自分で会社を持ち、店を開業せずとも1つの店を任され店長となることができるコンビニ店長。

将来お店を持ちたい、経営の勉強がしたい方にとってはとてもいい経験になることでしょう。

そんなコンビニ店長になるにはどうすればよいのでしょうか。

勉強しておくべきこと、就職・転職までを経験者が解説いたします!

コンビニ店長になるには?

コンビニ店長になるための方法は2つあります。

1つはコンビニチェーンの会社とフランチャイズ契約し、自身がオーナーとなって1つの会社のような形でコンビニを経営することです。

もう1つはコンビニチェーンの会社に正社員あるいは契約社員として入社し、店舗経験の過程で店長になることです。

新入社員で入社した場合は、どの部署への配属を目指していたとしても必ず最初は店舗での店長経験を求められます。

ここでは基本的に正社員としてコンビニチェーンの会社に入社し、コンビニ店長を目指す場合について解説していきます。

コンビニ店長になるために勉強しておくべきこと

もしあなたがコンビニ店長を目指している場合、勉強しておくべきことはあるのでしょうか。

コンビニ店長は特にその店の経営全体を任されるため、売り上げや利益率などを理解できなければなりません。

そのため、余裕があれば事前に簿記の知識や原価率・利益率などの商売に関する数字の知識を身につけておくと良いでしょう。

また、人事管理に関する知識があるとなお良いでしょう。

「労働基準法」や、外国人留学生が週に働いて良い時間の制限などを理解していると、入社後とても役に立ちます。

持っておくべき資格とは?

資格がなければコンビニ店長になれないということはありませんが、「酒類販売者」と「衛生管理者」の資格を持った人が各お店に1人はいないといけないため、店長である自分がもっておくことが望ましいでしょう。

お店に他に資格を持っている人がいれば問題ないのですが、オーナーとなった場合や、正社員が自分1人であとはアルバイトで運営している場合などは自分が持っておくことが必須条件ともなります。

正社員の場合は、入社後に会社のお金で勤務時間中に資格取得の講習を受けることができるので入社前に取得する必要はありません。

コンビニ店長の就職先や募集状況は?

どのコンビニチェーンでも基本的には毎年新入社員の受け入れと、随時中途採用の募集を行っています。

全体的に人材不足であると言ってよいでしょう。

コンビニ店長の働き口はどの程度あるの?

どんどん全国にコンビニの店舗が増えてきています。

そのため、店長の人材の需要も高まっています。

お店によっては2~3店舗の店長を兼任している人もいるほど、店長人材は不足している傾向にあります。

コンビニ店長の転職事情

コンビニ店長を目指して入社した場合であっても、コンビニ店長を経由してスーパーバイザーや本社での開発業務に携わることを目指していた人であっても、転職していく人は多いです。

コンビニ店長はかなり激務で、自分の勤務時間外であっても電話がかかってきたり、最悪の場合は呼び出されることもあります。

そのため、目指している場所があったとしても途中で挫折し、全く関係のない職種に転職していく人は多くいます。

コンビニ店長の平均給与はどれくらい?

コンビニ店長のお給料事情についてですが、年齢や経験にもよりますが、一般的な会社員と同じくらいか少し多めです。

夜勤などに入れば夜勤手当がつきますし、保有している資格の手当、店長手当がつく会社もあります。

多くの場合は正社員で年収350~400万程度であるといえます。

どうやってコンビニ店長の仕事を探すの?

コンビニ店長を目指す場合は、まずはコンビニチェーンの募集状況を確認しましょう。

就活サイト・転職サイト経由でもいいですが、各企業のホームページからでも応募できることがありますのでチェックしてみましょう。

募集要項に多いのは店舗の経営指導を行う「スーパーバイザー」ですが、スーパーバイザーを目指す場合でもまずはコンビニの店長業務を経験してからでないとなることができません。

また、契約社員であっても「コンビニ店長」自体の募集を行なっているケースもあります。

これは最終的にスーパーバイザーや本社の商品開発への移動などはなく、コンビニ店長として長く勤務してくれる人を募集しています。

コンビニ店長の将来性

コンビニ店長は将来性があるのでしょうか。

この先の市場や未来について考えてみましょう。

コンビニの数は年々増え続けている

コンビニの数は年々増え続けています。

コンビニチェーン各社ともに主力商品やキャンペーンはもちろん頑張るのですが、やはりコンビニという特性上どうしても「家や職場の近く」にある店にお客様は行く傾向があり、マスゲームのように店舗を増やすことでお客様の奪い合いが発生しています。

そのため、店を管理する店長の必要とされる人数も年々増えてきており、コンビニ店長として経験を積んだ人が働き口がなく食いっぱぐれることはないでしょう。

AIが台頭してきても「コンビニ店長」をAIにとって変わられることはない!

気になるのは、最近コンビニが人材不足の解消策としてAIや機械化を進めてきていることです。

無人レジの導入や、商品の補充なども最終的にはAIがすべてやってくれるというニュースをよく耳にすることがあると思います。

しかし、どんなにAIや機械化が進んでも、全てのコンビニが全くの無人になることはありえません。

どうしても人の手が必要な業務はありますし、必ずその店を管理し経営状態を確認しながら操作する店長の役割は必須となります。

そのため、コンビニ店長が不要となる時代は来ないでしょう。

まとめ

将来自分の店を持ちたい人にとっては、他のどのような業態のお店よりもコンビニ店長での経験が役に立つと思います。

発注・仕入・廃棄などのお店商売の基本から、接客・アルバイトなどの人材育成・シフト管理などさまざまな店舗に関する基本をまんべんなく学ぶことができるからです。

コンビニ店長を目指す人は、まずは自分の好きなコンビニのホームページを確認して応募してみましょう。


関連キーワード

コンビニ店長求人

コンビニ店長求人についてもっと深堀りした情報を見る

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

コンビニ店長の仕事はどんな人に向いている?得意な人の5個の特徴やキャリアについて解説します

ひとつの店舗にさまざまな商品があるコンビニエンスストアは私たちの生活に欠かせないお店となりました。そんなコンビニエンスストアの仕事や、店長業務に興味がある方も多いのではないでしょうか?発注や商品陳列、さまざまな経営能力を駆使してお店の売上を上げる仕事にはとてもやりがいがあります。そこで今回はコンビニ店長の仕事はどんな人に向いているか、コンビニ店長の仕事が得意な人の特徴や、コンビニ店長のキャリアについて解説します!コンビニ店長ってどんな仕事?普段なかなかお客としてコンビニを訪れたときには、どの人が店長か見分けるのは難しいと思います。そのため、どんな仕事をしているかもイメージがしづらいのではないで

コンビニ店長正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

コンビニ店長について、その仕事内容や待遇などあまり知られていないことが多くあると思います。コンビニ店長を目指す方に、正社員でのコンビニ店長求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴について解説していきます!コンビニ店長正社員の仕事内容とは?コンビニ店長はコンビニのお店1店舗を任され、そのお店の管理や経営状態に関することを全て責任を負います。そのため、人材管理から採用・育成、商品の発注や仕入管理・納品・廃棄、さらに人員が足りていなければ自らも店頭にたってレジを打ち接客をするなど、その仕事内容はコンビニ運営に関わる「全て」といっても良いでしょう。コンビニ店長正社員でよくある募集内容とは?コンビニ店長

コンビニ店長が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

毎日、コンビニにお世話になっている方も多いのではないでしょうか。その中でコンビニでアルバイトを経験したことがある方も少なくないかと思います。では、コンビニの中でも上の立場である店長の仕事には、どのようなものがあるのでしょうか。アルバイトと異なる業務はあるのでしょうか。また、どのような方法でコンビニの店長になることができるのでしょうか。コンビニの店長の仕事内容や向いている人の特徴についてご紹介します。コンビ二の店長の仕事とはどんな仕事?コンビニの店長の仕事は、コンビニの運営全てと言って良いでしょう。スタッフの採用・管理からシフト作成・給与の支払いや、商品の発注・廃棄・肉まんなどの仕込み数の決定、

コンビニ店長の年収はどれくらい?相場感や給料を上げるための転職術を教えます

コンビニエンスストアにて店長業務を行うのは各コンビニチェーンとフランチャイズ契約をしたオーナーである場合と、コンビニチェーンの本社に入社した社員である場合の2種類があります。今回はコンビニチェーンの本社に入社し、店長業務を行うことを目指した場合の年収についてご説明していきます。小売店の店長はあまりお給料が高くない印象がありますが、コンビニの店長の年収はどうなのでしょうか。相場感や給料の上げ方について見ていきます。コンビ二店長の給料の相場はどのくらい?それでは、コンビニチェーンに入社した正社員で、コンビニの店長をしている人の給料の相場はどのくらいなのか、正社員で新卒入社した場合と、正社員で転職し


コンビニ店長求人に関するコラム

コンビニ店長がブラックな仕事だな…と感じた6個の瞬間と、それでもこの仕事は楽しいと思う5個の理由

コンビニエンスストアの店長の仕事と言えば、24時間営業のお店の管理や、本部との交渉、クレーマーとの戦いやアルバイトの管理など大変そうなイメージがあると思います。確かに、コンビニの店長は一般的な会社員に比べ、若干ブラックな部分もあると、経験者の私は感じることがありました。しかし、それでも続けたいと思う魅力があったことも事実です。そこで今回は、「コンビニの店長はブラックな仕事だな…」と感じた瞬間のエピソードや、それでもコンビニの店長の仕事は楽しいと思った理由、更に願いが叶うなら改善してほしい点などについてご紹介していきます!経験者の私が思う、コンビニ店長の仕事がブラックな理由とは?私は、コンビニの

コンビニ店長を辞めたい理由は何が多い?3つの理由と辞めるのを決める前に考えておきたいこと

正社員としてコンビニに入社し、コンビニ店長になってもその仕事が大変で辞めてしまう人は一定数存在します。コンビニ店長を辞めたい理由には何が多いのでしょうか。その理由と辞めるのを決める前に考えておきたいことについて解説します。コンビニ店長の離職率は多い?「コンビニ店長の離職率」というデータは存在しませんが、店長経験者は特に離職率が高いイメージが多いと思います。店の責任者であるため、アルバイトが急に休んだ時や、店でトラブルが起きたときなどに休みの日であっても呼び出されたることが多いため、ハードだと感じる人が多いからです。また、店の売上やノルマを達成できなそうなときには、本社から指示はないものの自発的

コンビニ店長のやりがいは?やってて良かった3個のことやそこで身に付く力とは?

コンビニ店長といえばとても激務で大変なイメージがあると思います。しかし、お店での勤務が好きな方や、将来的に自分の店を持ちたい人、経営に携わりたい人にはとてもやりがいを感じることができる仕事です。そんなコンビニ店長のやりがいや、コンビニ店長をやってて良かった3個のこと、コンビニで店長を経験することで身に付く力について解説します!私はこんなところでコンビニ店長をやりました私はコンビニの仕組みや、新商品の入れ替わる仕組みなどを学びたいと思い、すべてのコンビニチェーンの正社員の中途採用試験を受けました。その中で、内定を頂いたコンビニチェーンに入社し、店舗での経験を積んで約1年後に店長として店を任される

コンビニ店長のシフトの実態4つの事実。経験者が週のうちの勤務時間の入り方や、バイトのシフトの入れ方の悩みなど解説します

多くの人が毎日利用するコンビニエンスストアですが、その店長の仕事は謎に包まれています。ここではコンビニ店長のシフトの実態や勤務時間の入り方、バイトのシフトの入れ方の悩みなどを解説します。コンビ二店長のシフトの実態4つの事実とは?コンビニは24時間365日営業しています。そのため、当たり前ですが常に誰かしらが働いています。コンビニの店長は「今日はアルバイトが足りないからお店を閉めよう」ということもできません。「常に誰かがお店のシフトに入っている」状態を保たなくてはならず、バイトのシフトの入れ方について悩みは尽きません。もちろん、自分が週の内にどのくらい勤務時間に入るかも決めなくてはならず、毎週の

コンビニ店長給料の相場は?給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します

誰もが日々利用しているコンビニですが、そんなコンビニの店長の給料の相場はどのくらいなのでしょうか。さらに、コンビニの店長への転職を考えている方が、より給料を上げるためにやるべき4個のことも紹介します。コンビニ店長の仕事内容とは?コンビニの店長とはどのような仕事をしているのでしょうか。ここではオーナ―店ではなく、コンビニ本社の正社員が運営する直営店の店長の仕事内容について説明していきます。売上の管理と責任最も重要な仕事内容は売上の管理と責任を負うことです。各店には毎月売上目標が課されています。売上だけではなく同時に廃棄目標なども定めている場合もあります。できるだけ仕入れた商品を無駄にすることなく