スーパーでは、アルバイトやパート求人をよく募集していますよね。

レジ打ちはイメージできるけど、その他のコーナーについては、仕事のイメージが想像できない、という方も多いと思います。

そこで今回は、スーパーの求人の中から、「水産部門」コーナーの仕事内容についてお話していきたいと思います。

スーパーの水産部門の仕事は大きく4個の役割に分けられる

水産部門の役割は大きく、「主任」、「調理」、「品出し」、「掃除」の4つに分けられます。

水産部門だけではこの4つの役割に分けられますが、これとは別に、スーパーの店長が水産部門に指示を出しています。

主任の役割

主任というのは、水産部門のコーナーのリーダーです。

通常、スーパーでは、惣菜コーナーや精肉コーナー等、各コーナーに主任を一人ずつ配置しています。

主任の役割は、アルバイトやパート従業員に的確に指示を出すことです。

店長と逐一連絡を取ることで、「今月の売り上げ目標はいくら」、「近所のスーパーでは今このようなセールをしているから集客は厳しい」、「今日は天気が悪いから早めに値引きを開始しなければならない」等指示を出しています。

また、調理の下準備も行っており、魚介類の仕入れを行い、自分で捌いてアルバイトやパート従業員の仕事を楽にするようにしています。

翌日の売り上げ目標やそれに必要なパックの数等も前日に決め、清掃に来たアルバイトに備品を用意をさせるのも大きな仕事です。

調理

調理は文字通り、調理をします。

事前に主任が準備をしてくれた素材を、マニュアル通りにてきぱきと調理していきます。

米を精米したり炊いたり、すし酢を混ぜたりすることや、海苔巻きを作ったりする等、豊富なジャンルがあります。

調理をする上で重要になるのは、「丁寧さ」、「速さ」、「無駄にしない」ということです。

お客様がたくさん水産部門に押し寄せてきた際には、あっという間に商品は売れていきます。

そのため、その波が来た際に商品が無いと、せっかくの売り上げチャンスがなくなるので、常に補充をしなければなりません。

そこで、品出しにいく人に逐一「どの商品が足りなくて、どの商品が多く売れ残っているのか」の情報をもらい、それにあわせて優先順位を決めて調理を行います。

また、一日に調理する数量は主任から事前に伝達されているので、お客様がいない時間帯でも黙々と調理をします。

朝の開店前の時間帯は、開店までのわずかな時間内に大量に調理をしなければなりません。

開店と同時に来られるお客様は意外と多く、水産部門のコーナーにも多く来られるからです。

調理部門としては、総力を挙げて調理に集中します。

その間に主任は店長と打ち合わせをしたり、値札を貼ったり、品出しに向かいます。

調理が落ち着く時間帯は大体、閉店4時間前なので、それまでは常に忙しいです。

ですがその分やりがいは大きいので、充実感はかなりあります。

品出し

品出しとは、お客様の手の届くところに厨房から商品を運ぶ仕事です。

品出しは一見楽そうな仕事に見えますが、実はそうではありません。

常にお客様の来店具合を把握し、商品の売れている状況を逐一厨房に伝達しなければならず、品出し担当自体も調理を行います。

品出しの具体的な仕事としては、作られた時間を目安に、逐一置き場所を変えていきます。

というのも、水産物は痛みが激しく、調理してから4時間以内に売っていかないと、お客様が食される際には傷んでしまう可能性があるからです。

そのため、作り立ての商品はなるべく奥に置き、時間が経っているものはなるべ手前の手の届きやすいところに置きます。

また、それとは別に、品出し担当はそのコーナーの看板ともなります。

つまり、お客様に質問されることが多いです。

そのたびに主任に確認をしたり、無線で店長に確認をしますので、接客力もかなり必要となります。

意外と難しい業務なのです。

清掃

清掃は、厨房やお客様のいるコーナーの床を清掃する仕事です。

これも一見楽そうに見えますが、かなり重労働です。

清掃のスタートは大体閉店4時間前で、そこから閉店までの4時間以内に清掃を完了しなければならなく、それと同時に値引きの方もやらなければならないからです。

もちろんその間にお客様対応もありますので、思っているよりも時間がありません。

また清掃が完了したら、翌日使うパックや米等を用意します。

かなり重労働ですが、清掃をした後はかなり綺麗になっているので、やりがいはあります。

水産物を取り扱っているので、臭いや色が凄いですが、清掃完了時には新品同様に輝いています。

「翌日の調理担当が気持ちよく仕事できるように」することが必要なので、もちろん手抜きはできません。

時間別の具体的な業務

開店前

筆者が働いていたスーパーは、朝9時の開店に対し、水産部門の仕事は朝8時30分から始まります。

厨房に入る前にコックコートを着用し、アルコール消毒、ビニール手袋装着、身だしなみなど整え、厨房に入る時間などを記載するチェックシートにチェックをつけます。

これらが完了してから厨房に入ります。

そして、わずか30分間の間でコーナーを商品でいっぱいにすることが目標となります。

調理専任は二人ほどしかいなく、しかも寿司は、寿司を担当するものと海苔巻きを担当するものとに分かれます。

もちろん人数的に足りないので、主任や品出し担当を含めて総出で調理に取り組みます。

この間に、店長や副店長が本日のスーパーの状況や目標を伝えるべく訪れるので、主任はそれに対応する仕事もあります。

また、寿司は、事前にネタは用意されているので、解凍や精米にかける時間は無く、調理のみに専念できます。

開店直後には、主任が挨拶をしながら品を並べていくので、一日が始まったという意識が芽生えます。

開店中

開店後はひたすら、主任に指示された量を調理していきます。

もし開店までに作り切れなかった商品があれば、それを優先して調理していきます。

それでも開店後30分経つまでには作り終えないと、その後の調理に影響を与えますので、早い行動が求められます。

また品出し担当も、ただ商品を品出しするだけでなく、商品が完成するまでは時間があるので、調理を手伝います。

調理する商品もかなり多く、寿司だけでも基本150商品、寿司一つずつに換算すると、約1500個にもなります。

調理している間に米やネタ等が不足する事態が起こるので、そういう場合は不足しそうな時点で、ネタの解凍や米の精米等を開始します。

解凍したり米を炊くのにかなり時間を要するので、これはかなり重要なポイントです。

逆に事前に準備をしておくと、かなり速いペースで調理ができ、予定よりも早く終えることができます。

その場合は休むのではなく、余り物でまた商品を調理するので、その商品を決める作業が少し面白みがあります。

また、お客様の多く来られる時間帯があり、朝はご年配の方が多く来店され、昼から夜にかけては主婦とみられる方が多く来店されます。

そして夕方になると、子連れのお客様が多く見受けられるので、お子様が怪我をされないよう床を掃除します。

全般的にお客様が多く来られるピークは、夕方から夜にかけてです。

そのため売れ残りが無いよう、経験とお客様の状況を見て、値引きの確認をするのが重要となります。

まだ18時だからこれからピークが来るだろうと思っていると全然来なかったり、逆に早い段階から値引きをすると開店中なのに商品を完売してしまう事態があったりします。

なるべく値引きをしないで販売をしなければならないのですが、見極めるのがかなり難しいので経験が必要です。

また、清掃作業は一人で行うことが多く割と負担が大きいです。

誰も手伝ってもらえないので頼るのは自分のみとなります。

そのため時間配分が重要となり、これが行えないと閉店してからも残業という形で働くことになってしまうので、この配分はかなり重要です。

惣菜との仕事内容の違い

基本、調理場は二つのコーナーで行っています。

寿司部門であれば、惣菜と一緒に調理をしています。

もちろん一緒のフライパンで調理をするものではなく、同じような設備がそれぞれに与えられています。

寿司に関してのお客様の要望に、惣菜の品出し担当の方が対応してくれて寿司部門に伝えてくれたり、その逆もあります。

ただ値引きに関しては非常に難しいです。

どちらか片方が値引きをすると、残された方があまり売れない状況になるからです。

寿司は惣菜と比べて痛みが激しいので、早めに値引きをしなければなりませんが、お互いの状況を見て値引きをしなければならないので、そこが大変難しいです。

ですが、先述のようにお互いに助け合って仕事をしているので、雰囲気はいいです。

スーパーの水産部門の仕事の良いところ

やりがいを感じるポイント

さて、つぎはスーパーの水産部門での仕事での良いところ、やりがいを感じるポイントをお話していきます。

販売コーナーで実際に自分が調理した商品が販売、購入されているのを見たとき

自分が調理した商品がコーナーに並べられていると、とてもやりがいを感じます。

また、お客様が手に取って購入されているのを見ると、さらに仕事意欲が湧いてもっと働こうと思うようになります。

商品を完成した時

調理をするのが調理部門の主な仕事ですが、一つの商品を完成させるごとに、お客様が食されるのかと思うと感慨深いです。

もちろん膨大な商品を調理するので、1つ1ついちいち思いにふけっている時間はありませんが、ふとそういう状況になります。

そのため、速さ重視で雑に作ることは絶対しません。

そういうことを一度した時点で、これからの調理がどうでもよく思えてしまう恐れがあるからです。

また休憩中に値引いている寿司を買うこともあり、買う側からの視点も体感します。

値引きの際のお客様の対応

清掃時に値引きをしなければならないので、時間にかなり制約がかかります。

そのため時間に追われることが多いのですが、唯一お客様との対応が心の支えとなります。

基本的にクレーマーはいません。

「この商品は値下げするのか」「この商品は子どもの好物なんですよ」と会話をする際に、お客様の喜ぶ顔をみてやりがいを感じ、もっと頑張っていこうと思うようになります。

清掃の人数は大抵は少ないので、清掃自体は大変なこともあり、こういう励みが大きいです。

面白さを感じるポイント

面白さを感じるポイントもいくつか挙げてみましょう。

お客様の好みがわかる

面白いポイントとしては、たまにお客様からの要望で玉子を10個購入したいとの要望があることです。

厨房内でも「この商品は人気がある」という感じで、笑みがこぼれることがあります。

期間限定商品の売り上げ

時期によって、期間限定の商品があります。

期間限定商品の売れ具合はよく変動するので、それが品出しや調理担当からすると面白く、売れ具合によっては、そのまま期間限定商品のみではなくなることもあるのが、仕事が面白いと感じるひとつです。

スーパーの仕組みがわかる

夜になると、清掃担当者は一度事務所に集められ、これからのお客様のピークについてや、他のスーパーについての連絡を受けることがあります。

例えば、「天候によりお客様の人数が少なくなることが見込まれる」、「近隣のスーパーではセールを行っているので、売り上げがかなり落ち込む可能性がある」、「近隣のスーパーが潰れた」、等の情報が入ります。

また、ほかのコーナーで起きた事故についても情報共有することにより、日々の対応に注意をするようになります。

消費者としての目が肥える

プライベートで他のスーパーに行っても、調理時間や期間限定商品をついついチェックするようになります。

もちろん値引き時間を狙ってお得にお買い物ができたりもします。

まとめ

一般的には、「スーパーのアルバイトやパートは簡単そう」と思われる方が多いのではないかと思いますが、この記事を読んでいただいて、実際はスーパーの仕事もかなり手のかかる仕事だと、わかっていただけたかと思います。

少ない人数で、短時間でたくさんの商品を作っていくので、大変な部分もありますが、難しさの中に面白さもあり、やりがい・面白さは十分あります。

スーパーの水産部門の仕事が気になった方はぜひ、求人に応募してみてください。


関連キーワード

スーパー求人

スーパー求人についてもっと深堀りした情報を見る

スーパーの品出しの仕事はどんな人に向いているの?向き不向きやキャリアについて解説します

生活するうえで欠かせないものといえば食事ですが、食料品を揃えるためには、スーパーに行く方が多いと思います。「パートで働くなら社員割が効くスーパーにしようかな」、「スーパーの求人のアルバイト多いけど、実際働くとどうなんだろう」と思っている方に、今回は「スーパーの品出し」の仕事についてピックアップしてお話していきたいと思います。スーパーの品出しはどんな仕事?まず、スーパーの品出しとは、食品コーナーに商品を出したり、ある程度時間が経ったものをコーナーから戻して廃棄する仕事です。スーパーに行くと、店員が厨房から商品を載せた業務用カートを押して来て、商品を並べているので、容易に想像ができるかと思います。

ネットスーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

ネットスーパーは、自宅に居ながら買い物が出来る、ネット社会ならではのサービスです。子育てで手が離せない、高齢で車もなく買い物に行けないなど、あまり外出出来ない人や買い物に行けない人に重宝してもらえる仕事です。いわゆる「宅配サービス」といったところです。共済や組合などを持つスーパーの宅配サービスが有名です。しかしその実態は働いてみないと解りません。また仕事である以上、適正があるのも当たり前です。意外に続かない人は続かない、続く人は続くある意味「難しい」仕事でもあります。ではそのネットスーパーの仕事を、宅配サービスであるという側面を交えて紹介します。意外に知らないことが多い仕事を、根掘り葉掘り見て

ネットスーパー求人でよくある募集内容やおすすめ求人のポイント、気になる疑問について解説します

今や小売業界の部署として欠かせず、そしてサービス競争も激化しているネットショッピング、それがネットスーパーです。これは通信販売とは少し違い、毎日の食事の為の食料品をメインに、安心安全で新鮮な生鮮品、ちょっと買い置きしたい日用品などを、最短即日で自宅まで届けるサービスです。これから更に拡大が期待される、今注目のお仕事であるこのネットスーパー、大手小売店でも応募が出されている状況です。ではその求人の特徴、応募内容などを見ていきましょう。ネットスーパーでの仕事のおおまかな内容ネットスーパーは客注から始まり配達で終わる、日用品配達サービスです。一日分の客注の確認から始まり、商品の選別、鮮度や品質の目視

スーパーバイトの時給はどのくらい?私の周りの相場や時給が上がるのはこんな時!

バイトを探す際に気になるのが時給ですよね。仕事内容ももちろん気になると思いますが、真っ先に見るのは時給ではないでしょうか。同じ時間働いても時給が100円違うだけで収入はだいぶ変わってきます。ここではスーパーのバイトはいくらもらえるの?どうしたら給与アップするの?ということについてお話していこうと思います。スーパーバイトの時給の相場はどのくらい?パート・アルバイト時給は最低時給~1,200円が相場です。スーパーバイトと言っても、品出しをする人・レジ打ちする人など雇用の段階から分かれている場合もあり、その場合はレジ打ちの求人の方が時給は高めに設定されていることが多いです。しかし注意してもらいたいの

スーパーマーケットの職種には何がある?品出しやレジ打ち以外にも沢山ある5個の職種

皆さんこんにちは!皆さんはスーパーの仕事というとどんなイメージを思い浮かべるでしょうか?「レジ」であったり、「商品の品出し」であったり、一般的に店舗で買物をしている際に、働いている人の姿を見て想像することが多いかもしれません。しかし、スーパーには営業時間中に行われている仕事の他にも様々な仕事があり、それぞれにやりがいと面白さがあります。今回はそんな普段は視えないスーパーの職種についても紹介していきたいと思います。「スーパーマーケットの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →スーパーマーケットの職種には何がある?スーパーの主な仕事は「商品手配」と「販売」の二つがあり、皆さんが普段目にして

スーパーのレジの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

レジ打ちの仕事はパートやアルバイトの求人も多く、スーパーは一般の人がよく利用する店でもあるため、身近な仕事の一つだと思います。レジに立ってただひたすら商品をスキャンしてお金を受け取るだけのように見えますが、実際はレジ打ちでもいろいろな仕事があるのです。スーパーによって違いはありますが、レジ打ちの仕事の内容や、どんな人にこの仕事が向いているかなどをご紹介していきたいと思います。「スーパーのレジ仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →スーパーのレジの仕事はどんな仕事?スーパーには、野菜・肉・魚などのパック詰め担当、品出し担当、惣菜の調理担当、清掃担当、そしてレジ打ち担当など、多くの人が働い

スーパーの仕事はどんな人に向いているの?仕事内容や向き不向き、キャリアについて解説します

スーパーって一番身近にあって、誰でも働きやすい職場だと思いませんか?住宅地の近くには必ずあるスーパー、だいたいどのお家からも30分以内で行ける距離にあるのではないでしょうか?また、スーパーで働いている人を見ると年齢の幅が広く、高校生のバイトもそうですし、主婦の方なんかはパートでも働けます。身近にあって働きやすい職場での仕事。今回はそんなスーパーの仕事について、スーパーの仕事内容や、向き不向きなんかについてお話していきます。皆さんが知らないスーパーの仕事内容などについても詳しくお話ししていきますので、これからバイトを始めようか悩んでいる高校生や、パートでの仕事を検討している主婦の方、その他スーパ

食品スーパーの求人内容と普通のスーパーマーケットと違いは?お店のコンセプトによりお客や仕事内容が違ってくる!

皆さんこんにちは。今回は食品スーパーと普通のスーパーの違いについて、求人や仕事内容の視点から紹介させていただきたいと思います。因みに食品スーパーと普通のスーパーって何?全部スーパーマーケットじゃないの?という疑問をお持ちになるかも知れませんが、その様な普段使っている言葉と業界における定義のギャップについても合わせてご説明させていただきます。食品スーパーの定義とはさて、皆さんは「スーパーマーケット」と言うと、どのお店を思い浮かべるでしょうか?実は純粋な意味で日本全国すべての人が知っているスーパーマーケットのお店というのはありません。業界的にスーパーマーケットの定義とは、「販売している商品の70%

食品スーパーの転職を成功させるためにやるべきことと、上手な転職方法を解説します

皆さまこんにちは。世の中は人手不足が続き、大きな売り手市場となっています。今回はその様な転職しやすい時期において食品スーパーへの転職を希望される方々のために、転職を成功させるために何をすべきかを紹介していきます。「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと食品スーパーの転職で注意したほうが良いこと1:これまでのスキルが役に立つかスーパーマーケットの業務には大きく分けて「販売」と「商品手配」があり、「販売」の業務は「接客」のスキルが必要となり、「商品手配」の業務の中には「商品加工」や「調理」のスキルが必要となる仕事があります。全く異業

食品スーパー正社員求人の年収や仕事内容は?よくある募集内容や正社員として求められることを解説!

こんにちは。今回は食品スーパーの正社員求人のよくある年収や仕事内容についてご紹介させていただきたいと思います。スーパーは全国に約3万店舗展開しており、また業界として作業がマニュアル化されており、一度仕事の能力を身につければ、汎用的に他のスーパーに行っても違和感なく仕事ができたりなど、一生を通じて働きやすい業界になります。「食品スーパーの仕事」が自分に向いているか診断するにはこちら →食品スーパーの正社員はどんな仕事?食品スーパーの仕事は大まかに分けて「販売」と「商品手配」の2つになりますが、正社員はそれぞれの仕事に関しての管理業務が中心になります。「販売」の管理業務は「シフト管理」、「商品手配


スーパー求人に関するコラム

スーパーレジの仕事が向いている人の4個の特徴や必要なスキル・適正とは?

皆さん、スーパーのレジでの仕事経験はありますか?また、スーパーのレジの仕事について興味を持っていたり、これからスーパーのレジで働いてみたいと考えている方はいますでしょうか?スーパーのレジの仕事はとても簡単で仕事内容もとても覚えやすく、主婦や学生などの幅広い年齢の方が働きやすい仕事となっています。そして、スーパーはどの家の近所にも1つや2つあったりしますよね。行きつけのスーパーなどあったりしますよね。家から近いところに職場があると出勤するのも便利なものですよね。そのため、アルバイトやパート未経験の方には特に、私はスーパーのレジの仕事をとてもおすすめします!今回はそんなスーパーのレジの仕事について

スーパーの人間関係はどうなの?経験者が教えます!

この記事では、スーパーでの人間関係について紹介していきたいと思います。スーパーの人間関係ってどうなの?食品スーパーマーケットは基本的に水産、青果、畜産、惣菜、販売、レジの6部門に分かれており、それぞれの部門にその部門を統括する部門長がいて、部門長の下に社員が2名〜5名、パートタイムやアルバイトが2名〜10名程度所属しています。店舗の規模や商品の数にもよりますが、比較的小さな組織の中で仕事をすることになる為、一人一人の人間関係がより濃密になり、合う人、合わない人がはっきり出てくる場合があります。部門長の人間性に注意仕事に厳しい人や職人肌の人が部門長であった場合、態度や言動により厳しく指導される場

スーパー鮮魚の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。今回はスーパーのお仕事シリーズ第3弾として、鮮魚のお仕事内容についてご紹介させていただきます。生鮮食品の中でも畜産部門と並んで「メインのおかず」を構成する鮮魚部門は、どの様な特徴があるのでしょうか、どうぞ最後までお付き合いください。スーパー鮮魚の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配鮮魚は季節によって獲れる魚が違う、旬のある食材です。また養殖物と天然物がありますが、野菜や果物、精肉と違って安定的に栽培できる体制にはなっておらず、自然の状況に最も左右されやすい商品と言えます。その為、価格や品質の変動が激しいので、安くて良い品を見つける目利きの能力が必要になります。自身で市場

スーパー青果の仕事内容4個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは。今回はスーパーマーケットのお仕事紹介シリーズとして、青果部門の仕事内容や、やりがいについて紹介させていただきます。どうぞ最後までお付き合いください。スーパー青果の仕事は大きく4個の役割に分けられる商品手配青果部門は野菜と果物を取り扱う仕事であり、生鮮食品と呼ばれる生ものを取り扱う部門の一つになります。まずは販売する商品を確保するために、商品の発注を行います。発注先は地方市場と呼ばれる、各都道府県に配置されている食品卸市場に店舗を構える仲卸と呼ばれる業界です。日々収穫された農産物は農協などを経てまずこの市場に集まってきます。品質や鮮度を見極めるために、直接市場に出向いて自分の目

スーパー惣菜の仕事内容3個の業務。経験者が教えます!

皆さんこんにちは!今回はスーパーのお仕事紹介シリーズとして惣菜部門の仕事内容について語ってみたいと思います。どうぞ最後までお付き合い下さい。スーパー惣菜の仕事は大きく3個の役割に分けられる商品手配スーパーの惣菜部門の商品は大きく分けて「アウトパック」と「インストア」に分かれます。「アウトパック」とは例えば惣菜工場などであらかじめ作られた商品のことであり、サラダやお弁当、麺類など作り置きをしても味や品質の劣化しないもの、「インストア」は店内で調理するもので、揚げ物やお寿司など出来立てでないと美味しくないものや、時間が経つと色が変わったりなど劣化してしまう商品を指します。まず商品手配業務として、ア