大阪で上手に介護求人を探す方法、そして数多くある大阪の介護施設の中から、入居者にとっても職員にとってもお勧めの介護施設を4つ後紹介致します。

大阪で介護の仕事を探すには

大阪は人口が多い事もあり、介護の仕事はたくさんあります。

だからこそ、逆にどこがいいのかわからなくなってしまう事も。

ポイントを押さえてしっかり自分にあった仕事を選びましょう。

どんなスタイルで働きたいか自分の第一条件を決めておく

どんな仕事でもそうですが、仕事をするにあたっての譲れないポイントは人それぞれ。

何を一番優先するか決めておくと、求人を比較した際に仕事選びがしやすくなります。

いくつかのポイントを並べてみましたので参考にして下さい。

労働時間

フルタイムで働く場合、多くの仕事場は8時間勤務になります。

日勤帯であれば、9時から18時までの勤務時間が一般的です。

しかしながら施設ですと早出、遅出、夜勤もありますし、訪問介護なども早出遅出勤務のある所があります。

パートの場合は時間や週何日という労働時間を選べる事も多いですが、施設の場合はパートであっても一勤務の時間、つまり8時間は働いて欲しいという所が多いです。

少し短い時間が良いのであればデイサービス、もっと短い時間、例えば半日、数時間しか働けない等の希望であれば、訪問介護の登録ヘルパーの仕事がお勧めです。

訪問介護ですと、サービス提供責任者等のサービス以外の事務仕事がある人で無ければ、サービスの時間がきっちり決まっており、残業というのが基本的にはありません。

ですので、ほぼ予定通りの時間にあがる事ができます。

デイや施設の場合は残業が発生する事も少なくは無いのですが、残業有り無し、その分手当が付くのかどうかなどは各施設によってかなり違いがありますので、面接の時に必ず確認しておきましょう。

夜勤の有無

施設の介護職員の場合や、サービス付き高齢者住宅のヘルパー等、24時間サービスを謳っている所であれば必ず泊まり業務は発生します。

一般的な夜勤は17時頃から翌日10時頃、その他、深夜勤や宿直、当直等、何らかの形で泊まり業務を行うのですが、もちろん夜中に働く訳ですので、まず家庭の事情で出来る出来ないというのは決めておく事が出来ると思います。

ただ、夜勤に関しては必ず手当てが付きますので、しっかり稼ぎたいという人は逆に夜勤有りの仕事を選ぶ事をお勧めします。

雇用形態を決める

主な雇用形態としては正職員、派遣職員、パートに区別される他、訪問介護の場合は登録ヘルパーという働き方もあります。

介護職以外の場合ですと、正職員が一番給与が良く、待遇も安定している事が多いかと思いますが、介護職の場合はあながちそうでもありません。

賞与があるという面では正職員のほうが優遇されていますが、実は公的法人以外では年棒制であったり、賞与が無い介護職も良く見かけます。

そういった場合は、ベースの月給が高くなってはいるのですが、そうなってくると正職員が一番稼げるわけでもなく、元々の時給単価の高い派遣社員の方が総額としては収入が上回る事も。

ただし、組織にしっかり根付いて働きたいなら、もちろん正職員の方が良いのは確かです。

派遣社員は給与面以外にも、クレームや悩みをコーディネーターに打ち明けられたり、自分にあった条件の仕事を紹介してもらえたりします。

パートは時間に制約があったり、扶養内で働きたい方にはお勧めです。

もちろん社会保険完備のフルタイムパートという働き方もあります。

それなりの補償は欲しいけれども、正職員のように責任や残業のある仕事は出来ない方にはこの雇用形態は都合がいいです。

訪問介護特有の登録ヘルパーは、もっとピンポイントで自分の希望時間に働く事が出来ます。

ほとんどのサービスが一時間程度なので、組み合わせ次第ではものすごく効率よく働く事もできますし、逆に空いている時間だけを働く事も可能です。

ただし、利用者の都合でキャンセル等あれば仕事が無くなりますので、その辺りは注意が必要です。

いくつかの雇用形態がある中で、自分に向いているのは何か、しっかりと考えておきましょう。

お給料

普通に同じ職場で働いた場合のお給料は

正職員 ≧ 派遣職員 > パート、といった感じが一般的です。

月々の収入よりも給与や、先を見据えて退職金等の保証が欲しいのであれば正職員、効率的に高単価で働きたければ派遣社員、扶養内で納めたければパートを選んでいる人が多いようです。

前述しましたように、泊まり業務をすればその分手当は付きますし、稼ぎたい人は夜勤をするのが一番手っ取り早い方法です。

訪問介護の場合は、早朝、夜間は時給が割り増しになりますのでその時間に働くであるとか、処遇改善加算の高いところで働く事もお勧めします。

介護業界は安月給のイメージがありますが、今は本当に深刻な人手不足ですので、以前に比べるとお給料面での待遇は良くなっている印象です。

自分に性格に合った介護職を選ぶ

にぎやかな事やお喋りが好きであればデイサービスが良いでしょう。

レクリエーションなど、盛り上げて楽しんで頂く事が求められる仕事です。

送迎業務もありますので、車の運転が好きな人にもお勧め。

運転免許必須の求人も少なくありません。

お世話が好きで、介護業務をテキパキやりたい方や、利用者に深く接する仕事を求めている方は施設が良いでしょう。

毎日同じ人が暮らす施設は、とても深い関係性を持つ事が出来ます。

最近では、ターミナル(終末期)までの生活を保障する施設が増えていますので、そういった所であれば、天寿を全うする時まで寄り添う介護をする事が出来ます。

家事が得意、あまり身体介護に自信が無い方は訪問介護が向いています。

訪問介護は、身体介護よりも生活援助の需要の方が多く、丁寧に家事を行う事が出来れば、喜んで下さる利用者は多いです。

働いた所が合わなければ、無理せずに転職してもいいのですが、やはり始めから自分にあったところで働くのに越したことはありませんので、しっかりと自分の性格を把握し仕事を選びましょう。

資格は持っている?無資格でも探せるけど資格がある方が優遇はされる

訪問介護以外であれば、現場の介護職は無資格でも可能です。

今は資格無しでもOKの求人は増えています。

ただし、やはり資格はあったほうが有利なのは確かです。

その分しっかり勉強しているという証にもなりますし、資格を取ってから働く方が自分も知識があり、楽です。

また、この業界でとにかく尊重されるのが介護福祉士の資格。

実務者研修だけでもそれなりに箔は付きますが、やはり国家資格の介護福祉士は需要が多いのが現状。

給与面でも優遇されます。

介護福祉士を雇っていれば事業所側にもメリットがありますので、この辺りは必然的にそうなる訳です。

ただ、介護福祉士の資格はすぐに取れる物でもありませんので、とりあえず資格を取りたいのであれば、初任者研修の受講をしておけば大丈夫です。

キャリアアップは出来るのか

介護職の良い所は、実務経験を積めば積むほど受験できる資格が増える事。

実務経験3年で介護福祉士が、5年でケアマネージャーの受験をする事が出来ます。

さらにケアマネージャーで5年働けば、主任ケアマネの受講も可能です。

資格を取れば取るほど選べる職種も増えるし、給与も上がります。

実務経験が必要なので今すぐキャリアアップは出来ないけれども、逆にこの業界では「この資格を持っているからこれくらいは経験があるんだな」という証としても資格が使えます。

他にも考慮したほうが良いこと

ある程度介護の現場を知っている人はともかく、全く初めて介護職に就かれる方の場合は、面接前に一度施設見学をさせてもらう事をお勧めします。

初任者研修の方、無資格の方は、全く現場の雰囲気や匂いを知らないまま介護職に就こうとされる事が多く、実際の現場を目の当たりにして初日に辞めていく人がたまにいます。

働く場所によって利用者さんのレベルやタイプは様々ですから、施設見学が出来るなら、させてもらった方がイメージはつかみやすいと思います。

私自身はたくさん介護職の経験はありますが、ほとんどの所で面接の時に施設や事業所の様子を案内してもらう事が出来ました。

人気の介護求人探しのポイント

資格を持ってると手当がつく

無資格者から介護福祉士まで給料が同じの所、各資格によって手当が付く所、法的に定められている訳ではありませんので、事業所によって千差万別です。

自分がもし関係が無くても、資格手当てをつけている職場であれば、後々スキルアップした時に昇給が望めますし、何よりも資格の重要性を理解し認めている職場であるといえます。

という事は少なからず介護の仕事に関して理解があるという事ですので、色々な面で働きやすいでしょう。

ボーナス制度あり

公的施設を抱える社会福祉法人等では、賞与が年3回の所もありますが、逆に民間企業では賞与無しの事業所も見られます。

印象としては、賞与無しの場合は月額の報酬が高めに設定されている事も多いですので、年収として比べた時にどちらが多くなるのかについては冷静になって調べておきましょう。

育休・産休・時短勤務など女性が働きやすい

これも非常に施設によって差があります。

当たり前ですが、個人がしているような小規模の事業所であれば、いくら権利としては主張が出来ても、実際に各休暇の取得や妊婦に対する配慮、復帰後の手厚い保証は難しい所があります。

そういう意味では、いくつかの事業所を持つ大手の法人の方が育休当の前例がある分働きやすいかもしれません。

また、法人によっては託児所完備の所もありますので、そういった事業所であればより一層復帰がしやすいでしょう。

経営母体が大きな法人

母体が大きいというよりも、介護の事業所を幅広く手がけ、ノウハウのある法人と言った方が良いかもしれません。

ですので、社会福祉法人や医療法人ばかりでもなく、民間企業でも勿論あり得ます。

経営母体が介護の事業所運営に慣れていると、無理な働き方の要望も少ないですし、体の調子や家庭の事情が変わった場合、働きやすい職場に移動する事も可能です。

ただ、母体が大きい分自分より長く勤めている人が多いと、なかなか昇進しづらかったり、ケアマネや相談員のような、そう人数の要らない職種のポストがなかなか空かない事も多いですし、自分の意見が直接上にすんなり通るとも限りませんので、チャレンジ精神のある人は小さな事業所で力量を試すのも良いと思います。

残業が少ない

これは本当に事業所によって違います。

そして、その残業がサービス残業であるか手当が付くかも。

後者であれば残業をしてその分稼ぐのも良い方法ではありますが、やはり残業は少ない方が働く上ではストレスが少ないです。

私の経験では、施設では自分の仕事が終わるまで帰れない事が多く、それに関しては残業が付かない所がほとんどでした。

デイサービスは、残業が当たり前の所と、絶対に定時であがる所に分かれます。

効率的に仕事をする事で定時上がりが出来る事がほとんどだと思いますので、面接の時や見学の時に、残業の有無については必ず確認しましょう。

離職率が低い

これも施設によって様々。

本当に人が辞めない所、逆にいつでも求人を出している所に分かれますが、離職率が高い所は待遇や給与面よりも、職場の雰囲気や人間関係が関係しているようです。

ストレスを感じながら働くのは本当に辛い事ですので、これも面接の時に確認要の事案です。

聞いた時に嫌な顔をされるような所であれば、離職率が高くて働きにくい事業所かもしれません。

大阪にはどんな場所に介護施設がある?

大阪は都心部、郊外、どちらもそれなりに介護施設が散らばっています。

駅近の所もありますが、それよりは郊外の車が停めやすい所に介護施設は多く見られます。

大阪で人気の介護施設が見つかるサイト

Happy Care Life(介護職の相談室)

https://careforyou.jp/job-information/care-facilities-in-osaka/

職員に人気の理由、会社情報、特色が詳しく掲載されていますので、働いてからのイメージがわきやすく、非常に見やすいサイトになっています。

福利厚生についてもしっかりと調べられています。

ミライユキャリア

http://miraiyu-career.com/kaigo/lp2/?action_id=aps00006

介護職に特化した求人サイトで、登録を行い仕事を紹介してもらう形式です。

求人数も多く、自分の希望する事業所があれば、そこで求人があるかも調べてもらう事ができますし、コーディネーターによるしっかりとしたサポート体制が組まれています。

スマイルsupport介護

https://www.h-career-support.com/kaigo/lp2/?cmid=Aff_InterKP&dt=20151022&type=reg

関東に強い求人サイトではありますが、大阪の求人も多数取りそろえています。

登録をしなくても求人検索が出来、写真付きで詳しく仕事内容が書かれていますので、とりあえず自分で目星をつけてから相談を持ちかける事が可能です。

介護経験者のコンサルタントもいますので、安心して仕事を探してもらう事ができます。

大阪で人気の介護施設を見つけて雰囲気を見てみよう

それでは、大阪で人気の介護施設をいくつかご紹介したいと思います。

LIFULL介護

https://kaigo.homes.co.jp/ranking/27/

大阪で人気の施設が、月間ランキングとしてわかりやすく紹介されています。

入所先を探される方が参考にするサイトではありますが、人気のある施設は職員が働きやすい事がほとんどですので、参考にする事ができます。

ここで詳しく説明されている中でのお勧めを紹介します。

スーパーコート大阪城公園

京橋という都心部にありながらも費用が抑え目です。

大手スーパーコート系列ですので介護のノウハウがしっかりしており、安心です。

ハーモニー枚方

24時間看護師が常在しており、医療面で出来ない事がほぼ無いという施設です。

こういった施設の場合は費用がかさむ事が多いのですが、こちらも比較的良心的な値段になっています。

看護師が常在しているという事は、いざという時判断を仰ぐ事ができますので、介護職にとっても働きやすい施設です。

みんなの介護

https://www.minnanokaigo.com/ranking/osaka/

こちらも大阪の人気施設を細かい条件から探す事のできるサイトです。

施設の選び方も詳しく解説されています。

こちらでのお勧めを紹介します。

グッドタイムリビング 香里が丘ーけやき通りー

こちらでランキングに紹介されている施設は、ハイクオリティで入居金が高額な所が多いのですが、こちらのグッドタイムリビングは職員教育がしっかりしており、おもてなし精神に溢れた高級施設となっています。

サンセール香里園

こちらもハイクラスの施設です。

各職種の介護事業所を展開するパナソニックグループの施設ですので、ノウハウをしっかり持っています。

広々とした施設で、気持ちよく働く事が出来ます。

まとめ

大阪は介護の事業所も施設も数多くありますので、目移りしてしまう事も多くなるかと思います。

そういった場合は、上記サイトを参考に、ご自身にあった所を見つけて、長く楽しく働いて頂ければ幸いです。


関連キーワード

大阪介護求人

介護求人についてもっと深堀りした情報を見る

グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

今回は、グループホームの転職を成功させるためにやるべき3個のことと、その場合の上手な転職方法を解説していきます。少しでも興味のある方は、ぜひご覧いただければ幸いです。グループホームへの転職や、グループホームからの転職は多い?他の介護の施設と異なり、特にグループホームは介護系の資格を取得していない、無資格の状態でも応募が可能な施設が多く、そのため入社にかかる敷居が低いこともあり、介護に興味がある人が最初にくぐる門のようなイメージがあります。もちろん資格が必須の場所もありますし、長期的に働くベテランの人や、施設長といった管理職になる人もいますので全てがそうとは限りません。グループホームで勤務してい

介護支援専門員求人でよくある募集内容や働き先の種類・おすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

現代日本は過去に例を見ないほどの高齢化社会を迎えています。加齢や疾病により介護が必要となる高齢者もそれに比例して増えており、要支援・要介護の認定を受けている高齢者は平成30年10月現在で650万人を超えている状態です。2000年から介護保険制度が開始され、それとともに介護支援専門員、通称ケアマネジャーと呼ばれる資格も創設されました。誕生から19年が経ち、介護支援専門員の活躍する場所も多く存在するようになっています。今回は介護支援専門員が活躍している働き先やおすすめの求人について紹介していきたいと思います。介護支援専門員のおおまかな仕事内容おおまかな仕事内容介護支援専門員の仕事は、日常で介護が必

生活相談員の転職を成功させるために!狙い目な会社の2個の特徴と上手に転職するための2個の注意点

生活相談員の転職についてどのような点に注意したらいいか、よりよい職場環境とはいったいどういった場所なのか。転職について注意点、転職活動の成功させるポイントをご紹介します。生活相談員の転職で注意したほうが良い2個のこと業務範囲生活相談員は事業所の規模や会社が生活相談員に求める役割についてどの程度言及しているかによって大きく異なります。利用者や家族との会話から日々の様子を知り、変化があれば福祉職の観点からその変化が後々の生活環境に影響するのか推測し相談するためにも送迎という役割を担うことが多いです。生活相談員が添乗員として行く場合だけなく、生活相談員自身がドライバーとなり送迎をすることが多いです。

訪問介護バイト求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイントについて解説します

現在日本は高齢化社会で介護についての問題は多く取り上げられていますよね。今回は在宅で生活している高齢者への介護サービスで活躍している訪問介護の仕事について詳しくご紹介していきたいと思います。訪問介護は、要支援や要介護で日常生活に介助が必要なお年寄りへのサービスです。訪問介護バイトではどんな仕事をしているのか、求人内容はどのような感じなのか分かりやすくお話をしていきます。介護職に興味がある方や高齢者との関りが好きな方、何か人のためになること、やりがいのある仕事に興味がある方の参考になればと思います。訪問介護とはどんな仕事?訪問介護とは利用者の自宅に出向き、日々の生活で必要な介護を行う仕事です。訪

介護施設の仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

介護の仕事がしてみたい方にとって、どんな仕事内容なのか気になるところです。一般にいわれているのが「三大介護」というものです。これはどういったことかといいますと「食事」「入浴」「排泄」などの介助のことを指しています。その他にも介護業界には色々な仕事があります。そこで今回は介護施設の仕事にはどのようなものがあるのか、お話を進めていきたいと思っています。介護業界で働いてみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。介護施設の仕事にはどんなものがあるの?介護の仕事は実に多彩です。施設系であれば、三大介護に加えて生活支援や相談・助言などといった業務もあります。また訪問系ですと調理、入浴、整理整頓などの身の回り

高齢者向け住宅求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方とは?向き不向きややりがいなどを解説!

サービス付き高齢者向け住宅でのお仕事について、ご紹介していきます。求人の給与や募集内容、おすすめの求人の選び方から、向き不向きややりがいまで解説していきますので、ぜひ参考にしてください!サービス付き高齢者向け住宅求人での大まかな仕事内容高齢者向けの建物に住んでいる入居者様の生活を支援するのが大まかな仕事内容になります。時には部屋へ伺い、訪問介護として掃除や洗濯をといった生活支援を行ったり、パット交換や入浴の介助といった身体介護を行います。施設によっては施設内にデイサービスを設けている場所もあり、デイサービスでは事前に決まっている参加者で集まってレクリエーションやリハビリといった活動を行います。

有料老人ホーム正社員求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

老人ホームには様々な職種が設けられています。施設長(管理者)、ケアマネージャー、看護師、調理師、生活相談員、機能訓練指導員…etc今回はよく求人が出ている正社員の募集内容の特徴やおすすめポイント、疑問点などを解説していきます。有料老人ホーム正社員の大まかな仕事内容介護職特徴一番募集の数が多い職種。人手不足もあり、常に募集をかけている施設が多いです。この職種の方が施設を支えていると言っても過言ではないくらい大切なポジション。超高齢者社会に突入している日本においては今後も「なくならない」職種である事は明白です。介護福祉士や介護職員初任者研修などの資格を持っていなくても始められる施設も増えています。

生活相談員の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

介護関連のお仕事を探していると、「生活相談員」という職種の名前を目にすることがあります。名前だけ見ると「生活に関わる事の相談を受けるお仕事」ですが、それだけではありません。実際にどのような仕事なのか、どんな人が向いているのか、その後のキャリアアップや必要な資格も踏まえて、紹介していきます。生活相談員の仕事にはどんなものがあるの?利用者やそのご家族の方たちに対して、専門的な知識を持って生活の相談を受ける、ソーシャルワーカーとしてのお仕事です。これが生活相談員の役割であり、この職種に期待されている事でもあります。また、ケアマネージャーや医療機関などとの連絡・調整を行い、各種介護サービスの手続きや介

ケアマネージャー正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

「将来はケアマネージャーになりたい」「せっかくケアマネージャーの資格を取ったのだから、一度はケアマネージャーとして働いてみたい。できたら正社員で!!」福祉の業界で働いている方で、このような考えを持った方は多いのではないでしょうか?福祉の業界に身を置く私が考える、ケアマネージャー正社員の仕事と良い求人の探し方をお伝えします。ケアマネージャー正社員の仕事内容とは?仕事内容はどこで生活している利用者の方を対象にするかで重要視される点が異なります。自宅で生活する方を対象にするケアマネージャーは「居宅ケアマネージャー」、介護保険施設等で生活する方を対象にするケアマネージャーは「施設ケアマネージャー」と呼

特別養護老人ホームの仕事はどんな人に向いている?得意な人の3個の特徴やキャリアについて解説します

特別養護老人ホームでは、介護度が高い人が入所しています。また、他の介護施設と違う所はその「要介護者の人数」です。特別養護老人ホームは介護度が高い為、人数が多いです。要介護者が多いという事は、その介護をする介護者も多いという事です。ここでは、特別養護老人ホームの仕事はどんな人が向いているのか、どんな人が介護に合っているのかをご紹介します。特別養護老人ホームの大まかな仕事内容特別養護老人ホームの一般的な業務は「身体的介護一般」です。身体的介護一般とは「排泄・食事・清潔の介護」となります。オムツ交換やトイレの介助、毎食の食事介助、週2~3の入浴介助が一般的な介護になります。仕事上の役割とは?特別養護