コンビニ店長の正社員は、その具体的な業務内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。

ここではコンビニ店長を目指す方に、正社員雇用という形でのコンビニ店長の年収事情や気になる業務内容、おすすめな求人の特徴について解説していきたいと思います。

求人の募集内容や、コンビニのアルバイト経験だけでは知りえない情報をこの記事を通して知っていただき、興味のある方はぜひ「コンビニ店長」の求人をチェックしてみてください。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まずは「コンビニ店長」の仕事例をチェック

コンビニ店長正社員の仕事内容とは?

コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関すること全てに責任を負います。

その為、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、更に、人員が足りていなければ自らも店頭に立ってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」と言っても良いでしょう。

コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?

コンビニ店長になる為には、まずコンビニチェーンの会社に正社員として入社する必要があります。

場合によっては契約社員での募集もありますが、ほとんどは正社員であることが多いです。

詳しい募集内容について見ていきましょう。

年収相場

年収の相場は、350万円~450万円前後であることが多いです。

全くの未経験で経営知識や接客経験のない人は300万円台であることが多いです。

しかし、店舗経験や他業態であっても店長経験がある人は、400万円台になります。

或いは他チェーンでの店長経験があれば、転職時に更に良い年収を提示されることもあります。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は多くの場合は平日の日中であることが多く、一般的な会社員とあまり変わらないでしょう。

これは、お客様が最も多く来店する時間帯に店にいて、繁忙時は接客に入ったり指示を出したり、更にはお客様の動向を把握する為です。

その為、例えばレジャー施設の近くにあるなど平日よりも休日に客数が増えるような店舗の場合には土日祝日に勤務し、平日休みになることもあります。

或いは、夕方にお客様が多く訪れるような住宅街であれば、勤務時間が13時~22時ということもあります。

あまりにもアルバイトの人員が足りなく、勤務時間の大半を接客やレジ打ちなどの対応に追われる場合には、残業して事務所での店長業務をしなければならないことも多くあります。

福利厚生

福利厚生は、一般的な企業とほとんど変わりません。

しかし、アパレルなどに多い「社割」などは日用品を扱う特性上、ないことが多いです。

廃棄商品の弁当なども正社員が持ち帰ったり食べることは禁止されており、そのようなメリットは期待しない方が良いでしょう。

勤務場所

基本的な勤務場所は、店舗です。

ただ、年に数回店長会議があるコンビニチェーンや、研修などで本社を訪れることもありますが、基本的には毎日の勤務は店舗になります。

正社員として求められるものとは?

コンビニでのアルバイト経験がある方は多いと思いますが、正社員として店長になる場合に求められることは異なってくるのでしょうか。

お手本となる存在であること

店長は、アルバイトスタッフのお手本となる存在でなければいけません。

その為、マニュアルは全て把握していなければならないですし、接客態度も完璧を目指します。

アルバイトスタッフに分からないことを訊かれた時に、「忘れた」「適当でいいよ」などとは決して言えない為、入社直後は必死でマニュアルを覚えます。

身だしなみは正社員であることが分かるようにスーツ+制服

アルバイトスタッフと異なり、正社員は必ずスーツでの出退勤を義務付けられていることが多いのが特徴です。

勤務中はワイシャツ+ネクタイ+スーツのズボンの上から各チェーンの制服を着用します。

これは、男女共に共通しています。

数字への意識

アルバイトであれば特に売り上げなどは気にしなくても良いのですが、正社員であったり店長であったりする場合には必ず自分の店舗だけでなく近隣店舗の売り上げも意識します。

月の売上額だけでなく毎日の売上、更には時間ごとの客数や売上、そして「お弁当は1日平均●●円」などジャンルごとの把握、廃棄金額の把握なども必要です。

必要なスキルとは?

必要とされるスキルは、数字を意識することと理解する能力です。

更に、お手本となるような接客ができることも大切な為、学生の内から接客業のアルバイトを経験しておくと良いでしょう。

また、売り場でお客様が手に取りやすく購入したいと思いたくなるような陳列や、POPの作成などもできると更に良いです。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニ店長正社員のおすすめ求人の特徴とは?

コンビニ店長の正社員を目指す場合、求人のどのような特徴をチェックすべきなのでしょうか。

残業代が残業した時間分しっかりと出ること

コンビニ店長は、残業が多く発生します。

その為、求人に「残業代全額支給」と書いてあるものを選びましょう。

また、15分単位など切り捨てられるものではなく、1分単位で計測してもらえるものが望ましいです。

中には「みなし残業」など、元々ある程度の残業分の手当てが月の給与に含まれており、それ以上は残業代が支給されないものもあります。

資格手当・店長手当がある

求人欄に資格手当・店長手当があるものを選ぶと良いでしょう。

各種手当が数千円~1万円程度だとしても、12ヶ月分となると年収にも差がつきます。

資格手当・店長手当がない企業もあるので、チェックが必要です。

コンビニ店長正社員になるために他にも知っておきたいこと

賞味期限チェックが苦手だと苦労する

コンビニでは、毎日4回~6回ほど賞味期限を時間ごとにチェックする業務があります。

この時に、賞味期限の切れたおにぎりやお弁当、お菓子などをチェックし廃棄します。

簡単なことのようですが、普段から賞味期限をチェックすることに苦手意識のある人やあまり気にしないという方にとっては意外と苦痛な業務となります。

しかし、コンビニ店長を経験すると、賞味期限への意識はとても高まります。

不規則な生活になる

コンビニ店長は、アルバイトの急な欠員などがあれば自分が代わりにシフトに入ることも多くあります。

その為、生活が不規則になりがちです。

不規則な生活が苦手だという人には、あまり向かないでしょう。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容について、イメージが湧いたでしょうか?

とても激務な一面もありますが、コンビニ店長はとてもやりがいのある仕事です。

是非、ここでご説明したことを参考に、コンビニ店長を目指してみてください。



関連キーワード

コンビニ店長求人

コンビニ店長求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方達へ、コンビニ店長の転職を成功させる為にやるべき3個のことや上手な転職方法を、アルバイト経験もあり社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てれば嬉しいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持てて凄いなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニはフランチャイズ契約していることを忘れてはいけません。フランチャイズ契約で企業から様々なシステムなどを提供してもらっている分、

コンビニ店長がブラックな仕事だな…と感じた6個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

コンビニエンスストアの店長の仕事と言えば、24時間営業のお店の管理や、本部との交渉、クレーマーとの戦いやアルバイトの管理など大変そうなイメージがあると思います。確かに、コンビニの店長は一般的な会社員に比べ、若干ブラックな部分もあると、経験者の私は感じることがありました。しかし、それでも続けたいと思う魅力があったことも事実です。そこで今回は、「コンビニの店長はブラックな仕事だな…」と感じた瞬間のエピソードや、それでもコンビニの店長の仕事は楽しいと思った理由、更に願いが叶うなら改善してほしい点などについてご紹介していきます!経験者の私が思う、コンビニ店長の仕事がブラックな理由とは?私は、コンビニの

コンビニ店長を辞めたい理由は何が多い?3つの理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

正社員としてコンビニを経営する会社に入社後、コンビニ店長になれたのにも関わらず、その仕事が大変で辞めてしまう人は一定数存在します。コンビニ店長を辞めたい原因にはどんな理由が多いのでしょうか。その理由と辞めることを決める前に考えておきたいことについて解説します。コンビニ店長の離職率は多い?「コンビニ店長の離職率」というデータは存在しませんが、店長経験者は特に、離職率が高いイメージを持つ方が多いと思います。店の責任者である為、アルバイトが急に休んだ時や店でトラブルが起きた時などに、休みの日であっても呼び出されたることが多いのです。その為、ハードだと感じる人が多いことも理由の一つでしょう。また、店の

コンビニ店長の仕事内容9個の業務。向いている人の特徴は?働くメリットについても教えます!

コンビニ店長の仕事内容って具体的に皆さんはご存知でしょうか?コンビニは、今や日本全国どこにでもありますよね。そんなコンビニで、アルバイト経験のある方も多いとは思いますが、店長の仕事まで知っている方は少ないかと思います。ここでは、コンビニ店長の仕事について具体的な業務を経験者が解説致します。また、向いている人の特徴やメリットまでしっかりご紹介させていただきます。コンビニ店長の仕事は大きく3個の役割に分けられる経営・売上管理コンビニの店長は、コンビニ1店舗をまるまる任される謂わば「社長」のような存在です。その店の状況を常に把握し、売上の管理から経営状態のコントロールまで全てを任されます。店ごとに出

コンビニ店長になるには?勉強しておくべきことは何?将来性についてもお話しします!

自分で会社を持ち、店を開業せずとも一つの店を任され店長となることができるのが、コンビニ店長です。将来お店を持ちたい、経営の勉強がしたいという方にとっては、とても良い経験になることでしょう。そんなコンビニ店長になるにはどうすれば良いのでしょうか。勉強しておくべきこと、就職・転職の方法までを経験者が解説致します。コンビニ店長になるには?コンビニ店長になる為の方法は、二つあります。一つ目は、コンビニチェーンの会社とフランチャイズ契約し、自身がオーナーとなり、一つの会社のような形でコンビニを経営することです。二つ目は、コンビニチェーンの会社に正社員或いは契約社員として入社し、店舗経験の過程で店長になる

コンビニ店長のやりがいは?やっていて良かった3個のことやそこで身につく力とは?

コンビニ店長と言えば、とても激務で大変なイメージがあるかと思います。しかし、お店での勤務が好きな方や将来的に自分の店を持ちたい方、経営に携わりたい方には、とてもやりがいを感じることができる仕事です。そんなコンビニ店長のやりがいやコンビニ店長をやっていて良かった3個の理由、コンビニで店長を経験することで身につく力について解説します。私はこんなところでコンビニ店長をやりました私はコンビニの仕事の仕組みや、新商品の入れ替わる仕組みなどを学びたいと思っていました。なので、全てのコンビニチェーンの正社員の中途採用試験を受けました。その中で内定を頂いたコンビニチェーンに入社しました。店舗での経験を積んで、

コンビニ店長のシフトの実態!休みはあるの?バイトのシフト表で悩んだ時の乗り切り方は?

コンビニ店長のシフト事情を今回は覗いていきたいと思います。多くの人が毎日利用するコンビニエンスストアですが、その店長の仕事は謎に包まれていますよね?ここでは、コンビニ店長のシフトの実態や勤務時間の入り方、バイトのシフトの入れ方の悩みなどを解説します。24時間年中無休なコンビニ店長の悩みの解決策をお教えしますので必見ですよ!コンビ二店長のシフトの実態4つの事実とは?コンビニは24時間365日営業しています。そのため、当たり前ですが常に誰かしらが働いています。コンビニの店長は「今日はアルバイトが足りないからお店を閉めよう」ということもできません。「常に誰かがお店のシフトに入っている」状態を保たなく

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日、コンビニにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。その中でコンビニでアルバイトを経験したことがある方も少なくないかと思います。では、コンビニの中でも上の立場である店長の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。アルバイトと異なる業務はあるのでしょうか。また、どのような方法でコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営全てと言って良いでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し