ファーストフードの求人をお探しの方は必見です。

アルバイトと言えば、ファーストフードと思いつく方も多いのではないでしょうか。

もはや、私達の生活には欠かせなくなりつつある、ファーストフード。

そんなお店でアルバイトをしたいと思っている方の為に、今回はファーストフードの求人のおすすめポイントやよくある疑問についても見ていくことにしましょう。

よくある募集内容などを把握してぜひ参考にしていただければと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ファーストフードのおおまかな仕事内容とは?

ファーストフードのおおまかな仕事内容についてまとめてみます。

商品をいかに正確に早く作ってお客様に提供するかということだけにとらわれがちですが、ファーストフードならではの変わった仕事もあります。

ファーストフードのおおまかな仕事内容1:まずは、商品を作ること

ハンバーガーでも揚げ物でも、ファーストフードは店内調理が基本です。

その商品を決められた手順に従って作ります。

誰でも分かるようにマニュアルもあります。

商品を正確に作ることができたらスピードもついてくるようになるので、まずは正確な手順を覚えることです。

ファーストフードのおおまかな仕事内容2:お客様を接客すること

商品を作るだけではファーストフードは成り立ちませんので、接客することも大事な仕事となります。

お客様が対面で商品を注文することは、アルバイトにとって大きなプレッシャーになるようですが、結局は慣れです。

商品を作ることと同様、接客にもマニュアルが用意されています。

ですが、大きく違うのは、マニュアルありきではないことです。

慣れて余裕が生まれてくれば、お客様によってアドリブで対応することもできます。

もちろんお店側もそこまでは要求していないのですが、できるようになると接客も楽しくなってくるでしょう。

ファーストフードのおおまかな仕事内容3:店内を掃除すること

店内と言っても、客席だけではありません。

厨房内の床、倉庫の整理など多岐にわたります。

駐車場を併設している店舗では、外回りの清掃も含まれてきます。

ファーストフードと言う業務形態は、実はアルバイトやパートたちで成り立っている業態が多いです。

直属の社員はわずか。

店舗によっては、店長以外は全てアルバイトやパートたちで成り立っているところもあります。

様々な個性のある人の集まりですので、中には掃除が大好きな人もいます。

そんな人の力を借りて店舗を綺麗にするのも、大事な仕事となります。

店舗の印象が売り上げを決めると言っても過言ではありませんからね。

ファーストフード求人でよくある募集内容とは?

給与体系、シフトなど気になることは大まかに載っています。

法律的な面も少し説明しましょう。

給与相場

おおよその給与相場は、時給850円以上だと言われています。

業態によっても違いがありますが地域によっても変わりますし、いわゆる路面店であるお店とフードコートにあるお店とでも違いがあります。

ですが、最低ラインを下回る時給のお店は現状少ないと言えるでしょう。

中には、1,000円を超える募集時給を掲げている業態もあります。

勤務時間や休日、残業

まずは、法律的な理解からまとめます。

18歳未満の高校生は、夜22時から朝5時までは深夜とみなされ、働くことはできません。

また、主婦の方で扶養に入っている場合は、年間103万円、130万円以上の収入があると扶養から外れてしまいます。

18歳未満の7日間連続勤務は禁止です。

18歳以上も本来であれば禁止ですが、36協定を提出すること勤務できることもあります。

勤務時間については、18歳未満の8時間を超える勤務は禁止です。

基本的にアルバイトには残業をさせないという暗黙のルールもあります。

最近では、ブラックバイトと呼ばれるアルバイトが存在することが大々的に取り上げられたこともあります。

このようなアルバイトをさせられた学生が労基署に訴えると、まず雇う側の管理状況が調べられ、場合によっては営業停止になることもあります。

それを踏まえ、大手のファーストフード業界は法律を順守しながら商売を行っていると言えるでしょう。

必要なスキルや資格、経験

基本的に資格やスキルは必要なく、未経験の方でも大丈夫でしょう。

マニュアルも整備されています。

働く環境に馴染むことができれば、誰でも行うことができるアルバイトです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ファーストフードのおすすめポイント

ファーストフードのおすすめポイントをまとめます。

他のアルバイトでは得られないことも多いですよ。

ファーストフードのおすすめ求人のポイント1:自分の世界が広がるかもしれません。

ファーストフード店には様々な方が勤務していて、年代もバラバラです。

自分の生活範囲以上の出会いもあり、仕事をしていく中でだんだん仲良くなることができるでしょう。

学校の友達よりもアルバイトで仲良くなった友達の方が将来的に長く付き合えるなんて場合もあるようです。

ファーストフードのおすすめ求人のポイント2:場所によって、忙しさが違うかもしれません。

駅に近いお店ではサラリーマンたちへのコーヒーの提供、郊外ではドライブスルーのお店でのファミリー向けストア。

その地域によって、ニーズの変化もあります。

同じような時給で働いても、忙しさに違いがあるかもしれません。

ファーストフードのおすすめ求人のポイント3:アルバイト価格で商品が食べられます。

例えば、商品を30%オフで食べられるなどの特典があります。

さすがに無料というわけにはいきませんが、大体のファーストフードでは割引価格で提供されるようです。

ファーストフードのおすすめ求人のポイント4:シフトが自由に選べます。

自分の生活スタイルに合ったシフトを選ぶことができるようになっているのもファーストフードの魅力。

こんなアルバイトは、なかなか他にはないのでは。

時間が固定されていたりすると学生や主婦の方にはなかなか働くのは難しいのが現状ですが、ファーストフードなら安心して働くことができるでしょう。

ファーストフード求人の雇用形態による違い

雇用形態は、24時間営業かどうかなど営業時間に左右されることが大きいです。

基本的には、雇用契約は1年です。

ファーストフード求人についてよくある疑問

ファーストフード業界の求人についてよくありそうな疑問をまとめます。

シフトの自由はどの程度まで可能なのか?

殆どの応募者はこの質問をします。

ファーストフードは、年齢層も幅広く様々なライフスタイルの方が応募してきます。

主婦や学生、フリーター、年配の方など様々です。

ですが、お店側のニーズと応募する人の希望時間が100%合致するということはありません。

応募する人は、自分の勤務可能な時間を有効に使いたいと思うはずです。

お店側との擦り合わせが必要です。

私でもできそうな仕事かどうか?

ファーストフードというと、早い、忙しいというイメージがあると思います。

もちろんお客様はそれを求めて来店されるのですが、いざ働くとなるとそのペースについていけるかということも気になるのではないでしょうか。

そのような不安を持つのも当然ですが、店舗側としては応募してくれるだけでもありがたいと感じるものです。

あまり心配しなくても大丈夫です。

まとめ

いかがでしょうか。

「ファーストフードは忙しそうでちょっと足を踏み入れにくい」という感覚が、少しは薄れたのではないでしょうか?

この記事が、一歩を踏み出すちょっとしたきっかけになれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

飲食求人

ファーストフード求人についてもっと深堀りした情報を見る

ファーストフードの仕事内容や4個の業務。向いている人・向いていない人の特徴についても解説

今や街に根付き私たちの身近にあるファーストフード。アルバイト求人誌やアルバイト募集サイトなどを見ると、未経験者大歓迎!などと書かれているファーストフード求人が多くあります。未経験でもアルバイトが初めての方でも大丈夫なファーストフードの仕事。とは言え、ハンバーガーを作ってお客様に売るという単純な仕事ばかりではないのです。今回は、実際の経験を含めた内容を盛り込みながら、ファーストフードの仕事について紹介しましょう。実際にアルバイトを始めるときに、少しでも参考になるような内容で紹介します。ファーストフードの4個の業務とは?ファーストフードの職種の中で代表的なのは、作って売ることです。しかも早さと正確

ファーストフードのアルバイトをやってて良かった2個のこと

いまや日本全国各地にあるファーストフード店。アルバイトの求人も多く、若者を中心に様々な方が働いています。今回は「ファーストフードのアルバイトってどんな仕事をするんだろう…」「時給は?やりがいを感じるときは?」という不安や疑問を持つ方のために、私のアルバイト体験を紹介します。ファーストフードのアルバイトを始めようと考えている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。私はこんなところでファーストフードのアルバイトをやりました私が大学生になった時に始めたのが、とあるハンバーガーチェーンでのアルバイトでした(絶品チーズバーガーが名物のチェーンです)。当時住んでいた家のすぐ近くにあり、自身も何度か足を運