食卓のもう一品から美しいケーキまでたくさんのものが並ぶデパ地下。

人気のお店から老舗のお店までを一度に見て回ることができ、よく利用する方も多いのではないでしょうか。

毎日笑顔で商品を包んでくれるデパ地下の販売員たちは女性が多いですが、一体どのような仕事をしているのでしょうか。

今回は誰でも利用したことのあるデパ地下で働く販売員たちに注目して仕事内容や向いている人についてお話していきます!

デパ地下の仕事ってどんな仕事?

デパ地下で働く従業員たちは「販売員」と呼ばれる職種です。

お店の商品をお客様の注文に合わせてラッピングしたり、おすすめをしたり、配送の手続きをしたりするのが仕事です。

もちろんお客様からは見えない仕事もたくさんこなしていますよ。

詳しくご説明しましょう。

デパ地下の大まかな仕事内容

笑顔で商品をおすすめし、販売するだけがデパ地下販売員の仕事ではありません。

販売員たちの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

商品の販売と梱包

デパ地下で商品を買うときれいに梱包してくれますよね。

お客様のご要望に合わせてのしを付けたり、お土産用に梱包をして販売をするのが主な仕事です。

試食をおすすめしたり、お土産やプレゼント、ご進物に相応しい商品をおすすめするのデパ地下販売員の仕事です。

商品の発注

明日店頭に並べる商品の発注も行います。

過去の同じ時期の販売数に合わせて明日どれだけ商品が売れるかを予想し、売り切れないけれど廃棄にもならない数の発注をします。

商品配送の手配をする

デパ地下はその場で配送の手続きができます。

お客様の希望通りの日にお届けできるよう、梱包をして配送の手続きをします。

商品をディスプレイする

お店の前にあるショーケースを季節やおすすめの商品に合わせてディスプレイします。

見やすく、かつ目を引くように様々な小物を使いながら商品の位置を決めていきます。

商品の計量をする

量り売りになっているお店の販売員は計量し梱包をする業務を行います。

売上の管理

レジ業務も行います。

デパ地下は基本的に店ごとにレジが設置してあり、お店ごとで売上を管理します。

開店前はレジのオープン設定、閉店後は売上金の入金や翌日のレジ金の準備などを行います。

店舗の清掃業務

食品を扱うお店ですので清潔であることは必須です。

ショーケース内や店舗の周りなどの清掃は欠かせません。

デパ地下の仕事はどんな人に向いている?

デパ地下の仕事は女性が多いですが、男性も全くいないわけではありません。

男女とも共通して同じように働けるデパ地下販売員ですが、どのような人に向いている仕事なのでしょうか?

接客が好き・得意な人

接客が好きな人、または得意な人はデパ地下の販売員にとても向いています。

デパ地下にはたくさんのお客様がご来店しますが、目的は人それぞれです。

お客様の目的を聞き出して、ぴったりの商品をおすすめして購入してもらう接客のスキルが必要です。

また接客中に一つでも多く商品を購入してもらえるよう、商品を魅力的に説明することができる人が向いています。

ディスプレイが好き・得意な人

お店の商品をよりよく見せるため、日々ショーケースなどのディスプレイにはこだわっています。

取り扱う商品によりディスプレイは異なりますが、造花を飾ってみたり、食品サンプルを置いてみたり様々な工夫が凝らされています。

また季節やイベントに合わせて店舗の雰囲気を変えるので、小物で空間を飾るのが好きな方はデパ地下販売員に向いています。

立ち仕事に慣れている人

デパ地下販売員は動きは少ないですが立ち仕事です。

小さな店舗内でお客様をお待ちするタイプの販売方法ですので、立ち仕事に慣れている方の方が向いています。

また、女性は立ち仕事であるにも関わらずヒールや革靴などで勤務することと指定されているお店が多く始めた最初の頃は足が辛くて仕方ないかもしれません。

プロ意識の高い人

デパートや百貨店が他の量販店と違うのは洗練された接客技術です。

デパ地下の販売員にも丁寧な言葉遣い、柔らかい物腰や立ち振舞いが要求されますし、お客様もプロの接客を求めてご来店される方が多いので厳しい目で見られます。

居酒屋やカフェなどのフレンドリーな接客が良いとされる仕事ではありませんので、プロ意識を持って働ける方に向いている仕事です。

はきはきと話せて声の大きい人

デパ地下内はたくさんのお店があり、中には大きな声でお客様の呼び込みを行う店舗もあります。

静かな環境ではありませんので、小さな声の人はせっかく商品の説明をしても聞こえないと言う場合があります。

はきはきと商品の説明ができることは重要な要素です。

世間の流れに敏感な人

デパ地下の商品は有名なお店のものが多く取り扱われており、新聞や雑誌でお店の商品が紹介されることも少なくありません。

お店の商品でなくても紹介されたものと似た商品の売上が突然上がったり、気温などで売れる商品が変わったりします。

世間の流行や日々の気温などを敏感に感じ取り、今日売れる商品をおすすめする事ができる人はデパ地下販売員に向いています。

逆にデパ地下に向いていないのはこんな人

続いてデパ地下販売員に向いていない人の特徴を見ていきましょう。

人見知りな人

販売員ですから、人見知りをしていて声をかけられないと言う人は向いていません。

どんなお客様がご来店しても試食をすすめたり、商品を説明する必要があります。

体力のない人

立ち仕事であることに加え、商品陳列の際には意外と重い荷物を運ぶ仕事もあります。

体力のない人はきつい仕事と感じてしまうでしょう。

2つ、3つの仕事を一度にこなせない人

人気のお店となると一度にたくさんのお客様が店舗前に立たれることがあります。

その時も、今接客しているお客様と待っているお客様、両方に声をかけながら同時に梱包やレジをこなさなければいけない場面が出てきます。

デパ地下の仕事で活かせる経験

他業種からデパ地下の仕事を初めてみようかな、と思っている方!

こんな経験があればデパ地下販売員でも生かせます。

営業経験

会社の営業部署での勤務経験は販売員としての仕事でも大きなアドバンテージとなります。

特におすすめすると言う点において共通しています。

接客業全般

店舗での接客経験があればもちろん力を発揮することができるでしょう。

商品を知り、説明することはデパ地下販売員の大きな仕事です。

まとめ

今回はデパ地下販売員の仕事についてお話してきました。

デパ地下は少し敷居の高いように感じられますが働いている人たちは明るく接しやすい人が多く、デパート自体の閉店時間があるため残業もほとんどなく働きやすい職場です。

ぜひ転職の際にはデパ地下販売員を視野に入れてみてくださいね。


関連キーワード

デパ地下求人