営業の仕事に興味があるという方も多いと思いますが、個人営業ということに不安を感じる方もいらっしゃることでしょう。

個人のお客様を相手にすることに抵抗を感じる方もいれば、会話自体が得意ではないという理由から避けてしまう方もいるかもしれませんが、この職種の魅力は手取り収入が多くなる可能性が高いことです。

自身の収入を増やしたい方は個人営業も視野に入れると良いと言えますが、個人営業にはどのような職種があり、どのようなものを選んでいけば良いのかについて知ることが優先事項ではないでしょうか。

この記事では個人営業の仕事を選ぶ際のポイントをお話しますので、初めての就職という方も、転職を考えている方も、是非参考にしていただければと思います。

個人営業にはどんな種類があるの?

一言に個人営業と言っても様々な業種があり、どの仕事を選ぶか迷ってしまいますよね。

ここでは募集が多いものを選んでみましたので、自身が選ぶ際の参考にしてみて下さい。

個人営業の募集が多い業種

個人営業の場合には様々なスキルに加え、それなりの知識と経験も必要となります。

その理由は、商品などを契約してもらう相手が個人であるためです。

お客様はきちんとした知識を求めてきますし、その商品を購入・あるいは提案を受けることでメリットが発生しなければなりません。

それでは実際に個人営業で募集の多いとされる職種について説明していきます。

マンション・戸建て住宅の不動産営業

こちらは主に販売を主体とした個人営業となり、不動産関連の仕事は求人が増えています。

都市部でも再開発が進み住宅に関する需要はますます大きくなっており、マンションや戸建て住宅販売の個人営業はかなりの募集が出ているのです。

リフォーム営業

不動産に関連するものとして、リフォームに関する営業も求人が増えています。

住宅の建築ラッシュで建てられたものが劣化などによってリフォームを必要としていることが多くなり、個人営業の募集が多くなっている状況です。

保険営業

最近はネットで購入できる保険も増えていますが、保険に関する個人営業の募集は今でも多いと言えます。

理由としては、営業の迅速な対応が見直されてきており安さだけでは選ばれなくなってきていることが要因と言えるでしょう。

ネット回線などの通信営業

今やネットは家庭にはなくてはならない存在であり、ネット回線に関わる個人営業の募集も昨今数多く見られます。

パソコンの設定なども最近では複雑になってきており、需要が多い職種でもあります。

自動車営業

車社会である現代は自動車に関する個人営業も募集が多くなっており、こちらも需要があることからこれからの転職や就職に関してチェックしておきたい職種の一つと言えるでしょう。

どういう業種が良いか決まっていますか?

個人営業をする場合には、自分の得意とする分野を選ぶことが大切です。

その理由は、扱う商品のことを理解してお客様に説明をしなければならないからです。

自分が職種を選ぶ時にはこのことをしっかりと考えて応募すると良いでしょう。

個人営業で気を付けたい募集内容とは?

個人営業をする場合には気を付けたいポイントがありますので、一つずつ説明していきます。

自分のやりたい分野などを見極めるポイントにもなるので、応募の際の参考にして下さい。

マンション・戸建て住宅の不動産営業

ここで気を付けたいことは「残業について」です。

個人営業なので残業時間が多くなることが考えられます。

また給与についてもチェックし、歩合制などもある程度は理解した上で応募するようにしましょう。

リフォーム営業

リフォームの場合は多くのライバル会社があると考えたほうが良いでしょう。

仕事は新規顧客の獲得が主となりますが、リフォームの場合ある程度の知識がないと難しい職種でもありますので、自分が建築などに精通しているかどうかが選ぶポイントとなります。

保険営業

保険営業で気を付けるべきポイントは、実際に活動する時間が長いことです。

これは保険の見直しをする際など契約者との面会に多くの時間が必要となるためで、その点を理解をした上で応募するようにしましょう。

ネット回線などの通信営業

ネット回線など通信に関わるものはライバル会社が多く、最初の頃は契約を取ることが難しいことからある程度の知識が必要となります。

未経験者でも歓迎といった募集も見受けられますが、かなりハードな仕事内容であるため注意が必要です。

自動車営業

自動車の場合でも未経験者の募集が目立ちますが、ここでのポイントは支店があるかどうかどうかです。

車社会とは言え都市部などでは駐車場代や交通機関の充実から個人への営業は難しい状態でもあり、主に地方での営業活動が多くなるためです。

自分に合った個人営業の求人の選び方や注意点

個人営業をする場合には自分にとって有利な職種を選ぶことが大切です。

実際に仕事をする際には以下のようなことがポイントとなるので、求人選びをする時の参考にして下さい。

【選び方①】雇用形態から探す

個人営業の仕事に関しては、正社員での募集が圧倒的に多いと思います。

中には派遣社員や契約社員での募集もあるかもしれませんが、やはり社内において直接的に利益を上げ職種であるため、相応の責任が伴います。

自分の営業力に自信があり、且つ収入面を重視したいのであれば、歩合制を取り入れている会社での正社員雇用を目指しましょう。

【選び方②】業種から探す

やはり自分にとって一番興味があるものが個人営業では役立ちます。

それは商品知識やそれに関連することを学ぶ場合、興味がないと頭に入ってこず顧客への説明も不十分になってしまうからです。

そのため、業種から探す場合には自分が興味のあるもの、または興味を持てそうな分野を選ぶようにしましょう。

【選び方③】商品から探す

個人営業では商品自体に魅力を感じて選ぶということも非常に重要です。

自分が実際に使ってみたいなどの気持ちを持ったものであれば知識はすぐに追いついてきますので、あくまでも自分が売る自信があるものを探すようにしましょう。

この時に大事なことは、同じような待遇の会社があっても商品に魅力を感じない会社へは応募はしないということです。

多少収入の差が出ても、自分が気に入った商品を扱っている会社へ応募しましょう。

個人営業のおおまかな仕事内容

個人営業の仕事内容は、新規開拓がメインとなります。

新規開拓では、電話をかけたり直接個人宅へ出向く場合もあります。

ここで必要となるのは、誰とでも話すことができるというスキルです。

個人営業をする上で大切なこと

個人営業の仕事を「誰とでも話す」という点から考えていくと、世間話も得意でなければなりません。

相手に商品の話ばかりをしている営業マンがいますが、こういう行動では滅多に売れません。

必要なのは相手の心の警戒を解くことであり、それには世間話がとても役に立つため、日頃から一般の情報をチェックする癖をつけることが大切です。

個人営業についてよくある疑問

個人営業というものがよく分からないという方がいますが、営業は法人と個人とに分かれています。

これは相手となるお客様が法人であるか個人であるかの違いだけです。

また、未経験などによる不安を抱える方も多いと思うので、よくある疑問についてお話していきます。

法人との違いは?

個人の場合には会社を相手にするわけではないため、一人一人との面談が必要です。

法人であれば責任者の合意が取れればそれで契約となりますが、個人の場合はその本人との契約となり営業のレベルも上がってきます。

その分個人営業は収入面で優遇されていることが多いです。

営業未経験でも可能ですか?

営業の場合は経験の有無よりも商品に対してどれだけ情熱があるか、または知識があるかが重要です。

努力を惜しまない人であれば誰でもできますし、話の上手さというものが必要とならない場合もあるほどです。

会話が苦手という方は難しいですが、口調がスムーズでなくても話好きな人であれば契約を取ることはできます。

どんな点が大変ですか?

最初にやるべき仕事は見込みのある客を見つけることですが、お客様からは厳しい言葉で罵られるといったこともあります。

そようなことにも耐えられる精神力が必要となりますし、ネガティブ思考にならないような人物が望ましいでしょう。

何かを言われて気持ちが落ち込んでしまう人は個人営業を続けることは難しいので、応募の際には充分に考えた上で判断して下さい。

まとめ

個人営業は他の業種と比べると収入面に魅力を感じる方が多いですが、その分営業力を養っていかなければなりません。

就職や転職を考える際には自分がどういう分野が得意なのかを考えることも大事ですし、商品に惚れるということも大切です。

自信を持って説明することでお客様に対しても気持ちが伝わり、それが信頼へと変わっていきます。

個人営業の場合は会社との契約ということよりも営業に来た人物が気に入って契約するという心理になるので、会社の顔として責任ある行動を取らなければなりません。

高収入である分難しい仕事でもあるため、自分だけでなく会社の信用や信頼を失わないように意識しましょう。

また、個人営業の経験は将来的な独立や起業にも大いに役立つスキルとなるので、自分の人生を満足できるものにしたい方にとって、挑戦してみる価値のある素晴らしい職種と言えるでしょう。



関連キーワード

営業求人