大阪で介護の求人募集をお探しの方は必見ですよ!

大阪で介護職へ転職や就職をしたい方は、他の地域と違いがあるのか?また、どのような職種を選べばいいのか?など、わからないことがたくさんあると思います。

そこで今回は、大阪府での介護の求人探しのコツや具体的な業務内容、気になる給与の相場等についてまで、この職業の気になる情報をまとめてみました。

介護初心者には必見な求人募集でおすすめな人気施設もご紹介しますので、ぜひ最後まで見てみてください!

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

大阪の介護求人の特徴

大阪は都会でもあり、とにかく多種多様な介護の求人が常に多く出ています。

地方であれば、デイサービスや訪問介護、特養などの主要施設しかないところもあるのですが、大阪では介護保険での施設や事業所は全種類そろっていますので、こういう仕事がしたいなあと思ったときに非常に選択肢が多いのが特徴です。

求人数も多いのですがイコール介護職員不足でもありますので、仕事自体は忙しいのですが選ぶほうからすると優位に立てるところもあり、小さな地域のなかでもあちこち転職している人が多かったりします。

給与体系と大阪の相場

正職員での給与は、基本的には20万円前後、施設であればそれに夜勤手当がつきます。

パートは無資格で最低賃金程度、つまり900円ちょっとの時給、介護福祉士で1000円前後が相場になっています。

登録ヘルパーの平均時給が、生活援助で1200円前後、身体介護で1600円程度となっています。

また、大阪は基本単位につく「地域加算」がほとんどの市町村につきますので、その分給与に反映されます。

この地域加算は都会が高く地方が安い、もしくはつかないですので、同じ大阪府でも大阪市内で働くほうが給与は多く設定されています。

大阪ならでは?介護対象者はこんな人が多い

大阪ならではの要介護者の特徴といえば、とにかく生活保護受給者が多いことです。

ものすごく多い地域からそうでもない地域と、もちろん差はありますが、まったくいない事業所はほとんどないのではないでしょうか。

生活保護の利用者だと何が違うのかといいますと、介護職員で特に何か気をつけることはないのですが、他の利用者なら一割ないし二割の自己負担金が発生しないという点です。(デイ等の食費は支払います)

ほかに大阪ならではの利用者といいますと、語弊があるかもしれないですが、とにかく話の面白い楽しい方が多いです。

これは他の地方から来られた職員は驚かれることも多いのですが、介護されていても明るくて冗談ばかり言っている人が非常にたくさんいます。

ですので、デイサービスなんかでは職員も利用者もひたすら冗談を言ってにぎやかにしゃべっている、という風景が見られます。

介護初心者向けに解説!介護ってどんな仕事をするの?

介護のお仕事がまったく初めてですと、何をすればいいのかわからず不安ですよね。

よくイメージされるのが「しものお世話」で、それができるかどうかを不安に思われる方が多いのですが、そんなことは本当に仕事の一部です。

それ以外にもたくさんの仕事内容がありますので、簡単にご説明しましょう。

利用者の送迎

デイサービスやショートステイで行うことが多いです。

特にデイサービスでは大切な業務のひとつになっており、送迎専門の職員を雇っているところもあります。

ワンボックスから軽自動車まで、施設の形態や利用者の状態によって送迎者は様々ですが、雨の日も風の日も危険のないように送迎しなくてはなりませんので大変な業務です。

車の乗り降りの際には不安定な体勢になりますので、転倒しないように気をつけます。

また、車イスごと乗り込むタイプの場合はその操作も覚えなくてはなりません。

運転手のほか、ワンボックスでは同乗スタッフが一人つくこともあり、主に利用者の誘導にまわったり車の誘導をしたりします。

デイの場合は介護歴よりも、運転ができるかどうか、特にワンボックスの運転に自信がある人が重宝されることが多いです。

リハビリのサポート

介護職員がリハビリをすることはそうないのですが、昨今増えている半日リハビリデイで勤務する場合にはこういった業務も発生します。

リハビリデイは午前の部、午後の部に分かれているのですが、お年寄りのジムのようなデイサービスで、たくさんのマシンが置いてあります。

そこへの誘導や操作、付き添い、そのほかの歩行訓練や体操など、このデイではリハビリの補佐のような仕事をすることになります。

ちなみにリハビリデイはほとんどのところが食事も入浴もレクもありませんので、そういった業務に自信のない方や介護初心者の方には働きやすい職場といえます。

食事のお世話

施設、デイでは調理されたものを配膳し、必要な人には食事介助、服薬の手渡しや食事量の確認までが一連の作業となります。

訪問介護のヘルパーの場合には、食事と一言にいっても、調理から行う場合や置いてあるものを温めるだけの場合、一緒に調理を行う場合、それを提供して帰るのか食事の間見守りを行うのか、さらには介助するのかなどで生活援助か身体介護か算定方法も異なります。

入浴のお世話

施設、デイともに大浴場で大人数を一緒に介助するところ、家のお風呂のようなところで一人づついれる個浴のところがあります。

特養や老健、通常規模デイでは大浴場が多いですが、グループホームやサービス付き高齢者住宅、小規模デイは個浴が主流です。

大浴場での場合は浴室で介助する係と脱衣場で介助する係に分かれて行います。

浴室での洗身、洗髪介助はびしょぬれになりますので、半そで、短パンに着替えて行います。

個浴の場合も浴室介助は発生しますので、着替えることがほとんどです。

訪問介護での入浴介助は家のお風呂で行いますので、施設ほど環境が整っていることも少ないですし、気温差や体調管理にとても気をつけなくてはなりません。

訪問介護の入浴介助は身体介護に位置づけられ、そのほかにも手浴、足浴、清拭、ベッド上での洗髪なども行うことがあります。

レクリエーション

一般的なデイサービスで、一番重要な仕事といっても過言ではないのがこのレクリエーション。

施設でもレクは行うのですが、力の入れ方はデイの比ではありません。

介護施設のなかでも飽和状態で、利用者の取り合いになっているデイサービスでは、いかに利用者を楽しませるかが集客の鍵となります。

ですので、普段のレクリエーションはもとより、季節ごとの行事のために工夫を凝らし、職員は一丸となってレクを頑張ります。

カラオケや手作業、集団レクから、職員が練習した出し物など様々です。

デイで働きたいけどレクが苦手、という方も多いのですが、そういう方には今はレクのない半日リハビリデイや、小さな集団でのんびり過ごすタイプの小規模デイがありますので、そういったところを選びましょう。

排泄のサポート

トイレの声かけから誘導、介助、おむつ交換にいたるまでの排泄介助も介護業務の基本です。

施設在宅問わず、介助が必要な方の場合は、排尿、排便の有無、量や形状をきちんと記録に残します。

失禁し汚れていた場合や必要時は陰部の洗浄も行います。

トイレではなくポータブルトイレを使用している場合は、排泄後の洗浄も一連の業務となります。

バイタルチェック

看護師がいれば看護業務の一環となっていることも多いのですが、介護職員が行うことも多いです。

体温、脈拍、血圧を測る程度にはなりますが、普段の数値と違いはないかきちんと確認しましょう。

トランス

車イスからベッド、トイレ等の移乗介助をさします。

一部介助の人から抱えて移乗する全介助の人まで様々ですが、この業務で腰を痛めてしまう介護職員は非常に多くいます。

無理をせず二人介助を行うなど、できる範囲での工夫をしましょう。

就寝介助

トイレやおむつ交換、あれば眠前薬の服薬介助、パジャマに更衣し臥床します。

寝るときだけ大きなパッドをしたりおむつに履き替えたりする人も多いですので、必ず確認しましょう。

介護の仕事には資格が必要?

法的には訪問介護以外はほぼ無資格でも働けるのですが、資格があるにこしたことはありません。

以下に簡単に介護関係の資格をまとめてみました。

介護福祉士

実務経験3年ののち、実務者研修を受講、試験を受けて合格することで取得できる国家資格です。

この資格を取っていると給与面でも上乗せされますし、できる仕事の幅もぐんと広がります。

ただ、持っていれば非常に有利な資格である事は間違いありません。

実務者研修(ホームヘルパー1級)

介護福祉士の資格を取るために必須であるほか、この研修を修了することで訪問介護のサービス提供責任者の仕事をすることができます。

次の初任者研修よりも、時間も費用もかかる資格ではありますが、介護業界でしっかり働きたくてこれから資格を取るのであれば、はじめからこちらを取得することをおすすめします。

未経験でも臆することのないほど、しっかりとした知識が身に付きます。

介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)

以前のホームヘルパー2級が訪問介護に特化していた資格だったのに対し、こちらは介護職全般に対応できる資格となっています。

無資格でもOKの求人も少なくないですが、やはりまったく知識がなく未経験で仕事につくのは不安だと思いますので、もし時間的にも経済的にも余裕があるようでしたら、やはり基礎資格であるこの初任者研修を取得されたほうが働きやすいでしょう。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護保険のプロとして、ケアプランを作成する業務独占資格です。

ケアプランをたて、利用者に必要とされるサービスを提案し事業所を紹介、一ヶ月に利用した介護保険サービスの給付管理を行います。

居宅介護支援事業所で在宅の利用者のケアプランをたてるほか、各施設に配置されて施設ケアプランを作成します。

専門性は居宅のほうが高いです。

原則5年の実務経験ののち、合格率20パーセント前後の試験を受け、合格後研修を受講してようやく取得できる資格ですので、かなり狭き門となっています。

介護事務(ケアクラーク)

事業所では必ず一ヶ月の利用回数や単位を月初にケアマネに渡し、自事業所の請求を国保連に行わなければなりません。

管理者等で行うこともありますが、大きな事業所ですと手が回りませんので、専門の介護事務を雇うことがあります。

介護保険の法律に詳しくないとできない仕事で難しいところもありますが、なくてはならない業務です。

じゃあ無資格は?

はじめに述べましたように、訪問介護以外では今多くの求人が無資格可能となっています。

人手不足の業界ですので、資格の有無にこだわっていたら人が集まらないのが現状だからです。

特に支障はないのですが、やはりまったく知識を持たずに働くのが不安という方は初任者研修の受講をしてもいいかもしれません。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)

介護のお仕事のメリット、デメリットは?

では、介護職をしているとどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

この仕事のメリット、良い点は?

一番のメリットは、何らかの介護の仕事をしていると、自分のまわりの人が要介護状態になったときに多少の知識はありますので、慌てなくてもよいことです。

介護保険は複雑ですので、まったく何も知らない人では理解するのが本当に大変ですが、介護職をしていると基礎知識はできていますし、相談できる人もそばにいますので安心です。

この仕事のデメリット、大変な点は?

とにかくいわれているのは、安月給と体力面でしょうか。

しかしながら給与面は昔に比べてずいぶん改善されていますので、世間で言われるほどでもないと思います。

仕事によってはやはり力が必要だったりしますので、腰痛に悩まされる方は非常に多くおり、離職率が高い原因にもなっています。

良い大阪の介護求人を選ぶコツ

大阪に限らずですが、この業界は入れ代わりが激しく、狭い地域、同じ業種で転職する人は少なくありません。

しかしながらはじめに自分にあう職場が選べればそれにこしたことはありません。

選び方のコツをお伝えしましょう。

自分はそもそも介護に向いているかを見極める

大前提として、人と話すことは好きですか?人のお世話は好きですか?笑顔で人と話ができますか?

これが当てはまらなければ、残念ながら介護以外のお仕事を選ばれたほうが自分も楽だと思います。

逆に言えば、この三つに自信があれば、介護職で苦になることも少ないです。

運転免許証が必要かを確認する(送迎の仕事を任される場合)

デイサービスはもちろん、施設勤務でも運転免許保持者は重宝されます。

ただし、ペーパードライバーだったり、運転が苦手、小さな車しか運転できないなど、免許を持っていても送迎業務は不安な場合はきちんと伝えましょう。

他人を乗せて運転するわけですので、無理は禁物です。

体力はあるか?体力がなくてもできる職種か?

介護職の基本は体力です。

訪問介助の生活援助でもやはり立ち仕事や家事労働ですし、移動もたくさんありますから、体力にまったく自信がない人は難しいかもしれません。

ケアマネや介護事務であれば座っての仕事も多いですが、ケアマネは急にはなれませんので、どうしても介護職に関係したいようであれば介護事務がいいかと思われます。

雇用形態は何が良いか?

正職員、パート、派遣、登録ヘルパーといった雇用形態がありますが、やはり他の業界と同じように正職員では給与面が安定している代わりに残業が発生したり、逆にパートは時間の融通は利くけど給与が安いなど、一長一短あります。

自分が一番譲れない点が給与か勤務時間かなどしっかりと考えた上で、雇用形態を決めるほうがよいでしょう。

資格は持ってる?資格があったほうがやっぱり有利

先にも記したとおり、資格が必須なのは訪問系程度で、施設やデイは無資格OKのところが多いです。

しかしながらやはり同じ未経験であれば、資格を持っているほうがやる気があるとみなされ採用されやすい面はありますし、まったく何もわからず働くよりは心の準備ができますので、余裕があれば初任者研修を受講されてもいいでしょう。

オススメの人気施設ってあるの?

では、今介護業界で人気の事業所や会社、施設はどんなところがあるのでしょうか?

パナソニックエイジフリー

入居金数千万の高級有料老人ホームから、レンタルや訪問介護、ショートステイ施設にデイサービスなど、介護のほぼすべての事業形態を持っています。

母体は文字通りパナソニックですので、施設の中の備品もほぼ自社製品で安心感があるようです。

ここ数年で事業を拡大しようという勢いがあり、たくさんの新しい事業所を展開しています。

いろいろな職種があるので、自分にあった仕事を選びやすいのも魅力です。

ツクイ

こちらも全国展開しており、訪問介護やデイサービス、有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅等手広く展開しています。

研修制度が充実していて、福利厚生も整っていますが、この会社では積極的に障害者雇用もされており、そういった面でも社会的に意味のある会社だといえます。

オリックスリビング

故・春山満氏がプロデュースした、こちらも高級有料老人ホームです。

介護に対する妥協のなさや新しいことに挑戦する姿勢、入居者に対する接遇は業界トップクラスであり、接客業としての介護職のあり方を学べます。

まとめ

大阪での介護のお仕事は、全国的に見ても種類も求人も多く選びやすい状態です。

ですので、地域内で転職することは珍しくもないですので、万が一はじめに選んだ介護のお仕事が合わなくても、それで介護の仕事を嫌にならずに他の職種に挑戦してみてほしいなと思います。

自分には「どんな仕事」が向いているか、診断するにはこちら →
(正社員希望の人限定)



関連キーワード

大阪求人 介護求人