美容界の最先端を行く華やかなお仕事という印象を受ける美容部員ですが、美容部員を辞めて違う職種に就く人も多いと聞きます。

辞めたいと思う原因や理由を現役美容部員に徹底的に訊ねてみました。

今回はそのインタビューを基に、辞めたいと思う理由を「人間関係」「仕事内容」「雇用条件」「その他」の4方向からまとめてみました。

また、辞めたい理由や原因についての乗り越え方など対処方法も同時にご紹介します。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

美容部員のおおまかな仕事内容

美容部員の仕事内容は一言で言うと、お化粧品を販売することになります。

あまりにざっくりしすぎですので、もう少し詳しく説明すると、販売するお化粧品はファンデーションなどのメイク商品、化粧水や乳液などの基礎化粧品、あと香水やボディケア商品などです。

百貨店などで商品説明をしながら販売します。

時には商品説明だけではなく、使用方法を実践(タッチアップ)しながら販売します。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

人間関係で美容部員を辞めたいと感じる理由とは?

辞めたい理由のトップは、「人間関係」のようですね。

人間関係の中身について詳しく見てみましょう。

厳しい上司がいる

厳しい上司ってどこにでもいるのですね。

お化粧方法を指摘したり、接客態度を注意したり…。

ごもっともと思うこともあるけど、どうでも良いでしょ!と思ってしまうこともあるようですね。

しかし上司なので逆らえません。

乗り越え方

まず、注意を受ける時は素直に聴く。

その上で、上司の言葉通り行動してみましょう。

意外と上司が言っていることが正しかったりします。

しかし、もし上司の言っていることがおかしいと思ったら、先輩や同僚に相談してみましょう。

もちろん友人でも良いです。

フラットな立場で相談にのってくれるので、むしろ友人のほうが良いかもしれません。

一人で抱え込んでいないで、辞めたいと思うのは一旦保留にして、想いを発散してみましょう。

仲の悪いスタッフがいる

馬が合わないスタッフはどこにでもいるものです。

これは、厳しい上司と同じくらいの確率で職場にいます。

性格が合わないという場合もありますが、仕事の仕方…例えば接客方法が自分と違うので傍にいるとイライラするだとか、言葉遣いが好きではないということもあるようです。

乗り越え方

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」という考え方もありますので、一度敵地に乗り込んで徹底的に議論するというのもアリかもしれません。

特に接客方法に関しては、仕事という面からもお互いのプラスになる可能性もあるのでおすすめします。

そんな気力なんかないという方は、グッと堪えて平静を保ち、仲の悪いスタッフとの接点を減らすという手段もあります。

とは言え、同じ職場で働いているとなかなかできませんが…。

どこの職場でも人間関係はつきものですが、一度リセットしたいと思ってる人はこちらから他の職場を探してみるのも良いでしょう。

気を許しているスタッフがいない・いなくなってしまった

仲良くしていたスタッフが辞めると、自分も一緒に辞めたくなりますよね。

なんだか周りのみんなが敵に思えたり・・・

乗り越え方

仕事とプライベートは別という意識を持ちましょう。

仕事は仕事、仲の良いスタッフと一緒に働くと仕事も楽しくなりますが、一緒でなくても仕事の楽しさを見つけましょう。

その上で、仕事から離れたプライベートで発散できる何かを見つけるのも良いかもしれません。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

仕事内容で美容部員を辞めたいと感じる理由とは?

次に多かったのは「仕事内容」が原因で辞めたいと思っている人が多いようですね。

仕事内容のどんなところがネックなのか詳しく見てみましょう。

仕事が覚えきれない・上手くこなせない

冒頭に美容部員のお仕事内容をおおまかにご説明しましたが、実際に仕事を始めると様々なことを覚えなければなりません。

商品だけでも、商品名・商品のセールスポイント・価格・展開色など、加えてその商品を使うタイミングや関連する商品(セットで販売すると◎とかですね)もきちっと頭の中に入っていなければ販売タイミングを逃します。

この販売タイミングは重要で、タイミングを上手く掴まないと売上が伸びないことになります。

乗り越え方

まず、商品を好きになってセールスポイントを覚えましょう。

商品名や価格は必要な時はパッケージを見たら良いのです。

覚えたセールスポイントをアピールして、プロという印象をお客様に持っていただきましょう。

全て覚えることができるなら良いのですが、覚えることができないのであれば必要なことだけを覚えましょう。

覚えが悪いだけでなく仕事を上手くこなせないと感じているなら、その日その日のやることの目標を立てましょう。

例えば、見ているだけのお客様に必ずお声をかけるとか、リップを購入したお客様にはリムーバーを勧めるなど簡単なもので良いのです。

どうですか?

少し面倒臭いですがクリアできそうですよね。

クリアできたらと自分で自分を褒めてあげましょう。

そうして毎日少しだけ、ハードルを上げてみましょう。

辞める暇なんてありませんよ。

タッチアップが苦手

美容部員にとって重要な販売方法のタッチアップですが、これが苦手で苦痛という人もいるかもしれません。

理由は?

下手だから、押し付け販売のようで嫌などということのようです。

乗り越え方

一番良い方法はタッチアップをしないことで、それができればアリだと思うのですが、タッチアップするようにとの方針があるメーカーもあるので、その場合はタッチアップしないわけにはいきません。

自分は下手、と思っているなら練習しましょう。

家族・友人など積極的にメイクさせてもらいましょう。

また、メイクのスキルは常にブラッシュアップしておきます。

もし、押し付け販売のようで嫌…と思っているなら少し考え方を変えてみませんか?

「私は決してそのようには思いません。自分の知らないメイク方法で自分がより綺麗に見えて得した気分になります。」

こんなお客様の意見もあります。

お客様との距離が近いのが苦手

お客様とはカウンター越しでお顔を拝見しながらお話をするので、自然と距離が近くなります。

お肌をチェックする時に少し触れさせていただくこともあり、タッチアップの時はかなり至近距離になります。

お仕事とは言え、初めはかなり戸惑う美容部員さんもいるそうです。

乗り越え方

お客様を綺麗にして喜んでもらおうという気持ちを持ちましょう。

このお客様は何を必要としているのか、こんな色合いはどうかと考えている内に、距離が気にならなくなります。

お肌に触れて状態をチェックするのは、見ただけで分かるテクニックを身につけることもできます。

お客様を綺麗にしてあげられるという美容部員としての誇りを持ってください。

必ず、身も心もお客様と近くなれます。 

販売目標を追うのが大変

販売業や営業に必ずある販売目標!

日々追いかけられている感じがして、プレッシャーになります。

達成しても次の目標が高くなりますし、未達成が続くと辞めたくなりますよね。

乗り越え方

仕事が覚えきれない項目で、「セールスポイントを覚えて乗り越えましょう」とアドバイスしたのですが、販売目標をクリアする方法としても「セールスポイントを覚えること」は効果があると思います。

覚えたセールスポイントをアピールして、販売に繋げます。

また、会社の販売目標とは別に自分の目標を決めて、その目標を追うというのも良いかもしれません。

例えばリップを購入したお客様にはネイルもお勧めするといった、金額ではなく行動目標です。

これを積み重ねて販売金額がアップした美容部員もいらっしゃるので、是非トライしてみてください。

商品販売が楽しくなれば、目標金額を達成できなくても辞めずに続けようと思うかもしれません。

クレームなど気が重い仕事がある

クレームって気が重いですよね。

特に自分のミスから起こったクレームは心が折れそうになります。

乗り越え方

「ピンチはチャンス!」分かっているけれど、なかなかポジティブにはなれませんよね。

しかし、クヨクヨ悩んでも解決しません。

誠意を持って対応しましょう。

それでも、どうしても自分の手に負えないと感じたら、すぐに上司に相談しましょう。

もしあなたが既に店長の立場なら、地区マネージャークラスに相談してください。

体力が保たない

美容部員はほぼ立ち仕事なので、意外と体力勝負のところがあります。

ただ立っているだけでなく立ち姿が美しくないといけないので気も抜けません。

ヒールを履くので、足にも負担がかかります。

また新商品発売時、化粧水など重い商品を運んでストック置き場に置くという作業も体力が必要になり、身体面で続けることができないと考えるようです。

乗り越え方

体力的なことは個人によって個人差があるので、具体的にこのようにしたらと良いというアドバイスはあまりできないのですが。

健康面の管理はきっちりしてください。

ただ無理をしないように。

どうしても辛い時は、もっと自分の体力に合った仕事をこちらから出してもらうと良いでしょう。

地味な仕事が多い

素敵な制服を着て、トレンドの最先端のメイクをして、高価なお化粧品をスマートに販売する、など美容部員は華やかなイメージですよね。

実際華やかなのですが、意外と地味な仕事も多く、思っていた仕事内容と違うので辞めようと思う人も多いようです。

乗り越え方

割り切るのも一つの方法ですよね。

割り切って、黙々と地味な仕事をこなす。

あるいは、割り切って地味な仕事には一切手を出さない。

手を出さないのなら、様々な意味で相当の覚悟が必要です。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

勤務時間や雇用条件で美容部員を辞めたいと感じる理由とは?

「労働条件」が悪いと辞めたくなりますよね。

勤務時間が長い

最近のお店の営業時間って長いですよね。

コンビニなんて24時間営業ですものね。

美容系の店舗の営業時間も長くなっています。

10:00から21:00というところもザラですものね。

ローテーション勤務になっていても、通しということもあるようです。

そんな長い勤務を続けていると、プライベートの時間をとれないし疲れも蓄積されて辞めたい…という気持ちになるようです。

勤務時間が生活リズムに合わない

勤務時間は長くないけれど、勤務時間が生活リズムに合わないという方もいらっしゃいます。

夜間のパート勤務や家族とのすれ違いの勤務時間であったりと、内容も様々です。

永く仕事を続けようとする場合、こういった日々のズレが大きくなって仕事を続けることができないという気持ちになります。

休みを取らせてもらえない

勤務時間に関しての不満は結構ありますね。

ギリギリのスタッフでローテーションを回しているので、休みを取らせてもらえない、希望の日に休むことができない、といったケースもあるようです。

給与が低い・昇給しない

給与は自分が働いたことに対する評価とも言えますよね。

そのため、給与が低いと働くモチベーションが下がります。

評価されていないようにも感じます。

昇級しない場合も同じことが言えます。

例え給与が他の美容部員より高くても、昇給しないと働いたことを評価されていない気持ちになり、辞めたくなります。

乗り越え方

勤務時間・ローテーション・休み・給与などの理由で辞めたいと考えているなら、まず、今後の自身のキャリアについて考えてみてください。

一概には言えませんが、美容部員として働こうと思っている場合、この問題は多少の差はあるかもしれませんがどの会社にもある問題だと思います。

だからと言って我慢して働くことをおすすめするのも気が引けますが、他の会社の雇用条件などと比較して転職を考えるのも良いかもしれません。

「いえ、もう美容部員はコリゴリです」とキャリアチェンジを希望するなら、早い内に職種チェンジも視野に置いた転職を考えてみてくださいね。

キャリアアップできそうにない

販売の仕事よりもマネジメントや教育の仕事をしたいのだけれど、上がつかえていてできそうにない、と感じている人も意外と多いようです。

乗り越え方

下剋上です!…というのは大袈裟ですが、年功序列なんてもう古い!

自分のスキルをグングン磨いて、キャリアアップに繋げてください。

もし、今の職場に不満があるなら、こちらからもっと良い会社を出してもらうと良いでしょう。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

その他の理由で美容部員を辞めたいと感じる理由とは?

その他様々あります。

新商品のお試しなどで肌に負担がかかる

これは初耳でした。

一日中濃い目のメイクをしているのも原因かもしれませんね。

乗り越え方

お肌に負担がかからないように、さらっと使うのはどうでしょうか。

また、メイク落としは入念にし、休日はゆっくりリラックスしてお肌の調子を整えるというのも良いかもしれません。

年齢的なこと

体力的なこともありますが、将来に対する不安というのが大きいようです。

いつまで販売の仕事ができるのだろう…ということです。

乗り越え方

販売の仕事に年齢なんて関係ありません。

ただ、将来に対する不安はだれもが持っているものなので、その不安に負けないように、スキルアップしてください。

いつまでも美しい美容部員でいてくださいね。

美容部員の仕事を辞めようか悩んでいる人は、一度こちらで話を聞いてもらうのも良いでしょう。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

個人によって考え方や感じ方は違います。

必ずしもここにある乗り越え方が正しいとは言えないかもしれません。

また、もしかしたら辞めるほうがみなさんにとってベストかもしれません。

しかし、辞めたいけれど悩んでいるのは、美容部員の仕事に魅力を感じているからではないでしょうか。

もしそうなら、少し立ち止まって、自分なりの乗り越え方を考えてみてください。

「辞めたから得るもの」と「辞めなかったから得るもの」を考えてみるのも良いかもしれません。

いずれにしても、後悔しないベストな選択をしてくださいね。

「美容部員」が自分に向いているか診断するにはこちら →




美容部員求人についてもっと深堀りした情報を見る

美容部員給料の相場は?給料を上げるために出世のステップと、給料以外にも得られる大事なやりがいについて解説します

百貨店など化粧品売り場でお化粧品の販売をしている、華やかな美容部員のお給料の相場はいくらぐらいなのでしょうか。某外資系ブランドの美容部員を経て、美容部員の採用・育成担当になった元ナカの人が、その疑問にお答えします。さらに、お給料を上げるための出世のステップと、お給料以外にも手にすることができる大事なやりがいについても、人事目線から丁寧に解説します。美容部員の給料の相場はどのくらい?ずばり!美容部員の給与の相場をお教えします!!正社員で新卒入社した場合会社によって若干のブレがありますが、大卒の初任給は、17万円~20万円/月短大・専門学校卒の初任給は、16万円~19万円/月というところです。これ

美容部員の仕事に向いてる人の特徴は?働くメリットや活かせる経験などもお話しします

美容部員の仕事はどんな人に向いていると思っていますか?華やかにみえる美容部員の仕事はどんな人に向いているのか、また美容部員の仕事が得意な人の特徴について解説します。さらに、もしあなたが美容部員を目指しているなら、美容部員の仕事をするために活かすことができる今までの経験や、美容部員として働くメリット、今後のキャリアに加えて自分にあった美容部員の求人の探し方について、美容部員歴5年のベテラン美容部員が解説しますので、是非参考にしてください。求人探しで失敗しないための注意点もご紹介しますので、安心してチャレンジしてください。美容部員はどんな仕事?美容部員はコスメや基礎化粧品などを店舗で、お客様と対面

美容部員アルバイトの時給ややりがいは?やってて良かった5個のことやそこで身に付く力とは?

美容部員のアルバイトを私が始めたのは、大学二回生の夏休みでした。その後卒業するまでの3年間、夏休みは某有名外資系メーカーの化粧品部の美容部員バイトを続けました。今回この記事では、そんなバイト経験をもとに美容部員のやりがい、時給事情、やって良かった5個のことや身に付く力をお教えしたいと思います。みなさんの参考になればと思います。私はこんなところで美容部員のアルバイトをやりました某有名外資系メーカーでアルバイトをしていたとお話しましたが、私の勤務地は関西の中心、大阪キタにある、これまた超有名な百貨店でした。アルバイト募集時はお中元売り場で、フレグランス関連の商品(香水やソープ、シャンプーなど)の販

美容部員の派遣で働くメリットとは?タイプ別に向き不向きを解説します

「新製品のコスメや美容に関することが大好き!」「美容部員のお姉さんていつも綺麗で憧れるなあ」…そんなあなたなら、美容部員の派遣で働くことをおすすめします。では、派遣で美容系の仕事をするにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、美容部員として登録するのにおすすめの派遣会社や派遣社員で働くメリットをお話します。また、美容部員の向き不向きもご紹介しますので、興味のある方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。派遣会社に登録して派遣先で美容部員のお仕事をする派遣社員美容部員として派遣で働きたいと思っているなら、どの派遣会社に登録すればより有利なのかチェックしておきたいですよね。おすすめの派遣会社をご紹介

美容部員は副業アリ?どんな副業をしているの?

最近は副業が当たり前の世の中になっています。今回は、現在美容部員をしている方の副業についてお話したいと思います。美容部員の副業が可能ならば、一体どのような副業をしているのでしょうか?副業したい理由とは何なのでしょうか?素敵な方が多い華やかな美容部員の素顔を覗いてみました。副業したい!美容部員が副業したい理由週休2日、ローテーション勤務、1日8時間拘束。これが一般的な美容部員の勤務形態です。時間という観点から考えると、さほど悪い労働条件ではありません。しかし、最近は副業したいという美容部員が増えていると言われています。なぜ美容部員は副業したいのでしょうか。理由はいくつかあるようですが、代表的なも

美容部員バイト求人の時給や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

美容部員バイトに興味のある方は必見です!メイクが大好きで化粧品に囲まれて働きたいという女性も多いはず。今回はそんな女性の為に美容部員バイトの求人について、時給やシフトなどの募集内容、おすすめ求人の4個の特徴をご紹介します。さらに向きや不向きのタイプから仕事のやりがいまで、現在もトレーナーとして全国の美容部員を見守っているバリ美容部員が丁寧に解説します!ぜひ最後までご覧ください。美容部員はどんな仕事?百貨店やドラッグストアなどの化粧品売り場で、基礎化粧品やメイク商品を対面接客方式で販売する人のことを美容部員と呼びます。なので美容部員の仕事はざっくり言うと化粧品販売です。アルバイトの大まかな仕事内

美容部員がおすすめな人の四つのタイプ!こんな人は美容部員になってみよう!

美容部員におすすめな女性の特徴とは何か、ご存知でしょうか?美意識が高く、メイクや化粧品が大好きな方は美容部員として働いてみたいですよね。そのような女性は、美容部員に向いてるタイプを知ってお句ことに損はありません。この記事では、求人情報には載っていない気になる情報を詳しくご紹介したいと思います。就職や転職活動の面接時に役立ててください。美容部員のお仕事が気になる方へ元美容部員だからこそ分かる、美容部員に向いている四つのタイプをご紹介します。美容部員に向いている四つのタイプ美容部員として働く際に特別な資格の必要はなく、誰でも美容部員として働くことができます。とは言え、当然「向き不向き」があります。

美容部員の募集求人があるのはどんな職場?それぞれのメリット・デメリットを解説します

美容部員の募集求人の内容を詳しく知りたい人は必見です。化粧品が欲しくなった時、あなたはどこで購入しますか?多くの女性が、ドラックストアや百貨店などで綺麗なお姉さま方に紹介された化粧品を買ったことがあるかと思います。そこで今回は、元美容部員の私が「美容部員」とはいったいどんな職場なのかを詳しく解説していきたいと思います。職場ごとでの業務の違いや、メリット・デメリットをしっかり把握してから、自分に合った職場を探してみてはいかがでしょうか?美容部員の募集求人がある職場が知りたい!美容部員はきれいなお姉さまばかりですよね。そんなきれいなお姉さま達の募集求人がある職場は大きくわけて4つあります。①百貨店

美容部員で転職を考えてる人はチェック!化粧品メーカーが欲しがる販売員の7個の要素

小さい頃デパートに出かけると、1階のフロアにはブランドごとにカウンターが並び、その奥できれいに化粧をしたお姉さんが優しい笑顔で立っている、そんな光景をよく目にしました。とても華やかできらびやかで、美しい世界のように見えたものです。あの憧れのお姉さんの仕事が美容部員ですね。この美容部員の仕事は、一体どのようなものなのでしょうか。美容部員への転職をお考えの方へ美容部員は、専門的な教育を受けたり、特別な資格を取得しなければなれない職業だと思われることも多いのですが、実はそのようなことはありません。化粧品会社は一般企業であるため、求人に応募して採用されると美容部員になることができます。美容部員の求人自