皆さんのお住まいや勤務先など身近にあるコンビニの仕事は、どういったものなのか、また、コンビニの仕事はどんな人に向いているのか、仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説したいと思います。

また、コンビニの求人についても選び方などご紹介したいと思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニの仕事はどんな仕事?

コンビニの仕事を簡単に言うと、何でも屋さんです。

皆さんのお住まいや勤め先などのそばにあって、行けば、ある程度の物は買うことが出来るでしょう。

また、宅急便や商品の取り寄せなど色々なサービスも受ける事が出来ます。

まさに、何でも屋さんだと思います。

また、お店にもよりますが、朝も昼も夜もやっていて、休日や祭日にもやっているのも、コンビニの仕事の大きな特徴だと言えると思います。

コンビニの大まかな仕事内容

販売商品の発注、仕入れ、陳列、販売。

また、サービスの提供。

最近では、店内での調理も行うお店がほとんどです。

さらにコピー機のセルフサービスや、ATMの設置などもサービスの一貫に入ります。

配達をするお店も出てきています。

多種多様な内容になってお客様にとって大変便利になってきています。

しかし、働く側にとっては、どんどん仕事の種類や量が増えて大変になってきているとも言えます。

更に社員の場合は、管理的な仕事もプラスされます。

コンビニの仕事はどんな人に向いている?

多種多様な商品や、サービスを幅広い層のお客様に提供するコンビニの仕事は、どのような人に向いているのでしょうか。

幾つかご紹介します。

また、ここで紹介されない方もコンビニで働くことでスキルアップすることも出来ると思います。

色々な事や物に興味のある人

コンビニでは、驚くほどの数の商品やサービスを扱っています。

そのため幅広い商品知識が必要になります。

この事は、お客様からの問い合わせに答えるためだけでなく、売上に関わる陳列方法や、発注の際にも必要です。

ですから、色々なことや、物に興味がある人は、大量の商品知識を取得することも苦ではないと思います。

なので、このようなタイプの人は、コンビニの仕事に向いていると言えます。

明るく元気な人

コンビニのアルバイトをイメージすると暗い感じをイメージする人が多いと思いますが、実は明るく元気な人がコンビニには向いています。

客商売ですから明るく元気に接客することは当たり前の事なのですが、それ以外でも、例えば色々と起こるトラブルについてです。

コンビニでのトラブルのほとんどがお客様とのトラブルです。

しかし、明るく元気な対応をしていると、このお客様とのトラブルを未然に防ぐ効果があります。

そういった意味も踏まえて明るく元気な人は、コンビニの仕事に向いていると言えます。

段取り上手な人

コンビニは、以外と仕事量が多く、商品の搬入も次から次へとやって来ます。

上手く段取りをして、どんどん進めて行かないと仕事があっという間にたまってしまいます。

ですから段取りが上手くテキパキ仕事が出来る人はコンビニの仕事に向いていると思います。

パートの主婦の方などは、日頃の家事などで慣れているのか、非常に段取りが上手くコンビニでは、欠かせない存在です。

細かな事にも気がつく人

コンビニは、決して大きなお店ではありません。

しかし、小さな店舗の中に様々な商品が並んでいます。

そこへ、大勢のお客様が出入りするので、ほっておくと大変な事になってしまいます。

ですから、小さなお店の中をこまめに整理していく必要があります。

そんなときに力を発揮するのが、細かな事にも気がつく人です。

商品の陳列が汚いだけでお客様が離れて行ってしまうこともあるので、とても重要です。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

コンビニで働くメリットとは?

商品知識が増える

コンビニで、扱っている商品は多種多様です。

その中には、公共料金やチケット販売、さらにコピー機など、まさに何でもあります。

そのため、これらの商品やサービスの知識が嫌でも増えて行きます。

この事は、スキル向上の面からも非常にメリットになると思います。

シフトの自由

アルバイトで言えば、シフトがある程度、優遇が聞くのでメリットだと言えると思います。

しかし、学生のアルバイトなどは、試験や行事などの日にちが重なる事も多く、その分社員の方がシフトに入らなくてはいけないので、立場によっては、デメリットかもしれません。

仕組みを知る

コンビニでは、販売はもちろんですが、発注や仕入れ、また売上の管理など、様々な業務があり、また、発注、仕入れなどは、グループ企業の方と相談しながら戦略を立てて行って行きます。

これらの業務は、お店の運営における必要な仕組みです。

これを働きながら取得出来るというのは、自分のお店を持つためなど、色々な面で役に立つのでメリットと言えます。

将来、役に立つ

コンビニの仕事は、社員、アルバイトに関係なく将来的に大変役に立つと思います。

コンビニでの業務は、全ての仕事に通じる所があります。

接客、発注、管理、調理などの業務は、色々な会社でも実際行っている業務です。

なにより幅広い客層の人と関わることで本では学ぶ事の出来ない一般的常識やマナーを身に付ける事が出来ます。

また、他の社員やアルバイト、パートの方と接することもコミュニケーション的にも将来役に立つでしょう。

その後のキャリアについて

この仕事についた後のキャリアアップの道は?

コンビニで、社員として働くと、お店の経営に必要な知識や仕組みを知ることが出来ます。

この経験を活かして、自分のお店を持つことも出来ます。

さらに、お店で高い実績を作る事が出来れば会社勤務へのキャリアアップも出来ます。

ただ、高い実績と言っても、難しいので、簡単には行かないようです。

他の仕事にもこの経験を活かせる?

コンビニで、扱っている商品や、サービスなどから考えても幅の広い知識が身に付くと思います。

この知識はコンビニだけに限らず様々な業種にも活かせると思います。

例えば発注などの業務は、情報を集めて、分析し、そこから今後の戦略なども考える必要もあります。

このような業務は、全ての仕事に繋がると思います。

「コンビニの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

自分にあったコンビニの求人の選び方や注意点

コンビニの正社員の求人は、母体となるグループ企業によって若干異なりますが、大まかに言えば変わりはありません。

求人をまた、アルバイトやパートなども含めて、選び方や注意点を幾つかご紹介します。

【選び方①】雇用形態から探す

コンビニでは従業員のほとんどがアルバイトか、パートです。

時間帯は、朝、昼、夜、深夜などに別れていて、その中からシフトを選びます。

自分の都合に合わせ、好きなシフトに入ることも可能です。

時間帯によって時給も違うので、その事も考えて働くことが出来るでしょう。

社員の場合は、朝の9時ぐらいから5時ぐらいまでの勤務が多いようです。

しかし、忙しい時やアルバイトの都合が会わない時などは補強に入らなくてはいけないので思うようには行かないようです。

【選び方②】職種から探す

グループ企業によって違いますが、社員で入社してから、その後に直営店の店長になる方と、店長からキャリアアップして会社勤務でコンビニと会社の連携をはかる役割になる方の二通りある場合があります。

求人には、明確に記載されていない事もありますが、どちらを選ぶのかも大切なポイントだと思います。

【選び方③】会社の業態から考える

グループ企業の運営方針によって色々な面で違いがあるようです。

企業がお店をサポートするような体制をとっている場合や、あくまでもお店を貸しているような感じになっている場合もあります。

どちらが良いとも言えませんが、選ぶ時には重要なポイントになると思います。

前者は自分なりに運営していく事も出来ますが、責任も自分で取らなくてはいけません。

後者は自由度は少ないですが、自己責任の度合いも低いようです。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

アルバイトやパートは、シフトで入る時間帯によって時給も変わるところがほとんどです。

お客様が多い時間帯、しなくてはいけない業務が多い時間帯など時給だけで判断すると大変になってしまうこともあります。

【選び方⑤】エリアから考える

コンビニでは、エリアはとても大切です。

エリアによって、お客様の来店数が大きく違ってきます。

これは売上に直結してしまうので重要です。

正社員にとっては、売上が評価基準になっている企業がほとんどなので、きちんと考えておかなくてはいけません。

あくまでも、これは自分でエリアを選ぶ事が出来る場合です。

会社が勤務を決めたお店の場合は、そのエリアを分析して客層を割り出して扱う商品を戦略的に考えなくてはならないでしょう。

【注意点】大切な心構え

コンビニの求人で、どうしても目につくのは給料や待遇だと思います。

どちらも重要な事なので全く問題はありません。

ですが、ひとつ心構えをしておいた方が良い事があります。

それは、勤務時間です。

コンビニは休みなくオープンしているのはご存知だと思います。

そのお店で働く訳です。

一般的に休みの日でも、もちろん働く可能性はあります。

更に夜も朝もやっていますから、一般的に寝ている時間にも働く可能性があります。

世の中が休んでいる時に働く事は、気持ちの面で結構こたえます。

この事は、入社する前に心構えが必要だと思います。

コンビニの仕事をするにあたって覚えなければいけないこと

接客

コンビニで、一番大切なのが接客と言えるでしょう。

客商売ですから当たり前なのですが、接客がきちんと出来ていないと売上に関わります。

いい加減に接客しているとトラブルの原因にもなります。

ですから、ある程度、基本的な事は覚えておく必要があると思います。

ただ、お客様がコンビニの店員に、どれぐらいの接客を求めているかが難しいところだと思います。

客層や時間帯で対応を変えたりと、その見極めも接客に必要なスキルだと思います。

色々な手続きなど

コンビニでは、各種手続きも受け付けています。

公共料金などの支払いやチケットの販売、宅急便の受付などです。

これらの手続きの知識を覚えておくと、仕事がよりスムーズに進みます。

この処理に手間取ってしまうとレジが混雑したしまうので、お客様も自分も辛くなってしまうこともあります。

現在、これらのサービスの数は、どんどん増えてきているので、処理する側も、本当に大変だと思います。

お店の管理業務

社員としてコンビニで働く事は、アルバイトとは全く違います。

接客や陳列などの業務は、同じですが、更に管理的な仕事も出来なければなりません。

それは、アルバイトのシフト管理や、在庫管理、また、売上の管理などです。

これらの管理業務は、簡単には行きません。

シフト管理だけでも一苦労です。

シフトに穴が空いてしまえば自分で入ることも普通にあります。

コンビニと言っても売上はそれなりにあります。

その現金の管理も大変です。

この管理業務は、社員としてきちんと覚えておかなくてはいけないでしょう。

コンビニの仕事で転職すると年収は上がる?

コンビニの正社員は、特別給料が良いわけではありません。

一般的なサラリーマンとさほど変わらないと思います。

しかし、忙しい時やアルバイトのいない時のヘルプなどで残業のプラスアルファはあります。

あまり続けるのも無理があるので当てにはできないでしょう。

また、将来的に自分のお店を持てれば年収アップも可能だと思います。

まとめ

コンビニでは、正社員やアルバイト、パートの方などが働いています。

その仕事は今ではスーパーマーケットよりも、遥かに多種多様な商品や、サービスを扱っています。

コンビニで勤務することは、正社員であってもアルバイトであっても、将来的に非常に役に立つ仕事ばかりです。

接客や各種サービス、また、発注やその他の事務作業や管理業務。

今ではお店で調理もしています。

これらの仕事や、お店の運営の仕組みを学べば、将来、自分のコンビニを持つことも夢ではありません。

もし、転職を考えてた時にも、コンビニでの経験や知識は、きっと有利になるはずです。

決して楽な仕事ではありません。

逆に辛い部類の仕事に入ると思いますが、やって無駄になるような仕事ではないと思います。

将来のビジョンをしっかり持った上で、コンビニで働けば、辛い仕事ですが、長く続けられると思います。


関連キーワード

コンビニ仕事