コンビニエンスストアの店長の仕事と言えば、24時間営業のお店の管理や、本部との交渉、クレーマーとの戦いやアルバイトの管理など大変そうなイメージがありますよね。

確かにコンビニの店長は一般的な会社員に比べ、若干ブラックな部分もあるなと、経験者の私は感じることがあります。

しかし、それでも続けたいと思う魅力があったのも事実です。

そこで今回は、コンビニ店長がブラックな仕事だな…と感じた瞬間のエピソードや、それでもコンビニ店長の仕事は楽しいと思う理由、さらに願いがかなうなら改善すべき点などについてご紹介していきます!

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者の私が思う、コンビニ店長の仕事がブラックな理由とは?

私はコンビニ店長の仕事を約1年間していました。

しかし、正直「ブラックだな」と思うこともあり、一般的な会社員とは異なる苦労も多くありました。

たとえば時間が不規則であることや、アルバイトさんが急に休むことになった場合には問答無用で残業となること。

そして夜勤などの昼夜逆転の勤務も月に何度かはこなさなければならないこと。

いわゆる「定時」の時間は接客や発注に追われ、その後残って店長としての仕事をしなければならないなど、そんな日々が続き疲れがたまると「ブラック」という言葉が頭をよぎったこともあります。

コンビニ店長の仕事にブラックだと思う6個の瞬間

そんなコンビニ店長の仕事でブラックだと思った7個のエピソードをご紹介します。

一般的な会社員であれば「ありえない!」というものも多いかもしれません。

私は一般企業に勤務していたこともありますので、ある程度俯瞰してみていましたが、学校を卒業後、コンビニ店長の仕事しかしたことがない若い子たちは、これらが当たり前だと思っている風潮はありました。

バイトの穴埋めで昼勤務から夜勤までの超長時間労働

アルバイトさんには留学生、大学生、高校生、フリーター、主婦などさまざまなバックグラウンドの方がいますが、主婦の方やフリーターの方はあまり急に休むことはありません。

しかし、留学生や大学生などは、出勤時間の1~2時間前に急に電話がかかってきて「すみません、今日は授業が長引いたのでいけません!」「急なゼミがあっていけません!」ということもよくありました。

さらに、電話など連絡もなく急に来なくなるアルバイトさんもごくまれにいました。

そうすると、急遽他のスタッフを手配するのも難しく、仕方なく店長である自分が残業をしたり、穴埋めにまわることが多く、かなりの長時間労働をしていました。

発注のミスに四苦八苦。自分のミスの場合は自分で尻拭いをすることもある

最近はどこのコンビニエンスストアも発注は電子端末で簡単にできるようになりました。

しかし、だからこその恐ろしい事態も発生します。

「11」個と入力したつもりが、つい「111」と入力し、気づかずに送信してしまうなどはよくあります。

そして後日大量のカップ麺や、おにぎりなどが納品されてきて青ざめることもあります。

店長は責任者なので、できるだけ自分のミスや、アルバイトさんに発注を任せていれば彼らのミスであってもカバーしなくてはという気持ちになります。

そこで一生懸命POPで訴求したり、目立つ場所に置いてみたりしますが、どうしても売り切れないときには、自腹で購入することもありました。

店の責任者なので、クレーマーも本社からの要求も全て笑顔で対応

店長は店の責任者です。

そのため、理不尽なクレーマーの対応もアルバイトスタッフに変わって行いますし、本社から夏なのに「おでんを売れ!」と言われたときにも笑顔で対応します。

しかし、できるだけ自分のお店が不利益をこうむらないように、対応方法を工夫したり、真夏のおでんも発注量を調整するなど、仕事中は常に頭をフル回転させていることが多かった印象です。

夜勤~昼勤務~夜勤の不規則な日々

アルバイトさんの不足具合や、急なお休み希望に備え、常に同じ時間帯に働くということはなかなか難しいことでした。

そのため、夜勤~昼勤務~夜勤といった不規則な日々が2~3週間の間に繰り返されることもありました。

だんだん「今は何日の何曜日なのか」がわからなくなったこともありました。

アルバイトが言うことを聞かない、トラブルを起こすなどは日常茶飯事

アルバイトの指導ももちろん業務の範囲ないですが、なかなか言うことを聞いてくれないアルバイトや、問題やトラブルを起こすことも多くありました。

留学生の方の中には、やる気もあっていい子なのだけれども、文化の違いや言葉の壁を越えられずに、他のアルバイトスタッフとの軋轢が原因で辞めてしまう子も多くいました。

そんな状態の中でできるだけアルバイトを穏便にやめさせないように管理しつつ、新しく採用もしつつ、彼らに仕事をしっかりしてもらうことは至難の業でした。

そこまでものすごく給料がいいわけではない

と、ここまで苦労するにも関わらず、コンビニの店長はそこまで給料が良いわけではありません。

たまに「ただ座っているだけの受付嬢の方が給料が高いのではないか」と考えて悲しくなることもありました。

それでもコンビニ店長の仕事は楽しいと思う5個の理由

ここまでお話しした内容をみると、「コンビニ店長の仕事は辛いだけでなにもいいことないのでは!」と思われたかもしれません。

しかし、それでも私が1年以上もコンビニ店長を続けたのは、やっぱり楽しかったからです。

その理由を5つご紹介します。

お店を運営するという楽しさ、目に見える達成感とやりがい

もともと大学で経営や商売に関することを学んでいた私は、「お店の運営」「経営」にとても興味がありやってみたいと思っていました。

商売にもさまざまありますが、コンビニエンスストアは「小売店」といっても、お菓子やカップ麺などの長持ちするものから充電器などの雑貨や文房具、コスメやチケット、そしてお弁当やおにぎり、飲料など、ありとあらゆるものを売っています。

それぞれに、売り方や管理の仕方は全く異なります。

そこで、各商品に合わせて売り方や発注の考え方など、一度に化粧品屋、居酒屋、パン屋など他業種の経営について学べているようなお得感と充実感がありました。

また、売上や利益率などで毎日データがわかるので、目に見える達成感などが感じやすかったことも楽しくやりがいを感じることができた理由です。

お客様とのふれあい

住宅街のお店では、常連の方や、常連ではないけれど以前接客したことを覚えてくれていた方との会話などのさまざまなふれあいがありました。

24時間やっているので、普段の自分のまわりにはいないタイプの方と仲良くなることもあり、なかなか刺激的でした。

スタッフとの仲間意識

同じ大変さを共有できているスタッフとは強い絆と仲間意識が生まれました。

アルバイトさんの中でも週5日勤務し長い付き合いの方や、副店長として同じ立場の方などは、トラブルや想定外のことが起きたときに一緒に悩み、慌て、対応に走った思い出が多く、コンビニ店長を辞めた今でも交流があるほどに強い絆で結ばれた気がしています。

経営的視点が自然と身を持って体感できる

前述のように、大学で商売と経営について学んでいた私ですが、机上で学ぶことは単語としては理解していてもなかなかイメージがわきづらいものです。

「在庫回転率が悪い」と言えば、経営について学んでいる人なら当然理解できている状態でしょうが、バックヤードに特定のお菓子が予想に反して売れず積みあがり、いつまでたっても減らないときに「あぁ……これがあの在庫回転率が悪いということか!」と身を持って理解できるということは、なかなか稀有な経験だったと思います。

夜勤は一般の会社員には見ることができない幻想的な世界

不規則な生活の温床としてデメリットをご紹介した夜勤ですが、実は昼間の勤務よりも時間が立つのが早く感じられ、真っ暗な外と高煌々と明るい店内のコントラストはかなり幻想的で、慣れると楽しくなります。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者がホンネで語ります

この仕事で、いちばん改善を望む点は?

やはり慢性的な人員不足でしょうか。

コンビニエンスストアの正社員も現在人が不足していますが、店舗の人員不足は大変深刻です。

アルバイトは募集しても集まらないし、派遣などを利用すると店舗への高額な負担がかかります。

コンビニの店舗数を減らして人員を集約すべきなのか、派遣などの制度が本社などで安価にシステム化されるべきなのか、など難しいことはわかりませんが、この人員不足に対する対応がコンビニ業界全体として後手に回っている印象を受けます。

そしてその余波を最も受けるのは店長なのです……!

コンビニ店長の仕事をする人にとって働きやすい職場の見極めポイント

そんな中、もしあなたがコンビニ店長の仕事を使用と考えている場合には、どのように職場を見極めればよいのでしょうか。

まずは、候補となっている店舗をあらかじめ確認しておきましょう。

大企業がたくさん入っているオフィスビルなどの近くのお店や、大きなイベントが定期的に開催される場所の近くのお店はおすすめできません。

こういったお店の場合、朝のラッシュ時間帯やお昼休みの時間帯などに集中して大人数が押し掛けることが1日に何度もあり、店長としてその時間に対応できる人員の確保に苦労することが目に見えています。

特にこの2つの混雑は早朝7時~9時と午前11時~13時という、学生や主婦など今最も確保しづらい人材が求められる時間です。

売上はもちろん期待できますが、その分納品されるお弁当などの量が多くなり、棚への陳列に時間がかかるうえに、廃棄のリスクも高まります。

コンサート会場の近くなど、イベント会場の近くも同様です。

また、逆に極端に人通りの少ない閑散とした場所にあるお店もおすすめできません。

こちらは暇で人員確保は必要ないかもしれませんが、売り上げがふるわず苦戦することになります。

最も店長としてやりやすい店は、だらだらと人が途切れず、だからといってレジに2人以上並ぶこともない、住宅街のお店です。

そこまで人員を確保しなくてもよく、住宅街なので近隣住民の動きや購入リズムなどがある程度発注時に予測でき、最悪自分ひとりでものんびり対応できるが、そこまで売上には苦労しないというメリットがあります。

なかなか難しいかもしれませんが、このような視点でお店を下見しておくと、店長になったときの苦労は雲泥の差となるためお店が選べるのであれば参考にしてみてください。

女性がコンビニ店長をやるということ

すでにお伝えしたように、コンビニは24時間営業しているため、夜勤や長時間労働もあります。

また、重い荷物を持ったり、飲料を補充する際には冷蔵庫の中くらいのところに長時間いることもあります。

さらに、女性の店長ということで、男性の年上アルバイトから舐められるなど、精神的・肉体的ともに苦労することもあります。

しかし、その時々の感情に流されずやるべきことをしっかりやり、伝えるべきことをしっかり伝え、常に凛としていることで、精神面はある程度なんとかできます。

「店長としてのあるべき姿」を常に忘れないことは大切です。

肉体面の負担は、本当に大変です。

可能な限り体力仕事は男性アルバイトさんにお願いしたり、寒さ対策は何枚も重ね着をして加えホッカイロを貼ったりして乗りきっていました。

しかし不規則な生活に体がついて行かず、辞めてしまう女性店長仲間も多くいました。

自分の体質や体の強さに合う合わないはありますので、体調を崩しそうだ、と感じた場合には無理をしないことをおすすめします。

「コンビニ店長」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

今回は経験者の私が、コンビニ店長がブラックな仕事だと感じた瞬間のエピソードや、それでもコンビニ店長の仕事は楽しいと思う理由、改善すべき点や働きやすい職場の見極めポイントなどについてご紹介してきました。

一般的に状況だけを文章でこのように伝えると、「ブラックだ」と見えてしまう部分も確かにあります。

規則正しい生活をしたい方や、しっかり定時で決められた仕事だけをこなしたいという方には向かないでしょう。

しかし、経営的視点を教科書上だけでなく体感したい方や、コンビニでしか得ることのできない仲間意識、そして不思議な夜勤体験をしてみたい方には1~2年だけでも良いので体験してみることをおすすめします!


関連キーワード

コンビニ店長求人