日頃皆さんはどのくらい家電量販店に足を運びますか?

特に買うものがなくても時間潰しに寄ったりすることも多いのではないでしょうか。

でも、家電量販店に行っても見かける店員さんは店内を徘徊してばかりで挨拶しかしてない。

他にどんな仕事してるんだろうって疑問に思ったことはないでしょうか。

ここでは、そんなよく知らない家電量販店の仕事内容について深く掘り下げて紹介していきます。

「家電量販店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

家電量販店の仕事は大きく3個の役割に分けられる

家電アドバイザー

家電量販店のスタッフ大半がこの家電アドバイザーになります。

家電アドバイザーとは字の通り家電をアドバイスする仕事です。

お客様が家電選びに迷ってそうなら駆け寄り、各商品毎に説明をします。

レジ

レジは基本誰でも打てますが、ここでは常時レジの人を指します。

基本的にはお客様が商品を持ってきたら会計をしたり、会員カードを作ったりというのが主な仕事になります。

その他にもプレゼント用の梱包などもします。

品だしやその他

いわゆる裏方の仕事になります。

搬入から品だし、売価変更やポップ作成、展示品の管理などになります。

仕事内容で言うと一番忙しい、毎日忙しいところです。

家電アドバイザーの業務

開店前

家電アドバイザーは開店の一時間~30分前に出勤します。

出勤すると各々の持ち場を確認し、20分前には朝礼が始まります。

この朝礼では前日の売上報告と今日の売上目標が店長や副店長から発表されます。

他にも売れ筋商品だったり、決算日が近かったりイベント事があれば積極的な販売をする旨が伝えられます。

営業中

営業中は基本的に持ち場のエリアを巡回しています。

中には商品配置を動かしていたり、ポップ作成や在庫の確認などします。

とは言ってもお客様が来ないことには家電アドバイザーとして大して仕事がありません。

やはり販売業ですから仕事もお客様ありきと言う形になります。

ただ、週末などお客様がたくさん来店されるときは一日中忙しいです。

閉店後

お店ですから閉店時間があります。

ただ、家電量販店の場合閉店のギリギリまで店内にいるお客様はほとんどいません。

閉店の10分前に閉店BGMを流し、閉店時間になったら各エリアを巡回してお客様が残っていないかを確認して、お店を閉めます。

その後は売上の確認などをして各自帰宅します。

基本残業はないので閉店から30分程度で帰宅できます。

レジの業務

開店前

レジ担当の人は基本パートさんやアルバイトの人なので、開店の20分前くらいに出勤します。

各自で宣言の唱和という朝の声だしですね、これをやります。

宣言の唱和は従業員全員がやります。

唱和が終わるとボードに何階のレジに付くのか記されているのでそれを確認して売り場に出ます。

営業中

営業中はお客様が商品を購入するのを待っています。

他にもレジ周辺を掃除したりします。

ですが、レジも家電アドバイザー同様お客様ありきなので暇なときは暇です。

レジ担当の人はレジから出ることはほとんどないです。

閉店後

閉店するとレジはわりとすぐに帰宅できます。

というよりも店内にいてもやることがないので、売上を持っていって各自タイムカードを切って帰宅します。

品だしその他の業務

開店前

商品の搬入を担当する人は出勤と退勤時間が他の従業員よりも一時間早いです。

早く出勤して商品を搬入しておかないと品だしに追い付かないので。

また品だしの従業員は出勤の20分くらい前に出勤して、朝礼をします。

営業中

搬入の人は営業中も午前中の間は入荷が来ますからそのれ対応などをしています。

午後からは他店に配送する商品を集めたり、お客様の自宅に配送する家電の梱包からなどをしています。

品だしは入荷したした商品を各ジャンル毎に仕分けて、それを売り場に出します。

品だしが終わると売価変更など仕事はたくさんあります。

搬入と品だしの仕事はその日の入荷量に左右されますが、お客様ありきではないので基本的に毎日忙しいです。

閉店後

搬入の人は閉店の一時間前には帰宅します。

また品だしの人は閉店時間ギリギリまで作業をしている事が多いです。

閉店後は今日一日の報告と引き継ぎの仕事がある場合はログを残して帰宅します。

こちらも基本的に閉店から30分以内には帰宅できます。

家電量販店の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

各役割事にその仕事内容などを紹介してきました。

次は事のやりがいについて紹介していきます。

どんな仕事にも必ずやりがいといものはあります。

あとはそのやりがいが自分の求めているものと合うか合わないかだと思います。

では一体どのようなやりがいが家電量販店にはあるのか見ていきましょう。

商品が売れたとき

家電アドバイザーであればこれが一番のやりがいになることでしょう。

家電を売ることが仕事ですから商品が高ければ高いほど、売ったときのやりがいは大きいと思います。

また、家電量販店では売ったアドバイザーの成績になりますから、より熱も入ることでしょう。

商品まで案内できたとき

これは品だし作業をしている従業員が感じるやりがいです。

品だしは全フロアしている訳ですから店内の商品配置を把握していないとできません。

また店内にいるとどうしてもお客様から声をかけられます。

そんなときお客様を商品まで案内できたることがやりがいに繋がります。

自信もつきますし、ここで案内できなかったら品だしのプロとして少し情けないです。

面白いポイント

次にやりがいとは別の面白いポイントになります。

ゲーム性の面白さではなく、楽しいという意味合いの面白さはたくさんあります。

それらについて一部ですがご紹介していきます。

飽きない

家電量販店は様々な商品ジャンルがあります。

電化製品からメディア商品、携帯にオモチャと品数は半端ないです。

一つの商品に囲まれていると飽きてしまいそうですが、家電量販店は新商品も頻繁に入ってきますし、飽きないです。

仕事に飽きないというだけでも継続性のある仕事なのですごいことです。

人間関係が良い

家電量販店に勤めている人は明るく元気な人が多く、また年齢層も割りと若い人が多いです。

そのため、社内で仲のいい人ができることは珍しくありません。

社外での付き合いもよくあります。

人間関係がうまく築けなくて馴染めないって人にも安心な職場なので面白いです。

「家電量販店の仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここまで家電量販店の主な役割別仕事内容をご紹介してきました。

一言に家電量販店といってもやる仕事は様々です。

一見店内を徘徊してばかりに見える家電アドバイザーもちゃんと仕事をしています。

これを読んで少しでも家電量販店の仕事に興味を持ってくれる人が一人でもいればと思います。



家電量販店求人についてもっと深堀りした情報を見る

家電量販店の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

家電量販店の仕事のなかでも、特に販売員というお仕事が、どのような人に向いているのか、一体どんなお仕事なのか、そのお仕事で得られる経験や、メリット、キャリアアップの道などをお話しして行きます。家電量販店の仕事はどんな仕事?自分の担当する商品をお客さんに買ってもらうため、積極的に声をかけていく店舗内営業です。自分が担当する家電や電子機器の良いところをお客様に説明し、しっかりと納得していただいた上購入していただきます。メーカーや、店舗の指示に従うことになるので、ある程度ノルマもあります。家電量販店の大まかな仕事内容まず何はともあれお客さんへの声掛けです。例えばパソコンの販売担当になったなら、パソコン

家電量販店バイト求人の時給や募集内容にはどんなものがある?向き不向きややりがいなどを解説!

家電量販店の仕事とはお客様に家電をオススメして購入してもらう仕事です。今回は家電量販店のお仕事をお考えの皆様に、元店員だからこそ分かる家電量販店バイト求人の仕事内容や、ちょっとした内情について紹介したいと思います。家電量販店の仕事はどんな仕事?家電量販店はテレビから冷蔵庫などの大型家電からカメラやPC、今はオモチャなども販売しているお店です。家電量販店の大まかな仕事内容家電アドバイス、ポップ作成や品出し、その他にも展示品の管理や売価変更、店内のレイアウト変更まで様々な仕事をします。家電量販店の仕事はこんな人に向いている!どんな人が向いているか経験を元にを幾つか紹介しますやっぱり家電が好きな人で