日々の生活に欠かせない「食べる」こと。

美味しいものに出会うことは人生の楽しみの一つでもあります。

毎日の食卓を彩る料理を、もっと勉強したい、もっとおしゃれできれいな料理を作れるようになりたいと思ったことはありませんか?

そんな時、あなたの助けになってくれるのが「料理教室」です。

料理が苦手な方は基礎から教えてくれ、ある程度知識のある方はそのレベルに合わせて料理のレパートリーを増やすことのできる料理教室、習い事として通っている方も多いのではないでしょうか。

日本全国に大小様々な料理教室があります。

その内容も和食はもちろん、イタリア料理、フランス料理、さらにはお菓子教室など自分の好みで選ぶことができます。

美味しい料理の作り方を教えてくれる料理教室は、料理人にとっては働き口のひとつでもあります。

今回は料理教室求人の仕事内容やそこで働くためにどういった募集がされているのかなどを詳しくご紹介して行きましょう。

料理教室の仕事ってどんな仕事?

料理教室の仕事は「料理を教えること」だけではありません。

経営が大きくなればなるほどたくさんの人たちが協力しあい、仕事を分担しあって魅力的な料理教室にしよう、喜んでもらえる教室にしようと日々奮闘しています。

料理教室の仕事内容を詳しくご紹介して行きましょう。

講師

まず一番大切なのが「講師」の仕事です。

これは言わずもがな、料理を教える「先生」の役割ですね。

講師は実際の教室を行うことだけが仕事ではありません。

教室の内容を決めたり、どんな料理が需要があるのかを調べたり、教室に相応しい料理を選んだり、または実際に自分が作って料理の写真撮影などを行ったりもします。

営業

料理教室には「アシスタント」がいますよね。

多くの料理教室では講師を目指す料理人が営業を兼ねて講師の下に就いて勉強をしています。

料理教室の営業活動はとても地道ですが欠かすことのできない大切な仕事です。

講師とともに教室の内容を吟味するのはもちろん、インターネット社会となった今はホームページやSNSなどに募集内容を載せ新規の開拓を行ったり、来てくださっている顧客様に対して「次はこのような教室を何月何日の何時から行いますのでよろしければご参加ください!」と言った営業活動をメールや電話、さらには直接声をかけることもあります。

教室に生徒さんを集めないことには利益が出ませんので、この営業活動はとても大切なものとなります。

中には講師自身がその世界で名前が通っていることで営業活動を行わずとも生徒さんが集まることもありますが、なかなか稀なことです。

教室の営業とアシスタントが別々で存在するところもありますが、大きな会社でなければなかなか難しいでしょう。

料理教室のアシスタントを行えば、料理教室に関する全てを知ることができるので将来大小に関わらず料理教室を自分自身で運営したいと考えている方にとってはとても良い働き口となります。

経理

大手の料理教室であれば、経理担当も存在します。

個人経営の料理教室であれば講師自身が管理を行ったり、営業またはアシスタントが行うことが多いでしょう。

材料費や光熱費から算出される一人あたりの料理の原価を計算して教室にきちんと利益が出るように価格設定を行います。

講師のアシスタント

料理教室のアシスタントはいわば「何でも屋」です。

教室が行われている間は滞りなく授業が進むように生徒さんたちの手助けもしますし、講師の手助けももちろん行います。

材料の買い出しに行くこともありますし営業の仕事を行うこともあります。

教室後の清掃などもアシスタント係が行うことが多くなります。

教室の前日には材料の計量などの準備もアシスタントに任されることが多くなります。

教室の全てに関わることで、将来は自分の教室を持つときに役に立つ経験ができる仕事と言えるでしょう。

料理教室求人でよくある募集内容とは?  

料理教室の求人でよくある募集内容を見ていきましょう。

実は料理教室の募集数はあまり多くは見かけません。

と言うのも、「通っている料理教室で働くことになった」と言う形がとても多いからなのです。

規模の大きくない料理教室であれば講師が一人で行うこともありますし、アシスタントが必要になった時は講師自身の人脈を活かして良いアシスタントを探すことがとても多いのです。

インターネットの求人サイトなどに掲載されている料理教室求人は大手がほとんどです。

ここでは大手の募集を中心にご紹介して行きましょう。

職種

インターネット求人サイトなどに掲載して人材を募っている大手の教室であれば、ありとあらゆる職種が募集されています。

大手は職種をはっきりと分けているため、予約や生徒さんの管理、教室のスケジュール作りなどを中心に行う「受付業務」なども募集されています。

その他はもちろん講師、アシスタント、運営のサポートを行う営業なども募集されています。

給与相場

給与は講師までこなす正社員であればおおよそ月給20万円ほどのところが多くなるでしょう。

アシスタントや営業は時給制のパート・アルバイトである場合が多くなります。

決して高給とは言えませんし時給制なので不安定だと感じる人もいるでしょう。

しかし、アシスタントを経て講師への道が拓ける場合がとても多いので給与を重視するよりも自分のやりたいことを重視するタイプの方に向いています。

勤務時間や休日、残業

正社員は週休二日制のところが多くなるでしょう。

料理教室は場所や規模によって休日が異なりますので一概には言えません。

ビジネス街にあるのであれば土日休みの教室を見つけられることもありますが、基本的には平日のどこかで休みを取る場合が多いでしょう。

残業はほとんど発生しません。

教室が長引いてその後の片付けなどに影響すると言ったこともまれにはありますが、あまり多くはありません。

しかし、アシスタント業であれば時間どうりに帰宅できると言った保証はないと考えた方が良いでしょう。

飲食業のように全ての仕事が終了したら終わると考えていた方が良いです。

福利厚生

大手の料理教室の正社員であれば福利厚生はきちんと整っています。

短時間正社員の募集もされていますから、主婦の方や働ける時間が限られている方でも応募しやすい環境と言えます。

パート・アルバイトであれば勤務時間によりけりです。

しかしこれはあくまで大手の場合であって、個人経営の料理教室の場合は福利厚生はあまりないと思って間違いありません。

求められる人物像

料理教室求人に求められるのは、何と言っても「将来自分の教室を持ちたいと考えている人かどうか」と言うところに集約されます。

決して高給なわけでも、仕事が楽なわけでもありません。

しかし接客が好き、料理が好きであれば楽しい仕事であるのも間違いありません。

個人経営の料理教室であれば経済的、肉体的には決して恵まれた仕事と言ったわけではありませんが楽しく働くことができるでしょう。

大手の教室であれば講師であっても営業の仕事を求められることもあります。

いかに生徒を多く獲得し教室へ入会してもらえるか、企業はそこを求めます。

質の良い教室を行い、営業をかけ、生徒を獲得する、これが大手の教室の仕事内容です。

料理教室求人のおすすめのポイント

続いて料理教室のおすすめ求人のポイントを見ていきましょう。

きちんと稼ぎたいなら大手、やりがいを求めるなら個人教室

おすすめ求人はあなた自身がどのような働き方をしたいのかで大きく変わります。

きちんとお給料が保証され、料理教室に関われれば職種は問わないという方であれば大手の教室をおすすめします。

もちろん講師の仕事もありますが、講師プラス営業と言った具合の仕事内容になります。

あなたが将来は自分の料理教室を持ちたいと考えているなら、給与は下がりますが個人の教室をおすすめします。

個人の教室は講師自身が起こしたものですから、講師から学べることが本当にたくさんあります。

料理技術はもちろん、アシスタント業を通して魅力的な教室の組み立て方、何を教室に取り込めば生徒さんが満足してくれるのか、どの料理が人気なのかなど料理教室の運営の全てを学ぶことができるでしょう。

教室の運営に携わり、将来の糧となる経験ができることはとても大切なことです。

海外の方向けの教室はこれから増える

インバウンド旅行者へ向けた料理教室もちらほら開催されていますが、これからどんどん伸びていく形態でもあります。

いち早くインバウンド向けの料理教室を開催しているところはこれからおすすめの職場ですね。

語学力は働きながら伸ばして行けば良いので、将来教室を開きたい方はまず普通とは少し違う教室を経験ができる職場がおすすめです。

料理教室求人についてよくある疑問

最後に料理教室求人についてよくある疑問、質問にお答えしていきたいと思います。

実は私自身料理教室の経営をしており、大手で働いた経験もあります。

それぞれに良い部分があるので、両方のことについて答えて行きたいと思います。

教室は週に何回行われているの?

大手の場合は毎日たくさんの授業が行われています。

基礎コース、応用コース、プロ向けの教室など様々ですね。

個人経営の場合は曜日を決めて授業を行っているところが多いです。

ですからアシスタントや営業の仕事がフルタイムでなくなることが多いのです。

個人経営でも毎日授業のある、ある程度の規模のところであればフルタイムでの採用も有り得ます。

アシスタント業だと出勤時間や労働時間、時給はどのくらい?

アシスタントの出勤日は教室のある日の朝早くからになることが多いです。

朝早くから教室の終了、清掃までいてもらっています。

実際私の教室に来てくださってるアシスタントの子も大学生の栄養科に通っている子で、将来は管理栄養士を目指している料理に興味のある子が多いですね。

時給で950円から1100円の間でお願いしています。

生徒さんはどんな人が多い?

教室によりまちまちですが、若い女性の方が集まる教室もあれば主婦の方が中心になる教室もあります。

最近申込みが多いのが子供の教室ですね。

子供向けのお菓子や料理教室を開催しているのですが、募集を出すとすぐにいっぱいになってしまい、教室数を増やしています。

子供の教室の場合が怪我などに気をつけなければいけないので一番大変で一番人手が必要です。

また、定期的に海外の方向けの和食教室も行っていますがこれも応募が多いです。

アシスタントの採用条件は?

アシスタントの条件はとにかく「料理がすきなこと」です。

アシスタントの方の出勤日数は教室の数によって不安定ですから、「月に何円以上は必ず稼ぎたい」と言うフリーターの方は今は私の教室ではお断りしています。

大学生のアルバイトの方がとても頑張ってくれています。

大手で講師だけ、と言う働き方もできる?

できます。

営業には関わらず、授業だけを行う講師の方もいらっしゃいますね。

大体がダブルワークを行っている方でしたが、生徒さんを集める営業活動はなしで週に3回ほどの出勤で講師として授業を行ってくださっていました。

料理教室の仕事のやりがいは?

教室の一番のやりがいは、生徒さんが「おいしい!!」と言ってくれた時ですね。

「こんな簡単に、豪華な料理が作れるなんて」と言った言葉をいただく時もとても嬉しく感じます。

教室でお教えしたことをご家庭でも実践しましたと言う報告をくださった時は「やっていて良かったな」と感じます。

料理教室の仕事で一番大変なことは?

料理教室の仕事で一番大変なことは「生徒さんを集めること」です。

名前の通った料理教室や講師であれば自然と人が集まってくるものですが、個人の料理教室ではなかなか難しいものです。

教室の質を良くし、リピートや口コミで自然に広げてもらうのもとても大切ですが、地元のマーケットに出品したりイベントを行うなどの営業活動が一番大変ですね。

それでもやりがいのある活動ですから、興味のある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

まとめ

今回は料理教室の求人や仕事内容についてお話をしました。

いかがだったでしょうか。

料理教室の仕事内容が少しイメージできたでしょうか。

美味しい料理を作ることは大きな喜びです。

その喜びを作るお手伝いを少しさせてもらっているのが料理教室の仕事です。

大変なことも多い世界ですが、とてもやりがいのある仕事ですので募集を見つけたらぜひ応募してみてくださいね。