そば屋によっても仕事内容や作業内容は異なるとは思いますが、今回は、私のそば屋のバイト経験をふまえてそば屋の求人についてや気になる疑問についてお答えしていきます。

お店によっても異なる点はあるとは思いますので、あくまでも参考程度でお願い致します。

蕎麦屋のおおまかな仕事内容

そば屋では、下準備から調理、商品の提供や片付け、掃除等多くの仕事があります。

蕎麦屋のおおまかな仕事内容1:下準備

下準備としては、そばつゆや天ぷらの野菜のカット、炊飯などがあります。

すぐ調理し、商品の提供ができるようにその日のランチで必要な準備をしていきます。

蕎麦屋のおおまかな仕事内容2:調理

私が働いていたお店では、そば、丼もの、天ぷら、天むすなどの提供を行っていました。

丼ものでは、生姜焼き丼、天丼、かき揚げ丼があり、天ぷらではエビ天やかきあげ、ちくわ天、かぼちゃやナスなどの野菜の天ぷらがありました。

天ぷらは事前に調理しておき、必要に応じて揚げ直し提供するという形をとっていたので、注文されてからの調理は他の物に限られました。

蕎麦屋のおおまかな仕事内容3:接客

注文をとって会計し、配膳や下膳などを行います。

私が働いていたお店は、1階が立ち喰いで、2階が座って食べれるという店舗でしたので、1階のお客様にはカウンター越しで商品の提供を行っていました。

また、お店を二人でまわしていたので、調理も接客もすべて行っていました。

同じ商品ばかりで、席はお客さんが選んで座る方式でしたので、レシートに番号が記載されており、その番号で商品の提供を行っておりました。

蕎麦屋のおおまかな仕事内容4:片付け、掃除

下膳は下膳する場所があるので、そこにお客さん自身が行うという形をとっていましたので、気づいたときに机を拭いたり、下膳の棚を片付けたりするという作業が必要でした。

食器類は数も限られており、手洗いでしたので調理や接客の合間に数を見ながら必要なものから対応していくということをしていました。

蕎麦屋でよくある募集内容とは?

これはどういうそば屋か、どこにあるものかによっても異なると思いますので、参考までに書かせて頂きます。

給与相場

800円代から900円代が相場だと思います。

私は当時860円でした。

あとは夜に勤務すると少しアップしてました。

私が働いていたのは、1階が立ち喰いになっている小さなお店だったので、そばの値段も安く、それがウリでもあったためこの時給でした。

そばの値段を上げ、少しお高いイメージのお店になるともう少し時給は上がります。

そのお店が人件費にどれくらいかけれるかによると思います。

勤務時間や休日、残業

勤務時間は要相談という感じで、定休日はないお店でしたので、休日は不定期でした。

一般的な飲食と同じと考えて頂ければよいかと思います。

残業は、飲食なので、そのときのお客さんの数や、注文数、お客さんがいなくてもお店の状況によって異なります。

福利厚生

私が飲食のバイトを選んだ理由は、この福利厚生です。

まかないがあるというのが飲食の仕事のポイントです。

このまかないが無料で付くのか、安くなって提供されるのかはそのお店によってことなります。

私が働いていたお店では、自分で作るスタイルでしたが、無料で食べ放題でした。

一部高い天ぷらはまかないではたべれませんでしたが、ほとんどのものが食べても大丈夫でした。

そばの量も好きなだけでした。

ですので、そば屋で働いているときはこのまかないをご飯にして食費がかかってなかったです。

ラストまで入ったときは、天ぷらなどが残ればもらえたので、後日家でも食べることができました。

勤務場所

私が働いていたところは個人経営に近いお店でしたので、そこの店舗でだけの勤務でした。

チェーン店では近くにほかの店舗もあればそちらでの勤務もあるところもあるようです。

必要なスキルや資格、経験

未経験でできます。

私は当時接客も飲食の仕事も経験がなく、未経験でしたが、一つずつ教えてもらって覚えていきました。

そんなに難しいことはなかったです。

特に、家で料理をする人は調理になれるのは早いと思います。

蕎麦屋のおすすめ求人のポイント

おすすめポイントをいくつかご紹介していきます。

蕎麦屋のおすすめ求人のポイント1:まかないがあること

やはりまかないがあるというのはいいと思います。

特にバイトしていたお店は、立ち喰いではありますが、そばの専門誌にも掲載されるほどの繁盛店でしたので、美味しかったです。

これが食べ放題はありがたいです。

蕎麦屋のおすすめ求人のポイント2:未経験OKであったこと

そんなに難しいことはしないので、未経験でもできます。

私がバイトしていたところは、個人経営に近い形のお店でしたので、細かいマニュアルというのがなかったので、接客も失礼なことがなければいいよ、好きにしてという感じでしたので、覚えるマニュアルも少なく、感覚で覚えていくタイプだったので、先輩の仕事を見て覚えました。

それは私はやりやすかったです。

蕎麦屋の雇用形態による違い

バイトと正社員では、勤務の融通は異なると思います。

急に人が欲しいとなったら、正社員の人から声がかかる感じです。

自分にあった蕎麦屋の求人の選び方や注意点

そば屋によっては、調理と接客が完全に分かれているお店もあります。

そういうところが良い場合は、チェーン店など大きいお店を選ぶとよいと思います。

蕎麦屋についてよくある疑問

よくある疑問に対してお答えしていきます。

そばアレルギーでもできるのか

基本的には触っただけでアレルギー反応が出るわけではないので、食べなければいいだけなのでできるかと思います。

もちろん、症状によって異なりますので、心配な方がこの仕事は遠慮した方がいいかもしれませんね。

料理をしたことがないけどできるのか

調理をしないお店だと問題ないです。

もし調理もあるお店でしたら、できるだけ早く慣れるようにしていく必要があります。

それはその人の慣れのスピードによりますが、スピードを求められるのは確かです。

忙しい時間帯は?

ランチ、ディナーの時間、飲み終わりの時間、夕方は忙しいです。

特にランチが忙しかったです。

夕方忙しいのは、天ぷらだけの販売もしていたので、夕飯準備の奥様方が買いに来ていました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

そば屋の求人に関して、よくある疑問も含め書いてみました。

最初にもお伝えした通り、お店によっても異なります。

今回は私が働いていたお店での経験をもとに書いているので、あくまでも参考にして頂ければと思います。

基本的なことは他の飲食とも変わりないと思います。


関連キーワード

飲食求人

そば屋求人についてもっと深堀りした情報を見る

そば屋(蕎麦屋)の仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

私がバイトしていた、1階立ち喰い、2階座る席があるという小さめのそば屋での経験をふまえて、そば屋の仕事について、向いている人や不向きな人、キャリアなどについてお伝えしていきます。蕎麦屋ってどんな仕事?そば屋での仕事はざっくり分けると、オーダーや商品の提供、会計などの接客と、調理をする調理側に分かれます。私が働いていたところは、その場で食べるか、丼と天ぷらは持ち帰りができました。蕎麦屋の大まかな仕事内容接客と調理の仕事内容を少し詳しくお伝えしていきます。調理天ぷらやそばの調理を行っていきます。野菜を切ったり、揚げたり、茹でたり盛り付けたりなどを行っていきます。調理をする人は、普段家でも料理をする

そば屋バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?配達免許は必要かなど気になる疑問も解説

私のそば屋でのバイトの経験をふまえつつ、仕事内容はどのようなことをするのか等ご紹介していきます。そば屋の仕事はどんな仕事?接客、調理、掃除、会計などの他の飲食と基本的には変わらないと思います。調理がそば屋独特のものだったりするというイメージです。そば屋求人でよく出ている募集の、大まかな仕事内容基本的には先程書いたことが、そば屋の仕事です。以下少し具体的に書いていきます。そばの調理私が働いていていたところでは、そばのもとは別のところで作られてきていたので、あとは機械に通して麺にしてゆがいていくというのがお店でやるそばの調理でした。そばの状態や、その日の湿度や気温によっても、そばの状態がちがうので