私のそば屋でのバイトの経験をふまえつつ、仕事内容はどのようなことをするのか等ご紹介していきます。

そば屋の仕事はどんな仕事?

接客、調理、掃除、会計などの他の飲食と基本的には変わらないと思います。

調理がそば屋独特のものだったりするというイメージです。

そば屋求人でよく出ている募集の、大まかな仕事内容

基本的には先程書いたことが、そば屋の仕事です。

以下少し具体的に書いていきます。

そばの調理

私が働いていていたところでは、そばのもとは別のところで作られてきていたので、あとは機械に通して麺にしてゆがいていくというのがお店でやるそばの調理でした。

そばの状態や、その日の湿度や気温によっても、そばの状態がちがうので、ゆで時間などはそばに合わせて感覚で変えていました。

おみせによってはそば粉をひいて、そこからうってというところもあると思います。

この工程はかなり技術が必要なので、バイトがやるケースはあまりないと思います。

てんぷらの調理

てんぷらは、えびやナス、かぼちゃ、かきあげ等8種類位常にありました。

野菜を切るところから、揚げるまですべて行っていました。

特に大変なのはかぼちゃでした。

かなり硬いので、切るのに一苦労です。

あとはその時の野菜の大きさによっても対応していかないといけませんでした。

売れる数はてんぷらの種類によって違うので、それぞれ把握し、天気などもふまえ、売り切れるように補充していました。

注文、会計、配膳、下膳等

私が働いていたところは、調理も接客も全て同じ人がしていたので、調理をしながらその合間にもしくは同時に注文とったり、会計したりしていました。

配膳のついでに下膳など、お店の状態をすべて頭に入れ、その時のベストな行動を考え動いていくという感じでした。

あとはそば屋ならではでいうと、蕎麦湯の提供です。

朝市はそばを団子状にして、それにお湯を注いだという簡易的な蕎麦湯になっていたので、途中で変えていくという作業が必要でした。

あとはアツアツの提供をこころがけていました。

そば屋の仕事はこんな人に向いている!

すべての仕事ができないといけなかったので、コミュニケーションはもちろん、調理にも慣れている人、物事を同時進行できる人が向いています。

コミュニケーション能力

お客様やスタッフとコミュニケーションを取っていく必要があるので、この能力は必ず必要です。

これはどの飲食でも必要になってくるスキルだと思います。

調理になれている人

下ごしらえから調理までほぼ全てをスピードをもってやっていくことが必要です。

また天ぷらは、時間というより、感覚であげていったり、粉をかざりとしてつけたりも必要なので、そういうのが得意な人が向いています。

油が怖くないというのも条件として必要だと思います。

そば屋の仕事が向かないのはこんな人!

油が怖い、人とかかわるのは嫌、力仕事は嫌という人は向いていないかもしれません。

油が怖い人

先程も述べた通り、そば屋にてんぷらはつきものですので、調理の際に油を使います。

完全に接客だけと分かれているお店では良いですが、そこは事前の確認が必要です。

人と関わるのが嫌

どのバイトでも人との関わりになりますが、とくに接客の仕事になりますので、人と関わることは必須です。

それが嫌な人は向いていないと思います。

力仕事は嫌

そば屋は結構力仕事です。

そばをこねるのも、女性は特に一苦労です。

他にも、つゆのタンクや、油缶等も持つので、重労働です。

それが嫌という人は向いてないと思います。

あとは立ちっぱなしなので、立ち仕事が嫌な人も不向きかなと感じます。

そば屋でよくある募集内容とは?

未経験者大歓迎、ダブルワーク大歓迎、楽しく働きましょうみたいなのが多いイメージです。

時給相場

800円台~900円台

※地域や時間帯により異なります。

シフトの入れ具合

お店や時間帯にもよります。

私が働いていたところは、少人数で回していたので、週5は当たり前でした。

一日入るなんてこともありました。

これはお店によって違うと思います。

求められるスキルとは?

特にこれというのはないと思います。

基本的には素直に教えてもらってやればできるものばかりです。

ですが、日ごろ料理している人は重宝されると思います。

そば屋で働く上での気になる疑問・質問

配達のための免許って必要なの?

配達要員での募集の場合は必要のようです。

私が働いていたところは配達がなかったので不要でした。

そばアレルギーでも働けるの??

食べないといけないということはないので大丈夫です。

ですが、接客をするうえで、おすすめ商品や、これってどんな味かと聞かれることは多々あるので、それに答えられるようになっておく必要があります。

事前にどういうものかを知っておけば対応は可能だと思います。

立ち食いそばやって忙しい?

私が働いていたところは、一階が立ち食いで、二階が座れるという形でした。

やはり回転率は高いので、スピードは求められます。

注文から配膳までで、一階で一番早くて3分位で出してました。

それを何十人とさばくので、それは忙しいです。

満席なんてこともありましたので、忙しい中で待っているお客さん対応も必要でした。

客層は?

これはどのようなそば屋によるかと思います。

綺麗なお店であれば女性客も多いですし、立ち食いとかになると、男性客がメインにはなります。

まとめ

私が働いていたところは、まかない食べ放題で、残ったてんぷらは持って帰ったりとかできたことがうれしかったです。

あとは、色んなそばの食べ方というものを知ることができました。

例えば、温かいそばにワサビを入れて食べるとおいしいとかです。

こういうのはバイトならではかなと思います。

あとは、てんぷらが得意料理といえるようになりました。

てんぷらって難しいとかっていうイメージを多くの人が持っているからこそ、てんぷら作れるとなると一目おかれます。

年齢が高めの方にも来て頂いたり、常連さんも多かったので、たまにお菓子の差し入れや、お年玉をもらったなんてこともありました。

そういう楽しみはそば屋ならではかなと思います。

何か参考になれば幸いです。

  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
  バイト仕事を探せるおすすめバイト求人サイト
マッハバイトで応募して採用されると、最大で1万円、最低でも5,000円の祝い金を貰える! 公式サイト 公式サイト
あのLINEのグループ会社が運営!1200万人以上の会員が既に登録して利用してます。 公式サイト 公式サイト
求人件数も豊富で、やりたいバイトが見つかりやすい!圧倒的におすすめなバイト求人サイトです。 公式サイト 公式サイト


▼記事をスキップして見たい人向け▼
そば屋バイトのバイトを見る >