自分たちの近所に沢山ある便利な24時間営業のコンビニエンスストアー!

昼夜問わず働くアルバイトや正社員としての募集を見かけます。

本当はどの様な職場環境なのでしょうか?

外見だけでは分からない内部の事情など働いてみた経験から、コンビニがブラックだと思うところをお答えします!

過去に働いた事がある人や現在働いている人に共感しても貰えたり、これから、働きたいと思う人などの参考になれば、尚嬉しいです。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

経験者が紹介!コンビニがブラックだと感じた8個の瞬間とは?

ブラック企業という言葉をWEB上ではよく囁かれてますが、コンビニもそのランキング上位に置かれているのをたまに目にします。

私もブラックだなと感じた経験が多々ありました。

一部の情報ではフランチャイズの甘い罠とかなどとも言われています。

出店希望者を対象としたコンビニ加盟店の説明会などでは、良い点ばかりを説明し実態は昼夜問わず働かされる奴隷労働?などとも言われていたりします。

実際に報道でもありましたが、以前に過労死が原因で亡くなったコンビニエンスストアーオーナーがいらっしゃいました。

遺族と某コンビニ本部の悲しい現状の事実がニュースで取り上げられていました。

何処で働いても良い面もあれば、悪い面も必ずあるはずですが、当然そこにも限度はあります。

その実態をアルバイト社員として働いた経験を元に感じた気持ちを率直にお伝えして行きます。

労働時間の延長を急にお願いされた事

これは実際にあった事です。

急遽休んだりする人の代わりに交代時間の寸前に労働時間の延長を高い頻度で、お願いされていました。

当時の私は、独身でプライベートも楽しく、友達との予定など盛り沢山の毎日を過ごして居ました。

そんな自分にとっては大変苦痛な問題でした。

店の事を考えると断る事も出来ず悩んだ事もありました。

これは、従業員の雇用人数に余裕のあるコンビニ店では起こりにくいと言えますが、自分が働いていた店ではアルバイトの人数が少ない為よくはありました。

また、休みの日に急な呼び出しがあった事も辛かったです。

体調が悪くて急に休んでしまうのは、仕方のない事ですが、度々になると人間関係の悪化にもなりますし、この辺はお店側に問題があると言えます。

また、オーナーや正社員は、昼夜、お正月など問わずに働いていたりと、肉体的にも過酷な条件の人も居ます。

基本は休みがきちんと取れる事、シフトをきちんと組めている事、各時間に働いている社員に余裕がある事、が大事です。

同じ業務を引き継げる人が居ると居ないとでは、コンビニのアルバイト生活に大きな影響を及ぼします。

業務内容の割に時給が安すぎる

一見すると楽そうに見えるコンビニの仕事には沢山の内容の業務があります。

覚えないといけない事が非常に多くて、機械操作の苦手な人には難しい作業も沢山あり、その割には時給が安いのが現状です。

地域や各コンビニのブランドや働く時間帯に寄り、時給に大差があります。

又コンビニで働いた経験者にも時給の差があります。

深夜は時給が高く、また、早朝からお昼までの時間なども忙しいので時給が高いと言えるでしょう。

朝やお昼にはお弁当などを求めてお客さんが多く来ます。

レジ作業とお弁当の温めなどの応対に追われて、客足がなかなか途絶えないです。

しかし、午後から夕方までの時間帯は、接客業務より繁盛時間帯の準備作業が忙しいですが、残念ながら時給が一番安い時間帯のシフトでした。

朝に立て込んだいたので出来なかったトイレ掃除を午後から時間毎に行い、専用マシーンを使用した店内の清掃作業や駐車場のゴミ広いや片付け、店先の美化なども重点的に行い、また、直ぐに満杯になるゴミ箱の掃除など綺麗とは言い難い仕事もあります。

午後からの時間帯もそれなりに忙しく、業務内容は同じですが、コンビニ内で一番安い時給でした。

同じ単純な作業の繰り返しですが、安価な時給の割には、ケースバイケースな接客作業もあり慣れるまでは大変な経験をしました。

商品の発注数を間違えると大変叱られる

コンビニでは、商品を本部から仕入れる発注という作業を専用のタブレットの様な電子機器を使用して行う仕事を各アルバイトで担当しています。

この辺は売れ行きや新商品を考えて仕入れる面白い作業ではあります。

ドリンク類、お菓子、冷凍食品、雑貨、お弁当、パン類などそれぞれが責任を持って受け持っています。

簡単で面白い様ですが、季節商品の発注は難しく、季節外に在庫を残す事は不利益の素になります。

個数を慎重に考えて発注を行います。

私が失敗した経験では、夏の売れ筋ブロックアイスやアイスクリーム、氷類などですが、前の週には沢山売れたので、今週も同様数を発注しました。

ところが、急激な猛暑により前週以上の暑さとなりました。

予想以上に氷やアイスを買いに来たお客さんが増えた為在庫切れとなり足りなくなって怒られました。

天気予報など小まめにチェックをしていなく、そんな自分は急な気温の上昇など予想外の出来事は先読み出来ませんでした。

発注数が少なくても叱られますが、その逆の多く発注し過ぎても叱られた経験があります。

もし、気温の上昇を知っていたならば、情報の提供が欲しかったと内心思いました。

この店舗では店長との報告!連絡!相談!(ほうれんそう)が無く慣れるまでは難しい発注業務でした。

この様な経験をして、オーナーは利益を上げるためにシビアになっています。

しかしアルバイトに対して注意レベルではなくそこまで叱られた事は疑問が残りました。

レジの集計金額が合わなければ、自腹を切らされる

朝やお昼の忙しい時間にレジ業務に入っていて、お釣りを多く渡してしまった経験があります。

現金のやり取りを行う業務ですから当然慎重にしていたつもりでした。

同時にお弁当の温めや沢山の作業を一度にしていて忙しく、事態は起こりました。

コンビニのレジ業務というのは、そのシフト時間に入ったアルバイト社員により次のアルバイト社員に引き継ぐ為、レジ点検をします。

お金が足りなかった場合は自分が弁償しなければいけませんでした。

自分の社員コードでのレジ履歴もありミスをしたのも自分ですが、その日のバイト代以上のお金が消えた経験があります。

忙しくても1人で1台のレジを回し、手伝って貰えた訳でもなく余りにも情けなくて悲しい経験でした。

その様な店が多くあるのかどうかは分かりませんが、本来は始末書を書くなどの処罰で、金銭はお店が負担するべきでは無いかと思います。

その様な対応は非常にブラックな職種だと痛感しました。

お弁当、食品類の賞味期限切れ廃棄品が多いとオーナーの機嫌が悪くなる

これは、経営者にとっては、利益に関係のある非常に大きな問題だと思います。

それは、コンビニのフランチャイズ本部へ経営の売上金送金システムと言う毎日売り上げを送金しなくてはいけないルールがあります。

又、各コンビニブランドの看板を掲げるためには、1年の契約更新制になっております。

そこでも、上納金が発生します。

そのため経営利益を上げるのがなかなか難しい仕組みとなっています。

しかし、現実問題では、日本は食料に恵まれていて、年間何千万トンもの食品ロスがあります。

私はそこに強く疑問があります。

基本的には賞味期限(時間)の切れた食品をコンビニで扱うことは許可されていません。

最近では一部の店舗に置いて、値下げをして工夫された方法で販売されている店舗もありますが、基本は捨てます。

未開封で、賞味期限が切れた1分後でも捨てます。

売れ行きの悪い日もあればいい日もあるのが、商売であるとアルバイトの立場でも冷ややかに感じました。

社会保証の低いコンビニのアルバイト職員に露骨な態度を取るのは人間性を問われます。

酷い態度を取る責任者の元で働けなくなるのも無理はありません。

アルバイト社員にもノルマがある

コンビニではボージョレ・ヌーボー解禁の季節にワインの予約販売やクリスマスケーキ、お正月のおせち料理などの季節商品の取り扱いがあります。

お客さんに対しては、カタログやチラシなどを見て貰い注文を受けて販売出来ます。

仕事上での宣伝や販売だけであれば、問題はないのですが、ノルマを課せられた私には大問題でした。

主婦のパート社員などを相手には、どうせクリスマスケーキを買うならば、うちで買えと言わんばかりにアピールをして来ます。

自分が欲しいと思えるものは良いかと思いますが、ノルマを課せられると話は変わって来ます。

お正月のおせち料理なども、購入した経験がありました。

おせち料理はコンビニの商品の中でも特に高いです。

時給が安いので、高額な出費は避けていたのですが、勤める以上は断りにくくて、一度買うと毎年当たり前の様に進められて嫌な思い出があります。

夏や冬のギフトもありましたので、店のノルマをアルバイトの社員に振り分けられて利用されていた様に思いました。

それ以外の商品も色々とあり、断る事が苦手なタイプの人ばかりに勧めている様にも思え、この点はブラック企業なのではないでしょうか。

当然私が働いていたコンビニでは、社員割引もなく定価での購入でノルマの手当も付きませんでした。

店長やオーナーは接客やキツイ業務をしない

余裕のあるオーナーなら話は分かりますが雇われている店長、正社員の場合は、忙しい時間は同じ様に業務を行って貰いたいものです。

事務所から殆ど出てこなくて事務作業ばかりでした。

けれども本部からSVなどが視察に来たりオーナーが店に来た時は働きぶりが大きく違いました。

ブラックとまでは言いませんが、両極端な振る舞いに嫌な感じを覚えました。

レジが混雑して忙しい時は袋に詰める補助作業などは、店内の状況を確認できるモニターが事務所にあります。

状況に応じて事務所から出て、同じ様に状況判断で働いて欲しいと思いました。

社員が忙しい時間に手伝ってくれると言うことは、仕事の効率も上がりミスも減り、相乗効果が上がる事に気が付いていない社員には残念な思いがしました。

ミスが起これば、自分が責任を取らなければいけないですので、事前に起こらない様にするサポートが無くて信頼度が低かったです。

スタッフルームが狭い。又は無い

私が勤めて居たコンビニは基本的には長時間の勤務体制でなく、短時間の勤務の条件でアルバイト社員を回しているコンビニでした。

その為、休憩時間はありません。

事務所兼スタッフルームは狭く、少しの休憩を取る事も出来ず、又、水分補給などで休めるスペースもありませんでした。

今の熱中症に気を付け様とするこの時代では全く考えられない様な労働環境ですよね。

狭い部屋にスタッフが共有するロッカーがあるのみで、休憩を取らずの連続の立ち仕事の日々でした。

コンビニ内は冷蔵庫もあり極端に冷えた場所があり、女性には辛かったです。

予想外の長時間の勤務の場合は大変疲れました。

スタッフの為の休憩室を設けて居ない様なコンビニは、従業員の事を考えていないと言えます。

例えば5時間勤務するならば、15分は休憩を取れるとかの環境があれば、長く働き易いのではないかと思います。

もし、この狭い部屋に喫煙する人が居たりして分煙されてなければ、喫煙しない人にとっては、本当に最悪な環境だと言えます。

時給を払えば悪条件でも良いと考えている様にしか受け取れませんでした、経験上、この様な環境のコンビニで働くのは体調の為にも辞めておいた方が良いと思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

それでもこの仕事を続けたいと思う7個の理由

厳しい部分ばかりに目が向きましたが、けれどもコンビニでイキイキと働いている人は沢山います。

気遣いの一言や笑顔が初々しい学生さんなどに癒された事もあり、楽しく明るいコンビニも沢山あります。

実際に経験して楽しかった事もありましたので、何点か上げてみたいと思います。

学生や主婦が多いので友達が作れる

アルバイト職員に学生や主婦が多いので、同じ年代の人と仲良く慣れて毎日楽しいです。

日常の何気ない会話で盛り上がり、同年代の学生や同じ地域の住んでいる人、同じ小学校の子供持つ保護者だったり、手が空いた時間に色んな会話が出来て、気晴らしにもなります。

私は引越をして来て、初めての土地だった為に近隣の事も分からず、オススメの飲食店やお洒落なお店などを教えて貰ってました。

年齢層も幅が広い為に主婦や主夫などコンビニのアルバイト求人は雇って貰いやすく、まず初めてみるには、良い働き口の一つとしてはないでしょうか?

中でも、学生は友達同士で応募して来たりと、部活の感覚で楽しそうでした。

辛い思い出もありますが、気の合うアルバイト仲間との会話の時間が唯一楽しい思い出として残っています。

新商品がいち早く知れる

コンビニは流行り物にはとても敏感です。

自分は元々は敏感な方では無く、教えて貰う側のタイプでした。

でもコンビニの仕事を通じて、自然と新商品に詳しくなりました。

友達との会話のネタにもなりますし、流行に敏感だと生活が潤って楽しくなりますよね!

同じ製品でもスーパーにはないコンビニ用に作られた企画品なども多くあります。

今やコンビニ限定品がインスタや情報番組にも取り上げられるなど、流行に敏感な人には情報の宝庫です。

その為、いち早く新商品がゲット出来ると言うスペシャルな環境です。

ペットボトル飲料を購入したら付いて来るちょっとしたキャラクターのノベルティに癒されたり。

コンビニにあるキャラクターのくじ引きだって残り少なくなると、大物商品を手に入れる事だって出来ますので、その点は嬉しい特典だと思います。

趣味も仕事も同様に考えられる

好きなアーティストのライブのチケットだって何かのショーなどのイベント事も早く情報が入って来ますので勤務先のコンビニで予約出来ます。

映画の前売りチケットも簡単に手に入りますので、働きながら、遊びの計画が立てられちゃいます。

その辺は楽しい気持ちで仕事が出来ていましたね。

またイベントの為に働こうってモチベーションがアップしてました。

また、中々手に入らなかった人気のゲームソフトなんかも、あっさりコンビニで手に入った事がありました。

オマケとしてオリジナル商品が付いて来たりして感激した経験があり、コンビニには、ワクワクする事が多くあります。

その様な経験上、自分が詳しい内容をお客さんに問われれば、情報を提供できたりと趣味を仕事に変えられる点は理想的だと言えます。

自由なスタイルや働き方を選べる

過激な髪型は接客業では、相手に不快な印象を与えてしまい、いけないかも知れませんがお洒落を意識した髪型など一般の会社とは違って比較的自由に楽しめます。

お洒落なピアスや場合により指にタトゥーなどを入れていたり、個性の表現を許して貰えます。

与えられた仕事さえ真面目にしていたら、スタイルは自分好みでアレンジ出来て、勤務シフトだって自由に希望が出来ます。

お給料面で問題がなければ、企業に務めて窮屈な社会人を送るよりは個性を尊重し伸び伸びと働けます。

また、深夜の勤務は時給が高く、昼間は自営業をして夜にコンビニで副業のアルバイトをしている人などがいました。

深夜は比較的、忙しいと言う事がなく安定していますから苦痛にならない副業には、ぴったりな仕事です。

その様に、働き方に自由度が高いのもコンビニの仕事の良い点であり、自分の生活スタイルに合わせやすいと言う所は楽しく過ごせていました。

常連客や近所の人と仲良くなれる。出会いがある

常連のお客さんが良く話しかけてくれた事を思い出します。

毎日同じ時間帯に働いていると自然と挨拶して仲良くなったり、ホッとする様な事もあります。

お客さんが事前に予約したチケット発行操作の機械作業を教えて上げたりして喜んで貰えたりします。

また、オフィス街にあるコンビニで働いていたら、良い出会いがあるかも知れませんね。

店内でもカップル誕生など!

毎日新鮮でした。

社会人のマナーが身に付く為就職に有利になる

学生時代にアルバイトをするのは大切な事だと思います。

企業で新卒者の教育をして、感じた事なのですが、業務を習得する吸収力が早いです。

塾の先生や家庭教師や飲食店などの高時給なアルバイト先は沢山、溢れているでしょう。

けれども、コンビニでのアルバイトは、接客に掃除、コンピューターの扱い方やコピー機操作などその他難しい業務が色々とあります。

例を挙げるとキリがありませんが、コンビニでのアルバイトは会社で働くための訓練となり鍛えられ即戦力になると思います。

通販サイトでの買い物をコンビニに届けて貰える

会社などの勤めている人は日中留守なので、送り先が会社指定と言うのはありがちな話です。

コンビニもゆうパックやクロネコヤマトなどを扱っています。

そこで、自分宛の荷物を勤め先のコンビニへ配送して貰っていました。

これは、合理的で働き先のコンビニにも有益ですし、何よりも便利でした。

通販で購入した商品を待ちながら働くと言うのも楽しかったですよ。

コンビニの仕事のやりがいは?

忙しく覚えることが沢山あるコンビニの仕事ですが、1度覚えると、同じコンビニで業務が共通している為採用されやすいです。

経験があると即戦力と見なされて、お願いすれば時給UPも可能かも知れません。

コンビニの仕事の基本は、ハキハキとした挨拶から始まります。

レジ作業、検品、品出しに店内の掃除に発注業務やチケットの購入、宅急便などの対応など、コンビニには出来ない事がないと思うくらいの機能があります。

皆が同じ様な業務教育を受けるので、考え方次第では経営が身に付きます。

明日からでもコンビニの経営者と慣れる可能性だってあります。

その様に複雑な内容を覚えないといけない為、機械作業に強くなり自分の能力が上がり自信が付きます。

毎日同じ繰り返しの仕事ではありますが、難しい事が多いのでやり甲斐は大いにあります。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

コンビニで働く良い点、悪い点が沢山ありましたが、私たちの日常ではコンビニがある事によって快適な生活が出来ているのが現状です。

今となれば、コンビニがない事は考えられず、また、多過ぎる位に思えて来ます。

サービス面では、本や宅急便の発送や受け取りなどが24時間いつでも気軽に出来たりします。

おまけに、条件に添いオンラインで購入した商品の自宅配達までしてくれるコンビニまであります。

大きなスーパーであれこれ探すより、何でも取り扱うコンパクトな店内のコンビニは商品単価が少し高いですが、それでも多くの人が利用します。

また、それ以外にも税金の支払いや様々な料金収納も収められたり、時間外に銀行ATMでのお金が引き出せたりもします。

便利に成れば成る程、コンビニの業務を覚えて行かなければならず、大変で過酷な仕事だと思います。

それに、各社コンビニ業界の競争も激しく、その点からもサービスの向上が激しいのだと感じます。

コンビニで働くアルバイト職員の待遇面をもっと良くし、快適な職場環境が保証されていれば良いなと経験から思いました。

働く側の事も考えてくれる理想的なコンビニ店が増えると働きたいと思う希望者がもっと増えるのではないでしょうか。


関連キーワード

コンビニ求人