小さいころに訪れたデパートで、きれいなお姉さんが可愛い制服にかっこいい帽子姿で、「何階でございますか?」と聞かれ、憧れたことのある方は多いと思います。

ずっとそんなエレベーターガールになりたいと願っていた方も多いのではないでしょうか。

エレベーターガールとはどのような仕事なのでしょうか。

そしてエレベーターガールになるためにはどうすればいいのでしょうか。

「エレベーターガールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

エレベーターガールとはどんな仕事?

エレベーターガールとはその名の通り、デパートや東京タワーなどの観光施設等でのエレベーターの操作・ご案内をする仕事です。

「エレベーターガール」と名のつく通り、女性が主に就く仕事ですが、東京タワーでは男性のスタッフも数は少ないですが存在します。

エレベーターガールの役割とは?

最近では全自動のエレベーターがあたりまえとなり、エレベーターガールの必要があまりなくなってしまっているのも事実です。

エレベーターガールの役割とはどのようなものがあるのでしょうか。

エレベーターの操作

イメージ通りではありますが、エレベーターの操作を行うことは基本的な業務のひとつです。

デパートなどでは大きな荷物をたくさん持ち、操作盤を押すのも大変だという場合もあります。

また、お金持ちのお客様は自分で階数ボタンを押すこともありません。

そこでエレベーターガールが代わりに目的階数を聞き、エレベーターの操作を行います。

ご案内係

また、エレベーターガールは単なるボタン押し係ではありません。

デパートや観光施設の顔として、館内のご案内や、期間中に行っている催事などのお知らせも行います。

お客様が迷っていたりした場合には率先して目的場所への行き方をお伝えするのも大切な仕事です。

正社員、派遣社員、バイトなどで求められる役割は変わる

現在エレベーターガールの求人募集は、ほとんどが派遣社員やアルバイトです。

派遣社員やアルバイトの場合、受付や巡回スタッフなども兼務することがありますが、基本的には館内のご案内やお客様対応のみに従事することがほとんどです。

しかし、デパートや百貨店の正社員として入社し、エレベーターガールやご案内係として従事する場合にはその役割は変わってきます。

正社員ですから、お客様から寄せられる質問や「パンフレットがみづらい、わかりにくい」などの声、また催事への反応や集客状況などをみながら、今度のデパートの運営に生かしていくための提案や改善なども検討する必要があります。

あたりまえではありますが、正社員である場合はご案内だけをすればいいのではなく、日々のデパート内の状況を細かく観察し、その後に生かしていく目が必要とされるのです。

「エレベーターガールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

エレベーターガールの具体的な仕事内容とは?

具体的な仕事内容

エレベーターの操作とご案内

まずはエレベーターに乗ってきたお客様に対し目的階をお伺いし、その階までご案内します。

途中で別の階に止まり、お客様が新たに乗ってきた場合も同じく目的階をお伺いし、その階までご案内します。

移動中にはそのデパートで現在行っている催事の情報や、東京タワーなどであれば展望台の地上からの高さなどのご案内のアナウンスを入れます。

そして最上階までついたら、今度は下の階に降りるお客様を乗せて同じことを繰り返します。

お客様の安全確保

エレベーターを扱う上でのお客様の安全確保も大切な仕事です。

エレベーターには基本的に「何人までしか乗せてはいけない」という制限があります。

エレベーターにより異なるその人数を把握し、お客様が多く乗ってきた場合には次のエレベーターをご案内するなど、お客様の安全を確保するための要員としての役割も担います。

仕事の流れ

それではエレベーターガールの仕事の流れはどのようなものなのでしょうか。

制服に着替え、朝礼・伝達事項確認

まずは出勤すると、ロッカールームで制服に着替えます。

その後同じシフトのメンバーで朝礼を行ない、伝達事項やその日のイベントなどの確認を行います。

持ち場の交代

朝礼が終わると、すでに勤務しているエレベーターガールと持ち場を交代するために決められた持ち場に移動し、持ち場を交代します。

交代したエレベーターガールは休憩に入ったり、勤務を終了したりします。

一日の中で、異なるエレベーター間を何度か交代することもありますし、受付や巡回スタッフなどと兼務している職場の場合は、1時間ごとに持ち場の交代がある場合があります。

エレベーターガールの給料事情は?

気になるエレベーターガールのお給料事情ですが、雇用形態により大きく異なります。

アルバイトの場合は時給1,000円前後、派遣社員の場合は時給1,200円~1,600円前後、正社員の場合は17万円~20万円前後であることが多いです。

エレベーターガールの仕事に就くためにはどうしたらいい?

そんな憧れのエレベーターガールの仕事につくためにはどうすればよいのでしょうか。

エレベーターガールの仕事に就職するために

まずは求人をインターネットなどで検索してみましょう。

「エレベーターガール」では出てこないことも多く、「アテンダントスタッフ」「インフォメーションスタッフ」という名称であることも多くあります。

資格は必要?

資格などは特に必要とされません。

エレベーターの操作も基本的には一度覚えてしまえば簡単なものであることがほとんどです。

必要なスキルや資格、経験は?

必要とされるスキルや資格はありませんが、接客業での経験があると採用されやすく、また英語などが日常会話レベルでも出来ると、外国人観光客が多く訪れる観光スポットやデパートの場合有利に採用されやすくなるでしょう。

エレベーターガールが向いている人の特徴は、こちらの記事を参考に!

「エレベーターガールの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

近年どんどん募集が少なくなってしまっているエレベーターガールの仕事ですが、それでもまだ老舗のデパートや東京タワーなどの観光スポットでは必要とされています。

立ちっぱなしであることも多く、またたくさん訪れるお客様の対応で大変だと思うことも多くありますが、それでもまだ女性の憧れの仕事であることには変わりありません。

少ない募集の中競争率は高くなっていますが、それでもやってみたい!

憧れの仕事につきたい!

という方は思い切ってチャレンジしてみましょう。



▼記事をスキップして見たい人向け▼
エレベーターガールの仕事を探すにはこちら >