100円ショップバイトをお考えの方はぜひこの記事を参考にしていただければと思います。

働いてみたいという方は、時給や向き不向き、詳しい業務について気になっていますよね?

そこで、勤務経験4年の私が、実際にバイトで体験したことも交えて、100円ショップの仕事内容や皆さんが気になっている疑問をすべてご紹介させて頂きます。

興味がある方は、是非最後までお付き合いください。

目次

閉じる
  1. 100円ショップのバイトはどんな仕事?
  2. 100円ショップのバイトの大まかな仕事内容
  3. 100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴とは?
  4. 100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴1:シフト自己申告制
  5. 100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴2:駅チカ
  6. 100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴3:交通費支給
  7. 100円ショップのバイトこんな人に向いている!
  8. 100円ショップのバイトに向いている人1:初めてバイトをする人
  9. 100円ショップのバイトに向いている人2:雑貨が好きな人
  10. 100円ショップのバイトに向いている人3:体を動かすのが好きな人
  11. 100円ショップのバイトでよくある募集内容とは?
  12. 時給相場
  13. シフトの入れ具合
  14. 求められる人物像
  15. 必要なスキルや資格、経験
  16. バイトや派遣の扱いは正社員と違う?
  17. 仕事の量や責任の度合いは変わる?
  18. 仕事内容は変わる?
  19. それぞれ求められるスキルは?
  20. 収入面は?
  21. 100円ショップのバイトになるために他にも知っておきたいこと
  22. 100円ショップのバイトになるために知っておきたいこと1:身だしなみについて
  23. 100円ショップのバイトになるために知っておきたいこと2:店舗の評判をチェックする
  24. 自分にあった100円ショップのバイト求人の選び方や注意点
  25. 【選び方①】雇用形態から探す
  26. 【選び方②】職種から探す
  27. 【選び方③】会社の業態から考える
  28. 【選び方④】給与や雇用条件から考える
  29. 【選び方⑤】エリアから考える
  30. 【選び方⑥】好きなブランドから考える
  31. 100円ショップのバイトで働くメリット
  32. 100円ショップのバイトで働くメリット1:人気の商品をいち早くチェックできる
  33. 100円ショップのバイトで働くメリット2:やりがいを感じながら働ける
  34. 100円ショップのバイトで働くメリット3:廃棄商品を貰える可能性がある
  35. 100円ショップのバイトで働くデメリット
  36. 100円ショップのバイトで働くデメリット1:手掛ける業務が多いので忙しい
  37. 100円ショップのバイトで働くデメリット2:商品が次々と来るので覚えることがたくさん
  38. まとめ

100円ショップのバイトはどんな仕事?

100円均一の商品を扱う店舗での販売員です。

単純に販売するのみではなく、商品の管理も同時に任される仕事です。

100円ショップのバイトの大まかな仕事内容

100円ショップの作業のほとんどは、商品管理とレジ打ちです。

商品が少なくなれば補充し、お客さんが来ればレジで会計します。

深く掘り下げれば仕事は多岐に渡りますが、おおまかにはこの二点が、主な作業内容となるでしょう。

100円ショップの仕事内容は、こちらの記事を参考に!

100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴とは?

100円ショップの求人は大量にありますが、以下のいずれかの項目を満たしている求人は、おすすめです。

100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴1:シフト自己申告制

シフトを自分で決めてバイトすることができるため、時間の融通を利かせることが可能です。

掛け持ちでバイトしたい方には、うってつけの条件であると言えるでしょう。

100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴2:駅チカ

駅チカの店舗もオススメです。

交通の便が良く、駅を利用して通勤する方にとっては、重要な項目です。

100円ショップのバイトのおすすめ求人の特徴3:交通費支給

しっかりした会社は、交通費もある程度支給してくれます。

バイト先の移動にお金がかかる方にとっては、交通費が痛い出費となるため、よく確認しておきましょう。

100円ショップのバイトこんな人に向いている!

100円ショップのバイトは、どのような人に向いているのでしょうか。

私の勤務経験をもとに、紹介させて頂きます。

100円ショップのバイトに向いている人1:初めてバイトをする人

初めてバイトをしようと考えている方には、100円ショップでのバイトをおすすめします。

扱う商品が100円均一であるため、レジ打ちが非常に楽だからです。

計算ミスをする可能性も低く、安全性が高いと言えます。

また、品数が豊富であるため、短期間で商品補充に慣れることもできます。

簡単な作業を繰り返すことで手順化がしやすく、バイトに早く慣れたいという方には、まさに最適のバイトであると言えるでしょう。

100円ショップのバイトに向いている人2:雑貨が好きな人

雑貨好きの方にも勿論おすすめです。

大量の商品と毎日付き合うことになるわけですから、自然と様々な商品の知識がつくことでしょう。

アイディア商品に興味がある方は、新商品が入荷するたびにワクワクしながら働くことができます。

100円ショップのバイトに向いている人3:体を動かすのが好きな人

体を動かしながら働きたい方にもおすすめです。

100円ショップでは、商品を補充するために店内を動き回る必要がありますし、お客さんを売り場に案内したりする必要もあります。

100円ショップのバイトは意外と動き回る機会が多く、慣れるまではヘトヘトに疲れてしまうくらいです。

しかし、慣れてしまえば適度な運動になりますし、肉体労働と比べると遥かに楽な運動量でしょう。

運動不足に不安を感じている主婦の方などには、程よいエクササイズの場として活用できる利点があります。

100円ショップのバイトでよくある募集内容とは?

採用側はどのような人物を欲しがっているのでしょうか。

100円ショップのバイトでよくある募集内容について見てみましょう。

時給相場

時給については、会社や地域によって変わります。

私が働いていた会社では、時給900円でした。

およそ、時給850~1000円程度を推移しているイメージです。

日中のバイトとしては、適度な時給設定でしょう。

シフトの入れ具合

週3からでもOKというところは多く、従業員が自分のペースで働けるよう、配慮されている傾向にあります。

休日にシフトを入れられる人を、積極採用している店舗が多いです。

求められる人物像

特にオリジナリティを求められる作業ではないため、忠実にルールを守れる方が望まれる傾向があります。

いくつか代表的な項目を紹介させて頂きます。

細かい作業が苦ではない人

小さい商品を整頓する作業が多いため、細かい作業が苦ではない方が望まれます。

地道な作業ばかりですので、従業員が飽きてしまわないかを、採用側は不安に感じているようです。

人とのコミュニケーションが苦手ではない人

売り場への案内やレジ打ちなど、接客する機会があるため、一般的なコミュニケーション能力を必要最低限の条件として考えている会社は多いです。

必要なスキルや資格、経験

面接の際に求められるスキルなどは、特にありません。

しかし、最低限の計算能力を求める会社はあります。

レジ打ちや商品管理の際に、計算ミスを頻発されてしまうと、店舗の利益損失に繋がるからです。

私がバイトしていた100円ショップでは、面接の際に計算テストを課していました。

分数の割り算程度はできるようにしておくと良いでしょう。

バイトや派遣の扱いは正社員と違う?

バイトや派遣と正社員の扱いには、どの程度の違いがあるのでしょうか。

一部をご紹介させて頂きます。

仕事の量や責任の度合いは変わる?

バイトと正社員を大きく分ける差は、その責任の度合いにあります。

経験を積ませるために新人社員を店舗スタッフとして派遣する場合はあるものの、多くの場合、店舗にはほとんど正社員はいません。

正社員は店長のみで、店舗スタッフはバイトや派遣で占められていることが、基本的な店舗の構成です。

100円ショップの正社員は、店長や本社の従業員である場合がほとんどですので、その責任の度合いは、バイトとは比較にならないでしょう。

仕事量も、当然正社員が多くなります。

自由にシフトが入れられるバイトとは異なり、正社員が自分の都合で勤務時間を設定することはできません。

仕事内容は変わる?

仕事の内容も当然変わります。

店長には定期的な会議に参加する必要がありますし、商品の仕入れ管理や、売り上げの管理といった業務も発生します。

店長の指示で動くバイトとは異なり、正社員は管理系の業務を多数担う必要がありますので、仕事の難易度も大きく変わります。

それぞれ求められるスキルは?

バイトに求められるスキルはほとんどありませんが、正社員には、多くのスキルが求められます。

自力で店舗を管理し、維持するためにマーケティングスキルやコストコントロールスキルが求められます。

店舗で発生したクレーム対応の責任者も店長であるため、コミュニケーションスキルがなくてはなりません。

また、会社によっては、資格の取得を義務付けるところもあります。

収入面は?

収入はそれぞれ、どのように変化するのでしょうか。

順に確認してみましょう。

正社員

会社の部門や勤続年数により変わりますが、店長の年収はおよそ400万円程度です。

高いところでは、店長の年収が500万円に及ぶ会社もあるようです。

派遣

派遣の店舗での扱いはバイトと変わらず、時給制となります。

バイト

時給制であり、金額は最初に示した通り、850円~1000円程度を推移する傾向にあります。

シフトを入れる時間によって収入が変化します。

100円ショップのバイトになるために他にも知っておきたいこと

100円ショップのバイトに応募するにあたり、他にも知っておくと良い情報をお伝えします。

100円ショップのバイトになるために知っておきたいこと1:身だしなみについて

会社によって身だしなみに厳しいところもあるため、面接の際に確認しておきましょう。

例えば、髪を染めても良い会社もあれば、禁止している会社もあります。

厳しい会社は清潔感を演出するため、髪の長さや服装に至るまで細かい規定を設けています。

100円ショップのバイトになるために知っておきたいこと2:店舗の評判をチェックする

店舗の雰囲気などは、その店舗の店長に左右される面が大きいです。

あらかじめ応募しようと考えている店舗の情報を調べておきましょう。

その店舗で重視されていることがわかれば、事前に対策を立てることも可能になるでしょう。

自分にあった100円ショップのバイト求人の選び方や注意点

自分にあったバイト先を探すためには、100円ショップのどのような点に注目するべきなのでしょうか。

求人から判断する際の参考例をご紹介させて頂きます。

【選び方①】雇用形態から探す

雇用形態をまずチェックしましょう。

派遣の場合は、他の派遣会社を経由して働くことになります。

間に別の会社を挟むことで、手続きが複雑になり、面倒に感じることでしょう。

100円ショップで働きたいという目的が定まっている以上、100円ショップで直接バイト募集している求人を探しましょう。

【選び方②】職種から探す

一応、募集職種についても確認しておきましょう。

店舗によっては、レジ打ちと商品補充の担当を分けて募集しているところがあります。

レジ打ちをしたくて応募したのに、仕事内容に含まれていなくて後悔したということが無いようにしましょう。

【選び方③】会社の業態から考える

会社がどのような業態であるかも確認しておきましょう。

気軽に働ける会社なのか、真面目なイメージを大切にする会社なのか、それぞれの会社の性格の違いをチェックしておきましょう。

求める人物像も変わってくるため、事前のリサーチは欠かせません。

【選び方④】給与や雇用条件から考える

給与や雇用条件も非常に大切な項目ですね。

その会社の売り上げ状況によって給与は随時変わります。

できる限り給与と雇用条件が良い会社に巡り合えるよう、様々な会社のリアルタイムな情報に目を通しておきましょう。

【選び方⑤】エリアから考える

自分が通勤しやすい店舗を選ぶことも大切です。

ここなら長く通えると思えるような場所を選びましょう。

【選び方⑥】好きなブランドから考える

どの会社の商品が好きであるかを判断基準にするのもありです。

好きな商品がある場合、それに毎日囲まれながら働くことになりますので、モチベーションも変わってくることでしょう。

100円ショップのバイトで働くメリット

100円ショップのバイトで働くメリットについて、いくつかご紹介させて頂きます。

100円ショップのバイトで働くメリット1:人気の商品をいち早くチェックできる

100円ショップの店員として働くことで、最新の商品をいち早く確認することができます。

もちろんバイト先の商品を自分で購入することも可能ですので、100円ショップで買い物するのが好きな人には最適です。

100円ショップのバイトで働くメリット2:やりがいを感じながら働ける

100円ショップの便利商品に感動するお客さんと多く触れる機会があるため、やりがいは多い仕事と言えるでしょう。

使い方を教えてあげた場合も、感謝される喜びを感じることができます。

100円ショップのバイトで働くメリット3:廃棄商品を貰える可能性がある

店舗によっては、廃棄商品がタダで貰える可能性もあります。

廃棄商品の中には、お客さんには売れないものの、商品としては問題なく使えるものも多いです。

捨てるのがもったいないということで、本来捨てるべき商品をタダで譲って貰えるケースがあります。

商品をタダで貰えるのは非常に嬉しいことですが、会社によっては禁止しているところもあるため、実際に貰えるかはそこで働いてみないとわかりません。

100円ショップのバイトで働くデメリット

100円ショップで働くメリットを紹介しましたが、デメリットもありますので、ご紹介させて頂きます。

100円ショップのバイトで働くデメリット1:手掛ける業務が多いので忙しい

おおまかな作業は商品補充とレジ打ちの二点ですが、周辺作業が多いため、中々の忙しさとなります。

例えば商品補充の場合は、検品作業・売り場のスペース確保・廃棄商品の管理など、様々な作業がついて回ります。

のんびり働きたい人には、あまり向いている仕事であるとは言えません。

100円ショップのバイトで働くデメリット2:商品が次々と来るので覚えることがたくさん

扱う商品の種類が多いため、入荷する商品も大量になります。

新商品の場合は、知らない商品の情報を把握することに苦労するでしょう。

お客さんに使い方を聞かれた場合に、説明できるようにしておく必要があるため、ある程度商品について詳しくなる努力をしておかなくてはなりません。

まとめ

今回は、100円ショップで働きたいと考えている方に向けて、100円ショップの様々な情報を紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

100円ショップのバイトは、バイト入門編としても最適ですので、バイト未経験の方も恐れずにチャレンジしてみて下さい。

100円ショップの会社は豊富で、個性も様々です。

自分にマッチした会社を探しましょう。

日々進化するアイディア商品を楽しみながら、100円ショップの店員として活躍してみて下さい。



関連キーワード

バイト求人 小売求人