いまや日本全国各地にあるファーストフード店。

アルバイトの求人も多く、若者を中心に様々な方が働いています。

今回は「ファーストフードのアルバイトってどんな仕事をするんだろう…」「時給は?やりがいを感じるときは?」という不安や疑問を持つ方のために、私のアルバイト体験を紹介します。

ファーストフードのアルバイトを始めようと考えている方にとって、少しでも参考になれば幸いです。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

まずは「ファーストフード バイト」の仕事例をチェック

私はこんなところでファーストフードのアルバイトをやりました

私が大学生になった時に始めたのが、とあるハンバーガーチェーンでのアルバイトでした(絶品チーズバーガーが名物のチェーンです)。

当時住んでいた家のすぐ近くにあり、自身も何度か足を運んでいて馴染みがあったというのが応募した理由です。

時間の取りやすい大学生だったとということもあってか、面接はすんなり合格。

次の日から業務を始めました。

最初はハンバーガー一つ作るのにも手間取りましが、先輩アルバイトの丁寧な指導で徐々に上達し、数ヶ月後には業務をマスターしました。

約2年間働いた後引っ越しをすることになったので辞めましたが、本音を言えばもう少し続けたかったです。

ファーストフードのアルバイトの仕事内容ってどんな内容?

ファーストフードのアルバイトの仕事内容は二つのパターンに分けられます。

一つは担当する業務が決まっているパターンです。

私のお店では、ハンバーガーをはじめとした料理を作る調理班、とレジで接客や会計をする接客班で分けられていました。

人数に余裕のある店では、担当する作業を固定化することが多いそうです。

得意な業務ならずっと続けられますが、苦手な業務を行う班に配属されると最初の内は苦労するかもしれません。

もう一つは全ての業務を行うパターンです。

この場合、全ての業務を行えるように訓練され、お店の状況に合わせてするべき業務が変わります。

人数に余裕のない店によくある形態で、マルチタスクが要求されます。

やりがいや成長を求める方にはおすすめですが、その分激務になりやすいです。

具体的な仕事内容としては以下の三つに分けられます。

調理

店舗で提供される飲食物を作ります。

チェーン店では高度にマニュアル化されているため、ある程度訓練すれば誰でもできるようになります。

私の場合、

  • ①素材を組み合わせてハンバーガーを作る
  • ②ポテトをフライヤーで揚げて袋に詰める
  • ③ドリンク、デザートを作る

などを担当しました。

接客

お客様のオーダーを聞く、完成した商品を運ぶ、お会計をするなどの業務を行います。

ファーストフード店は来客が多いため、一日働けば数百人のお客様に対して接客することになります。

オーダーを間違えた、お金の計算を間違えた等のミスはお客様からのクレームに直結する為、気の抜けない仕事です。

その他雑務

ゴミを捨てる、店舗の清掃、店頭での呼び込みなどの雑務は出勤の度に発生します。

ファーストフード店の場合、

  • ①期限の過ぎた食材の廃棄
  • ②廃油の処理
  • ③トイレ掃除

等、あまり清潔でない仕事も発生するので、女性には厳しい面もあります。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

ファーストフードのアルバイトの時給は?

最低賃金の変動もあり一概には言えませんが、私の場合は都市部だったこともあり800円台後半とやや高めの時給からスタートしました。

マニュアルを通して仕事をこなすと徐々に時給が上がっていき、最終的には900円台前半まで昇給しました。

地方都市だと800円台前半からのスタートが多いです。

深夜業務を担当したり、経験を積んでチーフやバイトリーダー等の役職者になったりすると更に時給は上昇します。

ファーストフードのアルバイトをやってて良かったこと

ファーストフード店のアルバイトをしていると以下のような恩恵にあずかれる場合があります。

商品を貰える

  • ①まかないとして支給される
  • ②廃棄商品をこっそり持ち帰れる
  • ③新商品、試作品の試食を頼まれる

等、店で販売している商品の一部を無料で食べられることがあります。

お金のない学生バイトにとってはありがたい特典です。

ただし廃棄商品に関しては、食品衛生に厳しくなっているチェーンも増えてきているので貰えないこともあります。

優待制度を利用できる

チェーンによってはアルバイトが利用できる割引券やクーポンを貰えることがあります。

ファーストフードのアルバイトで身についたこんなスキル

ファーストフードのアルバイトで身につけられるスキルは、社会に出てからも役に立つものが多いです。

大きな声でハキハキと喋る

ファーストフード店は基本的に大量のお客様でごった返しており、自然と大きな声でハキハキと喋る習慣が身につきます。

声なんて誰でも出せる、という方もいるかもしれませんが、社会に出てみると意外とできていない方が多くいるのに気付きます。

マルチタスク能力が身につく

正確さと素早さを求められ、突然の注文変更、クレームなどのトラブルも対応しなければなりません。

一年も働けば様々な作業をテキパキと段取り良くこなす習慣が身につきます。

ファーストフードのアルバイトはこんな人におすすめです!

ファーストフードのアルバイトは社会人としての基礎を学べるのでどんな人にもおすすめできますが、下記のような特徴を持つ方には更におすすめできます。

ガンガン稼ぎたい方

基本的に人手が不足している業界なので、積極的にシフトに参加すれば短時間で稼ぐことができます。

経験を積んで役職者になる、深夜業務を担当するなどで更に時給はアップします。

様々な人とのコミュニケーションが好きな方

お店には毎日子供からお年寄りまで様々な人が訪れます。

彼らを満足させる仕事をして「ありがとう」とお礼を言われる…そんなことに憧れる人にとっては天職かもしれません。

チームプレーをこなせる方

ファーストフード店は一人だけでは働けません。

先輩、同僚、後輩など様々な店員と協力し助け合って一つのファーストフード店を運営していきます。

報連相はもちろんのこと、人に気を遣い思いやりを持った行動をとれる方は楽しく働けると思います。

まとめ

いかがでしたか?

ファーストフードのアルバイトは一見ありきたりに感じるかもしれませんが、他のアルバイトでは得られない様々な体験をできます。

「社会人になってもアルバイトでの経験を活かしたい」と思っている方は、ぜひ応募してみてくださいね。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)