料理の専門学校に通っている学生さん、大学の栄養科に通っている学生さん、日々の料理を楽しく行えている主婦の方、お料理に関するアルバイトを始めてみませんか?

飲食店で調理のアルバイトをするのも良いですが、飲食店の調理場のアルバイトよりももっと「食」と「料理」について詳しくなれるおすすめのアルバイト、それが料理教室でのアルバイトです。

料理教室のアルバイトは飲食店に比べると募集数が少ない仕事でもありますが、見つけるコツもあります。

イベントが好きな方や料理に興味のある方にはとてもおすすめのアルバイトですよ。

今回は料理教室のアルバイトに迫ってみましょう。

私はこんなところで料理教室のアルバイトをやりました

まず、私の経験からお話をしましょう。

私は元々料理が好きで、大学に通っていた時代に料理教室でのアルバイトを始めました。

その料理教室は個人の先生が経営していたとても小さなものでしたが、ご近所さんが集まるくらいには名前の知れた料理教室でした。

個人経営と言うこともあり、教室自体は土日を中心に週に3回ほど行われており、私自身の出勤日数も教室が行われる日だけでした。

新しいことに挑戦する先生で、料理はオールジャンル、外から講師の先生も招いて授業を行ってもらったり、子供向けのお菓子教室があったりと内容はとても充実していました。

基本的に教室がある日だけの出勤でしたし、しっかり稼ぐと言うよりは楽しんでアルバイトをすると言った感じでした。

大学で栄養学を学んでいたこともあり、4年生になって時間に余裕ができた頃には子供向けの料理教室の講師も勤めるようになり料理教室の楽しさや仕事のやりがいを実感しました。

卒業後はレストランで勤務するようになりましたが、レストランで調理技術を磨いた後はやはり料理教室のほうが向いていると思い講師として独立をしました。

今現在は教室を運営する傍ら、出張で授業を行ったり、フードコーディネーターの仕事を頂いたりしています。

料理教室のアルバイトの時給は?

料理教室のアルバイトの時給を見ていきましょう。

私が働いていたのは個人経営の料理教室でしたので、決して時給が良いわけではありませんでした。

今現在私自身の教室にも大学生のアルバイトの方がいますが、アシスタントとして働いてもらって時給は1000円ほどでお願いしています。

大手の全国展開しているような教室であれば950円から1300円の間が相場と言えるでしょう。

大手の教室は講師の募集もしていますが、講師で1300円、受付や運営補助などの仕事であれば950円前後がスタートになるでしょう。

料理教室のアルバイトでやりがいを感じたこと

料理教室はとてもやりがいのあるアルバイトです。

特に人の喜ぶ顔が好きな方や人に教えることが好きな方などは楽しんで働ける職場ですよ。

料理教室アルバイトのやりがいをご紹介して行きましょう。

講師から料理が学べる

料理教室の講師は調理技術をきちんと学んでいます。

その講師の行う授業を間近で何度も体験できるのがアルバイトの特権です。

教室によっては外部の先生を呼んで授業を行ってもらうこともあり、中には本当に著名な先生もいらっしゃいます。

プロの技術はやはりとても高く、生徒さんと一緒に感心してしまうことも多いですよ。

美味しい料理を作れるようになりたい!と感じているかたにはぴったりのアルバイトです。

ちなみに、これは教室にもよりますが講師がデモンストレーションとして作った料理やお菓子は後でスタッフで頂きます。

美味しいものが食べられるのも料理教室の魅力のひとつですね。

喜んでもらえる

一番大きなやりがいは生徒さんが喜んでくれることです。

今まで一人で作っていたものとは材料も作り方もほとんど同じなのに、プロのひと工程や隠し味を加えるだけでこんなに味が変わるのかと感動してくださる方も多いです。

料理の作り方はもちろん、きれいに見える盛り付けの方法などもとても喜んでもらえます。

料理教室はリピートしてくださる方が多く、よく「この間習った料理をお家で作ったら、とても喜んでもらえた!」と言うお話をしてくださいます。

そんな時、「料理は作る人も幸せにするものなんだな」とひしひしと感じることができます。

人脈が広がる

講師の先生や生徒さんとの人脈が広がるのも料理教室の大きな特徴ですね。

先程もお話しましたが、コースでのお申込みがあったり特に個人の教室になると何度もリピートしてくださる方が多いので自然と仲良くなって行きます。

教室後は作ったものを囲んでみんなでお話をしたり、次はこんなものを作ってみたい!と言う希望を伺ったりととても楽しい時間が過ごせます。

料理教室のアルバイトをやってて良かったこと

次に料理教室のアルバイトをやっていて良かったことをお話していきましょう。

料理上手になる

まず何よりも嬉しいのが料理上手になれることです。

料理は毎日の生活に必ず必要なものですよね。

毎日外食と言うわけにも行きません。

料理教室でのアルバイトは自然と料理の知識やスキルが身について行きます。

美味しい料理を作れるようになれば喜んでくれるのは家族などの身近な人達です。

レパートリーが格段に増える

料理教室では例えばお菓子に特化した教室、イタリア料理の教室、スペイン料理の教室など様々ありますがオールジャンルで行っているところも多いです。

今までは聞いたこともなかったような海外の料理や美味しい食材との出会いがあるのでレパートリーは格段に増えます。

料理教室で働きながら学んだ料理をお家で作ってみよう!と思うことも本当に良くあります。

家庭や学業優先で働ける

飲食店で調理補助としてアルバイトを始めると、時間に余裕がなくなってしまったり働ける時間帯が合わなかったりと言うことがありますよね。

お客様がいつ来られるか分からない飲食店ではなかなか自分の時間が取りづらいものです。

その点、料理教室は何ヶ月も前からその日に授業があり、最大で何人の生徒さんが来られるのかと分かっているところが多いです。

プライベートの予定も立てやすく、家庭や学業を優先して働くことができるのでとてもおすすめです。

加えて労働時間も長くはありません。

一つの授業は2時間ほど、長くても3時間ほどのところが多いです。

子育て中の主婦の方でも無理なく働くことができるでしょう。

料理教室のアルバイトで身についたこんなスキル

次に料理教室のアルバイトで身についたスキルをご紹介して行きましょう。

料理に関係することは自然と身について行くことはお話しましたので、それ以外の内容をご紹介して行きます。

接客スキル

まず料理教室のアルバイトをしていて身につくスキルで、他の職種でも活かせる可能性が高いのが接客のスキルです。

生徒さんは教室にとっては「お客様」でもあります。

2時間ほどの教室を楽しく過ごし、満足して帰って頂くことがリピートに繋がります。

ですから、何度もお会いして仲良くなってもお客様に対する対応でなくてはいけません。

料理教室は人間関係がその他のサービス業に比べるととても密です。

料理教室で接客スキルを身につければ、他の接客業も上手にこなすことができるでしょう。

営業スキル

次の教室への応募を促すための営業のスキルも身につきます。

次はこんな教室がありますよと料理の魅力を伝えたり、今日の授業や料理はどうでしたか?とお伺いすることも良くあります。

企業の営業職などを目指している方にとっても、お客様の意見を引き出すための質問の仕方を考えたり、感想を伺ったりするのはとても良い経験になるでしょう。

企画スキル

料理教室のアルバイトは「何かをゼロから考えて作り出す」と言う企画のスキルも身につきます。

教室はまったくのゼロから始めるものです。

どんな料理を作るのか、どんな層が利用してくれるのか、料理の原価は何円くらいで教室の価格はどのくらいで販売するべきなのかなど考えなければいけないことはたくさんあります。

もちろん講師も一緒に授業の内容を組み立てて行くのですが、色んな意見があったほうが良いのでアルバイトの方に意見を求めることもとても多いですよ。

広報としてのスキル

今はインターネットで教室の募集をかけるところが多いですね。

インターネットでの宣伝方法などのスキルを身につけることもできます。

料理がより良く見える写真を選別してホームページに載せたり、場合によってはSNSなどを利用することもあるでしょう。

どのように宣伝すればお客様が足を運んでくれるきっかけになるのか、生徒さんが集まるのか、膨大な情報の中で目に留まる広告になるのかなど学ぶことはたくさんあります。

料理教室のアルバイトはこんな人におすすめです!

料理教室のアルバイトは人数が多くなく、少数精鋭を求められます。

大手では所属する人数もたくさんおりそれぞれ仕事を分担して行っていますが、個人経営の場合はそうも行きません。

さまざまな仕事を求められる料理教室のアルバイトはどんな人におすすめなのでしょうか。

こんな人なら料理教室で楽しんで働ける!と言う方の特徴をご紹介しましょう。

好奇心旺盛な人

好奇心旺盛で何にでも興味を持てる方は料理教室の仕事に向いています。

少ない人数でたくさんの仕事をこなさなければならない料理教室の仕事は「これはやりたい」「この仕事は得意じゃないからやりたくない」と選んでしまう方には向きません。

どんな仕事でも興味を持って取り組める人が向いている仕事です。

また、料理に関しても同じです。

自分の好きなジャンルではないから今日の授業は楽しくないな・・・と感じてしまう人より、興味を持って授業のアシストができる人が向いています。

コミュニケーション・気遣いが得意な方

先述したように、料理教室の仕事はその他の接客業に比べるとお客様と接する時間が長いです。

その日の授業についてはもちろん、時には雑談でも相手にある程度合わせて話ができるコミュニケーション能力はとても重要です。

実際に経験したことなのですが、他の料理教室に通われていた生徒さんで始めてお会いした時に「あちらの教室は確かに美味しいものが作れるし、先生も素晴らしい実績のある方だけれど、厳しすぎて雰囲気が怖い。こちらなら楽しく料理が作れるかと思って」とおっしゃった方がいらしゃいました。

料理教室は人により求めるものが違います。

楽しく料理を学びたい方、厳しい雰囲気でもプロ顔負けの料理を作れるようになりたい方、子供に楽しく料理を学んで欲しい方など様々です。

相手が求めているものを察知できる気遣いが上手な方が向いているアルバイトです。

「黒子」のようなサポート業が得意な人

料理教室のアルバイトは、授業が始まる前、授業中、授業後も講師と生徒のサポート役を勤めます。

レシピをきちんと理解し、料理の工程やポイントを予め理解しておき必要な時には生徒さんにアシスタントがアドバイスを行うこともあります。

滞りなく授業が進むように計量やレシピの準備など地味な作業も多いですが、そのようなサポートを自然に行える方が向いています。

料理教室のアルバイトの見つけ方とは?

料理教室のアルバイトに興味を持ったなら、ぜひ求人を探してみましょう。

数は多くありませんが、きっとあなたの家の近くにも募集されているところがあります。

アルバイトの見つけ方をご紹介しましょう。

インターネットで見つける

料理教室のほとんどはインターネット上で求人募集を出しています。

しかし、求人サイトなどでは見つけにくいのが現状です。

求人サイトよりもおすすめなのが教室のホームページで見つけることです。

求人サイトに出ている料理教室のアルバイト募集はほとんどが大手のものです。

とにかく料理教室に携わりたい方にとっては大手もとても良い働き口になるでしょう。

しかし、働きながら料理のスキルを身に付けたい方、一人の先生に付いて教室の運営を経験してみたい方は個人経営の教室を探すことをおすすめします。

求人サイトと共に教室のページも覗いてみましょう。

レストランも忘れずチェック

飲食店が定期的に料理教室を行っていることも増えています。

ランチ営業が終わり夜営業までの間やお店が休みの日に料理教室を開いているところが多いですね。

そのようなお店では教室のサポートスタッフを募集しているところもあるので忘れずにチェックしましょう。

まとめ

今回は料理教室のアルバイトについてお話をしました。

よくあるアルバイトとは少し違う料理教室でのアルバイト、ぜひあなたも始めてみませんか?

明るく楽しい雰囲気の中で、もっと料理が好きになる特別な体験ができるでしょう。