100円ショップは品数が非常に豊富で、選んでいるだけでワクワクします。

そんな100円ショップで一度は働いてみたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。

この記事では、実際に100円ショップで働いた私の経験に基づき、100円ショップの仕事内容についてご紹介します。

これから100円ショップで働いてみたいと考えている方は、是非チェックしてみてください。

100円ショップの仕事は大きく3個の役割に分けられる

100円ショップではどのような仕事をするのか確認してみましょう。

100円ショップの仕事を役割別にご紹介します。

接客

重要な仕事として、接客があります。

レジ打ちのみではなく、お客さんに商品の場所や使い方を案内する必要も生じます。

100円ショップは品数が多いため、お客さんが商品をスムーズに見つけることが難しい場合があります。

特に商品の場所を聞かれやすいため、お客さんとコミュニケーションをとる機会は多くなると考えて良いでしょう。

また、100円ショップの特性上、同じレジ打ちであってもコンビニなどとは異なる点も多いです。

詳しい内容は後程、別項目でご説明します。

品出し

100円ショップの大量の商品を品出しする必要もあります。

扱っている品数が多いため、膨大な量の品出しを行う必要があるでしょう。

品出しの仕事には品質の管理も含まれています。

一口に品出しと言っても気を遣うべき点は多いため、簡単な仕事であるとは言えません。

廃棄

破損した商品や劣化した商品は廃棄する必要があります。

廃棄品を整理して処分する作業も求められる仕事の一つです。

返品された不良品などは捨てず本社に送る必要があるため、廃棄品の種類ごとに分類する作業も必要となります。

接客の3個の業務

次に、接客に関する業務内容を詳しく見てみましょう。

接客の質がお店の売り上げに直結するため、これは最も重要な仕事であると言って良いでしょう。

会計対応

お客さんの会計対応、つまりはレジ打ちを行う必要があります。

スーパーのようにレジを自働化している100円ショップはまだほとんどなく、100円ショップ専用のレジを使って会計する必要があります。

レジ打ち未経験の方は、手動によるレジ打ちの方法を学ぶことになるでしょう。

しかし、100円ショップのレジ打ちは比較的覚えやすいため、レジ打ち初心者の方にはオススメです。

100円ショップで扱う商品は基本的に100円であるため、レジで計算する際も複雑な結果になることが少ないです。

お釣りを渡す際も比較的スムーズに進むため、レジ打ち中に混乱する可能性を減らすことができます。

レジ打ち自体は楽ですが、その一方で袋詰めは少々慣れが必要です。

100円ショップは扱う商品が豊富であるため、大小様々な商品を袋詰めする必要があります。

中には袋に収まり切らない程大きいサイズの商品もあるため、扱いに困ってしまうこともあるでしょう。

最近では袋詰めをお客さんにお願いするところもありますが、その際にも購入した商品がきちんと入る袋を選んで渡す必要があります。

会計対応をスムーズに行うためにはある程度の慣れが必要となりますので、根気強く業務にあたりましょう。

売り場案内

接客には売り場案内も含まれます。

100円ショップの店内は入り組んでいる上に品数が多いため、頻繁に商品の場所を聞かれることになるでしょう。

高すぎる位置にある商品を、代わりに取って欲しいと依頼されることもあります。

お客さんが求める商品が置いてある場所へ、聞かれたらいつでも案内することができるよう、売り場の商品を把握しておく必要があります。

100円ショップの商品は常に入れ替わり続けますので、逐一商品の場所を確認する癖をつけておくようにしてください。

また、商品の場所のみではなく、使い方についてもそれぞれ把握しておきましょう。

100円ショップは品数が豊富であるため、中にはどのようなことに使うべきか分からない商品と出会うこともあるでしょう。

分からない商品に出会った際は、積極的に商品の使い方を学んでおいてください。

自分がある商品を知らなくても、その商品を求めて店にやってくるお客さんはいます。

商品によっては、お客さんの方が扱い方に詳しい場合がありますので、質問された際に誤った受け答えをしてしまうと信用を損ないかねません。

マニアックな質問をされても、ある程度答えることができるようにしておくことが理想的です。

中には商品名が分からず、「~のような商品が欲しい」という曖昧な聞かれ方をする場合もあります。

用途だけを聞いて、すぐにあの商品のことだなと想像することができるくらい、100円ショップの商品に精通しましょう。

クレーム対応

接客をする上で避けることができない仕事がクレーム対応です。

気の重い仕事ですが、クレームが発生した際には、できる限り丁寧に対応する必要があるでしょう。

クレーム対応を誤れば大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるため、蔑ろにはできません。

クレームを発生させないよう、日頃の接客に注意しつつ、実際にクレームが発生した場合の対応方法も、よくシミュレーションしておきましょう。

100円ショップのクレームで最も多いのが、不良品によるクレームです。

100円ショップは安価で商品を扱っているという性質上、非常に壊れやすい商品が多いです。

使ったそばから壊れてしまったという話もよくあるため、怒り心頭で返品対応を求めてくるお客さんも少なくありません。

店員として働いていると、商品の質の悪さに驚くことは多いでしょう。

商品の質の悪さに纏わるクレーム発生率の高さは、100円ショップで働く場合のデメリットであると言えます。

商品に関するクレームが来た場合は、即座に新品と交換することができるようにしておきましょう。

レジ操作による返品処理を行う必要もありますので、しっかりと返品処理の手順も学んでおきましょう。

品出しの5個の業務

続いて、品出しに関する業務の内容も見てみましょう。

品出しの中でも業務はいくつか種類が分かれます。

商品補充

最も基本的な仕事として、商品補充があります。

売り場から減ってきたアイテムを補充していきます。

商品補充の際は、古い商品から先に売れるよう、新しい商品を奥に補充していきましょう。

食品とは違って賞味期限が無い雑貨であっても、経年劣化していきますので、できる限り古いものは残さない方が良いです。

単純に商品を補充するのみではなく、新商品の場合はどの売り場に配置するかを考える必要も生じます。

センスが問われることもあるため、一筋縄でいかない場合もある業務です。

発注

仕事である程度経験を積んで信頼されると、発注業務を任される可能性もあります。

発注ミスによってお店に損失が生じるケースもあるため、基本的に発注業務は信頼できる従業員にしか任されません。

自分が発注業務を任された場合、店舗の中で信頼されている存在であると考えて良いでしょう。

売れ筋商品を把握して、商品が減る前にあらかじめ発注しておくなど、予測する力が求められる業務です。

お店の商品の流れを把握し、適切なタイミングで発注が行えるよう訓練しておきましょう。

検品

発注した商品が入荷してきた際に、検品を行う必要があります。

入荷した商品の種類と数が、注文した通りであるかを確認する作業です。

段ボール箱に入れられた状態で商品が入荷してくるため、段ボールを開けて一つ一つ入荷した商品をチェックします。

運ばれてくる段階で、破損してしまっている商品が無いかどうかについても、同時にチェックしましょう。

店舗と注文先の手続きが正しく行われているかを確認する大切な業務ですので、真剣に対応する必要があります。

品質管理

品出しの仕事には、品質管理も同時に求められます。

商品を補充しながら、売り場の商品が劣化したり破損していないかを、よく確認しましょう。

品質が落ちた商品が売り場に残り続けることで、クレームに繋がってしまう恐れがあります。

売り場の商品のみではなく在庫の商品についても、常に状態チェックは欠かさないようにしておき、良好な状態で商品を販売することができるよう心がけてください。

また、100円ショップでは食品も扱いますので、食品のチェックは特に注意深く行ってください。

食品には賞味期限が表示されているため、賞味期限切れの食品はお客さんから見てもすぐに分かります。

雑貨以上に品質劣化のクレームが生まれやすく、食中毒に繋がる恐れもあるため、食品の品質管理は特に慎重に行う必要があるでしょう。

商品数が膨大であるため、一人一人の店員が真剣にチェックしないと、商品の劣化を見逃してしまう可能性があります。

自分が見逃してしまったら終わり、という責任感を持ってチェックするようにしてください。

売場清掃

売り場の清掃も品出し業務の一環として行います。

品出し中に汚れている場所を見かけたら、こまめに清掃しましょう。

閉店中に大々的に清掃を行う場合もありますが、ほとんどの場合は通常営業中にこまめに清掃しています。

虫やホコリが入り込みやすい隙間は、特に入念に清掃する習慣をつけましょう。

廃棄の3個の業務

廃棄に関する業務も段階別に分けることができます。

どのような作業内容なのか、それぞれ確認してみましょう。

不良品廃棄

売り場で不良品を発見した場合、廃棄品として売り場から撤去する必要があります。

不良を疑われる商品を発見した場合、一旦売り場から外して状態をチェックするようにしてください。

特におもちゃ売り場は、子供が商品をいじったりして壊されやすい傾向にありますので、こまめにチェックするようにしましょう。

壊れた商品が放置されている状況を他のお客さんに目撃されてしまうと、それだけで信用を失ってしまいます。

賞味期限切れ廃棄

食品には賞味期限が設定されていますので、賞味期限切れの食品を発見した場合は撤去する必要があります。

雑貨と比べて食品の劣化は早いため、賞味期限切れの食品は漏れなく廃棄することができるよう上手に管理しましょう。

賞味期限のチェックリストなどを用意しておき、期限が迫っている食品を見逃さない工夫をしましょう。

賞味期限切れの食品が残っていると、高確率でクレームに発展するため、特に注意してください。

廃棄処理

劣化商品や期限切れの商品を売り場から撤去したら、まとめて廃棄しましょう。

商品の捨て方については、店舗ごとのルールに従いましょう。

会社によっては、廃棄商品の管理を義務付けている場合があるため、その場合はどの商品を廃棄したかを記録しておく必要があります。

例えば、入荷の際に破損が確認された商品は、運送会社に弁償してもらう必要があるため、通常の廃棄品と分けて管理される場合が多いです。

また、お客さんからの返品によって廃棄する商品も、どのような理由で返品されたかを本社がチェックするために、別途管理される可能性があります。

会社によって、廃棄品の扱いにも細かなルールが設定されているため、廃棄処理も重要な仕事の一つであると言えるでしょう。

コンビニとの仕事内容の違い

100円ショップでの仕事は、コンビニと業務内容は似ていますが、違いもあります。

違いについて少しまとめてみました。

100円ショップの良い点

レジ業務が簡単

コンビニと比べて100円ショップの仕事が楽な点は、レジを使った業務が簡単であることです。

コンビニでは配送や公共料金の支払いにも対応しているため、様々なレジ操作による手続きを覚える必要があります。

一方、100円ショップのレジ操作は、返品対応を別途で覚える必要がある程度ですので、レジ操作に関して覚えるべき項目は少ないです。

レジ初心者でも短い期間ですぐに扱いに慣れることができるでしょう。

客層が良い傾向にある

また、客層はコンビニよりも100円ショップの方が良い傾向にある点も、見逃せません。

コンビニはその利便性の高さから、忙しくて時間の無い人も多く来店します。

心に余裕が無いお客さんの前では、些細なミスをするだけでもクレームに繋がる恐れがあるため、従業員にもプレッシャーがかかりやすくなります。

100円ショップの場合は、ゆっくり100円ショップの商品を選ぼうと考えて来店するお客さんが多いため、心に余裕のある人が多いです。

コンビニほどイライラした状態で来るお客さんは少ないため、ある程度安全な環境で働くことができるでしょう。

接客に不安を感じる方は、コンビニよりも100円ショップを選ぶことをオススメします。

100円ショップが大変な点

100円ショップでの仕事がコンビニよりも大変な点は、雑貨が豊富であるという点です。

基本的な日用品しか扱っていないコンビニとは異なり、100円ショップではユニークで珍しい便利グッズを多数取り扱っています。

一見しただけでは、どのような使い方をするのか分かりづらい商品もありますので、お客さんから質問される機会はコンビニよりも圧倒的に多いです。

一つ一つの商品に詳しくならないといけないという点が、コンビニよりも大変な点であると言えるでしょう。

色んな雑貨に触れながら仕事をしてみたいという、マニアックな人に100円ショップでの仕事は向いています。

まとめ

今回は100円ショップの仕事について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?

商品数が多く大変な面もありますが、レジが比較的楽だったり、良い面もたくさんあります。

100円ショップの仕事を検討している人の参考になれば幸いです。


関連キーワード

小売求人

小売求人についてもっと深堀りした情報を見る

100円ショップの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、やりがいについて解説します

今やブランド数も店舗数も増え、生活に欠かせないお店になっている人も多いであろう100円ショップ。そんな身近な存在である100円ショップで働きたいと考えている方もいらっしゃることと思います。そこでこの記事では、主に100円ショップで働く際の向き不向きについて解説しますので、100円ショップの仕事にご興味がある方はチェックしてみてください。100円ショップはどんな仕事?100円ショップの仕事は、品出しと接客が主となります。豊富な商品の整理やレジ対応などを、他の従業員と分担しながら行うことになるでしょう。特に専門的な業務は無いため難易度は低く、雑用レベルの業務をこなすことになりますので、アルバイトの

コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことと、上手な転職方法を解説します

転職してコンビニの店長になることを目指す人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。そんな方たちへ、コンビニ店長の転職を成功させるためにやるべき3個のことや、上手な転職方法を、アルバイト経験もあり、社員経験もある立場から解説してみたいと思います。みなさんのより良い転職にお役に立てればうれしいです。コンビニ店長の転職で注意したほうが良い3個のことフランチャイズだということコンビニの店長と聞くと、自分のお店が持ててすごいなと思うかもしれません。もちろん、店長のお店です。しかし、コンビニは、フランチャイズ契約している事を忘れてはいけません。フランチャイズ契約で、企業からさまざまなシステムなどを提供し

百貨店正社員求人の給与や募集内容、おすすめ求人の4個の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

キラキラした照明の下で華やかなディスプレイ、おしゃれをして訪れるお客様に笑顔で対応する販売員。ほんの少し日常から離れて過ごすことが出来る場所が百貨店ではないでしょうか。普段の生活でのストレスの発散やリフレッシュするための場所として百貨店へ出かけること、あるのではないですか?たとえ買い物をしなくても高級感溢れる店内をウィンドウショッピングするだけでも気分転換になりますよね。そんな百貨店で正社員として働くってどんな感じ?・・・を解説します。百貨店の仕事はどんな仕事?百貨店と言えば高級ブランドの洋服や靴、鞄から、家具、寝具など他に生活用品、食料品売場では老舗料理店の惣菜や流行りのスィーツなどを販売し

百貨店の仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

百貨店は、高級感があって、少し敷居が高い。だから、特別な贈り物はやっぱり老舗「百貨店」の包装紙でくるまれたものを贈りたい。そんな風に思う方も多いのではないでしょうか。百貨店にお買い物に行く時は、少しおしゃれして、少し緊張して、少し浮き足立って出掛けていきませんか?そんな場所で働く人たちはどんな人たちなのでしょう?この記事では、百貨店の仕事について分かりやすく解説致します。百貨店の仕事にはどんなものがあるの?百貨店は小売業なので、衣類や装飾品をはじめ寝具、雑貨、食品といった様々な商品をお客様に買っていただくことで成り立っています。なので、メインの仕事は当然「販売」です。また、お客様に商品を販売す

100円ショップ求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

身近にあり、様々なものをワンコインで売っている100円ショップ。100円ショップで働いてみたいと考えている方もいらっしゃることでしょう。この記事では、100円ショップで働いてみたいという方のために、オススメの求人内容などについてご紹介します。100円ショップに関する知識をつけて、万全の状態で面接に臨みましょう。100円ショップのおおまかな仕事内容100円ショップのおおまかな仕事内容は、100円均一の商品をお客さんに販売することです。お客さんが持ってきた商品をレジで精算したり、売り場の案内を行ったりします。最初のバイトとして働きやすく、接客業の基本的な仕事内容であると言えるでしょう。特別なスキル

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

小売正社員求人の年収や仕事内容、おすすめ求人の特徴とは?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

皆さんこんにちは。今回は小売正社員の求人について、年収や仕事内容、募集内容や求める人物像について紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。小売正社員のおすすめ職種3選販売業務小売業における販売の仕事は商品手配を行い、店舗で売り場づくり行って接客をしながらお客様に商品を販売していく業務です。商品の欠品やロスを起こさないようデータを活用しながら発注精度を高めたり、什器や販売促進備品を活用して魅力的な売り場をデザインしたり、生活スタイルに合わせた商品提案を行い購買意欲を高めていただくことを役割とします。接客業務接客業務は店舗で勤務している以上、どの部署でも行うべきものですが、ここで紹

小売派遣求人の時給や募集内容、おすすめ求人や会社の特徴とは?向き不向きややりがいなどを解説!

皆さんこんにちは。今回は小売業のお仕事紹介の中で、派遣社員求人に対して、時給やおすすめ求人について紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。小売派遣のおすすめ職種2選レジ清算業務小売業で派遣社員として働くのであれば、最も求人数が多いのがレジ清算業務になります。業務的にはレジにおける商品の清算と、お客様への接客対応であり、レジの操作方法を覚えると他の企業の店舗でもすぐに働くことができることと、店舗によっては24時間営業を行っている場合がある為、自身の生活スタイルに合わせて働く時間を決めることができることがお勧めの理由です。レジ業務は店舗が開店している限り発生する業務ですので、例え

小売営業で転職を成功させるためにやるべき2個のことと、上手な転職方法や狙い目の転職先の特徴とは?

皆さんこんにちは。今回は小売営業の転職について、成功させるためにやるべきことや、狙い目の転職先について紹介させていだたきます。どうぞ最後までお付き合いください。小売営業の転職で注意したほうが良い2個のこと自身のスキルや経験が活用できるか小売業は初心者でも比較的早く仕事を覚えやすい、間口の広い業界ですが、転職によるキャリアアップを図るのであれば、今まで培った経験やスキルが活かせる部署を選ぶ必要があります。同業種からの転職であれば、より規模の大きい店舗や部門へ配属されるように売り込むことが必要です。また異業種からの転職の際にも、業種によっては小売業で更に活躍するスキルを保有している場合があります。