店長の離職率」というデータは存在しませんが、店長経験者は特に離職率が高いイメージが多いと思います。

店の責任者であるため、アルバイトが急に休んだ時や、店でトラブルが起きたときなどに休みの日であっても呼び出されたることが多いため、ハードだと感じる人が多いからです。

また、店の売上やノルマを達成できなそうなときには、本社から指示はないものの自発的に恵方巻きやお中元ギフトなどの催事商品を購入しなければならないなどの経験をしたコンビニ店長も多く、そのため嫌気がさして離職する人が一般的な会社よりは多いように感じます。

コンビニ店長を辞める理由は何が多い?

それでは、前述した理由以外にもコンビニ店長を辞める理由には何があるのでしょうか。

アルバイトの穴埋めや人手不足による不規則な生活が辛い

コンビニは24時間営業しています。

基本的に店長は最も客数の多い時間帯の売れ行きや客の動きを確認するために、日中の時間帯に勤務することが多くあります。

しかし、人手不足のお店であったり、夜勤のアルバイトが急に欠勤したり辞めたりしてしまった場合には、一時的な穴埋めのために夜勤などに入ることもあります。

また、早朝のアルバイトが不足していればいつもよりも早く出勤し対応することもありますし、キャンペーンなどの準備があればその対応に追われることもあります。

そのため比較的不規則な生活になってしまうことも多く、不規則な生活を苦痛に感じる人や体調不良を感じる人も多くいます。

事務所仕事による残業が多い

前述のようにアルバイトの穴埋めは頻繁に発生しますが、人件費削減や人手不足によりそもそも店の人員が足りていない場合もあります。

日中自分の本来の勤務時間には接客や納品などのアルバイトの業務を行い、その後残業して店長としての事務作業や売上管理・経営状態の把握をしなければならないことも多くあります。

店長としての事務所仕事は「ここまでやればOK」というものではなく、売上をあげるための工夫・施策・アルバイトへの指導方法の検討など、無限にあります。

真面目な人ほど無限にある店長業務を一人で抱え込み、何もかもやろうとしてしまい残業が増えてしまうことが多くあります。

スーパーバイザーを目指して入社したのになれない

コンビニに正社員として入社する人の多くは、フランチャイズ店の経営指導を行うスーパーバイザーを目指して入社します。

入社後はたとえコンビニで勤務した経験や店長経験を持つ人であっても必ずコンビニでの店長経験を必要とされます。

その後スーパーバイザーへの登用試験を受け、ポストに空きがあればスーパーバイザーになることができます。

しかし、なかなかポストに空きがなかったり、スーパーバイザーへの登用試験が年に数回しかなかったりなどして、店長としての勤務が長く続くとスーパーバイザーになれないことへに対し不満を抱き、離職してしまう人も多くいます。

コンビニ店長がブラックな仕事だと感じた瞬間については、こちらの記事を参考に!

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

辞めるのを決める前に考えておきたいこと

コンビニ店長として勤務していて離職することが頭をよぎった場合、辞めることを決意する前に考えておくべきことにはなにがあるのでしょうか。

3つのポイントを見ていきたいと思います。

スーパーバイザーになるための努力を怠っていないか

もしなかなかスーパーバイザーになれないことへの不満が大きな要因で離職を考えているのであれば、自分は本当にスーパーバイザーになるための努力を怠っていなかったかを考えてみましょう。

スーパーバイザーは全国にいる店長の中から、地域を管理している上司が「次にスーパーバイザーのポストに空きが出たらこの人を推薦しよう」と決めていることも多くあります。

そのため、上司から「スーパーバイザーに適している」「今すぐスーパーバイザーにしても活躍できそう」と思ってもらえるかどうかも重要なポイントです。

ただ毎日店長としての仕事に追われていてはなることができません。

上司や本社への積極的な提案や、経営を管理する能力を高めることで、もしかしたらスーパーバイザーに近づくこともできるかもしれないのです。

他の社員と業務を分担し負担を減らせないか

あまりにも店長としての負担が大きく、体力的・精神的な問題で離職を検討している方は、他の社員やアルバイトなどと業務を分担して負担を減らすことができないかを考えてみましょう。

店長としての責任はもちろん自分が負わなければなりませんが、すべての業務を抱え込む必要はありません。

他のスタッフと分担できることや任せることができることは任せてしまい、意思決定や方向性の決断などに集中することも店長として大切なあり方です。

他のコンビニチェーンへの転職で問題は解決するか

コンビニチェーンによってそのキャリアプランや勤務形態が異なります。

せっかく店長経験をしたのであれば、他のコンビニチェーンに転職してそのキャリアを生かすことも考えてみましょう。

転職活動を行いコンビニでの店長経験をアピールすることで、今よりも良い待遇で勤務ができる環境が見つかるかもしれません。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

番外編!行き詰ったときのリフレッシュ方法

不規則な生活が多く、体力的・精神的にもきついことの多いコンビニ店長には、行き詰った時にリフレッシュできる方法をいくつか持つことをおすすめします。

マインドフルネス

セレブなども取り入れている瞑想法のひとつです。

いつでもどこでも簡単にできるだけでなく、ストレス解消や体の疲れにも効果があります。

不規則な中でも1日をリセットできる習慣

不規則な生活が多いコンビニ店長は、1日の終わりや区切りがわからなくなってしまうことも多く、それがストレスの原因となっていることが多くあります。

なにか自分なりに1日をリセットできる習慣を見つけてみましょう。

例えば帰宅したら牛乳を1杯飲む、寝る前にヨガを行うなど簡単なものが良いでしょう。

まとめ

責任も重く、体力的・精神的にもきついことの多いコンビニ店長の仕事をしていると、必ず辞めたいと思うことがあると思います。

しかしせっかく正社員としてコンビニに入社し、コンビニ店長になれたのに離職してしまうことはもったいないです。

まずは冷静に状況をみつめ、時にリフレッシュしながら自分にとって最適な道を探しましょう!


関連キーワード

コンビニ店長求人